えと、先日それなりに良いSPを購入したのですが
エージングをしたいと思います。
エージングの仕方について色々と調べてみたのですが
意見がマチマチなので、正しい知識を得たいとカキコしました。
皆様のお知恵をお借りしたいと思いますのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 NORDOST SYSTEM SET-UP & TUNING DISCが良いと思います。

エージングはもちろん消磁もできます。個人的な意見ですが、XLOよりも効果が大きいような気がします。
    • good
    • 0

こんにちは。



そもそも「エージング=枯れさせる,熟成させる」と言う単語が,様々なやり方を生んでしまう原因ですよね。
内容的には,エンジンの「ブレークイン=慣らし」の方が近いと思います。
でもスピーカーの場合,「エンジンの回転数を100kmごと1000rpmずつUP」と言うように,徐々に慣らす必要は無く
いきなり大入力で構わないと思います。
小音量でのエージングの必要性をあえて言うなら,接着部分の安定化,云々でしょうか。


>非常識的なソースだと,エージング後の音質に問題がっていう噂があるのも耳にする。

私が無知なだけかもしれませんが,そう言う理論も実験も知りません。
ただ以前,ある雑誌でそれに近い内容の記事を見たことはあります。(年輩の方の投稿)
「ロックでエージングすると,そのスピーカーでクラシックは聴けなくなる。」といった内容でした。
帯域ごとのエージングの進行度合いに差は出るでしょうが,元に戻らないような癖は付かないでしょう。
上の例なんか,半分オカルトオーディオの気配が・・・。


>結局のところ、どんなエージング方法が一番良いのか?

●方法について
 個人的には,テストトーンで爆音エージングを支持です。
 エージングに用いる信号よりも,エージングでユニットのどこを攻めるか?を考えることの方が重要でしょう。
 攻めどころを,私は次の2つに分けています。

・エッジ,ダンパー
 仰る通り,ある程度のストロークさせる必要があります。
 振動板をストロークさせるだけですから,音楽信号である必要はなく,ピンクノイズ・シングルトーンのどちらかで構いません。
 ウーハーは最低共振周波数で振動板がフラフラと共振してくれるので,そこをめがけてシングルトーンを入力するのも効果的でしょう。
 シングルトーンは,PCのサウンドカードをオシレーターとして利用するのが,周波数を細かく設定出来て良いでしょう。
 そのためのフリーソフトもあります。(参考URL)

・振動板自体
 新品のユニットは,しなやかに分割振動しませんから,ほぐす必要があります。
 (マルチwayは,この分割振動領域をさけて帯域分割しているはずですから,気にする必要はありませんが。)
 振動板をほぐすのですから,複雑な信号が必要になります。で,ピンクノイズと音楽信号のどちらを選ぶか?ですが
 私はエージング効果の点からピンクノイズをお勧めします。
 マルチwayの中高域ユニットのエッジやダンパーは,この信号で同時にエージング出来ると思います。
 尚,どこから分割振動しているかは,ユニットのf特カーブを見てください。分かりにくければ,スペアナソフトで実測してください。
 中域以上で特性が暴れているところが,分割振動していると見て良いでしょう。


●音量と時間について
 具体的な強度と時間については,ご容赦下さい。
 考え方としては,強度100×10時間とエージングと,強度10×100時間のエージング,強度と時間の積はともに「1000」ですが
 エージング効果は前者の方が遙かに大きいでしょう。更に極端な話し,強度1とかの場合,永久にエージングが進まないまま劣化が始まる
 なんて悲しい事になるかもしれませんよ。
 と言うのも,以前アンプの不調で耐入力180W(だったと思う)のスピーカーに推定200W程度のポップノイズを何発か入れてしまった時
 いつのまにバスレフになった?(実際は密閉型です)・・・と思うくらい,弾むような低音がでてきて驚いた経験があるからです。
 「数年間鳴らしてきたが,今までウーハーはエージング不足で本領発揮してなかったのか?」と思わせるくらいの大きな変化でした。
 (ユニットが半分逝っちゃって,音が変わった訳ではありませんよ。念のため。)

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/index.html
    • good
    • 0

そうですね。

エージングは皆さんいろいろな方法でやっていますの
どれが正しいかは意見が分かれることでしょう。

私の場合、エージングは通常音楽を聴く時の音量でじっくりとやります。
まあ簡単な話、エージングと意識してやっていないという事です。3ヶ月
ぐらいでかなりアンプにあった音になっていきます。

>それなりに良いSP
とあるのである程度値段が高いのでしょうから、おそらく出荷前に最低限の
エージング(おそらくホワイトノイズのようなもので)していると思います。

あとは組み合わせるアンプによって振動の仕方がかわるので、soniさんがお持ち
のアンプで普通に音楽を楽しみながらの方が良いと思います。もちろん急激な大
音量はさけてくださいね。


ちなみに私はクラシック、映画音楽(スコア)などを聴いています。
私も1ヶ月前に新しくスピーカーを買い換え、現在じっくりとエージング中。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。

エージングの仕方で、どれが正しいのか?
こんな素朴な疑問が頭から離れなくて、今回、スレッドを立てさせて
いただきました。

結局のところ、どんなエージング方法が一番良いのか?
自分の普段聴くソースで一番良く鳴ってくれるSPにするには
普段聴くソースでのエージングなのでしょうか?
それとも、帯域の広いクラシックやピンクノイズでのエージング
なのでしょうか?
とどのつまりが、ここに集約されてくると思うのです。

きっと、オーディオ好きな人達はこのスレッドを見て様々に思う部分があると
思うのです。だからこそ、沢山の方の意見が聞けたらなって個人的に思って
いる部分もあります。

Schultzendorffさんがおっしゃる通り、SPがエージングされてくるに
したがってAMPにあった音になっていくのが感じられてくる時が
エージング中の楽しみですね^^

Schultzendorffさんもエージング頑張ってくださいね。

お礼日時:2001/11/09 21:06

こんばんは。

補足をいただきまして。
ソースですが、自分の持ってるクラシックのCDです。シンフォニーありバロックあり・・・でもみんな器楽だな~。
まあ、自分の聞くジャンルでいい音がでてくれればと思いまして。
確か、ある程度大きな音量で長時間鳴らすことが重要と聞いてやった方法です。

自作機だとほんとびっくりすることがありますけど、メーカー品だとどうかはちょっとわからないですね。

ちなみに、メーカー品のはやってないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ども素早いご回答ありがとうございます。
クラシックは帯域が広いので、エージングには適していると
良く言われていますし、myeyesonlyさんがおっしゃる通り
自分の普段聴くソースで良い音を奏でてくれるSPが一番というのが
私も共感している部分です。
そして、ある程度のボリュームでないとSPユニット自体がストローク
してくれないので、やはり、そこそこのボリュームでのエージングが
良いように思います。
自作SPなんて、コダワリの一品ですね^^
羨ましいです。

お礼日時:2001/11/09 20:51

 soniさんへ 折角気に入られて購入したスピーカーですから そうなに焦ってエージングをする必要はないでしょう。

  その昔は FMチューナーを用いて局間ノイズ(あのザーという音)でエージングをするというのが流行っていましたが・・・   実際にスピーカーでその音を聴くわけではないのですから 今では非常識な事と言われています。  普段お聴きになるCDなどを再生して 徐々にスピーカーを慣らして行く事をお薦め致します。

 どうしても 早急にエージング(ある程度ですが・・)したいのであれば 著名な専門店でも用いられている ≪バーインCD≫を使われた方が良いでしょう。 Audio専門店等で購入できます。  尚この場合でも 数日間それなりの音量で再生する必要があります・・・  内容等は 参考URLをどうぞ。

 

参考URL:http://www.be.wakwak.com/~bebe1998/discs/xlo-gui …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
FMチュナーでのエージングはピンクノイズだとかって話ですよね。
お勧めのバーインCDでのエージングもピンクノイズですね^^
ピンクノイズでのエージングは早く手軽にエージング出来ると言われて
おりますが、project-tkさんのおっしゃる通り普段聴くソースでは無く
非常識的なソースなので、エージング後の音質に問題がっていう噂があるのも
耳にした事があります。ここら辺の実際問題としての理論とかって言うのは
あるのでしょうか?
また、人により、ボリュームの大きさですが、小さめのボリュームで鳴らして
あげるとか、大きめの(普段聴く音量)ボリュームで聴くとか様々な見解が
ありますが実際のところどうなんでしょう?
きっとこのスレを見て参考になさる方もいらっしゃると思いますので
正しい知識の場として有効にしたいと考えております。
よろしくご回答の程お願いします。

お礼日時:2001/11/08 23:50

こんにちは。

これはまさに人によってみんな違うこと言いますよね。経験あります。

で、私がやったのは、20W程度のアンプ(家にあったもの)のボリュームを最大の70%程度にして、4時間程CDを鳴らし続けました。
もちろん密閉空間でない方がいいのは判りきってますが、自宅ではそうも行きませんよね。当然、こたつで布団蒸しです。(^^ゞ
でも、音はホント、びっくりする位変わりました。ちなみに既製品ではなく自作です。

あと、集会場などを借りる事ができればそういうところでという手もあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスありがとうございます。
結構なボリュームで鳴らしていますね^^
ソースはどんなソースで鳴らしているのでしょうか?

お礼日時:2001/11/08 23:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCD-ROMとCD-DAの違いって?

CD-ROMとCD-DAの明確な違いについてですが。
ここで音楽CD(CDショップなどで売っている)はどういった規格と聞いたら、CD-DAと答えられて、CD-ROMについて聞いたら、音楽CDや映画DVDがそれに該当すると言われました。
正確に音楽CDっていうのは一体どちらなんでしょう?
CD-ROM=CD-DAっていうことはありえるんでしょうか?

Aベストアンサー

CD-DA というのは音楽CDのデータ形式のことです。
CD-ROMとは、ソフトウェアやデータの入ったCDをプレスで作ったもの自体をいいます。
つまり
>CD-ROMとCD-DAの明確な違いについてですが。
CD-ROMとは、プレス版作成のデータCDのことを指し
CD-DAとは、音楽CDに記録されているデータ自体を指します。

Qカーステレオについて皆様の知識を貸してください。

カーステレオについて皆様の知識を貸してください。
はじめまして。(私はカーステやPC等あまり詳しくないです。)

トヨタのカローラフィールダーに乗っていて車は家族で使っています。
以前使っていたトヨタ純正のカーステがMD、CD-R読み込めないという状況になり、某店で特価だったアルパインCDE-W203Jiを衝動買いしてしまいました。
買った当初は満足していたのですが、父から「これMD使えないのか」と、突っ込まれてしまいました・・・

私と母が使うときはUSBかCD-Rのみだったのと自宅のMDコンポが相当前(1.2年位前)に壊れていて使えない状況だったので我が家からMDの存在が消えてました。

まさかもう我が家では使えないMDが残ってたなんて思いもしてなかったのです・・・
MDコンポを買う予定もなく、MDからCDに焼けたらなぁと思っていたところ友人からMDからCDに焼ける方法あったような・・・と情報を得ました。

自力で調べたところ、できるにはできるようですが結構お財布に痛いのと、父が持ってたMDの量が多くCDに焼く手間がすごいかかってしまうので思い切ってカーステを切り替えようかと思っています。

そこで2DINサイズでCD/MD(この2つは確実に)とできればUSBのついてるカーステを買うか、MDからCDに焼き直しするか迷っています。
お財布にやさしい方がうれしいですが、皆様の意見はどうなのか教えてください。

カーステレオについて皆様の知識を貸してください。
はじめまして。(私はカーステやPC等あまり詳しくないです。)

トヨタのカローラフィールダーに乗っていて車は家族で使っています。
以前使っていたトヨタ純正のカーステがMD、CD-R読み込めないという状況になり、某店で特価だったアルパインCDE-W203Jiを衝動買いしてしまいました。
買った当初は満足していたのですが、父から「これMD使えないのか」と、突っ込まれてしまいました・・・

私と母が使うときはUSBかCD-Rのみだったのと自宅のMDコンポが相当前(1...続きを読む

Aベストアンサー

>2DINサイズでCD/MD(この2つは確実に)とできればUSBのついてるカーステを買うか
現行ではありません。中古で探すのであれば、ケンウッドのDPX-U60MDがあります。

>MDからCDに焼き直しするか迷っています。
焼き直しと言っても、そんなにカンタンなものではありません。
CD→MDに録音する際にデジタル録音している場合、SCMSというコピーガードがかかっていますので、そのままデジタルでCDにコピーすることは出来ません。MDをアナログ出力してPCで録音してから、CDに焼き付ける必要があります。

>お財布にやさしい方がうれしいですが、皆様の意見はどうなのか教えてください。
ポータブルMDを購入して、ヘッドフォンジャックからCDE-W203JiのAUXに接続して再生するのが一番安上がりだとおもいます。ただし、ポータブルMDの電源をシガープラグから取り出すとオルタネータノイズが混入することがありますので、充電池で再生するようにしてください。

Q借りてきた音楽CDから空のCDへの書き込み

かなり初歩的なことなのですが、教えてください。

TSUTAYAから借りてきた音楽CDを自宅・車用としてCD-R1にやいて楽しみたいのですが、録音がうまくいきません。

・CDにコピー禁止はかかっていません
・録音先のCDは、CD-R700MBのMaxellのCD とCD-W でCD表面にCOMPACT DISK Rewritableと表示のある MITSUBISHIのCDです
・PCはWindows xpのVAIOです
・自宅のCDプレーヤーはDENONのもので本体表面に
MDLP、Mini Disk、COMPACT Disk DIGITAL AUDIO という表示があります
・車はMOVEで取り扱い説明書を見たところ、
「MP3、WMA、AAC方式で記録されたディスク、CD-ROM・ コピー プロテクト機能付ディスクには対応 していません」「音楽用CD-R(CD-Recordable)/CD-RW(CD-ReWritable)に記録された音楽用データを再生できます」とあります

(1)WindowsメディアプレーヤーでCDをライブラリに取り込んで、書き込み先のCD(上記2種)に書き込んだのですが、自宅のCDプレーヤーでも車のプレーヤーでもどちらのCDも再生できませんでした。「WMA形式を」ネットで調べたら、Windowsの形式だというよなことが書かれていましたが、これは私のこのやり方で書き込んだCDでは再生できないと理解したらいいのでしょうか。

(2)CDプレーヤーはCDが一枚しか入らない形式のものなのでCDからCDと直接録音できなさそうなのですが、ほかに何かよい方法はありますでしょうか。

本当にかなり初歩的な質問で申し訳ありません。
どうぞ宜しくお願いいたします。

かなり初歩的なことなのですが、教えてください。

TSUTAYAから借りてきた音楽CDを自宅・車用としてCD-R1にやいて楽しみたいのですが、録音がうまくいきません。

・CDにコピー禁止はかかっていません
・録音先のCDは、CD-R700MBのMaxellのCD とCD-W でCD表面にCOMPACT DISK Rewritableと表示のある MITSUBISHIのCDです
・PCはWindows xpのVAIOです
・自宅のCDプレーヤーはDENONのもので本体表面に
MDLP、Mini Disk、COMPACT Disk DIGITAL AUDIO という表示があります
・車はMOVEで取り扱い説明書を見たと...続きを読む

Aベストアンサー

Windowsメディアプレーヤーの書き込みタブからオーディオCDを作成されましたでしょうか? それとも、ライティングソフトを使ってデータCDとして書き込みされましたか?
前者は音楽CDとして書き込みされますので、CDプレーヤーが対応していれば再生できます。(絶対ではないようですが) それに対して後者は音楽CDではないので再生できません。

ちなみにWindowsメディアプレーヤーに取り込む時は、WAVもしくはWMAロスレスで取り込んでください。そうしないと取り込む時点で音質が劣化しますので、CDに焼いても元の音源と同じ音にはなりません。

Qスピーカーのエージングについて

つい最近スピーカーを買ったんですが低音があんまりでません。エージングをすれば音がかわるといいますが低域を速く増したい場合低音重視の音楽をガンガンならせば早く低域が強くなりますか?

Aベストアンサー

>低音をガンガン出したら....
音は変わります。軽く音が出せるようになるので。

ただし、必要時間は10時間ぐらいです。
これで変わらなければ他に原因があります。

スーパーウーハーを買うとか、イコライザで足すとか
しないとダメかもしれません。

QCDプレーヤーで音楽CDが再生できない

CD作成ソフト(SonicStage)で音楽CDを作成しましたが、CDプレーヤー(仮称A)では再生できますが別のCDプレーヤー(仮称B)では「NO CD」(CDがセットされてないの意味?)と表示され再生できません。ただし、市販のCDの再生はもちろんできます。
CDプレーヤー(A)は再生可能ディスクとして「Degital Audio」、「Degital Audio Recordable」、「Degital Audio ReWritable」が表示されていますが、CDプレーヤー(B)は説明書を紛失して不明です。
音楽CDは、CD-RWで作成しました。 また、CD-Rで作成した別の音楽CDは再生できました。両方とも「MP3」で作成しています。どうして再生できないのでしょうか。

Aベストアンサー

CD-RWはディスク記録面を見て判るように、CD-Rとは使用している材料が異なります。
CDプレイヤーは、レーザー光を当ててその反射光を信号として読み取ることは
ご承知だと思いますが、CD-RWの場合には、この反射光が少ないようです。

家庭用に限らず、車載用などでも読めないということは発生します。
CD-RWだけでなく古くはCD-Rでも起きていました。

製品の仕様で読み取り可能でなければ、読めない可能性はあります。

Qカートリッジ(針)+ヘッドシェルの「エージング」?

 最近、アナログ・プレイヤーのカートリッジ(針)+ヘッドシェルを新品のものにしたところ、低音は迫力があって良くなったのですが、女性ボーカルなどの中音がおとなしくなりすぎて、かなりショックをうけています。

 具体的には、次のようなものです。
(旧)オーディオ・テクニカ AT120E+LS-12
(新)SUMIKO      Pearl+HS-12

 上記のような現象は、カートリッジ(針)+ヘッドシェルの「個性」として受け止めるべきなのでしょうか?
 それとも、カートリッジ(針)+ヘッドシェルにも、「エージング」が必要であり、もう少し様子をみるべきなのでしょうか?

 私は、最近、アナログの良さに目覚めた、「アナログ初心者」です。先輩の皆様がた、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もちろん、エージングによって音質は変化してきますから2~3ヶ月くらい様子を見て、それでも気に入る音質にならないのなら、カートリッジ固有の音質だと思ってください。
デジタルに比べて、カートリッジやカセットデッキなどのアナログ機器、特にカートリッジは、メーカーや型番によってがらりと音質が変わってしまうことがあるので、購入前に信頼できる店員さんに自分の好みの音質を説明して、アドバイスを受けるのが一番良いでしょう。

QCD-R 音楽CDをデータCDで書き込んでしまいました

家にあるミュージックCDをCD-Rに書き込んだ(コピー)際、うっかりオーディオCDではなく、データCDで書き込んでしまいました。
なので一般的なCDプレイヤーでは再生できず・・・。

CD-Rは一度書き込んでしまったらデータを消すことはできませんが、データCDからオーディオCDへの修正なども、やはり不可能なのでしょうか?
一気に何枚ものCDをCD-Rに書き込んでしまった後に気がつきましたので、この事態に呆然としています。
自分の不注意が腹立たしいです・・・。

データCDで書き込んでしまったCD-Rを、CDプレイヤーで再生できるようにする方法はないものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

CDを取り込んだ時の形式は?
取り込んだデータは通常MY MUSICの中に残っているはずですから、そこからWAV(ないしMP3、WMA)のファイルをWMPやライティングソフトに読み込んで改めてオーディオCD形式で書き込む。
MY MUSICに取り込んだデータが残っていない場合はデータ形式で書き出したものをPCのドライブに入れて、再生するのではなくドライブを右クリックして開くを選択。表示されたファイルを全て選択して、MY MUSICに任意のフォルダーを作成しておき、そこにコピー。
そのデータを改めてWMPやライティングソフトに読み込んでオーディオCD形式で書き込む。

WAV形式で取り込んでもデータ形式で書き込んだ場合は一般のCDプレイヤーでは再生できません。それが例えDAO(ディスク・アット・ワンス)でファイナライズしたとしてもWAVファイルを記録したデータディスクです。
WAVはリニアPCM音声をWindowsで扱うための形式です。
中身は一緒でもオーディオCDの場合はそのままWAV形式のファイルを記録しているわけではありません。一つの音楽データをトラックで分割している仕組みです。
オーディオCDにはファイルの概念がありません。
なのでオーディオCDを作成の際には、各WAVファイルをトラックに変換する作業が行われています。

はじめまして。

CDを取り込んだ時の形式は?
取り込んだデータは通常MY MUSICの中に残っているはずですから、そこからWAV(ないしMP3、WMA)のファイルをWMPやライティングソフトに読み込んで改めてオーディオCD形式で書き込む。
MY MUSICに取り込んだデータが残っていない場合はデータ形式で書き出したものをPCのドライブに入れて、再生するのではなくドライブを右クリックして開くを選択。表示されたファイルを全て選択して、MY MUSICに任意のフォルダーを作成しておき、そこにコピー。
そのデータを改め...続きを読む

Qアンプによる駆動力の必要なSPとそうでないSP

JBL E130+2446H能率105dbなんですが38cmウーハーのせいか真空管のシングルアンプじゃ駆動出来ないからアンプを換えろ なんて良く言われるんですが思うに振動系が軽くて磁気回路の強力な高能率SPの場合そんなものはいらないと思うわけです。振動系が重い低能率SPの時に必要なものとおもうんですがどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

私はD130+375+075を300Bシングルの8Wのアンプで
鳴らしておりますが充分ですよ。

以前は350Wの半導体アンプで鳴らしていましたが
今の方がのびのび鳴っています。

Q音楽データをCD-RWに書き込んで、その内容をそのままCD-Rにコピーすることは?

CD-RWに音楽のデータをコピーして音楽CDにするとパソコンでは聞けても、普通のCDラジカセではきけないのですよね?
で、いったんCD-RWに書き込んで作った音楽CDを、CD-Rに書き移して(バックアップCDとしてコピーして)音楽CDとして使えますでしょうか?
(そうやって作ったCD-Rは普通にCDラジカセで聞けますでしょうか)?

ご存知のかたいらっしゃいましたら、どうかよろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

CD-RWは元々は書き換えを前提とした物で、書き換えをするために再生互換性がCD-Rに比べて低いのが特徴です。
CD-RWがAudioCDプレーヤーで再生できない理由は、CDの反射率がCD-RWは通常のCD-ROMメディアの20%程度しかないためです。読み出すには高いレーザー精度とパワーが必要で通常のCD-RW非対応、マルチセッション非対応のCDプレーヤーでは再生できないのです。
CD-RWが再生できないのは単に、反射率が低いためだけで、技術面での違いだけによるものです。そのため、CD-RWからCD-Rにコピーした音楽CDならCD-R再生に対応したプレーヤーなら通常は再生できます。パソコンでなくても対応さえしていれば再生できる機器はありますし、AudioCD形式で書き込めば記録されたデータの内容はオーディオCD規格に準じ、音楽CDと同じ形式で記録されますから、再生する機器がこの反射率に対応さえしていれば通常の音楽CDと変わらないのです。


ちなみに、CD-Rでは反射率がCD-Rの80%程度以上と高いため、CDプレーヤーの多くで再生でき、再生互換を持たせ易いのです。一度しか書き込めないCD-Rがある理由は、ここにあり、互換性のために作られた規格なのです。(CD-RWで事足りたならわざわざ作る必要もなかった規格といえる)
ただ、これも絶対に再生できるというわけではありません。何せ、CD-Rより反射率は多少低いですからね。
古いプレーヤーでは再生できない、音飛びしやすい、ノイズが出るなどの症状が出ることがあります。特に99年ぐらいまでのカーオーディオでは再生できないことがあります。最近のプレーヤーではないですが、CD-Rなら必ずどのプレーヤーでも再生できるわけでもないのです。

いかがでしょう。
よって、CD-Rに書き換えても再生できる。CD-RWのままでもCD-RWに対応したCDプレーヤーなら再生できます。

CD-RWは元々は書き換えを前提とした物で、書き換えをするために再生互換性がCD-Rに比べて低いのが特徴です。
CD-RWがAudioCDプレーヤーで再生できない理由は、CDの反射率がCD-RWは通常のCD-ROMメディアの20%程度しかないためです。読み出すには高いレーザー精度とパワーが必要で通常のCD-RW非対応、マルチセッション非対応のCDプレーヤーでは再生できないのです。
CD-RWが再生できないのは単に、反射率が低いためだけで、技術面での違いだけによるものです。そのため、CD-RWからCD-Rにコピーした音楽CDならCD...続きを読む

Qエージングについて

新品のアンプ類やスピーカーケーブルやRCAピンケーブル、光デジタルケーブルなどのケーブル類もエージングが起こるのですか?スピーカーと違って動く部品が無いので気になりました。

Aベストアンサー

 私はケーブルの仕事を30年程してきましたが、ケーブルに関しては導体(通常は銅線)は太い導体から必要な線の太さに伸線という工程を経て銅線が得られます。この工程は無理やり銅線を引き伸ばしますので、加工歪が銅線に残ります。この歪を取るために加熱をしますが、通称アニール処理といわれます。
 銅線によってはアニール処理をしないで使用する場合があります。例えばPCOCCやLC-OFCと言われる導体がその一例です。
 又、ケーブルの製造時には撚り合せたり、巻いたり、把状にしたり、と色々な加工がされますので、アニールした導体でもケーブルの製造工程中に歪が加わります。
 ですからこの残留歪を取るために、ケーブルの場合にはオーディオ機器にセットしてしばらくエージングが必要です。
 私が設計したケーブルでも、機器にセットした直後と、1週間後では明らかに音は違っています。
 その意味では雑誌等に掲載されたケーブルの音質評価がエージングを考慮して行われたものか疑問です。多分、多くの製品を評価する時間の制約でエージングの効果までは見られてないでしょう。どこで落ち着いたかはずっと聞いていなければ分かりませんから・・

 私はケーブルの仕事を30年程してきましたが、ケーブルに関しては導体(通常は銅線)は太い導体から必要な線の太さに伸線という工程を経て銅線が得られます。この工程は無理やり銅線を引き伸ばしますので、加工歪が銅線に残ります。この歪を取るために加熱をしますが、通称アニール処理といわれます。
 銅線によってはアニール処理をしないで使用する場合があります。例えばPCOCCやLC-OFCと言われる導体がその一例です。
 又、ケーブルの製造時には撚り合せたり、巻いたり、把状にしたり、と色...続きを読む


人気Q&Aランキング