スプライン曲面というのはスプライン曲線を三次元にし
たものだということとスプライン曲線ってなんなのかと
言うことはなんとなくわかるんですが、三次元になると
いまいちその補間の過程がわかりません・・・。
なにかいい文献はありませんか?教えてください。

または簡単にでも説明してくださる方がいてもうれしい
です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 専門家ではないので回答をためらっていたのですが、回答が少ないようですので、手元にある参考文献の紹介をいたします。

いずれも曲面生成に関する理論的な説明がなされています。ご参考にどうぞ。

「コンピュータディスプレイによる形状処理工学(1)、(2)」、山口富士夫(日刊工業新聞社).
「コンピュータグラフィクス第2版」、川合慧監訳(日刊工業新聞社).
「CAGDのための曲線・曲面理論」、G.Farin(共立出版).
    • good
    • 0

スプライン曲線については昔いろいろ調べたので知っていますが、


曲面の方には素人です。参考URLのページなんかはいかがでしょう?

参考URL:http://nis-lab.is.s.u-tokyo.ac.jp/~nis/CG/cgtxt/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3次元曲面補間方法を探しています.

3次元データの補間方法のアルゴリズムを探しています.
不均等にサンプリングした3次元データ(x,y,z)を基に曲面補間を行いたいと思っています.
最初に,zを一定の基で基準データ(x,y)を取得し,データを基に係数を算出します.
システムは係数を用いて実際の取得データ(x,y)からzを補間したします.
現在のシステムは多項式で補間しています
しかし,もっとメモリを食わず,精度のよい補間補法がないか探しています.
一応候補として考えたものはスプライン曲面と細分割による処理です.
これらでは,問題点としてサンプリングした範囲を超えた(x,y)データでは補間ができないというものがあります.また,計算時間がかかるという問題点もあります.
これらに限らず,よい方法はありませんでしょうか.

Aベストアンサー

2変数関数フィッティング(2変数関数最小二乗法)などはだめですか?

スプライン曲面では個々のサンプリング点を必ず通りますが、誤差の大きいサンプリング点が入るとその近辺での補間誤差も大きく出ます。同じ系統に2次元パデ近似補間法が有ります(有限項数の2次元テーラー展開を多項式分数関数近似した補間法。展開範囲で平均的に補間誤差が少ないのが特徴)。

2変数関数フィッティング法は個々のサンプリング点を必ずしも通らず全体として誤差が少なくなるように補間しますので多少の領域外のデータの補間も可能です。フィッティング関数はデータの分布形に合った2変数関数を選ぶ必要があります。フィッテングにより2変数関数の中の係数パラメータが決定されます。(フリーソフトのgnuplotなど)

いずれも、自身のシステムに合わせて多少の作り込みや試行を行なってよりよい補間関数を求める必要があるかと思います。

Qスプライン曲面をつくるプログラム

スプライン曲面を描くソースコードが載っている本はないでしょうか。
BASICのような古い言語でもOKです。

Aベストアンサー

Curve and Surface Fitting with Splines という本が良いとか。対応する R package がありますから、source code も、ありです。

参考URL:http://cran.r-project.org/web/packages/DierckxSpline/

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q二次元スプライン補間のfortranソースプログラム

地形データの処理に、二次元スプライン補間を使いたいのですが、どなたかfortranのフリーのソースプログラム(Subroutine)をご存じないでしょうか。

Aベストアンサー

No.1の回答で十分だと思いますが、google, kodersでもコードサーチが出来ます。
サブルーチン名或いは機能名等でサーチ出来ますし、使用言語、ライセンス形態での絞込みも可能です。

http://www.google.com/codesearch/advanced_code_search?hl=en

http://www.koders.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報