あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

こんばんわ。
初めて書きます。
自分は高校生でこの夏休みに、クラスの仲間と
映画製作をやりました。とてもいい映画が出来ました。ところで映画の映像編集はデジタルビデオカメラで撮ったデータを、IEEE1394ケーブルでPCに接続し、
保存し、編集しました。
テープは8本に及び、すべてをPCに取り込みました。
この映像はどれも消したくはない、ということになり、タイムカプセルのようにして、20年後くらいに
もう一度見よう!!ということになり保管する事になりました。そんな時にこの75Gの映像をHDDかDVDに保存する必要があります。20年間再生しないということを前提に、どちらが長持ちするでしょうか。また、DVDとHDDどちらが20年後に使える可能性があるか、(DVDは今のDVDを読み込める機械が20年後にあるか)(HDDは20年後にそのHDDを読み込めるPCが存在するか)を考慮して教えていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#1の


>DVDは(保存状態が良ければ)基本的に半永久的に持ちます。
これは、間違いです。
よっぽどアナログメディアの方が
メディアとしての耐久年数は大きいです。
中のデータは別にして
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アナログメディアの方が耐久年数が大きいというのは意外でした。とても参考になりました。ありがとうございました!!

お礼日時:2005/09/17 22:53

20年先ですね



DVDとVHSの両方の保存がいいと思います

両方とも劣化?腐食?すると想定してですが

同じ面積(カビ)が腐食した場合は
DVDはダメージが大きい
VHSは長いテープで出来ているのでダメージは少ないはず

VHSは磁性体で出来ているので年月が経つと磁気は弱く
なり長期保存した時、映像の品質は落ちます
ただし記録面積はDVDよりはるかにVHSの方が広い

いまの時点ではVHSのテープがカビやテープとテープが引っ付いて再生不可能のテープを修復してくれる専門家はいます、不良箇所の復元は不可能だがそれ以外の所は修復が可能?(100%じゃない)、それと全部の映像(最初から最後まで)は品質は極端に落ちてノイズが入ったりなど
復元されたVHSを頼めばDVDにコンバートしてくれるみたいです

VHSの修復は日割り計算でしてたはず
劣化状態にもよりますが・・30万60万・・・???単位の金額になると思います
亡くなった人の映像がひょっとして壊れたVHSテープに記録されているかもと依頼する人が
復元されたVHSを見るとTV録画だったりとか

DVDの修復は解析作業になると思いますので
解析する人数が多いほど修復時間が短期で済むはず
・・・100万・・1000万・・?????
・・1年・・2年・・・??

保存するならデジタル信号の物とアナログに近い物
の2つの保存を
たとえば写真とか(アナログか)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

VHSだと修復が可能なのですか~でも
30万、60万単位は厳しいですねぇ。
詳しい解説ありがとうございました!!
とても参考になりました!!

お礼日時:2005/09/17 22:55

タイムカプセルが密閉式で水などの進入がないというならば最も良いのは、ディスクメディアではなく既に回答があるようにVHSテープでしょうね。

数十年単位で持つでしょうが、画質は低下します。アナログなので、デジタルデータのように一部が消えると再生できなくなるという危険性がないのが強みです。
しっかり、乾燥剤を入れてカビを防げば大丈夫でしょう。

次いで、DVテープでしょうね。これは、接触型の磁性方式ですから記憶保持率が高い。

続いてDVDになります。ただ、No1の方がおっしゃる「半永久」はこのメディアでは残念ながら絶対に不可能です。ROMメディアなら20~30年は軽く持つでしょうが、それでも、記録層と保護層の間で剥離が発生し、正常に読めなくなる可能性がありますし、保護層の劣化もあり得ます。DVD-Rや+Rなどの色素系メディアはそもそも光熱に感熱する色素を熱と光で変化させる方式です。これは明らかに熱、湿度、温度の影響で記録層が劣化します。同じく相変化のDVD-RAM、RW、+RWも同様のことが少なからず発生しますが、DVD-RAMは新品メディアで殻付き(カートリッジタイプ)、傷などがなければ中でも長持ちする可能性が高い。

まあ、20年後にDVDが読める機械があるかどうかも確かにあり得ることですが、まああるでしょうけど、大丈夫でしょう。もし、DVDで保存するなら業者に頼みDVD-RではなくROMにしてもらうか、同じ内容のディスクを複数枚作りどれか一つが生きてくれるのを祈るかですね。これも、湿気には注意。

HDDについては、20年は絶対に持たないと断言できます。
これは、駆動系メカの設計寿命が5年で、使わなくともそれを超えるか断続耐久時間(数万時間)をすぎると耐用年数を超えることになり、破損率が極端に上昇します。また、磁性体の記憶保持能力もおよそ20~30年であり、地磁気の影響によって徐々に劣化していきます。そのため、ハード的に故障する上に、データも消失する可能性があり、話になりません。これは、パソコンおよびDVDレコーダ用の大容量緩衝装置にすぎません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、言い忘れて申し訳ありませんが、
タイムカプセルと言っても、土の中に埋めるわけではなく、誰かが保管しておくというものです。
まぁ、それは置いといて。
DVDだと剥離するんですか~でもDVDの方が結果的には持ちそうですね。
とても参考になりました!!ありがとうございました!!

お礼日時:2005/09/17 22:57

保存用ならTDKの「超硬」シリーズは如何でしょうか。


http://www.tdk.co.jp/tjbbf01/bbf35700.htm
http://www.tdk.co.jp/tjbbf01/bbf33900.htm

HDDは使えば使うだけ劣化する消耗品ですが、使わなければ使わないで駆動部分のグリスが固まって故障の原因になるといったなかなか扱い難いメディアです。
ある程度再生するのであればSCSIドライブでRAIDを組んで…といった無茶な解もありですが、費用面、メンテナンス面で現実的ではありません。

それよりは高品質のDVDメディアに記録しておく方が現実的な解だと思います。もっとも、これも過信はできないので2~3年ごとに焼き直せるならそうするべきでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このTDKの「超硬」シリーズはどれくらい持つのでしょうか?でも、普通のDVD-Rより耐久性がよさそうですね。今のところ、DVDの方が良いという皆さんの意見が多いので、DVDに焼く時は「超硬」シリーズのに焼こうと思います!!
とても参考になりました。ありがとうございました!!

お礼日時:2005/09/17 23:00

今から20年前っていうと、MS-DOS3.1ぐらい?5インチFDの時代ですかねえ?今ではデバイスがほぼ絶滅していますね。



20年なにもしない、という点でいうとどれも保存には適さないと思いますよ。5年間隔ぐらいで別メディアに保存しなおしてはどうでしょうか?

個人的にはDVテープかVHSあたりが無難かと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

20年なにもしないのはどの保存でもキツイですか。
DVDに5年ごとに保存しなおすとかそういう方法をとろうと思います。一応テープにもとってみようかな、と思います。
とても参考になりました!!ありがとうございました!!

お礼日時:2005/09/17 23:02

当然DVDです。


DVDは(保存状態が良ければ)基本的に半永久的に持ちます。
HDDは、まず間違いなく壊れているでしょう。その殆どが金属ですので、真空密閉でもしない限り錆びますよね。錆び以外でもモーター部や電源部が劣化する可能性大です。

ただ、20年後にDVDが再生出来る機械があるかどうかは保証出来ません。ご存知の通り次世代DVDが出始めていますので、下位互換を持つDVDが主流になれば、再生出来る可能性はあります。
まぁでもVHSは25年程度持ちましたので、20年後もDVDが再生出来る可能性は割と高いとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

VHSは25年も持つんですか~凄いんですね。アナログメディアは。意外でした。
DVDとVHSテープどっちにも保存してみようと思います。とても参考になりました!!ありがとうございました!!

お礼日時:2005/09/17 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング