父親が、息子に無断で、息子の代理人だと称して、息子所有の土地をAに売る契約を成立させた。その後、父親が死亡し、息子が相続放棄した場合の法律関係はどうなるか。Aはどういう手段をとるのがよいのですか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

●なんか、正直いって大学の法学部の典型的試験問題みたいなんだけど・・・


●こういうことは、ネットで調べるより、ちゃんと基本書読まないと理解できないですよ。
●今、暇だから答えますが、いわゆる本人の無権代理人の相続ですね。この場合は、その息子(仮にBとします)は帰責自由がありません。息子は、追認しようが、追認拒絶しようがどっちでも可能。(資格融合説だと追認不可だけど、今、この学説は一般的じゃないので、この説明は省略します。)しかも、Bは相続放棄したわけですから、追認も拒絶もどちらも関係無いのです。相続放棄ははじめから
相続人でなくなるのですから。(民法939条)
●結論として、Aはなにもできないです。追認するかしないかの催告ぐらいはできますが、それ以上はできません。
まあ、表権代理追求くらいは、もしかしたらできるかも・・・
 失礼ですが、amour9さんは法学部の学生ですか?
もし、そうであれば、こういうのは基本書読んだ方がいいですよ。ここの論点は、他にも学説があってですね、また無権代理人の本人相続なんて論点もあるし、そういうのを整理するなら基本書読んで下さい。民法総則ですね。内田貴「民法1」(東京大学出版会)あたりを読んでください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q表見代理が成立する場合、本人と無権代理人の法律関係はどうか?

表見代理が成立する場合、本人と無権代理人の法律関係はどうか?
本人が追認する場合としない場合によって変わると思うのですが

追認する場合・・・本人にその法的効果が直接に帰属する
追認しない場合・・・相手方の選択に従い、履行又は損害賠償をなす責任を負う

この解釈で良いでしょうか?
また、補足する部分があればそこも教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

表見代理というのは善意の第3者に対する保護が成立するかどうかということで無権代理行為が無効で損害賠償の対象になることには違いはありません。
追認=本人が承諾したのですから、普通の契約と同じ。

錯誤や悪意をもって追認を引き出していない限り、
便宜上意思疎通のはかられた便宜上の代理行為だったとみなして、無権代理では無い。
表見代理はあくまでも無権代理行為に対する不法行為。

Q区分所有している所有権って放棄できますか?

とあるリゾートマンションを所有しております。もともとは、16年ほど前に1室の所有権をもっていたリゾート業者から一部(3/13)の所有権を購入し、その会員として所有していたものでした。固定資産税はその業者に支払い、業者が役所に納めていました。
ところが、12年ほど前から業者による固定資産税の滞納が続き、それからまもなくして倒産し、連絡もとれなくなってしまいました。当方としては、区分所有分の差押えは避けようと、役所に掛け合って区分所有分(3/13)の固定資産税を認めてもらい、以来毎年払い続けております。
しかし、当該リゾート業者の実態はなく、その所有分(10/13)の所有権は固定資産税の滞納により差し押さえられております。また、管理費も業者から管理会社への支払いが滞っており、10年以上区分所有している部屋を使用できておりません。
固定資産税の支払いも、年間1万円強ではありますが、納税の“義務”だけは負って、所有している“権利”は行使できないという状況がずっと続いております。
そこで、質問ですが、当方にように「マンションの1室の所有権を区分所有していてその所有分の固定資産税を支払っている場合」において、「所有権を放棄してでも固定資産税を支払わなくて済む」ような方法はないでしょうか?
役所に聞いたのですが、「納税義務は存在するのでできない」というような回答でした。
もはや使用できない権利だけ所有権ですから、「一刻も早く手放して固定資産税の納付義務から逃れたい」というのが本音です。

とあるリゾートマンションを所有しております。もともとは、16年ほど前に1室の所有権をもっていたリゾート業者から一部(3/13)の所有権を購入し、その会員として所有していたものでした。固定資産税はその業者に支払い、業者が役所に納めていました。
ところが、12年ほど前から業者による固定資産税の滞納が続き、それからまもなくして倒産し、連絡もとれなくなってしまいました。当方としては、区分所有分の差押えは避けようと、役所に掛け合って区分所有分(3/13)の固定資産税を認めてもらい、以来毎年払い...続きを読む

Aベストアンサー

補足いただき有り難うございます。
そのリゾートマンションの現在の価値
また仮に売買できるとした場合の需要はどうなのでしょうか?

ちなみに地方のリゾートマンション等では需要はほぼ皆無に等しく
新築時数千万円で購入したものが現在では100~300万円程度で
取引されているものが多くあります。

固定資産税のみの滞納であれば、このまま放置していても
市役所等は競売まで行わない可能性が大です。
仮に競売に出したとしても、10/13の持ち分のみであれば
誰も買わない(落札しない)でしょう。

もし、貴方に他の不動産や預貯金等の資産がなければ
貴方も固定資産税を滞納して差押えしてもらうのも良いですが
最近は給与や動産を差押えられたりしますので現実的では
ないですよね・・・。

マンションそのものに現在でもそこそこの価値と需要があることが
予想される場合は、「共有物の分割請求」の訴訟を起こし
分割ができなければ(建物だから当然にできませんが)
全て持ち分を競売に出し、その売却価格を持ち分に応じた
比率で分配することができるはずです。

運良く誰かが落札してくれれば
その売却価格の3/13が貴方の取り分となります。
なお、競売に出しても落札されるまでは貴方の固定資産税の
支払い義務は続きますが・・。

※100%この方法が可能かどうかはわかりません。
ただ、不動産の相続等で親族の話し合いがつかない場合など
このような方法で分配する事例は多くあります。

なお、ご事情を拝見する限り、もし競売価格が安かったからといって
貴方が落札されてしまうのはお止めになったほうが良いでしょう。
競売でも任意売却であっても、従前の所有者が滞納していた
管理費はその購入者が支払わなければならないことが多いです。
リゾートマンション等の場合は通常住宅用の分譲マンションと比べて
管理費が割高なことが多く、莫大な滞納額となっている可能性があります。

以上、これら手続きは一般の方が行うのは無理がありますので
一度弁護士さん等の専門家にご相談になってみてはいかがでしょうか。

補足いただき有り難うございます。
そのリゾートマンションの現在の価値
また仮に売買できるとした場合の需要はどうなのでしょうか?

ちなみに地方のリゾートマンション等では需要はほぼ皆無に等しく
新築時数千万円で購入したものが現在では100~300万円程度で
取引されているものが多くあります。

固定資産税のみの滞納であれば、このまま放置していても
市役所等は競売まで行わない可能性が大です。
仮に競売に出したとしても、10/13の持ち分のみであれば
誰も買わない(落札しない)でしょう。
...続きを読む

Q兄の死亡後、家族が相続放棄しましたが、私も相続放棄しなくてはなりませんか?

兄は債務が多く、亡くなって家族はすぐ相続放棄したとの連絡を受けました。
兄との交流は無く、先日家族から亡くなった事知らされました。
債務が多く、生前から相続放棄するようにと言われたそうです。
私は実弟ですが、私も相続放棄の書類を家庭裁判所に送る必要はあるのですか?

Aベストアンサー

家族が2度でてきますが、兄の家族なのか、あなたの家族なのか判然としないのですが、

兄から見て、

0:配偶者
1:子
2:直系尊属
3:兄弟姉妹

までが相続人となる範囲です。ただし先順位の相続人がいれば、次順位以下は相続人になることはありません。ですので、兄から見て先順位の相続人がいる、いても全員相続放棄したのでない限り、あなたは相続人になることはありません。(配偶者0と記載しましたが、どの順位とであれ常に相続人となります。)

生きている先順位人全員、相続放棄したということであれば、相続というお鉢があなたに回ってきたわけで、どうするかはあなたが決めることになります。

Q相続放棄と戸籍抄本   父親が亡くなり私は相続放棄することとしました。

相続放棄と戸籍抄本   父親が亡くなり私は相続放棄することとしました。兄と母が相続し、妹と私が相続放棄します。行政書士に手続代行を依頼したところ、戸籍抄本と住民票を取ってくるように言われました。インターネットなどで調べた限りでは、戸籍謄本が必要と書いているのですが戸籍抄本で問題ないでしょうか。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたが、「相続人」の地位にあることが分かればどちらでもよい。

Q条件付き所有権仮登記の抹消でご教示ください。1番 所有権移転 A 2番

条件付き所有権仮登記の抹消でご教示ください。1番 所有権移転 A 2番 農地法5条許可を条件とする仮登記(贈与) B 3番 移転(相続)C 4番 移転(相続)D と登記されています
Bは40年あまり許可申請しなかった。今回当該農地を贈与者の相続人に返還する手続きをしたいですが、仮登記の権利書を紛失している場合、どうしたらいいか悩みます。利害人からBの承諾書を添付して抹消の登記ができることが、本に書いてあります。相続人Dは利害人として申請できるでしょうか?
Dは当事者だと思うのですが。

Aベストアンサー

当事者であるが「利害関係人」としてよい。
登記研究461


人気Q&Aランキング

おすすめ情報