最新閲覧日:

和裁の技能を身に付け、将来は在宅で和裁の仕事をしていきたいと考えている38歳一児の母です。8月迄会社勤めをしていましたが、現在は失業保険の待機期間中で、来年4月から都の職業訓練校(有明校)和裁科に通学し、和裁士になる道に進みたいと考えています。しかし先日ハローワークの方から、このコース(1年間)に行っても和裁技能士の2級は取得できないと聞きました。和裁士として賃金がもらえるのは2級以上ということも聞いたことがあります。たとえ卒業時に資格取得ができなくてもその後の実務で技能士になっていきたいと思っていますが、こんな不況な時代でもあり実情をご存知の方にお話を聞かせて頂けたら..と思います。また、現役和裁士の方にもこれから和裁士をめざす者になにかアドバイスが頂けたら大変有難いと思っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 アドバイスになるかどうか分かりませんが、私の勤めていた会社での話です。


(大手呉服販売の縫製工場でした)
 私自身は資格を持っていないのですが会社で教わり、着物を仕立てていました。
(月給は一般事務よりも少しいい位)会社出勤出来ない和裁士の方には内職として出していましたが、とても賃金は安かったです。
手も速く、綺麗な仕事をしなければ即検査で返品されやり直しです。やり直しの多い人には仕事をまわさなくなります。(信用がなくなるので)そして着物に少しでも傷をつけてしまった時にはその着物の値段分弁償しなければいけませんでした。

もちろん芸能人の着物を仕立てる程の和裁士さんもいましたが、そういう方達は実績も腕も相当ある人なので私達とは別格といった感じでしょうか。

 最近は洗える着物やセットで○万円などの安い着物も多くなりました。
会社側も何とか利益を少しでも多く得る為に、中国など人件費の安い国に縫製を発注するようにもなってきました。(高価な着物は別ですが)
これから先、どれだけ着物の需要があるか…呉服業界も大変です。
私の会社で働いていた和裁士さんは、口コミやインターネットでも仕事を取っていましたが、中々難しいと言っておられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rumine様、早速のご回答をありがとうございます。“着物を仕立てる”といっても色々あるのですね。私は訪問着や留袖、紬などを手縫いで仕立てられるようになりたい..と思っています。でも現役和裁士さんが受注に厳しい時代(業種)でもあるのですね。現実を少しでも知っていると後の職探しの時に役立つと思います。アドバイスを頂きありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 16:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報