磁気カード全盛期。使いやすいカードはどれですか。順番に並べてください
1、パスネット
2、バス共通カード
3、イオカード
4、Suicaイオカード
5.スルットKANSAIカード
6,Jスルーカード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 あくまで個人的な意見ですが・・・。


1位・・・(5)スルッとKANSAIカード
 関西地区のバスもカバーしているというので、さぞかし便利だろうと・・・。3Dayチケットはかなり魅力的ですよね。羽田でも手に入るらしいです。
 http://www.surutto.com/index.html
2位・・・(1)パスネット
 バスはカバーしてないですが20社局加入で関東ではカードの雄ですね。山手線内ではイオカードより便利ですし。
 http://www.railfan.ne.jp/passnet/index.html
3位・・・(6)Jスルーカード
 近鉄でも使える点を買いました。
 http://www.westjr.co.jp/news/010611a.html
4位・・・(3)イオカード
 関東のJRで使えますが、パスネットと違って券売機では情報が裏面に印字されないのでその分を差っ引いて4位で。カバーしている範囲も意外に狭いですよ。
5位・・・(4)Suicaイオカード
 タッチ&ゴーで改札を通過でき、東京モノレールでもつかえる点は評価できます。しかし新幹線利用不可・他のきっぷとの併用不可・外からでは残額がわからないなど制約が多すぎます。
 http://www.jreast.co.jp/press/20010904/main.html
 http://www.jreast.co.jp/press/20011104/main.html
5位・・・(2)バス共通カード
 プレミアムは大いに評価できます。しかし個人的にバス使いませんので・・・。
 http://www.kurumi.sakura.ne.jp/~buscard/

 なお選択肢にはありませんが、私としては1位はオレンジカードです。JR各社で使えるという安心感はかなり魅力的です。
    • good
    • 0

私の使いやすいカードは2のバス共通カードです。


それ以外は使ったことがないのでわかりません。
3のイオカードは便利な感じはするのですが、いまだにオレンジカードを愛用しているので使う気にはならないです。
    • good
    • 0

むずかしい質問ですね。

どのカードが使いやすいかは人それぞれ違いますから。
関西以外の人にはスルットKANSAIカードやJスルーカードは使わないでしょうし、関東以外の人はイオカードは使わないですよね。普段バスに乗らない人にはバスカードは不必要ですし。SUICAカードって知りませんでしたが、羽田空港からJRに乗り継ぐカードですか?、私は使うことないでしょうね。

 「あなたにとってどれが使いやすいですか?」という意味ですか? それとも「日本人の多数意見はどれか?」ということでしょうか?
 多数意見なら東京で使えるイオカードってことになると思いますが。

この回答への補足

SUICAカードって知りませんでしたが、
と言う質問ですが、Suicaはイオカードに変わる次世代ICチップを使ったJR東日本が導入を11月18日に決めたものです。Suica定期とSuicaイオカードが存在して、東京モノレールが導入を決めています。ただほかの在京私鉄でそういった動きは見られません。詳しいことはたぶんJR東日本のホームへ行けばわかると思います、関東の方はJR駅でチラシをくばっています

補足日時:2001/11/09 17:05
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイオカード,パスネットの割引がないのはなぜか

JRのオレンジカードとか小田急のロマンスカードは例えば5300円分を5000円で買えるという割引がありますね。
テレホンカードも105度数1000円で買えますね。
イオカード,パスネットは直接改札が通れて便利なのですが,プリペイドカードなのにどうして割引がないんでしょうか。
私のまわりでは,割引がないから買わないという人が結構いるみたいです。割引があればもっと普及するかもしれないと思います。
この辺の事情を御存知の方がいらっしゃいましたらお答えください。もちろん,暇なときで結構です。

Aベストアンサー

もともとオレンジカードの1000円券と3000円券には割引の設定はありません(ただし、50枚まとめて買えば1枚おまけがつく)。5000円券はいま売っていませんし…。

対外的には「自動改札の設備投資とイオカードそのものの利便性が大きいから」という説明がされていましたが…。

オレンジカードは国鉄時代の高い運賃で利用者離れが起きたことから、高付加価値にして利用者をつなぎとめるという意味があったと思います。

イオカードは、その利便性そのものが「売り」であって利用者をつなぎとめられるので、あえて割引を設けなかったと思います。
JR東日本・東海・西日本はこの間運賃を値上げしなかったこともあり、相対的に私鉄との運賃格差がなくなっているので、国鉄時代の割引制度の見直しを行っており、この低金利の時代10000円券に700円も割引をつけていたらやってられん、ということで、偽造オレンジカード発見をいい機会に?10000円券と5000円券の発売を止めてしまいました。

イオカードよりもむしろオレンジカードのほうが特殊な考えで、国鉄時代の高運賃に対する還元という意味が大きいと思います。
では私鉄はというと、単に将来の統一を見越して、JRに倣ったと考えられます。パスネットシステムは、イオカードシステムとソフト・ハードともほぼ同じです。

もともとオレンジカードの1000円券と3000円券には割引の設定はありません(ただし、50枚まとめて買えば1枚おまけがつく)。5000円券はいま売っていませんし…。

対外的には「自動改札の設備投資とイオカードそのものの利便性が大きいから」という説明がされていましたが…。

オレンジカードは国鉄時代の高い運賃で利用者離れが起きたことから、高付加価値にして利用者をつなぎとめるという意味があったと思います。

イオカードは、その利便性そのものが「売り」であって利用者をつなぎとめ...続きを読む

Qオレンジカード・パスネット等のカードについて

オレンジカード・パスネット等のカードを買うと、必ずといって良いほど裏に「磁気に近づけないでください」って書いてあります。この「近づけないで」ってどのくらいのことを言っているのでしょうか?
またどんな事をすると使えなくなってしまうのですか?とても気になります。
誰か知っている人がいるならば回答をお願いします!

Aベストアンサー

使用済みカードで試してみるとわかりますが、鉄粉や砂鉄を振り掛けてみると
カードの一部分が磁気をおびており、そこに模様になってくっつきます。

カードは券売機でデータを書きこんでいますが印字とともに磁気もうつしているわけです。券売機だけでなく、自動改札機を通すたびに書き換えられています。
うつされた磁気が、強力な磁力で消されたら、「ただのカード」になってしまいます。

銀行のカードであれば、カードに入っている情報は口座番号などだけで、金額などは銀行のコンピューターに入っているので、銀行にいって再発行してもらえますが、プリペイドカードはカード自身に金額情報がはいっているので消えたらおしまいです。

ただ、実際はテープレコーダーのヘッドのようにカードに接して書き換えを行いますから、よほど強力な磁石でない限り、ふつうに近づけたぐらいで消えないと思いますが、念のために注意しているのでしょう。

Qオレンジカードやイオカードで買えますか?

新幹線の乗車券、特急券、指定席券などはオレンジカードやイオカードで買えますか?もし買えるのであれば、窓口で買えるのでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

No4です。
調べましたが遅かりしですね(苦笑
結果はNo4・No5の通り東日本の主な駅(東京近郊区間の有人駅)の券売機ならば購入可能でしょう。近郊区間外は未確認です。
新幹線停車駅ならば可能かもしれませんがその情報はありません。
山手線内各駅ならば問題なく購入できると思います。

東京近郊区間:スイカ・イオカード利用可能な東京100km圏

タッチパネルの左、新幹線自由席のボタンを押すことで購入できます。
全新幹線購入可能でしたがカードは2枚までしか入らないので差額は現金と言う事になりそうです。
オレンジカードは3000円イオカードは5000円ですね。スイカイオカードならば20000円もありますが…どうなんでしょう…
1000円券ならば2000円までですから100km前後に限られます。
乗車券と自由席特急券と分けて購入すればそれなりにカバーできそうですが…
自由席特急券を購入後みどりの窓口にて指定席特急券に変更は可能ですから310~710円の差額(現金)で指定席へ変更も出来るでしょう。(通常期ならば510円)
ただしカード購入ですから払戻しや切符の変更後に安くなる場合の差額はどうなるか疑問が残ります…
ですから普通乗車券購入後、学割乗車券等に変更する事は厳しいと思います。

No4です。
調べましたが遅かりしですね(苦笑
結果はNo4・No5の通り東日本の主な駅(東京近郊区間の有人駅)の券売機ならば購入可能でしょう。近郊区間外は未確認です。
新幹線停車駅ならば可能かもしれませんがその情報はありません。
山手線内各駅ならば問題なく購入できると思います。

東京近郊区間:スイカ・イオカード利用可能な東京100km圏

タッチパネルの左、新幹線自由席のボタンを押すことで購入できます。
全新幹線購入可能でしたがカードは2枚までしか入らないので差額は現金と言う事になりそ...続きを読む

QメトロカードとSF、パスネットについて

昔メトロカードだったものが、SFカードになって、
今はパスネットになりましたが、
メトロカードとSFカードの違いは何ですか?

JRのオレンジカードとIOカードの違いのように、
カードで自動改札を通れるかどうかの違いでしょうか?

それと、パスネットはいつから始まったのですか?
2000年でしょうか、それとも2001年だったでしょうか?

おしえてください。

Aベストアンサー

SFメトロカードの、「SF」とは、ストアードフェア(Stored Fare)の略です。
ストアードフェアというのがどういう方式かということは、参考URLに詳しく説明されています。
要するに、自動改札機を通ったときに、乗車駅の情報を読みとって運賃を自動的に引いてくれるシステムのことです。

メトロカードは、単なるプリペイドカードでしたから、カードに残された残額の情報があるだけなのに対して、SFメトロカードでは、どの駅から乗車したか、という情報も読み書きできるようになっています。
オレンジカードとIOカードの違いと同じですが、IOカードとSFメトロとでは方式が違うようで、共通に使うことはできません。

パスネットというのは、首都圏の私鉄各社局が同じ方式のストアードフェアを導入したことに対して付けられた愛称です。
このことにより、SFメトロカードで西武に乗ったり、SFとーぶカードで営団に乗ったり、西武線内の駅から営団線内の駅まで一つのSFカードで行けたりすることができるようになりました。
2000年10月14日に導入されたものです。

参考URL:http://www.mintetsu.or.jp/dictionary/sa/082.html

SFメトロカードの、「SF」とは、ストアードフェア(Stored Fare)の略です。
ストアードフェアというのがどういう方式かということは、参考URLに詳しく説明されています。
要するに、自動改札機を通ったときに、乗車駅の情報を読みとって運賃を自動的に引いてくれるシステムのことです。

メトロカードは、単なるプリペイドカードでしたから、カードに残された残額の情報があるだけなのに対して、SFメトロカードでは、どの駅から乗車したか、という情報も読み書きできるようになっています。
オレンジカード...続きを読む

Qスルット(?)関西

 スルット関西というカードはもし
鶴橋~八尾まで定期があって・・・八尾から難波まで行く場合は、難波で2枚重ねていれるといいそうですが・・・
逆に難波から八尾まで行くばあい・・・難波でスルット関西をいれて八尾で降りる場合2枚重ねたらいいのですか?
 そうすると難波から鶴橋かんの運賃だけ引かれるのですか?

ちなみに八尾というのは嘘で(なぜかは分かるとおもいます)、実際はそんなに大きな駅ではありません・・・

自動改札はついていますが・・・・・

小さな駅でも大丈夫なんですか?

また近鉄のカード 11 THANK YOU オフピーク(?) とかいろいろあったとおもいますが、これらも同じですか?

Aベストアンサー

定期券とスルッとKANSAIやJスルーカードの併用については、近鉄の場合、降車時に赤い改札機へ2枚同時に入れれば適切に処理してもらえるようになっています。
カードで乗車して定期券で降りるときに精算機を使用する場合は、定期券を先に精算機に入れてから、乗車時に改札機を通したカードを精算機に入れると処理してもらえるようになっています。
…自信がなければ、カードが先になるときは面倒でも乗車時に定期券が使える駅までの乗車券を券売機で購入して、降車時に赤い改札機へ乗車券と定期券を同時に入れれば間違いありません。
※乗車時はどの改札機を使用しても大丈夫です。小さな駅でもほとんどOKです。
また、パールカード11は回数券カードです。
同じ運賃の区間を10回分の運賃でパールカード11は11回、オフピークチケットは12回、サンキューチケットは14回利用できるものですが、オフピークチケットは平日の10時~16時に乗車するとき、サンキューチケットは土休日ダイヤで運行される日のみ使えるといったものです。さらに、サンキューチケットは中距離区間までしか発売されていません。
これらはスルッとKANSAIカードやJスルーカードと同じく、改札機に直接入れれば利用できます。

定期券とスルッとKANSAIやJスルーカードの併用については、近鉄の場合、降車時に赤い改札機へ2枚同時に入れれば適切に処理してもらえるようになっています。
カードで乗車して定期券で降りるときに精算機を使用する場合は、定期券を先に精算機に入れてから、乗車時に改札機を通したカードを精算機に入れると処理してもらえるようになっています。
…自信がなければ、カードが先になるときは面倒でも乗車時に定期券が使える駅までの乗車券を券売機で購入して、降車時に赤い改札機へ乗車券と定期券を同時に入れれ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報