1月で41才になる夫の死亡保険を見直そうと思います。
妻37歳、3歳と1歳の子供、J○の死亡保険に入っていますが60歳まで3000万の補償で61歳からは400万の終身に変わるタイプです。
月々の支払いは20000円位です。
他に,AFLA○のスーパーがん保険特約MAXで月々の支払いは6000円くらいです。
子供は、それぞれ郵便○の学資保険に入っています。月々25000円くらいです。
以上の合計額が、月々約51000円になり我が家としては負担が大きいのですが、もろもろの事情で現在の段階の死亡保険を5000万円に変更したいと思いいろいろ調べています。10年ごとに見直すタイプに変えようと思うのですが、今入っているJ○について終身だけ残して解約するのは不利でしょうか?
そもそも、こんな保険の組み合わせで不足や無駄はないでしょうか?
専門家の方、教えていただけるとゆっくり眠れる日が来そうです。よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんばんわ。



 一度必要保証額というものを計算してみて下さい。(そんなに難しいものではありませんので。)

 (22年-末子の年齢)×現在の生活費×0.7
  +
  83歳-末子の年齢が22歳になる妻の年齢×0.5

 これはどういうことかというと、親の責任範囲を子供が独立する大学卒業時までとみて、その間の生活費がどれくらいいるのか(本人の生活費は掛からなくなるので一般に現在の7割の水準と言われます。)、子供が独立した後の妻の余生の生活費はどれ位いるのか(一般に子供が独立した後の妻の余生の生活費は現在の5割の水準と言われます。)のかを計算します。
 ご主人に万が一があった際には、上記の式から得られた数字から会社に死亡退職金規程があればそれを差し引き、遺族年金を差し引き、さらに貯蓄等を差し引き、これでも不足する額、これが生命保険で準備すべき必要保障額となります。
 そして、例えば1年後を思い浮かべて計算し直してみてください。必要保障額が減っていくのが分かるでしょうか?生命保険は残された遺族の生活保障の為に掛けるものです。つまり、人は日々生活していますから、過ぎた日の生活費を考える必要はなくなります。
 現在考えている10年更新型は10年間一定の保障額となり、放っておくと自動更新により保険料が上がっていきます。
 生活保障の意味合いで掛ける保険なら、必要保障額の減っていくカーブにあわせて設計できる低減定期保険や収入保障保険(大手生保の家族収入保障は別物です。)が合理的であり、低廉な保険料になります。
 JAでも普通に考えれば終身保障部分は残せると思いますので、定期共済特約(?)部分を解約して、収入保障保険等に加入するのがお勧めです。

 ガン保険は今は様々なタイプが出ています。再発・転移にでも2年ごとに診断給付金が払われるタイプは従来のAFLACのガン保険にはありません。また、もっと割安は会社もありますから、これも再検討してみる価値はあると思います。

 学資保険は確かに必要時に支払われるメリットはあるのですが、昨今の金利低下で元本割れもあり得る情勢となってきてます。学費を賄うためなら学資保険だけが選択肢ではありません。例えば、ドルコスト最小法的に投信で積み立てるのだって選択肢の一つです。効率よく殖やす事を学ぶことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速見直します。
できましたら、お勧めの低減定期保険、収入保障保険、およびもっと割安なガン保険を扱っている保険会社をそれぞれ教えていただけませんでしょうか?

もしくは、どこで調べられるかぜひアドバイスお願いいたします。

本当にためになります。求めていた回答をいただき、さすが専門家の方ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 09:55

難しい質問ですね。


契約などの詳細がはっきり分からないので、一般的にしか言えないです。
単純に計算しますね。
J○
これは定期付き終身保険だと思いますが、
2万円をあと、19年払います。2万×12ヶ月×19年=456万
これには、入院などがまずははいっているか、死亡保障だけかどうか確認する必要があります。
それから、解約したらいくら支払われるか、それもチェックです。
もし、入っていれば、AFLA○のスーパーがん保険特約MAXと保証がだぶります。
それから、死亡保険を5000万円にしたいわけ。
もし、お子さまがいるから・・・だとしたら郵便○の学資保険のは、もし、万一の時には、支払いをしなくて済む・・・ようにになっていないか確認して下さい。
育英年金とか、取りあえず、契約者が亡くなった場合のことが書かれていると思いますので、要確認です。

住宅ローンなどをお考えでしたら、住宅ローンを組まれたときに保険に加入していないか確認してみて下さい。

また、会社などで強制というか、加入していることがあります。
死亡時のみ500万・・などの類です。
その辺も合わせて考えると、本当に5000万円必要かどうかも分かると思います。
>今入っているJ○について終身だけ残して解約するのは不利でしょうか?
これはそうした場合の支払金額によりますね。

一般的に10年ごとの見直しの保険は、長い間更新すると、高くなりがちです。
詳細は、契約を見ないと分かりませんが、
支払総額と実際にもらえるであろう金額を出して算定されると良いと思います。

http://biz.yahoo.co.jp/insurance/life/
ここで数社の一括資料請求が出来ます。
ご参考までに取ってみてはいかがでしょうか

何かあったら補足して下さい。

この回答への補足

こんな私にもわかりやすいご説明ありがとうございます。

5000万円にしたい理由は、義母に長生きしてもらいたいのでその際の医療費と介護費、(現在65歳ですが)80,90になれば必要でしょうから。義父は亡くなっています。

義父が建てたこの家と土地を維持していくための費用、子供にかかるお金です。主人は一人息子なのでもしものときには、私が工面しなくてはならないでしょうから。子供を抱えて働きにでても生活費で精一杯でしょうし。

10年ごとに見直して、51歳までの10年間は5000万の保障で61歳までの10年間は4000万円と、だんだん小さくする考えです。
支払い総額と、もらえるであろう金額を算出してみます。

補足日時:2001/11/09 14:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険?終身(総合)保険?医療保険(終身?定期?)

はじめまして
現在なのも加入してなく新たに保険加入しようとしている 結婚している子供もそろそろと考えている29歳男です 相談にのってください
保険の種類は数知れず どれに入ればいいのか比較もしずらくわかりません 掛け捨てがいいよ医療保険は掛け捨て+年金保険で利回り良資金運用 総合に一本はいっておけばといろいろな考え方があるのでしょうが わたしはまずは入院特に長期の入院に備えたい、
次に残させる家族に備えたい、そして最後に資産形成
と考えます。考え方から商品等いいもの知っている方教えてください

Aベストアンサー

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼できるライフプランナー(保険外交員等)を備えることも同時進行ですすめていただきたいです。
さて前置きでおわっちゃうところでした(A^^;)
1:入院の備え・・・単体の終身医療保険がよろしいかとおもいます。日額1万円は必須でしょう。
2:家族への備え&資産形成・・・いい商品・・じつはこれが一番イイ!というのは、一番アナタに合っている!という事であります。おこさまはこれからですので、23年位はしっかりした保障が必要かと。
そして、敢えて資産形成はもう少しあとにスタートしてもいいかと。先の2本が先決と思いますので。
むしろ、奥様の医療保険が先かな、と。妊娠が解かる前に。ただしトラブルにならぬよう、告知はありのままにしてくださいね。
お子様がいらっしゃるようになると、逓減タイプの商品をご検討されるとよろしいかと思います。みなさまのご健康と安心ライフプランの早期獲得をお祈り致します。

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼でき...続きを読む

Q医療終身保険の死亡保険金

初めまして。
早速ですが、死亡保険金を担保に(当該保険会社)若しくは(銀行)から、借入する事は可能ですか?
住宅ローンの団信用ではあるみたいなのですが、一般の生命保険では如何でしょうか・・・?
ご指導をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

生命保険の契約者貸付制度は死亡保険金を担保にするのではありません。解約返戻金(保険会社によっては解約返還金や解約払戻金とも言います)を担保にして、その額のうちの一定の範囲内(8割とか9割等)を限度として貸付を行います。解約返戻金は、払い込まれた保険料から経費等を差し引いたもので、保険会社が支払いのために積み立てる責任準備金に近い額になります。死亡保障が終身でしたら、解約返戻金は徐々に増えていきます。105歳から110歳くらいで死亡保険金額と同額になるようにしてあると思われます。

そこで、ご質問の場合ですと、終身医療保険の死亡保障の部分を担保に、とのことですね。現在、発売されている多くの医療保険は医療保障部分は掛け捨てのケースがほとんどです。借りることができる金額は、死亡保障の解約返戻金部分の8~9割でしょう。おそらく、医療保障より死亡保障のほうが保険料は高いはずですが、契約期間が短ければその額もあまり期待できないのではないでしょうか。
詳しくは、ご契約の保険会社にお聞きになるといいと思われます。というより、お手元にある保険契約書に解約返戻金の額が契約後1年目、2年目、3年目、5年目、10年目、20年目、30年目、50年目等でいくらになるか、と記載があるのが普通だと思いますが…。通常、保険料の払い込みをしっかりしている限り、この額の8~9割は借りられるはずです。
なお、ご質問にありましたが、保険契約を担保に銀行から借り入れをすることは通常できません。

生命保険の契約者貸付制度は死亡保険金を担保にするのではありません。解約返戻金(保険会社によっては解約返還金や解約払戻金とも言います)を担保にして、その額のうちの一定の範囲内(8割とか9割等)を限度として貸付を行います。解約返戻金は、払い込まれた保険料から経費等を差し引いたもので、保険会社が支払いのために積み立てる責任準備金に近い額になります。死亡保障が終身でしたら、解約返戻金は徐々に増えていきます。105歳から110歳くらいで死亡保険金額と同額になるようにしてあると思われます。

...続きを読む

Q死亡保険と終身保険の違いは?

生保商品のカテゴリ分けは、以前は終身、養老、定期、などシンプルだったのですが、最近はいろいろな商品ができて複雑になり、シロウトには分かりづらくなってきました。
たとえば、死亡保険と終身保険はどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

「死亡」と「終身」は比べる対象としてはちょっと違うと思います。

生命(死亡)保障として、「死亡・定期」「死亡・終身」
医療(入院)保障として、「医療・定期」「医療・終身」などが考えられます。

死亡保険は、残される遺族の生活のためのものと考えられます。
死亡保険の定期と終身の違いは、
定期はある一定期間の死亡に対して支払われるものです。
5年や10年などを保険期間としています。
この期間内に死亡する確率から保険料が決まっています。
安い掛け金・大きな保障になります。
また、年齢があがるにつれて死ぬ確率は高くなるので、更新の時に保険料が上がります。

対して終身は、死ぬまで保障があります。
人間必ず死ぬために、必ず支払われることになります。
そのため、また現在は利率が低いので、保険金額を大きくすると掛け金がかなり大きくなります。
大きな掛け金・小さな保障になります。
(バブル期などに掛けたものは、予定利率が高く、小さな掛け金で大きくなるものがあり、俗に「お宝保険」とよばれています)
中途解約などをするという前提で、貯蓄性があります(※損しないか要検討です)。


医療保険は、生きていく本人のものです。
定期はある一定期間の入院などに対して支払われるもので、
終身はその保障が一生続くものです。
掛け金の支払い方はまた別で、ある年齢で終了するものと一生続くものがあります。

「死亡」と「終身」は比べる対象としてはちょっと違うと思います。

生命(死亡)保障として、「死亡・定期」「死亡・終身」
医療(入院)保障として、「医療・定期」「医療・終身」などが考えられます。

死亡保険は、残される遺族の生活のためのものと考えられます。
死亡保険の定期と終身の違いは、
定期はある一定期間の死亡に対して支払われるものです。
5年や10年などを保険期間としています。
この期間内に死亡する確率から保険料が決まっています。
安い掛け金・大きな保障になります。
また、...続きを読む

Q死亡保険なし、医療保険、損害保険のみの簡単な保険はどこでさがせる?(23歳)

こんにちは。
死亡保険なし、医療保険と損害保険のみの簡単な保険はどこでさがせるでしょうか?また、おすすめの保険があったら教えてください。
条件としては、ネット上で自分のプランが確認できるものがよいと思っています。

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、参考になれば、URLで確認してみてください。

参考URL:http://www.americanhome.co.jp/fullinhospital/index.html

Q終身生命保険と終身医療保険

以前こちらで終身保険について質問して見積もりをいくつか取りました。その中から下記のプランを考えているのですが、どのようにお感じになりますか?アドバイスいただければ幸いです。
男性 29歳 公務員
必要保障 死亡保障500万円 医療保障 1万円で1入院120日以上

考えているプラン
第一生命 悠悠保険U
終身保険 500万円 60歳払込満了
月々 11,200円

医療部分 計5,346円 払込は終身
第一生命ドリームプランC1タイプ 月々1,666円
がん診断給付金 50万円 がん入院時 1万円等

新健康応援団MAX 月々 3,680円
入院日額 1万円 1入院最高124日、通算1004日まで

Aベストアンサー

NO2の方も言っていますが、このプランですと例えばケガや病気での入院の時の給付金は一日1万円、ガンの時の入院の給付金も1万円です。

MAXの代わりに終身保険に終身医療特約(1万円)を付けるのはどうですか?多分今の予算よりは高くなるとは思いますが。ガン保険とMAXは終身払い込みなので安いです。
終身保険に終身医療特約を付けた場合の利点は、医療の分の払い込みも60歳で終わりますし保障も残ることです。尚且つガンでの入院ではがん保険と併せて2万円になります。
予算にもよるかと思いますが、これで一度試算されてはどうでしょう?なお終身医療特約の試算をするときに必ず<終身型>にしてください。<全期型>と間違えやすいので。

それとガン保険のC1タイプも悪くはありませんが、新しいメディカルチェック+というM1(M2)タイプが発売されました。通院が5千円から1万円になり入院と同額になってます。最近の入院日数が少なくなり通院での治療が増えてきた事情に合わせた商品だそうです。3年毎に3万円がかえってきます(個人的には3万円には疑問ですがセットになってます)
これも予算にあわせて選ばれたらよろしいかと思います。ご参考までに。

NO2の方も言っていますが、このプランですと例えばケガや病気での入院の時の給付金は一日1万円、ガンの時の入院の給付金も1万円です。

MAXの代わりに終身保険に終身医療特約(1万円)を付けるのはどうですか?多分今の予算よりは高くなるとは思いますが。ガン保険とMAXは終身払い込みなので安いです。
終身保険に終身医療特約を付けた場合の利点は、医療の分の払い込みも60歳で終わりますし保障も残ることです。尚且つガンでの入院ではがん保険と併せて2万円になります。
予算にもよるかと思いますが、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報