ピレストロイド系化合物とはどのような物ですか?構造等を教えてください。

A 回答 (1件)

ピレスロイド系薬物の基本構造となったピレトリンの構造式を参考URLに示します。



ピレトリンを基礎として、種々の化学的修飾を加えた合成品をピレスロイドと呼びます。
合成ピレスロイドは光に対する安定性を増加させるように設計されたものです。
一般的には殺虫剤として広く使われています。

参考URL:http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~k15391/lecture/me …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/08 15:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピレスロイド系の殺虫剤の安全性

ピレスロイド系の殺虫剤は、昆虫・魚・爬虫類など冷血動物には毒性が強く、ヒト・哺乳類・鳥類など温血動物には毒性が弱いので、他の農薬よりかなり選択性が高くて安全、と聞いています。また、ピレスロイドは天然物だけでなく、多種多様なものが合成されていて、いまでは当初の除虫菊の成分とは似ても似つかない物もある、とも聞いています。そこで質問ですが、合成物であってもピレスロイド系と呼ばれているものであれば、例外なく安全性が高いという特長を保っているのでしょうか?

Aベストアンサー

安全性は使い方次第です。
薬の保管の仕方、薬剤の作り方、散布の仕方、が正しければ同じ系統の農薬なら、同じ危険性です。
安全性は使う人間次第です。
哺乳類への影響は、正しく使って、正しく収穫すれば、ほぼ問題無いかと思います。

魚毒性は消毒して、薬が乾いて、にわか雨が来て、散布した木に降り注いだ雨が池に流れこんだだけで魚が水面に出て口を開けて苦しそうになります。

なので、昔はピレスロイド系と別の農薬を合わせて一つの薬を作っていましたが、今はピレスロイド単剤で他の農薬との組み合わせは見かけないようです。
それでも虫には効きますので、使っています。
安全性と言う点では、第一世代のパーマチオン(ピレスロイド系とスミチオンの混合剤)と同程度と成るかと思います。
魚介類、蚕(蚕の餌となる桑の園地)の危険性が危惧される所では、今でも農協から地図入りの危険地帯マップが来ますので、そちらへの危険性は同じかなと思います。

さいわい、私の散布する畑のそばには桑畑が無くなりましたが、畑からの雨水は100%鯉屋の養魚池に行きます。(5Km位下流ですので、問題になったことは無いですが)

安全性は使い方次第です。
薬の保管の仕方、薬剤の作り方、散布の仕方、が正しければ同じ系統の農薬なら、同じ危険性です。
安全性は使う人間次第です。
哺乳類への影響は、正しく使って、正しく収穫すれば、ほぼ問題無いかと思います。

魚毒性は消毒して、薬が乾いて、にわか雨が来て、散布した木に降り注いだ雨が池に流れこんだだけで魚が水面に出て口を開けて苦しそうになります。

なので、昔はピレスロイド系と別の農薬を合わせて一つの薬を作っていましたが、今はピレスロイド単剤で他の農薬との組み合わせ...続きを読む

Qなぜ、うえの化合物はメチレンにはならいで下の化合物はメチレンになるのですか? 命名するときこの順番は

なぜ、うえの化合物はメチレンにはならいで下の化合物はメチレンになるのですか?
命名するときこの順番はそもそもあってますか?
化学の質問です!

Aベストアンサー

#2です。
methylene の件は知りませんでした。IUPAC名は難しいですね。古い名前でも、通用してしまったりするので新しい情報の入手がおろそかになります。

置換基云々は主鎖に含まれているかどうかだけの話です。

Qピレスロイド系殺虫剤の光での分解・・・ピレスロイドは光で分解されるらし

ピレスロイド系殺虫剤の光での分解・・・ピレスロイドは光で分解されるらしいのですが、市販殺虫剤一般の、残効性のピレスロイドも光で分解されるのでしょうか?
その場合、家庭用蛍光灯の光程度で分解をよく促進できますでしょうか?

Aベストアンサー

>家庭用蛍光灯の光程度で分解をよく促進
無理です。
ピレスロイドは菊酸と呼ばれる物質の仲間で多くのものが炭素の三員環を持ちます。三員環は比較的不安定なので紫外線で開裂してラジカル(遊離基)などになります。

Qアゾ化合物とジアゾ化合物

アゾ化合物とジアゾ化合物って別物ですか?

もし別物ならば、どう異なるのか教えてください.

Aベストアンサー

C-N=N-C:アゾ化合物
C=N^+=N^-:ジアゾ化合物
ということになると思います。要はC-N結合が単結合か、二重結合かという違いです。

Q魚はピレスロイドの毒性の影響を受けますか?

熱帯魚を勝っていますが、ピレスロイド系の殺虫剤をつかって平気でしょうか?

Aベストアンサー

ピレスロイド系の殺虫剤は、有機リン系や有機塩素系の殺虫剤とは異なり、人などの温血動物では体内の酵素の働きで無毒化される性質があります。
そのため、犬や猫などのペットに対しては比較的安全とされています。

ただ、質問者さまの場合は、熱帯魚とのことなので安全性に疑問があります。

以前、害虫駆除の仕事をしていたときに、ゴキブリ駆除でいけすの魚が死んだことがあります。
有機リン系の薬剤も使用していたので、それが原因とは思われますが、ピレスロイド系の殺虫剤の影響も排除できません。

どのような状況で使用されるのかわかりませんが、あえて使用するならば、以下の注意点に配慮されるとよいかと思います。

・移動可能ならば、噴霧処理をする区域から出す。
・処理後、数時間はその区域に入れない。

・移動不可能な場合は、ビニールやナイロンなどのシートで完全に覆いをする。
・密閉した場合は、安全な場所から空気を取り込んで送り込む。
・この場合も、数時間は覆いを取り除かないようにする。
・念のため、覆いをとった後で、容器内の砂とか飾り、藻類をきれいな水で洗浄する。
・できれば水も新しい水(安全な水)に交換する。

以上の点について注意したうえで行うと安全に行えると思います。

ピレスロイド系の殺虫剤は、有機リン系や有機塩素系の殺虫剤とは異なり、人などの温血動物では体内の酵素の働きで無毒化される性質があります。
そのため、犬や猫などのペットに対しては比較的安全とされています。

ただ、質問者さまの場合は、熱帯魚とのことなので安全性に疑問があります。

以前、害虫駆除の仕事をしていたときに、ゴキブリ駆除でいけすの魚が死んだことがあります。
有機リン系の薬剤も使用していたので、それが原因とは思われますが、ピレスロイド系の殺虫剤の影響も排除できません。
...続きを読む

Q構造式から化合物名を教えてくれるソフトはありますか?

化学構造式からIUPAC名などの化合物名を付けるのにとても苦労しています。
構造式から化合物名を教えてくれるソフトやサイトがあれば是非教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
ChemSketchは不評ですかね(笑)
個人的な意見としては、ChemDrawの命名に比べて、はるかによくできていると思います。無料版をお試し下さい。

当然のことながら、複雑な化合物に簡潔な慣用名がついていて、その誘導体として命名した方が良い場合もあり、そういったものに対してはあまり役に立ちませんね。もっとも、新規化合物に関しては、Chemical Abstractsもあまり役に立ちそうもありませんが。
命名法の勉強をするなら下記の参考URLのサイトが良いですね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/nomenclator/

Q鳥類は、恐竜の生き残りですか?

鳥類は、恐竜の生き残りですか?
鳥類は、恐竜の子孫であり、生き残りと言われているようですが
ほんとうでしょうか?
また、その根拠を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは、

この質問は奥が深過ぎて文字で説明しようとすると何千文字も何万文字も必要となってしまうような難しいお話だと思いますし、化石などの資料も少なく断片的で完全には分かっていない部分も多く、学者さんによっても全ての学者さんが肯定派という訳でもないので何とも言えないところも多々有ります。

なので、凄くざっくり説明します。
先ず爬虫類型恐竜(一般的によく知られているティラノサウルスなど)だけが大型の恐竜だと思われがちですが、実は爬虫類型恐竜が全盛を迎える以前には哺乳類型大型恐竜(大型動物?)全盛の時代が有りました。

その後の地球環境の激変により、地球に低酸素時代が訪れます。
その時に大型化していた私たち哺乳類の先祖は、この低酸素の中で生き抜く為に2つの方法を使いました。
沢山の酸素を必要とする効率の悪い大きな体を捨てて小型化をする事。
もう1つは、単に肺を膨らませて呼吸していただけの構造に進化を加えて、肺の下に横隔膜(おうかくまく)という呼吸を補助する為の器官を発達させました。(横隔膜を働かせて肺を大きく膨らます事で沢山の空気を取り入れる仕組み)

この低酸素の中で恐竜達は哺乳類とは違う独自の呼吸システムを進化させて行きました。
気嚢(きのう)という副器官を発達させる事で、哺乳類よりもはるかに優れた酸素の取り入れ方法を身に付ける事に成功します。
参考図です。
http://ameblo.jp/oldworld/entry-10153482359.html
(哺乳類を4サイクルエンジンに例えると、爬虫類は2サイクルエンジンのように優れた効率を持っていた。エンジンの理論が分からない人には分からないかも知れませんが2サイクルの方が給排気の効率は圧倒的に優れています)

結果として、恐竜は低酸素の地球環境に対し優れた順応性を発揮して、地球の酸素濃度の回復とともに体を大型化させ哺乳類を押し退けて空前の繁栄を遂げる事になります。

上記の参考図でも紹介されていますが、この気嚢(きのう)という器官が恐竜にも有った証しとして鳥が持っている「穴の開いた骨」が恐竜の骨にも見られる事と、色々な調査で判明した地球環境の変化による低酸素時代の哺乳類と恐竜の世代交代劇など、一連の流れから総合して恐竜達が現在の鳥と同じ呼吸システムの気嚢(きのう)を使っていた事は間違いないであろうと推測できる。

そして、この気嚢(きのう)という器官をもった鳥の祖先が恐竜以外には見当たらない事から、恐竜大絶滅の前から少しずつ小型化をして体毛(羽毛)を身に付け始めていた一分の恐竜が生き残って現代の鳥の先祖になったと考えられている。
(鳥の祖先が恐竜ではないとした場合は、鳥の祖先に当たる生き物が他に見当たらないので、鳥類は祖先を持たずに突然地球上に発生した事になってしまい、それはでは進化論の理論から考えても無理が有る、結果として恐竜が鳥の祖先だと考える事が全ての証拠を矛盾無く1本のまとまった線で結ぶことが出来るという事です)

渡り鳥たちが8000メートル以上の高さの山を越えるのに、酸素ボンベ無しでも無着陸で長距離飛行が出来るのは、低酸素時代に祖先の恐竜達が手に入れた優れた呼吸器官の気嚢(きのう)を受け継いでいるからである、と考えられています。

こんばんは、

この質問は奥が深過ぎて文字で説明しようとすると何千文字も何万文字も必要となってしまうような難しいお話だと思いますし、化石などの資料も少なく断片的で完全には分かっていない部分も多く、学者さんによっても全ての学者さんが肯定派という訳でもないので何とも言えないところも多々有ります。

なので、凄くざっくり説明します。
先ず爬虫類型恐竜(一般的によく知られているティラノサウルスなど)だけが大型の恐竜だと思われがちですが、実は爬虫類型恐竜が全盛を迎える以前には哺乳類型大型恐...続きを読む

Q有機化合物と無機化合物の中間のもの

「化合物は、一般に有機化合物と無機化合物に大別されるが、両者の中間に位置するものもある。」という化学の問題があり、「正しい。」となっていました。中間に位置するものとは、一体何なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化合物というと炭素が骨格を形成している化合物を、無機化合物というと金属単体や金属の陽イオンと酸素や塩素などの陰イオンが結合した化合物を主に思い浮かべることと思います。

一方、金属が炭素と化学結合を形成する場合もあり、そのような金属-炭素の化学結合を含む化合物を「有機金属化合物」といい、これは有機化合物と無機化合物の「中間に位置するもの」と言ってもよいものです。
その化合物を専門に扱う「有機金属化学」という領域は化学の一大分野を築いており、現在も研究が盛んな分野の1つです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E9%87%91%E5%B1%9E%E5%8C%96%E5%AD%A6(有機金属化学)

Q鷹・鷲など鳥類メインの動物園ありますか?

鷲や鷹を間近で見たいのですが、普通の動物園ではオリが広くて近くで見られません。
せめて鳥類メインの動物園があれば近くで見ることができるかなと思うのですが、千葉、埼玉、東京、ちょっと頑張って神奈川あたりまでで、そのような場所をご存じありませんか?
 九州の久留米に鳥類センターがあるらしいですが、ちょっと遠すぎなのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

千葉動物公園は鳥類がメインではありませんが、鷲や鷹が数種類いたと思います。
確かオリはそれほど広くなく、すぐ近くで見ることが出来たような記憶があります。

Q有機化合物と無機化合物の結合

化学初心者です。有機化合物の結合なのですが、あるテキストには,一般的には、共有結合である、と書いてありました。「一般的には、」ということは、有機化合物には、共有結合以外もある、ということだと思うのですが、他にどのような結合があるのでしょうか?また、無機化合物はイオン結合とだけしか書いてないテキストとイオン結合と共有結合と書いてあるテキストがありました。どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な考え方として、
有機化合物=主に共有結合
無機化合物=主にイオン結合
でいいと思います。

例外はいくらでもあります。ヘモグロビンやメチル水銀などは金属を含んでいますので、
共有結合だけではありません。弱い結合として水素結合を分子内に含むものも多いです。
無機物でもH2SO4、NH3などの金属を含まない物は主に共有結合のみでできています。

そもそもが、共有結合とイオン結合の境界線もあいまいなのです。
H-H の結合は共有結合ですが、H-Cl ではClの電気陰性度が大きく、
Hが正にClが負に帯電します。ですから、かなりつよくイオン結合性を持ちます。

>また、無機化合物はイオン結合とだけしか書いてないテキストとイオン結合と共有結合と
>書いてあるテキストがありました
イオン結合のみと断定すると間違いですが、「主に」の意味ならばどちらも正しいですし、
化学において重要なことではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報