このたびの不況のあおりを受け、当社としては、人材を流動化
しようと考えています。子会社へ人材を出向させる場合において、
子会社としては「外注請負並の支払なら応じても良い」という意見
があるのですが、その金額と本来の出向元で支払っている給与との
差額は税務上損金計上できるのでしょうか?

出向先の給与との差額なら損金経理でよさそうにも思いますが、
通常出向先が使っている外注費との格差となると、損金にするには
ちょっと自信がありません。

どなたかわかる方いましたらお教え願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結局、出向元の給料のうち、子会社にいくら分担を求めるかということなのでしょう。


親会社では出向者給与はすべて損金(あたりまえですが)、子会社の負担分を親会社は雑収入(出向負担金)と受け入れれば、良いと思います。
従って、出向者の方の源泉徴収は今までどおり、親会社で行います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング