年末調整の質問を捜していくつか読んでみましたが、同じものが見当たらなかったのでお願いします。
今年2月から月に2~3日のアルバイトをして今現在合計で30万円未満の収入があります。おそらく、12月分を入れても30万~40万円前後にしかなりません。
アルバイト先から、年末調整は自分でするか会社でするか報告するようにといわれ、会社に頼みたい人はすぐに連絡しなけれななりません。
私は現在扶養家族ですので、夫の会社からもらう年末調整の書類に記入することになります。この場合、アルバイト先から源泉徴収表をもらって添付すればよいのでしょうか?交通費と時間給以外は、なにも引かれているものはありません。
一番多い収入のときは、一ヶ月だけで5~6万の間でした。それ以外は1~3万しかありません。
アルバイト先が言う”会社で年末調整してほしい人は・・”という意味が
よくわかりません。
主婦で控除枠内の収入しかない人が、夫と個別にそんなことする必要あるのでしょうか?
その場合、他になにか提出書類が必要なのでしょうか?
夫の方には、私の源泉徴収票が必要というのはわかりますが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ひとつひとつ整理していきましょう!



まず、
>おそらく、12月分を入れても30万~40万円前後にしかなりません。

naorin20さんの年間の収入が103万円以下の場合、所得税はかかりません、
毎月の給与から所得税は天引きされていますか?…、おそらく支払われてないと思います、
会社が言う「末調整してほしい人は…」ですが、
収入が103万円を超え、尚かつ会社の知るところにない「生命保険控除」
などを受けたい人を対象に言っているものだと思います。

>私は現在扶養家族ですので、夫の会社からもらう年末調整の書類に記入することになります…

そうですね、明らかに「扶養家族」すなわち、控除対象になっています、
ご主人の会社に出す「年末調整の用紙」に、あなたの年収(見込みです)を、
記入するだけで大丈夫です、
あなたの「源泉徴収票」を添付する必要はありません。
年間収入(見込み)が、30万円と仮定(記入)すると、
配偶者控除の38万円の他に、配偶者特別控除38万円が受けられます(合計76万円)、
下のURLに一覧表を入れておきます。
もし、あなたの年間収入(見込み)が40万円でも、配偶者特別控除は38万円で変わりません。
この表の「合計所得」とは、年間収入から基礎控除の38万円を引いた額になります、
金額が「マイナス」になった場合は、所得ゼロと見なされます。

>他になにか提出書類が必要なのでしょうか?

生命保険、損害保険の控除証明書があれば必要になります…。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1195.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

K-chanさん、わかりやすく書いてくださってありがとうございました。
年末になると必ず書くものなのに、なぜか煩わしさを感じてしまうのは私だけでしょうか(^^;)
夫が転職したりすると、ほんとに困ります。
困ったときは、またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/09 09:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整の収入と所得

現在主婦で今年からパート先の社会保険に加入しています。保険料など引かれて手取り8~9万です。主人の会社からもらってくる年末調整の確か2枚目の右下にある控除?のような所の書き方が今年は分かりません。収入-65万・・・。この収入と言うのは交通費と社会保険料を引いた額で良いのですか?それとも全部含めた給料明細で言うと総支給額になるんでしょうか?無知なもので、すみません。それによって多少額が変わってくるので心配になって質問しました

Aベストアンサー

65万円は「給与所得控除額」です。
全ての給与収入からこれを引いた額が「給与所得」です。
ご質問者の言う「収入」には一年間に支払いを受けた給与の総額を記載します。
給与明細から集計した額を記入するというなら、厳密に言えば交通費の支払いは非課税ですから、引きます。

給与支払総額  100万円
うち非課税交通費3万円
給与所得を求めるための総収入額=100-3万円=97万円
97万円から給与所得控除額65万円をひいて、32万円が「所得額」になります。

NO1様回答には勘違いされてる点が散見されます。

Q数社から収入がある場合は確定申告?年末調整?

現在以下の状態で収入を得ています。
その際の年末調整、確定申告についての切り分けがわかりません。

1、今年の4月より5社の派遣会社を通して月に10日程度単発でお仕事をしています。
2、他にこれまで知り合いから頼まれたのでソフト開発の仕事を請負ました。(2ヶ月ほどの仕事、開業届けはしていません。)
3、そして、10月よりアルバイトとしてある会社で事務のお仕事をすることになり
  11月からは一応正社員として雇用される予定です。

以前に質問させていただいた時には1,2で仕事をしている状態でしたので
5社の派遣会社のうちの一社に「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」を提出しているので
時期が来れば各社より「源泉徴収票」を集めて年末調整をするか、ソフト開発の仕事と合わせ一時所得として確定申告をするつもりでした。
今回、正社員として雇用されることにより、年末調整・確定申告についてはどのような対応が最良の方法となるのでしょうか?
確定申告の必要があるとは考えていたので派遣の時に必要であった交通費やソフト開発の仕事の時に
使った会議費や交通費などの経費記録していますが、特に帳簿のようなものはつけていません。


また、家族と同居しているのですが、父は定年し年金受給者です。
母は専業主婦でまだ年金受給はしていません。
妹は学生でアルバイト(収入は100万以下)をしています。
自分自身は上記の形態仕事をし、今年の7月に離婚、国民年金と国民健康保険(家族と一緒の保険証)を
支払っている。
妹(成人していますが。。。)の面倒を見ないといけないなと思っており、
知人から「妹を扶養家族にすればいい。」と提案を受けたのですが
正社員となった際、妹を扶養家族にするということは得策と言えるのでしょうか?
会社としてはどうなのでしょうか?

現在以下の状態で収入を得ています。
その際の年末調整、確定申告についての切り分けがわかりません。

1、今年の4月より5社の派遣会社を通して月に10日程度単発でお仕事をしています。
2、他にこれまで知り合いから頼まれたのでソフト開発の仕事を請負ました。(2ヶ月ほどの仕事、開業届けはしていません。)
3、そして、10月よりアルバイトとしてある会社で事務のお仕事をすることになり
  11月からは一応正社員として雇用される予定です。

以前に質問させていただいた時には1,2で仕事をしてい...続きを読む

Aベストアンサー

補足ありがとうございます
平成17年分については所得税の確定申告が必要になります。

一連の手順について簡単にご説明します

まず質問者様の税法上の扶養親族に誰を入れるのか
決めて下さい。(後で修正も可能ですが。)

税法の扶養親族に入れる基準は給与収入だと年収103万円以下(所得38万円以下)です。ですから妹様は入れますね。

補足の3番目でお父様の所得をお尋ねしたのはお父様も扶養親族に入れるかどうかの確認をしたかった為ですが、
残念ながらお父様は質問者様の税法上の扶養親族に入ることは出来ません。残るは専業主婦のお母様ですがお父様の税法上の扶養親族に入っていなければ質問者様の方で扶養親族にすることが可能です。これはお父様に確認して下さい。(お父様とあなたで扶養親族に同じ人を入れることは出来ません。必ずあとで解りますので、くれぐれもお父様とダブらないように・・・)

さて具体的にどのようにすればいいかですが
11月から正社員として採用される会社で入社時に「17年分給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」を提出することになるのですがその扶養親族の欄にあなたが扶養親族に入れたい人の名前・生年月日等を書き込むだけでOKです。

それだけで税法上の扶養親族の登録は終わりです。これにより所得税・住民税の扶養親族の所得控除を受けられ、税金が少なくなるわけです。

ここまでで第一段階は終わりです



次に11月から正社員となる会社での年末調整があります
会社から
来年用の
「18年分給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」
と今年の年末調整による生命保険料等の控除の為の
「17年分保険料控除申告書(略)」
の2種類の用紙をもらうと思いますので それと一緒に
他に17年中に給与の支給を受けたところから個々に「17年分の給与所得の源泉徴収票」をもらって会社に提出して下さい。

(但し2ヶ所以上から給与の支払を受けつづけていて、他の給与の支払者に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している人は年末調整対象外ですので年末調整はしない旨を会社に申し出て、年末調整無しの状態の源泉徴収票をもらい確定申告にて所得税を精算します)

さて年末調整を新しい会社で受けて、年末調整の還付金を受け取るなり、不足分を会社に払うなどして給与所得の分の所得税を精算した後、会社から17年分給与所得の源泉徴収票をもらいます。この金額は他の会社から受けた給与も含まれています。

この源泉徴収票(給与所得)とソフト開発の仕事(事業所得)を合算する目的で来年3月15日までに税務署に確定申告書を提出します。あなたの場合は白色申告で確定申告書の他にソフト開発の仕事の所得を計算するのに収支内訳書が必要です。用紙は全て税務署でもらえます。書き方も税務署の人が教えてくれます。

それでソフト開発の仕事の分の所得税追加分を税務署備え付けの納付書で納付すれば一連の手続は終わりです。


※最終的に所得税の精算が出来ればいいという考え方をすれば他の方法もあります。また上の説明では派遣のお仕事については全て事業所得ではなく給与所得として仮に考えたものです

なんだかまとまりなく、だらだらと説明してしまった気がしますがお解り頂けましたでしょうか?解らないことありましたら補足説明します。

補足ありがとうございます
平成17年分については所得税の確定申告が必要になります。

一連の手順について簡単にご説明します

まず質問者様の税法上の扶養親族に誰を入れるのか
決めて下さい。(後で修正も可能ですが。)

税法の扶養親族に入れる基準は給与収入だと年収103万円以下(所得38万円以下)です。ですから妹様は入れますね。

補足の3番目でお父様の所得をお尋ねしたのはお父様も扶養親族に入れるかどうかの確認をしたかった為ですが、
残念ながらお父様は質問者様の税法上の扶養...続きを読む

Q失業者の妻のパート収入の申告は?(年末調整)

私は本年4月より失業していますが、
妻のパート収入の申告はどう行えばよいか教えて下さい。
年末調整は不要なのか?(今までの配偶者控除等?)
確定申告で行うのか?
因みに、妻の収入予定は115万位になります。私の本年の収入より少ないです。
また 年末頃に就業した場合の、申告はどうなるのかもおしえてください。

Aベストアンサー

>妻のパート収入の申告はどう行えばよいか教えて下さい。
年末調整は不要なのか?(今までの配偶者控除等?)
確定申告で行うのか?

妻自身はパート先の会社で年末調整をするか、年末調整をしてくれなければ確定申告をするようになります。

>また 年末頃に就業した場合の、申告はどうなるのかもおしえてください。

来年というより今年中に就職しなければ平成21年の分の確定申告をすることになります、このときに質問者の方が妻の配偶者特別控除を申告します。
また少なくとも質問者の方は妻の配偶者控除にはなりません。
来年就職すればそのときはその会社で年末になって平成22年の分の年末調整をしてくれます。

なお確定申告は還付の場合ですと税務署も年明け早々の1月頃から受け付けています、このころはまだ人もまばらで職員もヒマなので結構親切に教えてくれますよ。
2月半ばを過ぎると一般の個人事業の人が確定申告のために殺到して戦争状態です、初心者がゆっくり説明を聞くなどという時間は殆どないのでなるべく早めに行くと良いでしょう。
確定申告の際に必要なものは会社からもらった源泉徴収票と生命保険や社会保険の払い込んだ証明や国民年金の控除証明書等と印鑑です。
それから還付は振込みになりますから口座の判るもの、キャッシュカードや預金通帳、あるいは必要事項、金融機関名(銀行、信用金庫、信用組合、郵便局)、支店名、口座種別(一般には普通預金口座でしょうが)、口座番号、口座名義人(当然質問者の方自身になりますが)をメモして行ってもいいでしょう。

>妻のパート収入の申告はどう行えばよいか教えて下さい。
年末調整は不要なのか?(今までの配偶者控除等?)
確定申告で行うのか?

妻自身はパート先の会社で年末調整をするか、年末調整をしてくれなければ確定申告をするようになります。

>また 年末頃に就業した場合の、申告はどうなるのかもおしえてください。

来年というより今年中に就職しなければ平成21年の分の確定申告をすることになります、このときに質問者の方が妻の配偶者特別控除を申告します。
また少なくとも質問者の方は妻の配...続きを読む

Q保育園入園時の提出書類(源泉徴収票)について

保育園入園に際して必要書類の中に夫の勤務先より出してもらう「源泉徴収票」があります。
前年秋まで勤務していた所(有限会社)から問題なく源泉徴収票を発行してもらったのですが、
秋以降勤めているところ(個人経営)からは出してもらえませんでした。
問い合わせると「給与ではなく労務費として支払っているから出せないのでご自身で確定申告にいかれてください」とのこと。
ちなみに毎月いただく給料には引かれものは一切なく、国民健康保険、国民年金です。

今年は以前勤務していたところの源泉徴収票のみでなんとか書類を揃えることはできましたが、
来年からは、この現在勤務しているところからは源泉徴収票を発行してもらえないとなると、
保育園継続申請する際の書類としてどのようなものを提出すればよいのでしょうか?

自分で交通費を引いた給与金額を控えて合計し、
これを保険関係等の控除用の書類や市県民税領収書などと揃えて確定申告の場所へ持っていったら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>給与ではなく労務費として支払っているから出せないので…
労務費は給与だと思いますが…。

>今年は以前勤務していたところの源泉徴収票のみでなんとか書類を揃えることはできましたが…
今のところの所得はいくらでしょうか。
今のところが給与として払っていないというなら、その所得が20万円を超える場合は、確定申告が必要です。
「給与」を1か所からもらっていて、他の所得が20万円を超える場合は確定申告が必要とされています。
なお、その場合、今のところの収入から経費を引けます。
確定申告する場合、給与所得も申告します。

>保育園継続申請する際の書類としてどのようなものを提出すればよいのでしょうか?
確定申告書の控です。

>自分で交通費を引いた給与金額を控えて合計し…
収入の総額、交通費、その他かかった経費の内訳書(収支内訳書)を作成します。

参考
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/30.pdf

>これを保険関係等の控除用の書類や市県民税領収書などと揃えて確定申告の場所へ持っていったら良いのでしょうか?
市県民税は控除できないので、必要ありません。
収支内訳書、生命保険や国民年金の控除証明書、払った国保の保険料の額がわかるもの、印鑑を持って税務署に行けばいいです。

>給与ではなく労務費として支払っているから出せないので…
労務費は給与だと思いますが…。

>今年は以前勤務していたところの源泉徴収票のみでなんとか書類を揃えることはできましたが…
今のところの所得はいくらでしょうか。
今のところが給与として払っていないというなら、その所得が20万円を超える場合は、確定申告が必要です。
「給与」を1か所からもらっていて、他の所得が20万円を超える場合は確定申告が必要とされています。
なお、その場合、今のところの収入から経費を引けます。
確定申告する場...続きを読む

Q源泉徴収されている分の収入の未申告

お世話になります。

確定申告しています。
事業収入A・給与収入B、それぞれ源泉徴収されている2つの収入があります。
昨年、Aについては必要経費を計上し申告して還付を受けましたけれど、Bの方の収入(年末調整せず)を申告に含め忘れてしまいました。

住民税にはその忘れてしまった収入Bも含めた2つの収入源の合計に基づいた金額での計算がされていました。その住民税は既に納入済みです。
住民税の金額がわかった時点で確定申告の修正の申告をすればよかったのですがしそびれてしましました。

A・Bそれぞれの収入とも源泉徴収されていますので所得税は既に納めている形になっていると思います。
さて、今から昨年のBの収入を含めて修正をした場合、源泉徴収分も足されますので結果的には新たに還付分が発生するのですけれど、それは戻してもらえるものなのでしょうか。

また、もうひとつ心配なのは、
修正の申告をした場合、
Bの収入については申告していませんでしたので、源泉徴収されているとはいえ、申告期限がずいぶん過ぎており、未納分として利子が付加されて計算されてしまうようなことにはならないのでしょうか。ということです。

住民税は既に2つの収入を合計した分を納めているのですけれど、改めて税務署から役所に修正が行き、上記のようなことも含め面倒な手続きになりはしないかとも心配しております。

もうひとつ、それに関わることで知識として知っておきたいのですけれど、支払者は支払いの連絡を税務署に入れるのか自治体の役所に入れるのかということです。

このような場合どうなるのかお教え頂けますと助かります。

よろしくお願いいたします。

お世話になります。

確定申告しています。
事業収入A・給与収入B、それぞれ源泉徴収されている2つの収入があります。
昨年、Aについては必要経費を計上し申告して還付を受けましたけれど、Bの方の収入(年末調整せず)を申告に含め忘れてしまいました。

住民税にはその忘れてしまった収入Bも含めた2つの収入源の合計に基づいた金額での計算がされていました。その住民税は既に納入済みです。
住民税の金額がわかった時点で確定申告の修正の申告をすればよかったのですがしそびれてしましました。

A・Bそれぞれ...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>…住民税にはその忘れてしまった収入Bも含めた2つの収入源の合計に基づいた金額での計算がされていました。

市町村は、「所得税の確定申告書のデータ」と「給与支払報告書」の両方を持ち合わせているためです。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
『越谷市|給与支払報告書の提出』
http://www.city.koshigaya.saitama.jp/kurashi/zeikin/shiminzeikenminzei/041103A_20091104112003751.html

>A・Bそれぞれの収入とも源泉徴収されていますので所得税は既に納めている形になっていると思います。

厳密に言えば、「源泉徴収義務者」が(管轄の税務署に)納付した「源泉所得税」と「それぞれの納税者が納めるべき所得税」は、直接関連付けられてはいません。

『確定申告によって源泉徴収義務は消滅するか』
http://www16.ocn.ne.jp/~nisizuka/shotoku26.html

>…今から昨年のBの収入を含めて修正をした場合、源泉徴収分も足されますので結果的には新たに還付分が発生するのですけれど、それは戻してもらえるものなのでしょうか。

もちろんです。
いったん「確定申告」を行った後に、還付を受ける手続きを「更正の請求」と言いますが、請求を受けた税務署は、正しい税額を算定し、過納分を還付するだけです。

『No.2026 確定申告を間違えたとき』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>…未納分として利子が付加されて計算されてしまうようなことにはならないのでしょうか…

「還付」という前提と矛盾します。

>…改めて税務署から役所に修正が行き、上記のようなことも含め面倒な手続きになりはしないかとも心配しております。

当然、税務署からは、「申告のデータ」が市町村に提出されます。

その結果、住民税額に変更があれば、追って市町村から通知がありますし、税額が変わらなければそのままです。

>…支払者は支払いの連絡を税務署に入れるのか自治体の役所に入れるのか…

・「給与所得の源泉徴収票(給与支払報告書)」の提出範囲は、以下のリンクを参照してください。

『「給与所得の源泉徴収票」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7411.htm

・「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」については以下のとおり市町村には提出されません。(税務署から、別途、情報提供があることもあるようですが、詳細不明です。)

『「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の提出範囲と提出枚数』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hotei/7431.htm
『源泉徴収票と支払調書に関する「義務」の話』
http://ameblo.jp/zeirishi-tosu/entry-10427156189.html

(参考情報)

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
※「法定申告期限(2/16~3/15)」は、臨時職員さんを動員して「相談をさばいている」状態ですから、「更正の請求」は3/18以降にするほうが税務署としてはありがたいでしょう。

『更正の請求期間の延長等について』
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/encho/index.htm
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>…住民税にはその忘れてしまった収入Bも含めた2つの収入源の合計に基づいた金額での計算がされていました。

市町村は、「所得税の確定申告書のデータ」と「給与支払報告書」の両方を持ち合わせているためです。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
『越谷市|給与支払報告書の提出』
http://www.city.koshigaya.saitama.jp/kurashi/zeikin/shiminzeikenminzei/041103A_2009110411200375...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報