13C-標識アミノ酸を使った研究を行うことになったのですが、13C-標識アミノ酸についての知識がありません。
どなたかご存知の方、または参考書などをご存知の方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 13C 標識アミノ酸自身は化学的性質が非標識アミノ酸と同じである事から,非放射性のラベル化合物として使われます。



 非放射性であるため,その検出には質量数の差を利用するマススペクトル又は 13C 核はシグナルを示すが 12C 核はシグナルを示さない核磁気共鳴スペクトルが用いられます。
    • good
    • 0

もう、rei00さんが応えられていますね。



13Cは、スピンが1/2ですから13C NMR測定が可能です(12Cは、スピン0)。

また同位体効果として、IRの振動バンドの変化も起こります。

・・・基本的にはスピン以外は、重さが違う・・・ということですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遊離アミノ酸とアミノ酸の違い

題名のとおりの質問です。

ちなみに旨みを感じるのは遊離アミノ酸だけですか

Aベストアンサー

「旨味と香りが出るのが熟成」のキーワードで関西食文化研究会のページが読めます。

質問者さんの学習が熟成されてないのです。

アミノ酸が百も二百もつながった大きな分子をタンパク質と呼ぶのです。タンパク質はアミノ酸がつながって出来ているのです。大きいままでは味にならないの。アミノ酸の大きさだからしっかりと味を感じる細胞に結合できるの。高校生物の教科書でタンパク質の勉強してからですよ。5分ですよ。タンパク質のまま吸収できますか?味も同じでしょう。

デンプンやタンパク質には味がないという整理の仕方でいいでしょう。
タンパク質は分解されてアミノ酸が数個くらいになって味蕾細胞に結合してその結合の結果、その刺激を受けた脳が味として感じるのです。

肉の表面を加熱殺菌した後、50℃のオープンで1日温めると熟成が進むという書き込みもありましたが不潔な肉の場合は危険ですね。最終加熱は絶対です。

Q自説を初めて公開します。ご意見を頂けると幸いです。 聞くところによると、化学的にアミノ酸構造のものを

自説を初めて公開します。ご意見を頂けると幸いです。
聞くところによると、化学的にアミノ酸構造のものを作り出そうとすると右螺旋と左螺旋が同数作られるそうです。これは単純にこの世の全てのものが物質的にも空間エネルギー的にも何らかの状態でプラスとマイナスで平衡になるような関係で存在していることを示していると思います。
しかし生命を形作るアミノ酸構造は、不思議にも左螺旋のものしかありません。この時、本来作られるべき右螺旋のアミノ酸構造はどこへ行ってしまったのでしょうか?
私は、これはきっとバランスマターとしてのエネルギー体のような"何か"として対象に在るのではないかという仮説に辿り着きました。生命体は物質としての肉体にバランスマター的な"何か"をまとってこの世に生まれ、肉体が朽ちた時に"何か"だけが浮遊する。これが霊の正体では無いかと思っています。
また、肉体を失ったバランスマターは似たようなアミノ酸構造体をこの世の中に探そうとしてやがて肉親の肉体を見つけ、側に寄り添おうとして現れる。例えばこれが夢枕に立つ、とか霊の気配のようなものでは無いかと思えるのです。霊感の強い人とはこのバランスマターとしての"何か"を感じ取る能力がある人なのではないでしょうか?
こうした考えについて、今は私の中だけの着想であって、専門的な証明も掘り下げも出来ず、悶々としています。
霊とは切り離して単純にエネルギー保存の法則からの平衡原則や量子力学という観点の意見でも良いですし、生命化学や宗教的なものでも良いので、肯定でも否定でも様々なご意見を頂けないでしょうか?

自説を初めて公開します。ご意見を頂けると幸いです。
聞くところによると、化学的にアミノ酸構造のものを作り出そうとすると右螺旋と左螺旋が同数作られるそうです。これは単純にこの世の全てのものが物質的にも空間エネルギー的にも何らかの状態でプラスとマイナスで平衡になるような関係で存在していることを示していると思います。
しかし生命を形作るアミノ酸構造は、不思議にも左螺旋のものしかありません。この時、本来作られるべき右螺旋のアミノ酸構造はどこへ行ってしまったのでしょうか?
私は、こ...続きを読む

Aベストアンサー

バランスマター云々のアイデア云々以前の問題かと。エネルギー体のような何か・・・・という表現では、何も言っていないと同じ、仮説にもならない。
少なくとも、標準モデルを見れば、いま我々のまわりにある、重力をのぞく全ての力と物質は、素粒子として体系だてられ、およそ観測し得るすべての素粒子の実験結果を説明しているのだから、自分の仮説を、積み上げられたら理論との関係で話さない限り、仮説にも、アイデアにもならない。

Q遊離アミノ酸の定義

(1)20種類あるアミノ酸の中の、たったふたつのアミノ酸同士が結合した時点でもう遊離アミノ酸とはいえないのでしょうか?(ペプチド(タンパク質)結合といわれるだけに)


(2)20種類のアミノ酸があるそうですがその中のあるアミノ酸とアミノ酸が結合したら旨みは感じなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

「地鶏の長期熟成に伴う肉質(呈味成分、肉の硬さ・軟らかさ、食味性)の変化と最低熟成条件の確立」を読まれて静かに考えてからにしましょう。
肉より質問行為を楽しんでいるだけに思われますよ。

(1)言えるわけないでしょ。結合してないものの名前なんだから。それを質問するのはおかしい。

(2)味を増強したりする作用です。味そのものになる物質とは考えなくていいです。
呈味物質はちょっとあればいいのです。最初の問題はそれが味蕾にたどり着くかです。糖類でくるんだ苦味は苦みゼロだろ。

ここまで引きずるならば解決しない理由が分かるようにご自分の考えを書くべきです。何も書けなければ質問行動も終了してください。

先に紹介した論文は咀嚼しがいがあるのでよく読まれてじっくり考えを熟成させましょう。

Q地球上にない右手型のアミノ酸を食べるのは、危険ですか? 栄養になりますか?

アミノ酸には、左手型と右手型があるそうですね。地球上の生物は、すべて左手型からのみ構成されているそうですね。ところが、実験室で作成すると、双方が混ざったものができるそうですね。
質問は、地球上にない右手型のアミノ酸を食べるのは、危険ですか? 栄養になりますか?

Aベストアンサー

京都大学でD-アミノ酸を研究しています。
人体にもD-アミノ酸があります。
年取るとLがDに化けてしまう…

http://hlweb.rri.kyoto-u.ac.jp/fl/secretary.html

QHIZHEN製 HZS-2B-110-351C-z のトラブル

thairocさん 御回答有難う御座います
機能詳細 レギュレーターかコンバーター  INPUT DC 10~28V OUTPUT DC42V  
INPUT12Vの逆電圧接続でした。 未だ無着手で思案中です。

Aベストアンサー

質問になっておりませんが、
自力で修理して使うということを表明しているのでしょうか?
その際のいかなる結果も「自己責任」ということになります。


文面から推測するに、…
省エネを意識したLEDランプということを考慮すると、
DCIN<DCOUTなので回路は変換効率が良いDCDCコンバーターではないかと、…。


耐圧50Vの電解コンデンサーが回路のどの位置の物か分かりかねますが、
日本製であればディレーティング50%を見込んで設計するとして、
出力側にあるとは考えづらく、何らかの理由で入力側に設けられていると推測します。
その場合、DCINの電源が電流制限機能のない物だと、コンデンサーは容易にパンクします。
制限が掛かっても数十秒から数分でパンクします。
当然、逆電圧はDCDCの制御回路にも掛かっているので、無事であるかは甚だ疑わしいです。

入力側のコンデンサーのみのパンクならば、
正常な極性での再通電でLEDは点灯する可能性はあります。
しかし、LEDは点灯しなかったということなので、
コンデンサーだけでなく制御回路も損傷していると判断するのが妥当です。


しかし、一方で、この製品が中国製であるということから、
もしかしたら、コンデンサーが出力側かもしれないという懸念もあります。
その場合、42V出力で耐圧50Vは安全性と製品寿命の観点から、不安全な製品と思われます。
この場合も、以前の回答のように制御回路が損傷していると考えられます。


何れにしても、修理するのは困難と思われますし、
事故の元ですので、諦めることをお勧めします。

質問になっておりませんが、
自力で修理して使うということを表明しているのでしょうか?
その際のいかなる結果も「自己責任」ということになります。


文面から推測するに、…
省エネを意識したLEDランプということを考慮すると、
DCIN<DCOUTなので回路は変換効率が良いDCDCコンバーターではないかと、…。


耐圧50Vの電解コンデンサーが回路のどの位置の物か分かりかねますが、
日本製であればディレーティング50%を見込んで設計するとして、
出力側にあるとは考えづらく、何らかの理由で入力側に設けられている...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報