お願いします

リッキー・マーティンの英語の発音は
どうなんでしょうか?

母国語はスペイン語で
たしか、医者に成れる程(親が医者)
頭が良いと記憶にはあるのですが。。

何度も質問していますがお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

彼の英語を評価する力はありませんが、出身地プエルトリコはアメリカ領(未だ州にはなっていない)で公用語はスペイン語と英語です。

年配者は英語が分かる程度でスペイン語主体ですが若い人は英語の教育を受けています。

彼は18歳でニューヨークに出て歌手として勉強もしており、成功してからはテレビドラマにも出演しているので、多少の癖はあっても英語に不自由はしていないと思います。同じくプエルトリコ系のジェニファー・ローペスはNY生まれの二世なので英語にまったく問題はなく完全なバイリンガルです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2005/09/18 08:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCASLII LAD命令 解らない箇所があります。(初歩)

下記問題について解らない箇所があるのですが、そのプロセスを教えて頂ければ幸いです。
宜しく御願いします。


アドレス8007番地の、GR1 が解りません。
シュミレータで確認すると、#0015 となりますが、そのプロセスを教えて下さい。
------------------------------------------------

GR1とGR3を16進数でトレースしなさい。

OSHIETE  START  
8000  LAD  GR1,A
8002  LAD  GR1,#800C
8004  LAD  GR3,V2
8006  LD  GR1,GR3
8007  LAD  GR1,A,GR3
8009  RET  
800A  V2  DC  2
800B  A  DC  #1111
800C  B  DC  #2222
800D  C  DC  #3333
      END
------------------------------------------------
オペランドを矢印表記にします↓

OSHIETE  START  
8000  LAD  GR1←A        (GR1 = #800B)  (GR3 = #????)
8002  LAD  GR1←#800C      (GR1 = #800C)  (GR3 = #????)
8004  LAD  GR3←V2        (GR1 = #800C)  (GR3 = #800A)
8006  LD  GR1←GR3        (GR1 = #800A)  (GR3 = #800A)
8007  LAD  GR1←A + GR3      (GR1 = #0015)  (GR3 = #800A)
8009  RET  
800A  V2  DC  2
800B  A  DC  #1111
800C  B  DC  #2222
800D  C  DC  #3333
      END

下記問題について解らない箇所があるのですが、そのプロセスを教えて頂ければ幸いです。
宜しく御願いします。


アドレス8007番地の、GR1 が解りません。
シュミレータで確認すると、#0015 となりますが、そのプロセスを教えて下さい。
------------------------------------------------

GR1とGR3を16進数でトレースしなさい。

OSHIETE  START  
8000  LAD  GR1,A
8002  LAD  GR1,#800C
8004  LAD  GR3,V2
8006  LD  GR1,GR3
8007  LAD  GR1,A,GR3
8009  RET  
...続きを読む

Aベストアンサー

え? A のアドレスが #800B で GR3 が #800A だから, GR1 にその和である #0015 が入ってるだけじゃないのかなぁ?

Q英語と母国語 英語学習していて思うのですが、英語学習と同時に母国語のレベルも上げないと、英語レベル

英語と母国語

英語学習していて思うのですが、英語学習と同時に母国語のレベルも上げないと、英語レベルが頭打ちになると思うのは偏見でしょうか?

通訳レベルの方々って母国語も上手いと思うので…

Aベストアンサー

かかれているとおりです。 英語に限らず、外国語はいくら堪能になっても、母国語以上にはなりません。

これはすなわち、母国語で多弁な人は、英語も多弁になります。 話しているときに、言葉を英語でいうか日本語でいうかの違いだけで、(もちろん英語には英語の言い方、日本語には日本語の言い方がありますが)、心に思うのはあくまで母国語です。

ただ、わたしは日本にいますが、家庭では英語だけ、一歩外にでると日本語だけになり、最近、二か国語を使う生活に疲れています。 それは、以前は、ここまでひどくはなかった、すなわち、常に日本語で考えていて、英語で話していたのですが、家庭で英語しかつかっていないと、頭のなかに浮かぶ言葉が、英語70%、日本語30%ぐらいになってしまい、独り言まで英語になるようになりました。

困るのは、仕事をしているときです。 職場では日本語しかないので、疲れたときなどは、つい思ったことを英語で言いそうになり、それだと「変な人」と思われるので、無理に日本語を意識して話そうとすると疲れるのです。 それと、話し手が日本語だと、テレビのようなきれいな日本語ではないのと、日本語は無意識にきけること、英語は出だしに重点があり、日本語の出だしは意味のないことが多いので、言いだしのところだけしか注意がいかず、肝心な動詞など日本語の最後の部分をきいていないことがおおくなりました。

それや、日本語の近い発音、たとえば人名の「中川、古川」などをしばしば間違えます。

二か国語を使わないといけないと、そうとう頭をフル回転させないといけません。 それで、どちからというと、わたしは母語の日本語も英語も、なんかへたくそになったような気さえします。

夢も英語でみる場合と日本語でみる場合があります。 寝言も同じようになります。 妻にきくと、寝言はわたしはよくいうようで、英語でいうときと日本語でいうときと、半々ぐらいだと言っていました。 ただしどちらも何を言っているかまではわからないそうです。

外国人と結婚しているような人とか、仕事で英語を使わないといけない人は極めて限られるので、お答えにはなりませんが、やはり外国語は使わない限りは上達もしないし、また、使わないと忘れるものです。 母語でもそれに近くなります。

ネットなどで外国人の友達をみつけて、いろいろ話をされるような努力をされないと、日本語だけの環境で英語が上達するのは無理があります。

かかれているとおりです。 英語に限らず、外国語はいくら堪能になっても、母国語以上にはなりません。

これはすなわち、母国語で多弁な人は、英語も多弁になります。 話しているときに、言葉を英語でいうか日本語でいうかの違いだけで、(もちろん英語には英語の言い方、日本語には日本語の言い方がありますが)、心に思うのはあくまで母国語です。

ただ、わたしは日本にいますが、家庭では英語だけ、一歩外にでると日本語だけになり、最近、二か国語を使う生活に疲れています。 それは、以前は、ここまでひど...続きを読む

QMartinとPro Martinの違い

MartinとPro Martinの違いって何が違うのですか?
同じブランドですか?

Aベストアンサー

Pro Martin!
懐かしいですねえ。国産パチものです。つまり国産ギターがかつて作っていたMartinの類似品です。おそらく今は作ってないんじゃないかな。
GibsonならぬGansonとかGrecoならぬGnecoとか(これは珍しい国産ブランドのまたパチもの)それにFernandesなど大メーカーでもコピーモデルは普通でしたから。むしろいかにオリジナルに近いかを競っていたじだいもあったわけで。(今でもコピーモデルは作られていますが、さすがに「類似品」はねえ・・・)
そういうなかで作られていたものの一つですが、多分今は商標にひっかかると思うので作ってないと思うんですが。

というわけでヤフオクなどでProMartinを平然とマーチンだとかいて売ってる人がいますが詐欺同然なので買ったりしないように。(そういうのがほしけりゃまた別ですが)

Q英語を母国語とする人にとって、「LとRの発音は似ている」という意識はあるのですか?

「らりるれろ」という音しか持たない我々日本人は、
rとlは似たような音に聞こえてしまうのですが、
英語を母国語とする人たちにとってははっきり区別できるはずです。
むしろ、全く違った音のはずです。
そこで疑問なのですが、rとlはアメリカ人にとっても似ている音なのでしょうか?
それとも、rとlは、sとkくらいに別の音なのでしょうか?

Aベストアンサー

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>日本語でも「南さん」を「三上さん」と間違えるような事はよくありますが、そのようなものですか?

そういうことですね。 樋口さんと井口さんもそうですね。 この両方の場合発音はまったく違うものであり、日本人の誰で「違う発音である」と断言するでしょう。 それがL-Rなんですね。 

ですから、日本人が持っている日本語の発音の「許容範囲(「らりるれろ」という音しか持たない我々日本人はと言う部分ですね)」からのL-Rからくる「なぞそう日本人(韓国人も)がLとRの発音で聞き取ることも発音することも難しいときが英語習得の過程に存在する」と言うことになり、日本人や韓国人には「似ている音」と感じるわけです。

また、同時に、その文章で使われているのを聞いてLかRかのつづりかはその単語からも日本人としては区別している・できると思います。

これはもちろん英語の知識・経験から来るわけですが、He wrote the book.と言う文章を聞いたときに、このwroteと言う単語を知っているわけですから、He lote the bookではなくRの発音だと言う知識的判断はすると思います。 

ボクシングリングのリングはと言うと、日本人であればこのつづりを知らないとRの発音は出きりないかもしれませんね。

しかしアメリカ人にとってはBoxing Ring,boxing ring,boxing ring,boxing ringと生まれてから聞きなれているわけです。 ですから、日本人が間違って、Boxing lingと発音してもBoxing ringのことを言っているんだろうと理解して「くれる」わけです。 つまり、Traverと言ってもこの単語を知らない人にとってはTravelのことを言っているのかなとも感じるわけですね。 もっとも、このEの発音が違いますので、単語の最後に来るときのLとRの違いは前にも書いたように「違いの感じ方」と言う表現が書いたことをいっていることになるわけです。(教養とか、知識、経験の深さがものをいうということにもなりますね)

日本語のは行でも、単語の最初であるとHをはっきりと発音しない人がいるので、針ー蟻なんかもその文章からどっちをいっているのかを考えなくてはならないときもありますね。

私の言いたいのは「発音は文字や発音記号だけで断言できるとは言い切れない」言うことで、これらのことと誤解を犯すことがある、と言う知識・経験があれがこれらの違いをはっきり相手に伝えようとすることも言葉と言うものを相手にわかってもらうもの(つまりフィーリングがちゃんと伝わるかどうか、と言うことですね)であると言うことを身にしみて認識すれば、LとR、SとTHなどの発音の区別はちゃんと中学教えるべきものであり(教師がそれをできなくてはならないと言うことです)、アメリカ人だからR-Lの区別は100%できるものではない、と言うことも知っておくべきだと私は言いたいわけです。

違うのは分かっている、と言うレベルから、でも誤解されるときもあるんだよ、と言うレベルへの知識向上と言うことなのです。

最後に、多分今まで何回か聴かれたことがあると思う事を書かせてくださいね。 BとMはまったく違う単語ですね。 その違いを知ると言うことは初歩的な知識のひとつでしょう。 誰も反論しないでしょう。 

では、何故、アメリカ人がHe is a billionaire with B.と言う表現をするのでしょう。 この表現を聴かれたことがあると思います。 これは これを言う人には「言葉として誤解が起こる単語だ」と知っているからそういうわけです。 なぜなら、もしかしたら、相手はHe is a millionaireと理解する可能性が多い、と言うことを知っているからなんですね。 つまり、BとMの発音は違うと知ってはいるけど、発音として誤解されやすいと言うことも知っているから、わざわざbillionaire with Bと言う表現をして、millionaireと言っているんじゃないよ、と言うフィーリングを伝えているわけです。

ですから、My name is Higuchi with Hと言う表現をすることができると言うことは樋口と井口を聞き間違える人が「日本人でも」いると言うことを知っている、多分アメリカ人の多くは、特に今では、Iguchiという名前が野球選手の名前であると言う事に聞きなれてしまっているから多分樋口と言ったら井口と間違われる可能性が高くなっていると言うことを知っている人だと言えるわけです。

英語を使いこなせるようになる、と言うことにむけて、学校英語ではなく「使える英語「フィーリング英語」と言う視点から書かせてもらいました。 

ではまたの機会に、

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>日本語でも「南さん」を「三上さん」と間違えるような事はよくありますが、そのようなものですか?

そういうことですね。 樋口さんと井口さんもそうですね。 この両方の場合発音はまったく違うものであり、日本人の誰で「違う発音である」と断言するでしょう。 それがL-Rなんですね。 

ですから、日本人が持っている日本語の発音の「許容範囲(「らりるれろ」という音しか持たない我々日本人はと言う部分ですね)」からのL-Rからくる「なぞそう日本人(...続きを読む

QMartinの弦について

Martin MSP4100 
http://www.amazon.co.jp/Martin-MSP4100-%A6/dp/B00298PL0A/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=electronics&qid=1262716895&sr=1-4
Martin MSP3100
http://www.amazon.co.jp/Martin-MSP3100-A6/dp/B0029VTLX0/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=electronics&qid=1262716895&sr=1-7
この2つの弦の違いってなんですか?
微妙に値段がちがいますが、、。
また、エレアコでも使えますか?

Aベストアンサー

材質の違いです。
MSP3100は「ブロンズ弦」といって3~6弦に使用されている巻線の材質(コーティングではない)がスズと銅の合金で出来ています。腰の強い音で一般的に用いられているものです。色は金色っぽい感じ。
MSP4100は「フォスファーブロンズ弦」で、芯線はおそらく同じものですが巻線の銅に少量のリンが混ぜてあります。これによって倍音が増し、明るいきらびやかな音になります。また弦の寿命もブロンズより若干長くなっています。色はブロンズ弦より若干ピンクと言うか赤みがかった感じです。

どちらの弦が良い・高級ということではなく、自分の好みや楽器とのマッチングによりますし、PAやレコーディングにおいては機材との相性も関係します。また人によっては多少古くなった弦の音が好きという場合もあります。
どちらももちろんエレアコに使用できますので、他のメーカーも含めて(合金の比率が微妙に違うので同じブロンズでもそれぞれの音があります)いろいろな弦を試してみることをお勧めします。
これはどんなベテランでも普通に行うことです。

Q作文の時外国語思考と母国語思考とどちらを最優先に?

 日本語を勉強中の中国人です。英語カテで経験者の方が多いと思うので、こちらで聞かせていただきます。日本語ブログと中国語版ブログを並行して文章を書き始めました。そこで困っていることがあります。それは、どのブログを先に書くのかということです。

 中国語は母国語で日本語よりずっと自信があります。最初は中国語ブログで中国語文章を書きました。それは自分の意味を十分表現できる文章になりました。しかし、その中国語文章を日本語に訳すと、なんだか出来上がった日本語の文章はとても不自然な表現が多いと思います。こういうことは、イコール話をするときに、まず中国語に変換してそれから日本語に変換するというルートですね。しかし、実際外国語を話すときに、直接外国語で考えて話すのだと思います。いちいち母国語経由はしないと思います。

 ということで、まず日本語で考えて日本語ブログを書いてその次に中国語に訳して中国語ブログに載せたほうがよいのでしょうか。しかし、これも欠点があります。日本語は中国語より下手で、自分のなかで本当に表現したい意味はまだそれなりのレベルの日本語の表現を身に着けておりません。

 私の言っていること、理解していただけないでしょうか。つまり、自分の頭のなかで一番最初にまずある意味ができています。その意味を母国語の中国語で表現するのか、それとも外国語の日本語で表現するのかということです。

 どうすればよいのでしょうか。一番最初にどの言語で考えて文章を書いたほうがよろしいでしょうか。同じ悩みを持っておられる方、いらっしゃいますか。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 日本語を勉強中の中国人です。英語カテで経験者の方が多いと思うので、こちらで聞かせていただきます。日本語ブログと中国語版ブログを並行して文章を書き始めました。そこで困っていることがあります。それは、どのブログを先に書くのかということです。

 中国語は母国語で日本語よりずっと自信があります。最初は中国語ブログで中国語文章を書きました。それは自分の意味を十分表現できる文章になりました。しかし、その中国語文章を日本語に訳すと、なんだか出来上がった日本語の文章はとても不自然な表現...続きを読む

Aベストアンサー

くどいかもしれませんが前段:
文章は思考の発現であり他者に伝えるもの、書き手の教養・思想・人格の代弁者です。
言語は民族の自然環境と歴史環境の中で育まれてきたものです。
民族の思考法・感性・体質を栄養にして育まれました。
従って言語が異なる人が、同じ場面に遭遇しても、用語ばかりでなく脳と心での受け止め方が異なります。
ましてや語の選択・文体・言い回しなどの文章作法は独自の文化を持ちます。
これらに典型はあれども、感性による差異と選択基準はその言語文化で育った者に固有のものです。
同じことを書くにも、母語が異なると文脈が異なる場合もあります。
さらには、感激の対象の捉え方(一方は形に意識が向くが、一方は色に感性が働くなど)にも差異があります。
異言語環境で育った者にとって安易に超えられる壁ではありません。
外国語で文章を書く場合は、その言語文化に脳も心も置き換えることが必要です。
そうでないと、意味は通じるが心や味わいは通じません。
従って、文章は母語の文化の基盤の上で書くのが自然態です。

中文の作品は中国人の感性の発現であり、その和訳作品は原作と訳者の共同作品です。
名訳であっても、原作品の持つ母語話者の感性が完全に再現されるわけではありません。
同一人物が訳しても原作の味わいの再現は困難です。  -前段完-
 ----------------------------------
さて、
★ご質問のこと。
 どちらを先に書くかとの問い、
  「どちらの言語で原作を書き、他方に翻訳しても満足できない」とのことですね。
 これは必然です、やはり別々に書くか、一方は翻訳作品として洗練するしかありません。
 同じ対象/主題について別々に書いて、両者の内容に差異が生じても良しとします。
   *中文作品は中文で書く。 *日本語作品は日本語で書く。
         をお薦めします。
 同じ対象/主題について
   中国語脳と心 で書く
   日本語脳と心 で書く  
      ことで興味ある、かつ有効な発見があるでしょう。
★確認:
 ブログの目的が日本語力向上で時間の余裕がないならば、
 日本語で起草し中文は翻訳としましょう。

awayukiさんの文章には度々触れていますが、
些事は措いて定型文は充分修得し、
日本人の感性や文章の態度についても知識を持っていらっしゃいます。
今後の上達が楽しみです。
 ----------------------------------
西端真矢さんという文筆家(他分野でも活躍)が居られます。
参考になる記事を書いているのでご一読ください。
「外国語で文章を書くということ」
  http://www.maya-fwe.com/4/000139_J.html

くどいかもしれませんが前段:
文章は思考の発現であり他者に伝えるもの、書き手の教養・思想・人格の代弁者です。
言語は民族の自然環境と歴史環境の中で育まれてきたものです。
民族の思考法・感性・体質を栄養にして育まれました。
従って言語が異なる人が、同じ場面に遭遇しても、用語ばかりでなく脳と心での受け止め方が異なります。
ましてや語の選択・文体・言い回しなどの文章作法は独自の文化を持ちます。
これらに典型はあれども、感性による差異と選択基準はその言語文化で育った者に固有のものです。
...続きを読む

Q坂崎幸之助のMartin

こんにちは。
坂崎さんが持っているMartinのギターのモデル名を、知っている方教えていただけないでしょうか。Martinは何本か持っていると思いますが、その中でも一番本人が気に入っているMartinも分かれば教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すみません「T'sT」でしたね。

ところでOOOは28と18Eらしいです。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~somemura/bbs1/781038549802364.html

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~somemura/bbs1/781038549802364.html

Q英語が得意な方へ質問です 「為せば成る。為さねば成らぬ。何事も。成らぬは人の為さぬなりけり。」 これ

英語が得意な方へ質問です


「為せば成る。為さねば成らぬ。何事も。成らぬは人の為さぬなりけり。」

これを英語に訳してください!お願いします

Aベストアンサー

Where there is a will, there is a way.
日本語のことわざの英語訳としてはこれが一番有名です。

もう一つ、バック・トゥ・ザ・フユーチャーという映画の中で使われている有名な言い回しで
If you put your mind to it, you can accomplish anything.
というのもよく使われます。

加えて直訳として
If you try, you may succeed.
If you don’t try, you will not succeed. This is true for of all things.
Not succeeding is the result of not trying.
という言い方もあります。

QSDカードをFAT16でフォーマットしたい

こんばんは、1GBのSDカードをFAT16でフォーマットしたいのですが、マイコンピュータからフォーマットしようとしてもFATかFAT32でしかフォーマット出来ません。
FAT16でフォーマットするにはどうしたら良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そこでいうFATはFAT16のことではないかな? アロケーションユニットサイズの問題で標準的にフォーマットすれば32MBまでしか使えません。
コマンドプロンプト(>)からformat /? すれば説明でます。(スタート>プログラム>アクセサリにもあります)
/a:サイズ オプションに16kつければ1GBまで、32kつければ2GBまで使えます。
http://pcclub.pccqq.com/conte/fatfs.php
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2862057.html

Q英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。 発音博士というアプリを使用して英語の発音の

英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。
発音博士というアプリを使用して英語の発音の勉強を
しています。
別にsiriでも構わな位のですが、clerkという単語を発音しても絶対にrと認識されます。
*発音博士というアプリでは自分の発音をアプリ側が
認識した発音記号を提示してくれます。大体rrってでます。

サイトで何度もlの下の動きを確認したり、youtubeでもみました。前歯の付け根に下をつけて発音など。
また自分でも色んの位置に舌先を持ってきたりいく通りもの発音をためしましたが、だめです。。
もともとの滑舌のせい?!
こう発音したらlと認識するよ!っていうのがあれば是非ご教授願います。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クラークのクを、くぅと発音せずに、短くkと言って、kの続きにエル(L)を発音できているでしょうか
klです
その次は、ゥぁー音です ゥぁーRです

ロンドンは正しく発音できますか

everybody loves raymondは正しく発音できますか


人気Q&Aランキング

おすすめ情報