本日の毎日新聞朝刊でも取り上げられていますが、現在「障害者」という表記を「障がい者」に替えようという動きがあります。(「害」という文字が持つマイナスイメージを避けるため等の理由で。)

これについて、皆様はどのようにお考えでしょうか。
「障がい者」表記を良しとするか。「障害者」でいいとするか。あるいは、「しょうがいしゃ」という言葉自体を破棄すべきか……などなど。

特に、実際に障害をお持ちの方やそのご家族、また、そうした方々と日常的に接しておられる方からのご意見を歓迎します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (30件中21~30件)

私の知ってる障害者の皆さんは、自分たちの事を「身障者」っていってますよー。



やはり「害」という漢字にマイナスイメージがあるようですね。
私も漢字をひらがなにしても意味は変わらないと思うので、「身障者」がいいと思います。

私は健常者なので障害者という文字にも何も感じないのですが、身障者の方の中には気になる方もいるようですし、その気持ちを酌んであげたいと思います。
    • good
    • 0

賛成でも反対でもないです。


なぜなら、障害者→障がい者と表記を変えることに意味を見出せないからです。
したがって、このような動きがあろうと興味すらありません。

呼称を変える?
そんな事をしても、各々が持つイメージが新しい呼称に移るだけです。
何の意味も私には見出せません。
どうせ、お得意のカタカナ表記にするだけだろうけど。

変えたい人だけが変えれば良いのでは?
意味は同じなんだから。
ただ、オブラートに包みすぎて意味の通じない呼称は嫌ですね。
使う気も起きないっていうか。

極個人的意見としては、ある括りの呼称(障害者)に良くも悪くも、思い入れはありません。
私にはちゃんと○○△△という名前がありますから。

まぁ、『おい、障害者!』とか呼ばれたらムカツキますが。
でもそれはどんな言葉にすりかわろうと、一片たりとも変わらないと思いますね。
    • good
    • 0

 私は健常者ですが、



差別とかマイナスイメージというのは言葉に宿るのではなく、
発言者の心に宿るものだと思います。

この場合の言葉の変更は、有効な効果は期待できないでしょう。
改めるべきは人の心です。

こんな中途半端な変更は反対ですね。
    • good
    • 0

新聞とってないので、この記事で初めて事の次第を知りましたが……。



最早「障害者」という言葉が完全に定着してしまった以上、変えても無駄だと思いますね。

例えば、「ハーフ」(違う国、違う人種の混血)という言葉は『私たちは”半分(ハーフ)”じゃない!』という理由から
「ダブル」
という言葉に変わったのですが……。
皆さん、「ハーフ」ではなく「ダブル」という単語を使っている人を見かけたことはありますか?
因みに私は実生活ではまったくありません(そもそも混血の方が身近にいらっしゃいませんが)。
それに変わった事をご存知でない方が圧倒的に多いです。
ちょっと話はズレますが、自作小説の中に「ダブル」の人が出てくるとき、キチンと「ダブル」と表記すべきか「ハーフ」と表記すべきか、すっごく迷った事があります。
「ダブル」という言葉が出始めたばかりの頃で、全然知られていなくて、でも皆さんが使っている「ハーフ」は差別用語。”分かり易い差別用語”を使うか”分かり難い正しい用語”を使うかでかなり悩みました(結局は”混血”と表記しましたけど)。

えっと、つまり、私の言いたいことはですね、
『今更変えたって遅い』
ってことです。
一度浸透しきった言葉を排除して新たな言葉が根付くまで、一体何年掛かるやら……。
    • good
    • 0

この回答は、質問者さまに対して言っているのではなく、このような動きそのものに対して言っていますので、その点は誤解のなきようお願い致します。



このような「動き」に興味がないですね。

他にもこのような意味の言葉や漢字について是非が問われた事はたくさんあると思うのですが、はっきり言って「慣れない言葉」に変えられると、当事者も周囲も困惑しますので迷惑です。
知識人同士のあげあし取り合戦に巻き込まないで欲しいものです。

ひとつ言えるのは、「障害」というのは2文字でひとつの熟語であって、「害」の一文字だけを取ってごちゃごちゃ言うのはおかしいと思います。

私の友人は、障害がありながらあっけらかんとした明るい性格です。
一緒にスポーツなどもしますが、
「ちょっとー!障害者なんだから手加減してー!(笑)」
と冗談を言ったりもします。

本人は気にしていないのに、周りが「『害』なんて言葉は失礼だ」と過敏になるのはおかしいので、私は気にしていません。
(気にされる方ももちろんいらっしゃるでしょう。)

いずれにせよ、言葉がころころ変わったり、変わったところで定着しなかったり、そういったデメリットもしっかり検討した上で議論をして欲しいものです。


興味深い題材をありがとうございました。
    • good
    • 0

この言葉にオイラも強く賛同するね。



>きれい事言って実は後ろ指指している、そういう知識人が一番嫌です。

そう言う偽善者が、言葉を変えようなんて、偏見を持ってるんですよね。

自信なし ですが、自信を持つ べきだろうと オイラは思います。

>、「しょうがいしゃ」という言葉自体を破棄すべきか……などなど。

しょうがいしゃ と 区別されないならば、どのように、社会的に区別するのでしょうか?

差別と 区別 は、 別のモノです。
    • good
    • 0

「障がい者」への書き換えは反対します。



(理由)
1.「障害者」と書いたら障害者に配慮のない人で、「障がい者」と書いたら配慮のある人だというような一面的な判断が行われる恐れがある。あるいは「障がい者」と書いたから配慮しているのだという自己満足になる。
2.「自閉症」のような誤解を招きやすい言葉とは違って、「障害者」という言葉によって「障害とは何か」が誤解される恐れはない。たとえば、「障害者は世の中に害のある人」などといった誤解はしない。
3.「障害者」という言葉は客観的なもので、差別的な意味はない。
4.混ぜ書きを強制されると、日本語が汚くなる。
「障碍」等の字に戻すなら、まだ理解できる。
5.「障害者」という語のために実際に問題が生じているならともかく、単に言葉を変えさせようとするのは運動のあり方として本末転倒。
    • good
    • 0

障礙者が本来の書き方だとこのgooで知りました。



自分としてはどちらでもいいという気がします。ラジオや言葉で言われたらどちらでも同じですし。

障害のイメージが悪いのなら響きも悪いですからもっと別の呼び方を考えるべきだとも思います。

世にある差別問題を解決することもなく、障害者に対する配慮もないまま、言葉だけを解決しようとするこの国の姿勢に疑問を持っています。

障害者は生活上の弱者ではあっても人間として弱者ではないですよね。
誰しも弱点はあるわけですからそれを克服して行くのが人間ですし、一人で克服できない場合は周りが手を貸すことが自然にできたらいいだけのことです。

障害者だからこう、精神薄弱児だからそばに住んで欲しくない、子供も作らないほうがいい、そういう規定観念を捨てること、それができたら呼び方などどうでもいいです。

きれい事言って実は後ろ指指している、そういう知識人が一番嫌です。
    • good
    • 0

リハビリ助手をしながら夜間のOT学校に行っている男です。




よく呼称にこだわる人っていますよね。
そういう動きで代表的なのが看護婦→看護師への変更。
なぜそんなにこだわるのか私にはまったく理解できないんですが、気になる人は気になるんでしょうね。
障害者にしても同じで、極端な話、健常者と障害者という言葉の意味が入れ替わったとしても世の中何も変わらないんですよね。
必ずそれを表現する呼称が必要なわけで、それがどんな呼び方でも一般的にマイナスイメージになるものに対しては、やっぱりマイナスイメージしかないし。
よく「私は障害者じゃない!」と言う人がいるんですが、じゃあなんなんだ?と聞き返したくなります。
別に喧嘩を売っているわけではなく、世間(多数)が定義する障害者というものと一致するのに、それを否定する理由はないでしょう。
言葉を換えても意味が変わらないなら、無理矢理に日本語を創らなくてもと思います。
ただ、言葉を破棄というのは絶対にできないと思います。
これから先、仮に障害者が差別用語として認定されようとも差別用語として永遠に存在していきます。
言葉は歴史の一部です。
言葉を換えて気分だけでも良くしようという気持ちはわかりますが、言葉狩りされていると感じるくらいまでそういう運動が大きくなるのだけは止めて欲しいですね。
    • good
    • 0

オイラは障害者ではありませんが、言葉の表記方法を変えたところで、音としての言葉の本質は変わりようが無いので、無意味なことだと思います。



結局、すべてを平仮名で書いたり、一部分だけ、平仮名にしても、それぞれの認知者は、今まで通りに 漢字を当てはめて、解釈するからです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害者の法定雇用率について

私は大手企業の子会社である人材派遣会社に転職したいと思っています。
その人材派遣会社は従業員数が50人未満の会社です。

下記リンクに「一般の民間企業で、常用労働者数56人以上規模の企業は法定雇用率が 1.8% 」とあります。
http://www2.mhlw.go.jp/kisya/syokuan/20001128_01_sy/20001128_01_sy_sankou.html

従業員数56名以下の会社がなぜ障害者の募集をしているのか疑問に思ったのですが、親会社の法定雇用率に子会社の障害者の人数が入るのでしょうか?

私の希望している派遣会社では何人くらい障害者を雇用して下さるのか疑問に思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 親会社の法定雇用率に子会社の障害者の人数が入るのでしょうか?

その子会社が特例子会社の場合、親会社の法定雇用率に算入されます。
http://www.denkikanagawa.or.jp/employment/1-4.html

Q「障害者→障がい者」の表記変更を主張する人についてどう思う?

「障害者」という漢字表記はイメージが悪く、
障害者への差別や人権侵害につながるという理由から、
「障がい者」という表記への変更を主張する人がいます。

こういう小手先だけの対応を主張する人は、
私は偽善的に感じるし、反吐が出るほど嫌いです。
(この種の人間はなぜか左翼偏重者に多い気がします。)

さて、皆さんは「障害者」から「障がい者」への
表記変更を主張する人についてどう思いますか?

以下に挙げるA君~E君の5名の中から、
あなたの考えに最も近い人を選んでください。

A君「極めて真っ当で善良な考えの持ち主である。」

B君「障害者へ配慮する姿勢は評価するが、方法がおかしい。」

C君「別に何とも思わない。」

D君「障害者を食い物にした偽善者だと思う。」

E君「バッカじゃないの。オツムに“障がい”があるのだろう。」

回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

D寄りのBでしょうかね、一番近いのは。

イメージ云々言ってるけど、「障がい」と書いたところで、漢字知ってる人は脳内で自動的に「障害」に変換してるから無意味。
そんなことするくらいなら、もっと障害者に対して理解を深めてもらおうという努力をすべきであって。
支援する方向性が間違ってると思う。
障害者を支援するというその心意気は評価したいけど、そういう主張なら評価できない、って感じかな。

「スパッツ」をわざわざ「レギンス」と呼べと言ってるようなもの。
だから、自分は言われても改める気は全くありません。
(上記スパッツ→レギンスにしろ、「スパッツじゃダサいからこれからレギンスね」とかアホかと。)

結局、こういうのは主張者のエゴでしかないわけで。
その当事者にしてみれば、「しょうがいしゃ」という発音自体が問題なのだろうし。

当事者の多くは障害者としてではなく対等に見てもらいたいのだそうで。
(余計な手助けは要らないと主張する人も結構居ると聞きます。)

支援団体ならば、もっとそこをアピールすべきであって、支援対象者の意図しない所を必死に頑張ってる様子は、Dと思えてしまう。
でも本人達はAと思われているつもりなんだろうけど。
だからBなのだよね。基本的な見方は。

この人らは障害者の為にやっているのかもしれないけど、その方法がおかしいから、偽善者に見えるわけで。

D寄りのBでしょうかね、一番近いのは。

イメージ云々言ってるけど、「障がい」と書いたところで、漢字知ってる人は脳内で自動的に「障害」に変換してるから無意味。
そんなことするくらいなら、もっと障害者に対して理解を深めてもらおうという努力をすべきであって。
支援する方向性が間違ってると思う。
障害者を支援するというその心意気は評価したいけど、そういう主張なら評価できない、って感じかな。

「スパッツ」をわざわざ「レギンス」と呼べと言ってるようなもの。
だから、自分は言われて...続きを読む

Q障害者の法定雇用率制度の展望

現在、身体・知的障害者には
1.8%という法定雇用率が義務づけられていますが、
精神障害者に関して、今後具体的に
法定化されることはあるんでしょうかね‥
ノーマライゼーションの道は険しいのでしょうか‥

Aベストアンサー

現状では対象外ですけど、
近々精神障害者も法定雇用率に加算されるそうですよ。ソースは新聞報道です。

Q「障害者」から「障がい者」への変更を押し付ける人達

「障害者」という表記を「障がい者」へ変更するように主張し、
他人にまでそれを押しつけようとする人達について、
あなたはどう思いますか?
最も近い意見を選んでください。

【A君】 妥当な主張だと思う
【B君】 「暇なんだな」と思う
【C君】 他人に押し付けるのは余計なお世話だと思う
【D君】 偽善者だと思う
【E君】 オツムに “障がい” があるのだと思う

なお、この表記についてですが(いい悪いは別として)、
民間企業や地方公共団体(自治体)の間でも、
各組織ごとに対応が大きく分かれています。

面白いことに、自治体に関していえば、
政治的に左寄りな自治体ほど、
表記を平仮名に改める傾向が強いようにも思えます。
中には「しょうがいしゃ支援課」などという
部署を設けている自治体もあり驚きました。

                ***

当方も広い意味では障害者なのですが、
正直上のような主張をするような輩は好きになれません。

Aベストアンサー

20代後半女性です。

私は健常者なので、
健常者から見ると、

“そんな細かいこと…。”
と、思ってしまいます。

だから【C君】 他人に押し付けるのは余計なお世話だと思う
かな。


一番大事なのは、
「呼び方」ではなく「心」なのではと。


それに「障害者」と呼んでても、
いちいち「害がある」という意味では使ってないし…。

でも障がい者の立場になってみると、
その辺も気になったりするのかなぁ。

Q障害者の法定雇用率について

障害者の法定雇用率について
現在福祉関係の仕事に就いております。
一定の規模を持つ企業には、障害者に対する『法定雇用率』が課せられていますが、まだまだ達成されていない企業が多いとのことです。
そこで、この未達成の原因(理由)は、どこにあると考えますか?
障害者には、身体・知的・精神の各障害がありますが、中には健常者と何等変わらずに仕事が出来る人も沢山おります。
法定雇用率は正に「飴とムチ」のような法律で、未達成だとペナルティーが課せられ、達成すると様々な事業資金上の恩恵が受けられます。
にも拘らず、障害者の雇用が伸び悩むのは、何処に原因(理由)があると考えますか?
本音をお聞きしたいので差別的なご意見も甘受します。
雇用者(特に人事関係)側の御意見をお聞きしたいと思いますが、それ以外の方でも歓迎です。
何卒宜しくお願い致します。
尚、昨今の経済情勢については余り深入りせずにお願い致します。

なるべく沢山のご意見をお聞きしたいと思います。
長期間ご回答をお待ちするつもりでおりますのでご了承お願いします。

Aベストアンサー

まだ開いていたので帰って来ました。

しつこいと怒られそうですが。^^;

採用する側として、やはり身内ながら感じることですが差別の意識を持っている方が残念ながら存在します。
本来、適材適所を考えるべき人事関係部署にいながら、考えることを放棄してしまう方。
うちの会社にもいました。

というか、実際には現場のほうが頭が柔軟なんですよね。

話が逸れそうなので軌道修正。。。^^;

それと、障害者の私から見て、採用される側、つまり、障害者の甘えを感じることも多々有りました。

面接の時から権利ばかりを主張して、希望が少しでも叶わないなら就職してやらない!実際にこう言い切った方も見たこと有ります。
『健常者に負けたくない』ばかりが全面に出て、採用すればトラブルの種に確実になると思われる方もいます。
(ここは私も他人の事言える立場では無いのですが。^^;)

健常者が大多数であり、自分こそ普通だと思い込んでいる健常者目線で障害者雇用が語られているうちはバリアフリーは難しいでしょうね。

健常者の方は触れにくいと思うので私が触れておきますが、「障害者だから就職が出来ない」と叫んでいる方の中に「いや、障害関係無くあなたは雇いたくない」と思わせる方も少なからず存在します。

削除かな。(笑)

まだ開いていたので帰って来ました。

しつこいと怒られそうですが。^^;

採用する側として、やはり身内ながら感じることですが差別の意識を持っている方が残念ながら存在します。
本来、適材適所を考えるべき人事関係部署にいながら、考えることを放棄してしまう方。
うちの会社にもいました。

というか、実際には現場のほうが頭が柔軟なんですよね。

話が逸れそうなので軌道修正。。。^^;

それと、障害者の私から見て、採用される側、つまり、障害者の甘えを感じることも多々有りました。

面接の時から権利...続きを読む

Q「障害者」を「障がい者」にと他人に押し付ける人

自分で書く分にはどう表記をしようと勝手ですが、
「障害者」を「障がい者」表記に改めるよう、
他人にまで押し付ける人に出会ったことがあります。

「害」の文字が入っていると、
当事者が嫌な思いをするからだそうです。

あなたはこういう人をどう思いますか?

偽善者だと思いますか?

それともオツムに “障がい” があるのでしょうか?

Aベストアンサー

保育園勤務の者です

似たような問題に、「子ども」があります
子「供」だと、親のお供みたいで主従関係や付属品を想像させるのでやめてください!だそうで、国も「子ども」表記です。。。

いやいや声に出したら同じじゃん、言葉丸ごと変えろよ、
「こども」という日本語は「へにも」に変更しましょう!くらいじゃねーと意味ねーだろ
つーか「子供」の「供」も当て字だっつーの
としか思いません

そんな私は「障がい」表記にも全く同じことを感じています

でもうちは、社長がワンマンで「子ども」超絶大推奨なので、大っぴらに「子供」とは書けません。。。
こういう脳味噌使ってきちんと考えることが出来ない健常者って正直うざいです。。。

あっ、うちの社長らはこういう根拠の薄いその場のノリ(時代の風潮)的な押し付けが日頃から酷いので、反動で私まで感情的になってしまいました

参考まで…

Q障害者の法定雇用率について

連結で約3000名、単体で約1000名の会社に勤めております。
障害者の法定雇用率は2%とありますが、これは連結の従業員数に対してでしょうか?
因みに、私の会社で障碍者を雇用していない場合、雇用納付金はいくら支払っていることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さん、単位を勘違いしてらっしゃいます。

1人・月5万円です。

1000名×2%=20名
20名×5万円×12月=1200万円です。

連結のグループ企業でも、50名以下の企業は対象外なので単純に3倍というわけではないでしょう。ただ特例子会社、グループ特例といった制度を利用しているところもあります。

Q最近の「言葉狩り」にお怒りの方、ワープロ変換について (障害者⇒障がい者、など)

最近、一部の自治体や、団体ではありますが、
「障害者」⇒「障がい者」と表記を改める動きが出ています。

どうして日本人は、
こういう姑息で矮小な事ばかりをする人種になってしまったのか、
嘆かわしいばかりですが、これに同感の方へアンケートです。


【質問1】 漢字変換不能に関して

私のPCで、「シナ」を漢字変換しても「支那」と出ません。
また、「キチガイ」を変換しても、同様に変換できません。
一旦、差別用語だ、問題用語だと言われ始めると、
初期設定状態では、ワープロで漢字変換できなくなります。
これについて、あなたはどう思いますか?


【質問2】 言論統制と同質か

「支那」は「チャイナ」などと同源で、戦前は差別用語ではなかったはず。
相手の一方的主張で自国文化を葬るのは、靖国反対と本質が同じ。
歴史問題と人権・差別問題では本質が異なり、同列にできませんが、
「戦後日本人のアホさ加減」と「ワープロ変換問題」は共通です。

時には、あえて“不適切な”言葉を使う場合もあります。
昔の書物を、活字化する場合などです。変換できないと不便です。
それを無視するのは、小さな「言論統制」だと思いませんか?
(言論統制は、戦後日本では人権侵害らしい。)
できれば理由もお願いします。


【質問3】 戦後日本人と占領政策

日本人が、上のような行動を取るようになったのは、
敗戦後の白色人種による占領政策が関係していると思いますか?


【質問4】 昔と現代の言葉狩り

50歳以上の方に質問です。(私は20代です)
敗戦直後は、「支那」など民族・歴史に絡む言葉狩りが主で、
最近は、非健常者に対する言葉のタブー化が多い気がします。
このように、ごく最近の言葉狩りは戦後間もない頃と比べて、
実際に傾向が変わってきたと感じてますか?


【質問5】 「障害者」は葬り去られるか

「障がい者」と書くのは、日本人でも今のところは一部の人種ですが、
将来ワープロで、「しょうがいしゃ」⇒「障害者」と漢字変換する事が
出来なくなると思いますか? (初期設定状態で)


【質問6】 他に潰されそうな言葉

最後に、将来ワープロで変換出来なくなりそうな熟語が思い浮かんだら、
いくつでも構いませんので教えてください。 (初期設定状態で)


ご協力ありがとうございました。

最近、一部の自治体や、団体ではありますが、
「障害者」⇒「障がい者」と表記を改める動きが出ています。

どうして日本人は、
こういう姑息で矮小な事ばかりをする人種になってしまったのか、
嘆かわしいばかりですが、これに同感の方へアンケートです。


【質問1】 漢字変換不能に関して

私のPCで、「シナ」を漢字変換しても「支那」と出ません。
また、「キチガイ」を変換しても、同様に変換できません。
一旦、差別用語だ、問題用語だと言われ始めると、
初期設定状態では、ワープロで漢字...続きを読む

Aベストアンサー

 障害者って、もとは「障碍者」だったのですけどね。「碍」の字が常用漢字だったか当用漢字に無いから使われなくなったわけで、意味を間違えた別字流用なんです。
 そういうまっとうな意味において、「碍」の字が使えないから「障がい者」とする、というポリシーなら、実は正しいんですよね。言葉狩りとかいう話ではなくて。

 でもまあ、言葉狩り的認識で「障がい者」と書く人も絶対いるでしょうね。

 ともあれ、漢字変換レベルの話なら、気付いた瞬間に漢字登録すれば
いいだけの話ですし、操作が苦手ならなおさら意識的にそうすべきです。
 初期設定をするメーカは、営利企業ですから、サヨクにねじ込まれて対応するコストより、そういう「配慮」で事前にかわす方がコストが低いというビジネス判断をしているに過ぎません。
 あなたが使いたい言葉は、どんどん使いましょう。
 それで議論が起きるなら、それもまた良しと思います。
 少なくとも私は、そうしていますし。

> 【質問3】 戦後日本人と占領政策

 ここは、ピンポイントに示しますが、言葉狩りの発想は占領政策のせいではありません。言霊という呪術的概念が、イザナミ・イザナギの時代から続いているのです。
 「言葉に出して言えば、それが実現する」
 これが、言霊のコンセプトです。
 「光あれ」と言えば、光があるわけですね。実のところ、世界中にそういう思想はあるのですが、ユダヤ教系のユダヤ教・キリスト教・イスラム教などの世界観では人間の言葉などは神の作った世界に影響を与えられないので、弱まっています。日本は、神道の世界観が太古から続いていますから、言霊は今でも現役です。
 このコンセプトは、「言葉があるゆえに、現実がある」という形に容易に変化しますし、更に「現実を変えたければ、言葉を変える」という逆方向のコントロールをする思想的背景になります。それゆえに、言葉狩りをするんですね。

 逆必ずしも真ならず、なんですが、人間は正しい論理に基づいて発想するわけではないということです。

 障害者って、もとは「障碍者」だったのですけどね。「碍」の字が常用漢字だったか当用漢字に無いから使われなくなったわけで、意味を間違えた別字流用なんです。
 そういうまっとうな意味において、「碍」の字が使えないから「障がい者」とする、というポリシーなら、実は正しいんですよね。言葉狩りとかいう話ではなくて。

 でもまあ、言葉狩り的認識で「障がい者」と書く人も絶対いるでしょうね。

 ともあれ、漢字変換レベルの話なら、気付いた瞬間に漢字登録すれば
いいだけの話ですし、操作が苦...続きを読む

Q実雇用率と法定雇用率の違い

 基本的なことで恐縮ですが、実雇用率と法定雇用率の違いがよくわからず困っています。

 去年改正された障害者雇用促進法で、精神障害者も算定対象になったとのことですが、資料によって、「法定雇用率には算定されないが実雇用率には算定される」と書いてあります。法定雇用率と実雇用率の違いは何なのでしょうか。

Aベストアンサー

計算式で見てみるとわかりやすいですよ。

■ 各企業の雇用率の算定式(実雇用率)
(雇用する身体障害者数+同 知的障害者数+同 精神障害者数)÷(雇用する常用労働者数)

■ 法定雇用率(1.8%)とは?
(身体障害者又は知的障害者である常用労働者数+同 失業者数)÷(常用労働者数+失業者数)

法定雇用率の1.8%という数字の根拠には、上記の計算式を見てもわかるように、精神障害者の数は反映されていません。
ところが、「実雇用率が法定雇用率を満たしているか否か」を議論するときは、実雇用率の計算式、つまりは「実際に雇用している精神障害者の数」も含めて計算した結果で見ます。

つまり、
イ 「1.8」という数字自体の根拠には、精神障害者の数を含めていない
ロ しかし、各企業の法定雇用率の充足の有無(=1.8%を満たしているか否か?)を論ずるときは、その企業の精神障害者の数も見ている
というのが結論です。
ややこしいですよねぇ(^^;)。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha01/pdf/kaisei01.pdf

計算式で見てみるとわかりやすいですよ。

■ 各企業の雇用率の算定式(実雇用率)
(雇用する身体障害者数+同 知的障害者数+同 精神障害者数)÷(雇用する常用労働者数)

■ 法定雇用率(1.8%)とは?
(身体障害者又は知的障害者である常用労働者数+同 失業者数)÷(常用労働者数+失業者数)

法定雇用率の1.8%という数字の根拠には、上記の計算式を見てもわかるように、精神障害者の数は反映されていません。
ところが、「実雇用率が法定雇用率を満たしているか否か」を議論するときは、実...続きを読む

Q最近の「言葉狩り」にお怒りの方、ワープロ変換について (障害者⇒障がい者、など)

最近、一部の自治体や、団体ではありますが、
「障害者」という表記などを使わず、
「障がい者」と表記しようとする動きが出ています。

どうして日本人は、
こういう姑息で矮小な事ばかりをする人種になってしまったのか、
私は嘆かわしいばかりです。
さて、これに同感の方へアンケートです。


【質問1】 漢字変換不能に関して

私のPCで、「シナ」を漢字変換しても「支那」と出ません。
一旦、差別用語だ、問題用語だと言われ始めると、
初期設定状態では、ワープロで漢字変換できなくなります。
これについて、あなたはどう思いますか?


【質問2】 言論統制と同質か

「支那」は「チャイナ」などと同源で、戦前は差別用語ではなかったはず。
相手の一方的主張で自国文化を葬るのは、靖国反対と本質が同じ。
歴史問題と人権問題では本質が異なり、同列にできませんが、
「戦後日本人のアホさ加減」と「ワープロ変換問題」は共通です。

時には、あえて“不適切な”言葉を使う場合もあります。
昔の書物を、活字化する場合などです。変換できないと不便です。
それを無視するのは、小さな「言論統制」だと思いませんか?
(言論統制は、戦後日本では人権侵害らしいですが。)

できれば理由もお願いします。


【質問3】 戦後日本人と占領政策

日本人が、上のような行動を取るようになったのは、
敗戦後の白色人種による占領政策が関係していると思いますか?


【最後に】 「障害者」は葬り去られるか

「障がい者」と書くのは、日本人でも今のところは一部の人種ですが、
将来ワープロで、「しょうがいしゃ」⇒「障害者」と漢字変換する事が
出来なくなると思いますか? (初期設定状態で)


ありがとうございました。

最近、一部の自治体や、団体ではありますが、
「障害者」という表記などを使わず、
「障がい者」と表記しようとする動きが出ています。

どうして日本人は、
こういう姑息で矮小な事ばかりをする人種になってしまったのか、
私は嘆かわしいばかりです。
さて、これに同感の方へアンケートです。


【質問1】 漢字変換不能に関して

私のPCで、「シナ」を漢字変換しても「支那」と出ません。
一旦、差別用語だ、問題用語だと言われ始めると、
初期設定状態では、ワープロで漢字変換できなくなり...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
1、特にそうは感じません。
初期設定とはあくまで初期設定であって、最低限使えればそれでいいわけで、本来、各分野ごとにいろんな変換辞書があるように、オプションかユーザーが自由に登録できればそれでいいわけです。

2、1と同じ理由で初期設定が言論統制になるとは思いません。

3、占領政策以前の物だと思います。
江戸後期から軍隊を強化するために、欧米式の訓練を取り入れる事が始まり、更に明治以降、欧米の物をもって良しとする風潮が決定付けられました。
この流れを受け継ぐものだと思います。
他にも東洋・漢方などの医療理論が押しやられ西洋医学に統一してしまった事など、こういう例は山ほどあります。
占領政策がそれに拍車をかけた面はあるでしょうが、いずれこうなるという点では同じだと思います。

最後に、なるでしょうね。
下手すると漢字は全廃されるかもしれません。
仮名もローマ字で統一されるのかな?
日本語が全廃される事はどうかと思いますがこれらは可能性高いと思います。
そして日本文化は滅びるでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報