どこで聞いたらいいのかよくわからなくて、ここで質問することにしました。いま祝日について調べています。振替休日のことなんですが、祝日法とやらでは『「国民の祝日」が日曜日にあたるときは、その翌日を休日とする』ってありますよね。
たとえば5月の3連休で、3日が日曜だったとすると、6日は振替休日になるんでしょうか?
教えてください、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

 そのようになると良いのですが、5月の4日は3連休になるように「国民の休日」としました。

国民の祝日が日曜日の場合は、「翌日」が休日となりますので、「翌日」でなければ休日にはなりません。

 したがって、3日が日曜日の場合は6日は「翌日」ではありませんし、翌日の4日は既に休日になっていますので、6日は休日とはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですよね、翌日って書いてありますよね…
なんて単純なところに気が付かなかったんでしょう…

よくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/09 14:03

既にお判りかと思いますがhanboさんに補足。



5月5日が日曜日なら、6日は振替休日になります。
それ以外はなりません。
(5月4日が日曜日でも6日は振替休日にはなりません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとありがとうございます。
振替という言葉のほうに気をとられていました。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/09 14:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「振替休日」は「祝日」ですか?

今年の12月24日と、来年の1月2日についてお尋ねします。

例えば「日曜・祝日は2割増です」という表記があったとします。
12月24日も1月2日も、どちらも「日曜」でもなければ「祝日」でもありません。
ですから、2割増にはならないと思います。

しかし私の感覚では、振替休日や正月の三が日も祝日と同じような気がしています。
友人に聞いても、同じ答が返って来ました。
ただ、一般的な感覚と法律とは見解が異なるのだと思います。

何かの契約を「日曜と祝日は無料です」という日割りでするとします。
請求の際に「12/24と1/2は、日曜でも祝日でもないので無料にはならない」と
言われることもあるかと思います。

法律的には、12/24や1/2などは「日曜・祝日」という記載の際に該当するのでしょうか。

Aベストアンサー

問題は「祝日」の定義でしょうね。

法律上の正式名称は「祝日」ではなく「国民の祝日」であり、「国民の祝日に関する法律」第2条で定められた、「元日」、「成人の日」、「建国記念の日」、「春分の日」、「昭和の日」、「憲法記念日」、「みどりの日」、「こどもの日」、「海の日」、「敬老の日」、「秋分の日」、「体育の日」、「文化の日」、「勤労感謝の日」、「天皇誕生日」の15の日だけです。

それ以外の日は、振替休日も含め、法律上は「国民の祝日」とは呼びません。

ただ、一般的に、単に「祝日」と呼ぶ日は、(私も含めて)振替休日も含んでいることが多いですね。

就業規則などの各種規則では、「『国民の祝日に関する法律』で定める休日」という言い方が多いです。これなら誤解は生じません。

>「日曜・祝日は2割増です」という表記

これについては、その表記されたものが「何か」によるでしょうね。

契約書や法令の規定など、厳密さが求められる文書であれば、そもそも単なる「祝日」という表現そのものが不適切、といえると思います。

しかし、そうではなく、商店街のチラシなど、一般消費者相手のものであれば、「祝日とは『国民の祝日に関する法律』で定める休日の省略形だ」という理解で、この場合は、振替休日も2割増になってよいかと思います。

なお、電車やバスの時刻表では、日曜日も含めて「休日」といい、「土曜ダイヤ」と「休日ダイヤ」を区別している場合が多いです。
私がいつも間違うのは、土曜日が「祝日」のときです。これは当然「休日ダイヤ」です。
http://www.tokyubus.co.jp/top/jikoku/index.html

そういったわけで、

>何かの契約を「日曜と祝日は無料です」という日割りでするとします。
>法律的には、12/24や1/2などは「日曜・祝日」という記載の際に該当するのでしょうか。

というご質問に対しては、

「契約」ということでしたら厳密さが求められるので、振替休日についての取扱を甲乙(相手と自分)双方でよく打ち合わせをして、できれば契約書上は「『国民の祝日に関する法律』で定める休日」という表現を用いることで、トラブルを未然に防ぎましょう。

というのを私からの回答とします。

問題は「祝日」の定義でしょうね。

法律上の正式名称は「祝日」ではなく「国民の祝日」であり、「国民の祝日に関する法律」第2条で定められた、「元日」、「成人の日」、「建国記念の日」、「春分の日」、「昭和の日」、「憲法記念日」、「みどりの日」、「こどもの日」、「海の日」、「敬老の日」、「秋分の日」、「体育の日」、「文化の日」、「勤労感謝の日」、「天皇誕生日」の15の日だけです。

それ以外の日は、振替休日も含め、法律上は「国民の祝日」とは呼びません。

ただ、一般的に、単に「祝...続きを読む

Q日割り給与だと土日祝日(休日)はカウントしますか? 

先月辞めた会社の給与明細についてなのですが。

満額の基本給を{有休、出勤、欠勤(退職し在籍しなかった期間)}これらを足した数で割り、1日分の日割り給料が算出されています。
この計算方法だと在籍した期間の土日祝日は給与に該当していないのに辞めた後の土日祝日は給与該当ということになります。
これって変だと思うのですが…
一般的には一ヶ月の日数で割って欠勤日数分を給与から引いてというイメージがあったのですが。
これって不当な賃金調整になるのでしょうか。
また私は正当性を会社に訴えることができますか。
明日、早速問い合わせてみようと思うのでアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

例えば、週休2日(土日)制として、8月10日が最終出勤、20日まで有給消化をし、20日で退職したとした場合、
1~10日・・・出勤8日
11~20日・・出勤7日
21~31日・・出勤0、欠勤(退職し在籍しなかった期間)
給料20万円を、8日+7日+11日=26日であるから、20万円÷26日×15日と計算されたということですか?

これは明らかにおかしいので、抗議できます。
会社の就業規定、給与規定、雇用契約書なども確認しなくてはなりませんが、質問者さんに分があると思われます。

地元の労働基準監督署に質問の電話をすると良いでしょう。

Q休日出勤と振替休日

旦那は営業職で、
商品がたくさん売れたのはいいのですが、
土日祝がいつもお休みなのに、
今月12月は毎週土曜日出勤です。

朝5時に家を出て、帰宅は22時以降で、
いつも疲れきって帰ってきます。
かなりしんどいみたいです。
風邪もなかなか治らないし、
体調的にも精神的にも心配でなりません。

振替休日は取れないのか、取らないのか知りませんが、
会社側は振替休日をとるように
社員に働きかけることはしないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ご主人がお勤めの会社には「労働協約」は定められていますか。
その場合、協約では、休日出勤した場合の規定は、どうなっているのでしょうか。
 私とは、会社も職種も異なりますので、参考になるかどうかはわかりませんが、私の勤務先では、休日出勤をした場合、原則1週間以内に代休(振替休日)を取得するか、それを取得しない場合は、休日に労働した時間に応じて、超勤手当てが支給されることになっています。
 その場合の手当ては、平日に残業した場合の手当てより、若干上乗せされることになっています。
 私も、30年以上の会社員生活で、休日出勤は何度もありましたが、そのすべてが手当て支給で、代休を取得したことはありません。
 また、休日出勤は、決して「強制」ではなく「協力」で、体調がすぐれない場合、何らかの事情がある場合は、断ることも可能で、また、よほど多忙でない限り、連続出勤は無く、たとえば今週の土曜日に出勤すれば、次の週は別の方が出勤されるという具合に、休日出勤は原則隔週となっています。
 ご主人がお勤めされている会社の、休日出勤についての扱いがどうなっているのか、もし手当てが支給されている場合は、代休は取得できないことも考えらますから、まず労働協約を確認なさることをおすすめします。

 ご主人がお勤めの会社には「労働協約」は定められていますか。
その場合、協約では、休日出勤した場合の規定は、どうなっているのでしょうか。
 私とは、会社も職種も異なりますので、参考になるかどうかはわかりませんが、私の勤務先では、休日出勤をした場合、原則1週間以内に代休(振替休日)を取得するか、それを取得しない場合は、休日に労働した時間に応じて、超勤手当てが支給されることになっています。
 その場合の手当ては、平日に残業した場合の手当てより、若干上乗せされることになっています。...続きを読む

Q父の日はなぜ国民の休日(祝日)にならないのでしょうか?

父の日はなぜ国民の休日(祝日)にならないのでしょうか?

家族のために全国のお父さんはがんばっているのになぜ祝日にならないのでしょうか?
子供と母は、ちゃんと5月5日に選ばれて国民の休日になっているのに
これではちょっと不公平じゃないでしょうか?

Aベストアンサー

父の日、母の日はどちらも欧米系の文化由来で、日本で祝日とする根拠はないですから。どっちかというとクリスマスとかバレンタインデーみたいな奴の仲間(商業的行事)ですね。

質問者さんの疑問については、
『国民の祝日に関する法律においてこどもの日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」と定めていてそこに父の出番が無く定まったのはなぜ?』という感じの質問に変えたほうが良いと思います。すいませんが私は答を知りません。

Q出張-休日の移動は振替休日になるのか

お世話になります。このカテゴリーで正しいでしょうか?
質問はタイトルの通りです。休日に出張で移動する場合(次の日の会議に備えての単なる移動です)、振替休日に該当するのでしょうか? うちは外資の会社で、本社では、単なる移動だけの場合、振替休日の対象にはならない、と定められています。

これは社内規則として扱ってよいのか、日本では労働法等で何か決まりがあるのか、ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

都の基準局に聞きました。
当方は金融機関で人事担当ですが、金曜日に重要顧客データを持って都内から出発。日曜移動月曜朝一番から勤務、日曜の宿泊ホテルは会社指定の条件の場合、当然に日曜日は休日勤務になるとの見解だそうです。
ただし土曜日はグレーゾーンで組合との話し合いや、手当てでカバーしている事例もあるらしいのですが、原則はあくまで休日勤務に該当するそうです。
例外は、会社の指定しない宿泊で、書類も持たず、始まる前までに目的地に行きなさいと言うような場合は、労働者の自由を阻害しないことになるので、手当てのみでokかつ休日勤務にはならないそうです。
つまり、会社が何らかの労働者の自由を束縛する事があれば、ただちに、勤務していると解釈すべきとのことです。ご参考までに。下記当て電話で問いあせたら如何ですか・匿名も可能とのことです。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/chihou/ichiran/tokyo.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報