実験装置の部品の接着で円板に開けた穴に圧力センサをなるべく同一平面に(面を合わせて)するためにコンプレッサーを使って吸引装置(要は精度の悪い真空ポンプのようなものです)を作りたいのですが,圧値の計算の方法がわかりません.同じ研究室の先輩に聞いたところ,ベルヌーイの定理を用いるようなのですがどのような計算式になるのでしょうか.
(原理的には水の入ったコップに刺してあるストローの頭のほうに息を吹きかけると水が出てくるのと同じなのですが....)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

回答がないようですので、一般人ですが。



あえてコンプレッサーで吸引する意味がちょっとわからないのですが。通常の真空ポンプや水流ポンプではだめなのでしょうか?コンプレッサーは吐出圧力は高くても、流量は多分そんなに多くないので吸引には適さない気も…。いかがでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの宇宙の真空が真の真空か偽の真空かわかるのはだいたい何年後くらいでしょうか?

この宇宙の真空が真の真空か偽の真空かわかるのはだいたい何年後くらいでしょうか?

Aベストアンサー

真空の相転移の話ですね。(補足のリンクから)
相転移前の真空を『偽の真空』、相転移後の真空を『真の真空』と呼ぶようです。

つまり、次の真空の相転移があれば、今の真空は『偽の真空』となりますが、無いなら『真の真空』となります。次の相転移があるかどうかの判定は、おそらく永久にできないでしょう。

真空の相転移は、宇宙の最初にインフレーションを起こした源と考えられています。それから138億年くらい、宇宙は安定しているように見えます。なので、次の真空の相転移などは無いだろう、というのが多くの人の考えだろうと思います。

ではなぜ、次の~という話があるのかというと、素粒子などの世代が3であり、これが過去2回の真空の相転移に拠るものだろうと考えるからだと思います。2度あることは~の諺ではありませんが、3度目があるかもしれない(否定できない)、という考えになるのだと思います。

Qベルヌーイの定理を用いて,翼に揚力が発生する理由を説明することができますか?

ベルヌーイの定理を用いて,翼に揚力が発生する理由を説明することができますか?

どのように説明したらよいでしょうか?
教えてください.よろしくお願いします

Aベストアンサー

・ベルヌーイの定理や(その他の定理)を用いて、飛行機が飛ぶ理由を、原因⇒結果式に定性的に簡単に説明できない
ってことと、
・飛行機が飛ぶ理由はいまだ解明されていない
ってのは、全く違うので、そこのところは誤解のないように。

きちんとナビエストークス方程式で流体のシミュレーションをすれば、コンピュータの中で飛行機はきちんと飛びます。もちろん背面飛行だって可能です。
つまり、ナビエストークス方程式という一つの式(仮定)にもとずいておこる現象をシミュレーションしたら、現実と同じことが起こるわけです。
こういうときに、物理では、「この現象を解明した(説明できた)」といってます。
流体力学は複雑で、いろんなことが同時に起こるので、原因⇒結果式の簡単な説明をするのは難しいのは確かです。

そもそも、原因 ⇒ その結果出来事1が起こる ⇒ 出来事1が原因で出来事2が起こる ⇒ … ⇒ 最終的な出来事が起こる
なんて感じで、定性的に一直線に説明できる現象なんていうのはほとんどないです。
「定性的に一直線に説明できないこと」と、「その現象が起こる理由が未だ解明されてない」は全く違います。

・ベルヌーイの定理や(その他の定理)を用いて、飛行機が飛ぶ理由を、原因⇒結果式に定性的に簡単に説明できない
ってことと、
・飛行機が飛ぶ理由はいまだ解明されていない
ってのは、全く違うので、そこのところは誤解のないように。

きちんとナビエストークス方程式で流体のシミュレーションをすれば、コンピュータの中で飛行機はきちんと飛びます。もちろん背面飛行だって可能です。
つまり、ナビエストークス方程式という一つの式(仮定)にもとずいておこる現象をシミュレーションしたら、現実と同じ...続きを読む

Qプレス装置の組み立て精度について

今回、プレス装置のオーバーホールを行うのですが
注意点・要点等有りましたら
教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

プレス機械はトランスファー、ナックルジョイント、C型フレーム、Wクランク、トグルプレスといろいろありますがC型フレームの標準型でアドバイスします。
機械要素ではラムのスライド時の制度キサゲの状況ラムの芯だし精度、それに保安装置の点検ですかね。
金型を設置しての全体の平行度、真直度の点検。
特に保安装置は入念な点検を要求されます。
絞り機構のダイクッションの性能チエックも忘れずにしてくださいね。

参考URL:http://www.komatsusanki.co.jp/keiei/rouanhou.html

Q長いストローは短いストローより弱い?

ストローで立方体をつくり、上に本などを載せて強度を調べます。
一辺が短い(小さい立方体)ほうが、重いものに耐えます。
たしかに、長いと、すぐしなって、見た感じも弱いと思いますが、力学的にどのように説明できるのでしょうか。
また、ストローのように中が空洞ではなく、均質な円柱であれば、短いほうが上からの力に強いということはおきないのでしょうか。
どなたか、素人にも分るように説明していただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

『力学的にかつ素人にも分かる』ように説明するのは難しいが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E5%B1%88
にでてくる問題でしょう。

要は、同じ太さなら、長さの長い方が軸方向の圧縮力に
対する座屈が起こりやすいということでしょう。
長いストローの立方体の上に重い本を載せると、
ヘニャ-っとなるわけです。『中が空洞』でも
同じでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E5%B1%88

Q風洞実験装置を作りたいのですが...

ある飛行機に空気があったった時の空気の流れを可視化したいです
(ある飛行機の研究のため)
この装置を作るときにはしっかりとした送風機、スモークマシンを使ったほうが良いでしょうか?
それとも、送風機を換気扇 スモークマシンを蚊取り線香等で
代用しても大丈夫なのでしょうか。
ある程度正確さが欲しいです。

Aベストアンサー

No.1です。回答しなおしましょう。

>この装置を作るときにはしっかりとした送風機、スモークマシンを使ったほうが良いでしょうか?
前提条件に疑問を感じます。
送風機やスモークマシンなど、個々の既製品を使うか、他の手(ってなんだか不明ですが)のどっちがいいか、
と問われますが、肝心なのはソコじゃあないでしょ。

>それとも、送風機を換気扇 スモークマシンを蚊取り線香等で
>代用しても大丈夫なのでしょうか。
だから肝心なのはそこじゃないって。

「風洞」「空力測定装置」として信頼できる構造でなければ、いくら個々のパーツが優秀だからって無意味です。
信頼できない測定装置を使った測定データを、誰が信用しますか?

どうも空気の流れがおかしい。よく調べたら自作の測定装置だった、なんて笑い話にもなりません。
(なるほどの余裕がお互いにあるのなら、それはそれでイイハナシ、ですけどね)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報