最新閲覧日:

たまに、ドラマなんかでラジオ局や新聞社、テレビ局の報道部などで、大学生のアルバイト役の人が出ていることがあるんですが、実際にそういった大学生のアルバイトなんかはあるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

知り合いが新聞社でバイトしてました。

(某大手新聞の地方支社)その仕事は「学生でないとダメ」で、卒業したら辞めさせられるそうです。だからそれを専業とするフリーターはいないそうです。
仕事は主に社内での書類を配って回ったりなどの雑用がほとんどだそうです。(ドラマのような仕事ではないと思います)
仕事は夜間なので結構きついかもしれません。そのかわり時給はそこそこ良かったようですよ。
    • good
    • 1

友達が学生時代A新聞の国会番のお手伝いバイトやってましたね。

雑用兼留守番みたいでしたけど。事が起きない限りかなり楽ちん(ヒマ)で高待遇(高時給・ボーナス・退職金あり)のようでした。大学の先輩コネ・世襲制のようです。ちなみにそのコはカメラサークルに属していました。
あと出身地元の新聞社の東京支社でバイトしてるコもいました。お使いとかやはり雑用。しかも卒業後就職しましたよ、そこに。(そういう意図は全くなかったようですが、致し方なく)

あと、出版社なんかは2部学生がメインのようですね。出版社は新聞社ほど高待遇っではない感じです。(私もちょっとだけやりましたが・・・)
    • good
    • 1

 大学生の時、スポーツ新聞の地方局でバイトしてました。


 仕事内容は、記者さんが撮ってきた写真の現像(暗室で行う手作業)と、その写真を本社(印刷所だったのかなぁ)に見たことない機械で送信する、あと、新聞の整理でした。
 1回だけ、ネガに光をちょっと入れてしまったことがあって、ドキドキしましたねぇ・・やり直しのできない緊張する仕事でした。
 記者会見に連れて行かれたことが1回あります。夜の会見だったけど明日の新聞に間に合わせたいって事で会見前に写真だけ先に撮り、私はフィルム持って一人で帰って写真を焼く、記者さんは残って会見を聴くって感じでした。地方のちょっとした会見だったけど、なんだかマスコミの世界をかいま見たみたいで「おおっ」って思いました。
    • good
    • 1

>実際にそういった大学生のアルバイトなんかはあるんですか?



ありますよ。


【テレビ局の場合】
-報道の場合(技術扱いだと中継の手伝い等 nosukenosuke 様が回答されているような内容となります)

撮影の手伝い - 主に機材(最近は一体型カメラ使用のため7k位のVTRを担がなくて良くなりましたが、三脚・バッテリー・テープ・照明機器・音声機器等)運びですが、照明を当てたり、ガンマイクで音声を録ったり、撮影キャプションの記載等、実務もあります。
編集の手伝い - 編集マンに頼まれた内容のテープを探したり、取材/編集済みテープの管理台帳記載(ナンバリングされたテープの内容を台帳に記載)。
その他雑務 - 社内での書類等配達、コピー、電話番…。
変わった仕事 - 裁判所の公聴券の入手(抽選に参加する)、等。


な~んにも仕事のない移動時間(車で10分掛からない距離でも熟睡するバイト君いましたからね…)や待機状態もありますが、忙しい時はハンパじゃありませんよ。突然の泊まり(車内で仮眠)とか…。

時給は地域や局により若干の違いはありまが、出勤日や時間は不規則(深夜/早朝の場合、若干の時間外手当とタクシーチケットも…)
社員より出勤日数の多く、あまりにも稼ぎすぎて経理に呼ばれた兵もいましたね。

報道のバイトの金銭面以外のメリット
・一般人の行けない場所(山奥だったり…)に行けたり、会う機会のない人と会える。
・社会情勢や政経の勉強になる。
・体力がつく。

ここ数年は女性が増えてきましたね。
また、大学の試験期間中はバイト君が少なくて困るんですよね。
バイトしたかったら、各局総務部へ問い合わせをして下さいね。(NHKはシステムが違うらしい)

【新聞社】- 現場では見かけませんが、社内雑務はあると思います。


>事故・事件にまきこまれることもある~ by nosukenosuke 様

基本的には危険な場所にはバイト君を連れて行かないようにしていますが、まきこまれる可能性は無いとは言えません。派遣ビデオプロダクションのバイトの場合は特に注意した方が良いと思います。


by 報道契約しているカメラマンでした。
    • good
    • 1

地方局ですが学生時代(もう10年くらい前の話ですが)してましたよ~


うちの大学の場合は、主に音楽系・放送系サークルのメンバーが伝統的にやってるバイトでした。世襲制のように「バイトの取りまとめ役」が受け継がれてました。

仕事内容としては主に荷物の運搬と器材設営・撤去補助、撮影補助、要はつかいっぱしりです。メインは撮影補助かな?「ケーブルさばき」といってカメラケーブルがからまないように、人に踏まれないように、足りなくならないように・・・と地面を這いつくばるように動きます。よくハンディカメラの下でかがんでる人がいますが、あれですね。「ケーブルさばきに慣れている」という理由で音楽・放送系サークルのメンバーが多かったんだと思います。キー局の場合はADさんがやるのかもしれませんが・・・

楽だったのは野球中継。機材の運搬はきつい(階段がありますから)んですが、試合中はな~んもすることなく、ぽけーっと野球を見てました(ハンディカメラがないから動かなくていいんで)。
6時試合開始なら1時ごろ球場に行って、1時間機材搬入、2時間設営および調整補助したら試合終了まではほとんどすることがありませんでした。撤去は1時間ちょっとでしたから実動4時間程度、夕食・飲み物付で8000円くらいだったですね。拘束時間は10時間近くになりましたが・・・。

まぁ私は取りまとめ役ではなかったので、自分のやってたバイトの合間に入ってただけなんですが、学生のバイトとしてはかなり美味しかったですよ。

余談ですが、かつて雲仙普賢岳の大火砕流発生のときテレビクルーと伴に大学生がなくなってましたが、彼らもバイトです。私も台風中継などにバイトとしていってたので、他人事ではなかったです。事故・事件にまきこまれることもあるということも知っておいてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報