大学の生物学の課題をやっているのですが、ヒトの進化の過程で、二足歩行を始めた頃から脳の容量の増大が起こった事は分かったのですが、なぜ二足歩行をすると脳の容量が増えるのかいまいち確信が持てる答えが出せません。両手が自由になった事が理由なのでしょうか、あるいは、脊椎の変形とかが関係するのでしょうか...。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 


  人類の祖先が、二足歩行するのと同じ頃に、脳容量が増大して来たと言うのは事実というか、化石において跡づけられていることです。
  しかし、人類の祖先は、地上生活をする前は、樹上生活をしていたようで、果樹や木の実や、樹上の昆虫等の小動物を食料にしていたというのが一般に言われています(水中生活をしていたというか、水際で住み、身体を水につけて生活していたという説を聞いたことがありますが、一度か二度聞いてその後聞いたことがありません)。
 
  樹上生活の場合、現在のチンパンジーなどを考えれば分かりますが、頭部は、別に前に付きだしていません。豹などは、樹に登って来るそうですが、この場合、頭は、身体の前についていて、猿や人間のように、身体の上にあるのではありません。体構造から言うと、霊長類の祖先は、ねずみのような感じの生物だったのですが、一千万年ぐらい前には、頭部が前よりも、身体の上の方に来る体構造へと変化して行っています。
 
  「大脳化」という一種の定方向進化があったと考えられ、脳容量が増大して行く基盤があった処で、樹上生活から地上生活に切り替えたので、二足歩行になり、脳容量の増大が、スムーズに進行できたというのが事実のようです。樹上から降りて、地上生活を始めたのは、生態系の変化により、樹上では、食料が得られなくなり、徐々に地上で食料を求め始めたためと言われています。
 
  しかし、人類祖先は、地上生活をするには、極めて不利な生物だったのです。最初の数十万年あるいは数百万年以上、地上に降りた人類祖先の主要な食糧源は、動物の死骸で、人類の祖先生物は、直立歩行して地上に降りてから、腐肉を食料源としていたということが云われています。人類は、有効な爪や歯や牙や、強力な筋肉や、敏捷な運動能力を持っていなかった訳で、大脳容積が大きく、それに応じて、知能も向上し、地上生活に順応できる知能を持ち、創意工夫により生存の技術を築いた祖先が生き残ったのだとも言えるのです。(樹上生活をやめて、両手が自由になり、手を器用に使う知能が発達し、また、それが手の微妙な運動を可能にし、それによって更に脳が量・質において発達したという相乗効果も両手の自由化と共に起こったと言えます)。
 
  つまり、二足歩行して、脳容量の増大の可能性が開かれたということは、一つの条件であった訳で、これが一次原因ではなかったと考えられる余地があるのです。二足歩行して、脳容量の増大が「可能になり」、環境適応のための知能が増大した祖先生物が「生き残った」のだと考えることができるのです。(ペンギンは、身体の上に頭が乗っていますが、脳容量が増大しているかというと、そんなことは言えないのです。ペンギンには、脳容量増大の一次的モメントが欠けているということです)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二足歩行を始めた→脳の容量が増大した なんて簡単に説明できることではないんですね。脊椎動物の進化の系図を、ヒトからさかのぼってみるというのが課題の大まかなねらいだったのですが、私たちはヒトに至るまで様々な枝分かれと、淘汰を繰り返してきたのですね。
両手の自由化のことも付け加えてくださって、とてもよく分かりました。ありがとうございました。
課題の方はしっかりまとまりそうですが、なんだか面白いテーマだなと思うので、もう少し開けておいてみようかなと思います。(11/11)

お礼日時:2001/11/11 00:17

No. 3のdora1です。

No.3が、No.2 starfloraさんの発言の内容を全部否定したように受け取られてしまったようで非常に困惑しています。前提を省略した、ぶっきらぼうな書き方をした事を反省しています。starfloraさん、ごめんなさいね。

No. 6 のstarfloraさんの内容は妥当と思います。No.2の内容も、ペンギンの件を除けばほぼ同意できます。私は「何故頭部が重くなったのか」その理由については、No. 3では何もコメントしていません。そっちについては、No. 2で既に詳しく触れられていたから、私が改めて書く事もなかろうと思ったからです。そこで、No.1の方と同様の立場で、「もし頭部の重さが増大したら…」という仮定のもとで、それを受け入れることができる構造(頭蓋骨と脊椎との位置関係)について、解剖学的な立場から、No. 2の訂正を兼ねて補足説明させて頂いたつもりでした。

mogu68さん、そういう意味にとっていただけると嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい(^-^)そういう意味だと思っていました。教えて下さったURLにペンギンの骨格を見に行きましたが、あの首ではおおきな頭は支えられませんよね。分かりやすい参考でした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 23:45

 


  根本的なところで、何を言っているのか分からない人がいるようです。
  本に書いてあることを鵜呑みにしないで、自分で考えてみれば分かることなのですが。
 
  例えば、極端な話をしますと、人間の肩の上から、小さな翼が生えても、肩は、翼が小さければ、その重量を支えることができるはずです。では、人間の肩に小さな翼が生えて来るかと言うと、そんなことはありません。
 
  人間が直立二足歩行をすることによって、重い大脳容積を持つ重い頭部を支えることができたから、大脳容積が増えたというのは、上の翼の発生と似たような考えなのです。
  そうではなく、人間の祖先の場合、大脳容積が増大する何かの理由なり必然性があり、直立二足歩行を開始することで、重い頭部を支えることができるようになり、大脳容積の増大を阻害する理由がなくなったので、大脳容積が増えたのだと考えるのが自然だと、わたしは述べているのです。(また、大脳容積が増え、知能が向上することで、環境適応がよりうまく行き、結果、ますます大脳容積が増大し緻密化する方向に進む相互影響進化があった可能性についても述べています)。
 
  大脳容積が増える方向に進む理由なり必然があった生物であっても、重い大脳・頭部を支えるような体構造ができていないと、重い頭部を持った個体が出現しても、環境に適応できないので淘汰され、大脳容積の増大の方向には進化できないのです。ペンギンの話は、このことを説明するために比喩を出したので、ペンギンの体構造が、見かけと違って、実は、頭部重量を支えるようにはなっていないという指摘は、ペンギンの体構造の説明についてのわたしが述べたことの訂正にはなっても、それで、わたしの述べていることが妥当性を失うことにはならないのです。要するに、本質的な思索力が欠けているのでしょう。
 
    • good
    • 0

すみません、読み返してみると同じことをいっていました。


「二足歩行によって頭を支えられるようになったから頭が重たくなった」というより、「頭を支えるのに、二足歩行で支えられるようになったものだけが後世に残った」という意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、淘汰ですね。進化って勉強すると面白いですね。だんだん自分の存在についてまで考えが及んできてしまいました...
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/11 00:38

ルイセンコならば、獲得形質が遺伝する、というのでしょうが、「二本足歩行したことによって頭を支えやすくなった」、としても、それが遺伝するわけではないので、


むしろ、「二本足歩行したから重い頭をささえられるようになった」、と考えた方がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

ヒトの骨格と、ペンギンの骨格(参考URL)を比べると、ヒトの直立とペンギンの「直立」との、意味の違いがわかると思います。

違いは、脊椎による頭蓋骨の支え方です。つまり、No.1のkasugaさんのいわれる「脳の支え方」の問題ですね。

ペンギンやフクロウは、一見、体の真上に頭蓋骨が乗っているように思えるのかもしれませんが、実はそうではなく、脊椎が横から支えています。頭部が重くなると支えきれなくなってしまう点では、他の鳥や、四足歩行している動物と一緒です。

参考URL:http://www.umi-net.toba.mie.jp/kikanshi/aquarium …
    • good
    • 0

重量を横から支えるのと、下から支えるのの違いです。


首の骨の強度は同じでも、脳を首の上に置くことに
よって、より重い量の頭を支えることができるようになったということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヒトの頭って物凄く重たいんですよね。肩もこりますよね(^^;)
ありがとうございました。
そういえば首を横から支える生物は肩がこらないんでしょうか...

お礼日時:2001/11/11 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栄養のある食べ物って・・

風邪をひいています。
風邪には栄養のある食べ物と睡眠が一番といいますが、
「栄養のある食べ物」って一体どういったものでしょうか?
正直食欲も無く、水ばかり飲んでいます(熱はありません)。
できるだけ摂取しやすく「栄養のある食べ物」を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

風邪に栄養ある食べ物を食べる・・・・昔々のその昔、今のように栄養過多で無かった時代の話です。

今は、三大栄養素なら、たんぱく質は少々食べたほうがよいが、脂質や炭水化物は炎症を増悪させるのであまり食べないほうがよいです。
水しか飲めない感じなら、アミノ酸飲料に更にスポーツ様のでよいのでアミノ酸を入れて飲むのもよいでしょう。たんぱく質より消化にエネルギーを使わないので、具合の悪いときにはお勧めです。

他には、
微量栄養素を十分に摂取することですが、食欲も無いとなると、コンビにでサプリを購入して多めに摂取することです。  一つずつは大変なので総合ビタミン・ミネラル剤をしばらく多めに取りながら、
別に、ビタミンCとビタミンA前駆体を購入してください。

V-Cは本当は風邪の兆候があったときから飲むとよいのですが、
毎時500ミリグラムから1グラム程度を下痢する寸前まで飲むのです。飲みなれればどのくらいで下痢するか分かります。 

Q恐竜は二足歩行したのに、どうして手先が器用ではないのですか?

一部の恐竜は人間と同じように二足歩行をしていました。
しかし、恐竜の手はあまり器用だったとも思えません。
T・レックスの手などは退化しているように思えます。
どうして人間の手は器用に進化して、恐竜のそれはしなかったのでしょうか?
二足歩行して手が自由になれば、当然それを使うように進化すると思うのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
確かに恐竜は人間と同じように「二足歩行」獲得しました。ですが、人類が獲得したのは厳密には「直立二足歩行」です。
人間が手を使えるようになったのは、「二足歩行」で手が自由になったことと、「直立歩行」で脳を大きくすることが可能になったからです。手が自由になっても、脳が発達しなければそれを使うことはできません。
人間が手を使えるようになった理由に就いては、ほとんどの生物の教科書でこのように説明されているはずです。これと比較しますと、恐竜は手を使えるまでに脳が発達しなかったというのが大きな理由として挙げられます。

ヒトは、真直ぐに立って歩き始めた頃から急速に脳を発達させました。脳が発達するということは、脳が重たくなるということです。この重さに耐えるためには、背骨や頚椎などで脳を真直ぐ上に支えなければなりません。人間は直立することによって、脳を大きくすることが可能になったんですね。

真直ぐに立てた棒の上にはある程度重たいものを乗せることはできますが、横にした棒の先に重たいものをくっ付ければ、それは下に傾いてしまいます。
恐竜の骨格は、二本足で上半身を上に支えるというものではなく、身体の中心で全体重をを支えるというものです。ですから、恐竜は走るとき、前半身と後半身でバランスを執らなければなりませんでした。恐竜の巨大な尾は、そのためのウェイトです。この恐竜に重たい脳みそを持たせると、前につんのめってしまいます。

このような理由から、恐竜はヒトのように脳を大きくすることができませんでした。ですから、手が自由になっても、それを器用に使うことができなかったんですね。もともと、恐竜の脳は他の動物に比べて小さいものです。動物の脳の大きさは、その体重と比例します。ですから、恐竜にヒトと同じ比率の脳を付けようとすると、それはたいへん大きなものになってしまいます。恐竜にゾウのような脳みそを持たせたら、重たくて、上手く歩けなくなってしまうかも知れませんね。
と、ここまでは一般的な説明です。

>二足歩行して手が自由になれば、当然それを使うように進化すると思うのですが。
>どうして人間の手は器用に進化して、恐竜のそれはしなかったのでしょうか?

先の説明で、ヒトは脳が発達したので手が使えるようになったと申し上げましたが、厳密には、手が「より器用に使えるようになった」と解釈すべきなんです。
猿人からホモサピエンスという人類の短い歴史の中で、手そのものはそれほど大きな進化を遂げていないはずです。それ以前に、人類の祖先はそれまでの樹上生活で、手、即ち前足をかなり発達させていました。なんたって、木登りをしていたんですからね。もちろん、脳の容量比でも恐竜より遥かに賢かったんです。木の実をもぎ取って口に運ぶなんてことは、既にお茶の子さいさいだったんではないでしょうか。二足歩行で手が自由になったとはいえ、恐竜とは出発点が全然違いますよね。
くどいようですが、ヒトは手が使えるように進化したのではありません。飽くまで、ヒトは脳を大きくするという進化を遂げました。
例えば、翼が生えてくれば空を飛ぶことができます。それは、その動物が進化によって空を飛ぶという新しい能力を獲得したことになります。ですが、翼というのは空を飛ぶという目的のための道具でしかありません。
脳の進化というのはこれと少し違います。脳ももちろん道具ですが、それはコンピューター・メモリーという入れ物です。ですから、まさかいきなり空を飛ぶということはできませんが、脳が発達すると、ある日突然色々なことができるようになります。例えば、手が上手く使えるようになるとか、上手に歩けるようになるとか、言葉を話せるようになるとかです。これは、実際に手や足が進化したというわけではありません。飽くまで、進化したのは脳の方です。
このように、脳が発達することによって様々な能力を獲得することを「創発」といい、進化とは別物です。ですから、ヒトが手を器用に使えるようになったのは、脳の進化の副産物ということになります。
ヒトは短期間で急速な進化を遂げたように見えますが、実は、急速に進化したのは脳だけだったんですね。その脳の進化も、どうやら20万年前からは止まってしまっているそうです。

>T・レックスの手などは退化しているように思えます。

そうですね、現在の生物学では「退化」という言葉はあまり使われません。
T・レックスの前足は、体重を支えるという使命から開放されました。ですから、無駄に丈夫である必要はありません。退化したというよりは、効率の良い方に進化したと表現することができます。
何れにしても、あまり便利そうではありませんよね。あれが器用に使えるならば、生存競争には有利になりますから、発達してはいけないという理由は全くありません。ですが、T・レックスは獲物を採るためにもっと優れた能力をたくさん持っていましたから、その必要がなかったのかも知れませんね。
ただひとつ残念なのは、獲物を食い殺したあと口の周りを手で拭うことができないので、口臭がたいへん酷かったということでしょうか(そんな、アホな)。

こんにちは。
確かに恐竜は人間と同じように「二足歩行」獲得しました。ですが、人類が獲得したのは厳密には「直立二足歩行」です。
人間が手を使えるようになったのは、「二足歩行」で手が自由になったことと、「直立歩行」で脳を大きくすることが可能になったからです。手が自由になっても、脳が発達しなければそれを使うことはできません。
人間が手を使えるようになった理由に就いては、ほとんどの生物の教科書でこのように説明されているはずです。これと比較しますと、恐竜は手を使えるまでに脳が発達し...続きを読む

Q脳腫瘍を予防する食べ物ってありますか?

脳腫瘍と診断された訳ではないのですが、なるべく自分の力で
予防したいです。

今のところ、野菜や果物などの食べ物により予防しようと思っています。

しかし、現在私が愛用している食べ物で病気を防ぐ辞典には
載っていませんでした。
(脳出血に効く食べ物にはありましたが)

そこで、お聞きしたいのですが、『脳腫瘍』を予防する食べ物は
ありますか?

Aベストアンサー

脳腫瘍限定ではありませんが、病気にならない食事として、東城百合子先生の「自然療法」という本に食事療法が載っています。玄米菜食ですね。具体的には本を読んだほうがいいと思います。

Q二足歩行の動物で質問です

自分が知っている範囲では二足歩行の動物はかかとが地面についています。

しかし、肉食恐竜など歩き方の仮説はつま先で歩いています。
なぜ、つま先立ちで二足歩行しているでしょうか?

あと、現代の動物で二足歩行でつま先立ちの動物がいれば是非教えてください。

Aベストアンサー

質問者さんが聞きたいのは、図のAの部分を地面に付けて歩くかどうか、ということですよね?

「つま先」という言葉を使っているので誤解されてしまいましたね。

> なぜ、【人間で言えばカカトにあたる部分を地面に付けずに】二足歩行しているのでしょうか?

と質問した方が良かったとおもいます。

私は生物はしろうとなので推測ですが、地面を走るには右図のような骨格の方がリーチが長くてスピードも出せるし、体重を受け止めるショックも吸収しやすくて有利だろうと言うことは判ります。
四足動物の後脚は基本的にこの形ですよね。
四足歩行から二足歩行に進化したとき、その有利な形を受け継いだものが生き残ったのかもしれませんね。

また、ヒト以外で【かかと】をべったり地面に付けて歩く動物というと、類人猿やサルの仲間、それにクマなどがたまたま二本足で歩く時でしょうか。

正確なことについては、専門家のご回答を待ちたいと思います。、

Q栄養がある食べ物とない食べ物

キュウリが一番栄養の少ない野菜だと聞き驚いたのですが、栄養のある食べ物とない食べ物を教えてください。
そういうことを公開しているサイトでも良いです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

”栄養”ってなんですか?
その定義によって違うのじゃないでしょうか?
キュウリに栄養が少ないと思われているのは、96%が水分だからじゃないですか?
だから、他のものに比べて、”同じ重さなら”栄養価は少ないことになります。
キュウリには、ビタミンC、カリウム、カロチンなどが豊富に含まれていますね。
体内の熱を冷ましたり、利尿作用、腎臓の働きを活発にする、手足のむくみを解消するような働きがありますね。それを栄養が少ないと言うかどうかですね。

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/index_nut.html

Qハゲと脳の関係と脳の容量について

脳に関するカテゴリがあれば良いのですが
ないので一応人体のことなのでココに聞きます
昔何かで聞いたのですが勉強や研究仕事などで脳を
使いすぎると はげやすいと聞きましたが
本当でしょうか?確かに学者・医者・研究者は失礼ながら
そういった人が多いですがやはり頭の使いすぎが原因でしょうか?
それと脳には定められた容量はありますか?
つまり脳は無限に物事を覚えれるのではなく
ある容量を積めこみ又はある年になると
物事が全く入らなくなり仮に入ったとしても
今まで覚えていた記憶がなくなってしまうというようなこともあるのでしょうか?
回答お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

>そういった人が多いですがやはり頭の使いすぎが原因でしょうか?
違うと思います。頭の使いすぎよりも生活の乱れでしょう。
研究に没頭するあまりゴハンを食べなかったり、生活のリズムがぐちゃぐちゃになったり、頭を何日も洗わなかったり…ストレスも多そうですし。
一生懸命頭を使ってその結果ストレスが溜まりにたまって…ということはあるかもしれませんが直接は関係ないでしょう。

Q嫌いな食べ物になりやすいピーマンって特別な栄養というか大変体に良い食べ

嫌いな食べ物になりやすいピーマンって特別な栄養というか大変体に良い食べ物なの?!

Aベストアンサー

緑色のピーマンを嫌いな子供は多いけど、そもそも青ピーマンと呼ばれるこのピーマンは本来のピーマンじゃありません。
完熟しないうちに出荷されたものです。

http://nr.nikkeibp.co.jp/vegetable/20090714/

個人的には無理やり食べさせる価値があるか疑問があります。
それで野菜ギライになるんだったらリスクの方が大きい。

経験で言えば赤ちゃんが歯が生える前後から歯固めのオモチャの代わりに野菜スティックを与えると野菜を好き嫌いなく食べる様になる。
味覚が未発達のうちにニンジンなどの癖の強いものを与えるのは良いと思うけど育児書には余り書いていない様に思います。

とはいえ昔と違って本来のピーマンと言えるパプリカがあるんだから無理して嫌いなものを詰め込む必要性はありません。
野菜自体の栄養価がどんどん低下しているんだから倍以上摂取する必要があるのにピーマンで時間を取ってどうするって感じですね。

Q生物I 海の生物 脊椎動物、無脊椎動物

学校で「水生無脊椎動物」、「海水生脊椎動物」、「淡水生脊椎動物」について勉強したのですが、
「水生脊椎動物」、「海水生無脊椎動物」、「淡水生無脊椎動物」というのは存在しないのですか?

また、「海産無脊椎動物」「海産軟骨魚類」「海産硬骨魚類」などは、上記のものに含まれるのでしょうか?

よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

「水生」には「海水生」も「淡水生」も含まれます。
また「海産」と「海水生」は事実上同じ意味です。
この他,「海生」,「海棲」なども同じ意味になります。

「淡水産」,「淡水生」,「淡水棲」についても同様です。

無脊椎動物と脊椎動物は脊椎(背骨)の有無で区別されるので,
軟骨魚類や硬骨魚類が脊椎を持っているのかどうかがわかれば
どちらに属するのかわかると思います。
(それ位はすぐわかるはずなので,自分で調べてみましょう)

Q脳の栄養

「脳の唯一の栄養はグルコースだ」
と言うのをよく聞くのですが、本当ですか?

感覚としては、脳はいろんなことをやってるから、色々な栄養素が必要っぽいんですが、なぜ一種類でいいのですか?

Aベストアンサー

栄養はいろいろ必要と思います。
この文、「脳の唯一の栄養はグルコースだ」の
「栄養」を「エネルギー源」に訂正すると文章の意味が取れると思います。
脳が最もよく使うエネルギー産生方法としては、グルコースの解糖系とTCA回路でATPを作るという意味でしょう。

参考URL:http://www.sugar.or.jp/health2/0101.shtml

Qヒトもイルカも、なぜ脳と体が左右逆接続になっているのでしょうか。

ヒトもイルカも、なぜ脳と体が左右逆接続になっているのでしょうか。

ヒトは右脳が損傷すると身体の左が麻痺するといいますし、
イルカも右脳と左脳が交互に睡眠し、その時は逆側の体が動かなく
なるため、円形を描いて泳ぐと百科事典にありました。

右脳が右身体を動かすと何か都合が悪いことでもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

推測で申し訳ありません。

大概の哺乳類の場合、頭より首が細いからではないでしょうか。
正確に言えば、脳より首の中の伝達神経が通るスペースが細いからではないでしょうか。

頭より首が狭いため脳からの伝達神経は一度、中央に集まる事になります。
その後、その神経は対角線方向に向かった方が真っ直ぐに伸びれるので、その方が自然なのではないでしょうか。

例えるなら、対角線方向に向かうのが大文字の"X"、同じ方に向かうのが小文字の"x"と言う事です。(手書きの時ですw)
つまり、脳と身体が左右逆というと複雑に思えるかもしれませんが、神経がなるべく直進使用とすると自然に逆になるのではないでしょうか。

イルカは首がなく、当てはまらないようにも思えますが、イルカも哺乳類です。
骨格乃至は起源が同じなのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報