「Win ME」は、知っていましたが、「Win SE」は知りませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

詳しいことは直接マイクロソフトの製品情報を見てもらったほうがよいと思うのですが。



だいたいにおいて、バグ修正版で、その時点での各種ツールのヴァージョンアップ、サポートの充実、ネットワーク関係の充実……っていうところだと思いますが。
あ、あと2000年パッチなんてのもあったかも。

実際の操作その他の違いは無いので、たんなるヴァージョンアップ版と考えて良いのではないでしょうか?(私は新機能に係わる部分を使っていないので、ほとんど変わらない印象を受けました)

http://www.microsoft.com/japan/win98/updatecd.htm

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/win98/updatecd.htm
    • good
    • 0

98SEになって付いた機能(バグフィックスはまぁ気が付かないうちに有効につかってたかもしれませんが)で一番役にたったのは「インターネット接続の共有」


ですかね。
ルーターがなくても複数台のパソコンでインターネットの共有ができます。使わない人にとっては全く意味のないことですけど。

ま基本的にはWin98のSP2というとらえかたで宜しいかと。
    • good
    • 0

こんにちは。



具体的に

Win98+SP1+2000年問題修正PGM+α =Win98SE

※SP1 = サービスパック1
※PGM = プログラム

+α = ACPI機能などの追加。この部分が結局お粗末で、LANカードがあると、スタートボタン-終了 から終了するのに数十分かかったりと、タコでした。
(修正PGMは、出ています。ご安心を。ただし、既に、店頭からは完売しています)
98SEは、個人的には「Meよりマシ」

でわ
    • good
    • 0

 WinME と Win98SE は別物です。


 Win98 がバグがあまりにも多くて不評だったため、マイクロソフトがそのバグフィックス(プラスアルファ)版として Win98SE を出したのです。だからセカンドエディション(第2版)という名前なんです。
 それに対し、WinME(Millenium Edition)は2000年に発表されたOSで、Win98 の次のOSです。

 本にたとえれば、

  Win98  ――Windows読本 第1巻 第1版
  Win98SE ――Windows読本 第1巻 第2版
  WinME  ――Windows読本 第2巻

 というところでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報