人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

つい最近、11年目の車検を受けましたら、アイドリング時の状態で次のような数値が出ました。(この車は大変気に入っており、丁寧に乗りましたし、走行距離もまだ5万キロ程度なので、まだまだ廃車まで乗るつもりです)(^^;)
CO・・・0.01%
HC・・・ 7ppm
前回の記録は紛失したのですが、前々回はそれぞれ、0.05%, 30ppm で、その前は 0.33%, 130ppm、そしてその前は 0.46%, 160ppm でしたから、段々と良くなっており、悪くはないのではと思います。でも、数値はオイルやガソリン、天候などによるそうですから、単純に車の調子が良くなったとは言えないかも知れませんね。特に今回はオイルを換えてから、あまり日が経っていませんから良い結果が出ているのでしょうか。
私は車と同様に環境も大事にしなければと思っていますので、次第に環境ハイオクや良質のオイルを使ったり、エレメントもこまめに換えたりするようになったので、数値が良くなっているのかと想像します。また、巷では効果はないと言われたりするガソリンを完全燃焼に近づけるグッズも利用しています。
前置きが長くなりましたが、一体今回の数値は燃焼的にはどういうことを示しているのでしょうか?知識がありませんので、分かりません。この二つの数値が良ければ、完全燃焼に近づいたと単純に言えるのでしょうか?それとも、他のガスの数値も調べないと分からないのでしょうか?
車屋さんによると、COの数値が 0%の車もあるとか・・・。これは完全燃焼をしていると言えるのでしょうか?COは分かるのですが、実はHCはどういうものか分かりません。(^^;) 他のガスも発生しているかと思いますが、完全燃焼の時、排気ガスの成分というのはどういう状態なのか、ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

排気ガスにおけるCO、HC、NOxですが、


COは、一酸化炭素。
HCは、炭化水素、燃料の燃え残りです。
NOxは、窒素酸化物です。
車検時に計るのは、COとHC、ディーゼルでは黒煙も規制地域では計ります。

CO,HCともに、基本的には不完全燃焼時に発生します。
燃料が多いと、CO、HCの発生量が増えます。
燃料が多く、空気の量が少ないと、酸素分子の数が少ない為に、HCは燃焼出来ず、COは結合する酸素分子の量が欠乏し、発生するのです。

NOxは、本来不活性元素である窒素が、高温高圧下の燃焼状態で、酸素と化合して発生します。
燃焼温度が高く、キチンと燃焼するとCO,HCは減り、NOxが増え、燃料が多くて燃焼状態が悪いと、CO,HCが増え、NOxが減る、と言う、相反する要素です。

これらの中ではCO,HCは、基本的には燃焼性の特性がありますので、燃やしてやる事で無害化出来ます。
昔の車(キャブ車)では、ダッシュポットなどで発生量を抑えると同時に、CO,HCの燃焼の為に、酸化触媒や、サーマルリアクター、二次空気導入装置と言う装置を付け、燃やす事で無害化し、NOxは、排気ガス再循環装置(EGR、エキゾースト・ガス・リサーキュレーション)と言う装置を付け、一度燃焼した燃えにくい空気をエンジン内部に戻し、再度燃焼させる事で、燃焼温度を下げて発生を抑えていました。
ですが、ダッシュポットはエンジンの回転下降を遅くし、EGRはパワーダウンの要因となり、サーマルリアクターはもう一度燃やす為の燃料消費により燃費が悪化する、などの多くのデメリットを生み出しました。

その後、エンジン制御が進化し、インジェクション化し始めると、O2センサーや、エアフローメーターなどで、導入空気の量、排気ガス中の酸素濃度などを検出出来る事で、CO,HCの排出量を抑える事が出来始めます。
エンジンのハイパワー化による燃焼温度の上昇で発生するNOxに関しても、燃焼させるだけの酸化触媒から、NOxを、窒素と酸素に還元する事も出来る「三元触媒」へと進化し、対応力を高めたのです。

エンジン自身の発生させる、排気ガスの有害物質の量が多くなると、当然数値は上がります。
数値が下がると言うのは、エンジン自身の燃焼状態がいいと言う一つの証ではあります。

完全に燃焼し切らな状態であっても、触媒の能力がきちんとしていれば、ある程度発生量を抑える事も出来ます。
質問者様の車の、この数値は、決して悪いものではありません。

また、極端に、CO,HCの数値が上がる場合、O2センサーの不調の場合があります。
この場合、エンジンの燃焼状態の不調が発生しますので、乗っててパワーダウンや、メーターパネル内のエンジンチェックランプの点灯があります。

そういったグッズの中には、有効性が怪しいものも少なくはありませんが、そう言う部分を気にすることは、今の時代にはいい事だと思います。
また、車検時の整備記録簿なども、目を配るのは良い事です。
車を大事に、色々と気にして使ってあげて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>車検時に計るのは、COとHC、ディーゼルでは黒煙も規制地域では計ります。
→これはNOxを測るということでしょうね。
>燃焼温度が高く、キチンと燃焼するとCO,HCは減り、NOxが増え、燃料が多くて燃焼状態が悪いと、CO,HCが増え、NOxが減る、と言う、相反する要素です。
→そうですか、難しいんですね。車にも環境にもいいという問題が自然とハイブリッドに繋がるのでしょうね。私もこの次はハイブリッド(もしかしたら電気自動車になっているかも)にしようかと思っています。
>エンジンのハイパワー化による燃焼温度の上昇で発生するNOxに関しても、燃焼させるだけの酸化触媒から、NOxを、窒素と酸素に還元する事も出来る「三元触媒」へと進化し、対応力を高めたのです。
→この部分の前から、何行にもわたってずっと詳しく説明して頂きまして、とても勉強になりました。
>また、車検時の整備記録簿なども、目を配るのは良い事です。車を大事に、色々と気にして使ってあげて下さいね。
→車検時の整備記録は、実はあまり見ていなかったのですけど、最近は環境に興味を持ったせいで見るようになったのですよ・・。はい、車も生命があると思っていますので大事にしますね。
いろいろと教えて頂き、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/19 08:38

環境への気配り、同感です。


これからの社会で優先されるテーマだと思います。

排気ガスの成分および排出ガス規制へのクルマの技術などについては、他の方々が話しておられるので割愛いたします。

0,01% 7ppmという数字は、今、新車として流通しているグリーン税制適応などの新しいクルマでは極めて一般的ですが、11年前の車両ですと、とても優秀な数値と云えます。
恐らくは、メンテナンスなども小まめに気に掛けて保守管理されているのではないかと推察いたします。

質問者様のお言葉の中にもあるように、気候やコンディションなどで変動する数値なので困惑されているのかと思いますが、このお車を購入された頃の排ガス規制値は4.5% 1200ppmという古いキャブレター車などに対応したものでしたが、環境問題が叫ばれる昨今、現在の規制値は1.0% 300ppmという風に1/4程度に強化されました。

2つの数値だけを考えれば概ね完全燃焼されていると見て差し支えないでしょう。
但し、エンジンの温度(水温)でもこれらの数値は大きく変わります。
説明は省略しますが、暖機途中などは規制値を上回る値になりますので暖機をされないで、すぐに走行を開始するような運転は好ましくありません。

また、完全燃焼(理論空燃比)付近ではCO HCが減少しますが、NOxの発生割合は最大となります。

CO HCは、かつてより光化学スモッグなどの一因として規制の対象でしたが、NOxは酸性雨の要因として注目されています。

酸化触媒(マフラーの一部)でこのNOxを還元し無害化するようにはなっておりますが、一般の整備工場にはNOxテスタが設置されていない所も多く、低年式車でどれだけ正常に働いているかは疑問です。

話が脱線してしまいましたが、完全燃焼していたとしてもクルマが何らかの科学物質を排出し環境に負荷をかけていることに違いはありません。

質問者様の心掛けは素晴らしいと思います。これからもお続けください。
以上、参考まで。

この回答への補足

たくさんの有益な回答を頂きました。この場を借りまして、改めて御礼申し上げます。
で、ポイントなのですが、困りました。専門家の方の回答(この #7 様のように)は当然素晴らしいので・・・。ですから、ポイントに関しましては適当なので、お気を悪くしないで下さるようお願いします。

補足日時:2005/09/19 09:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>暖機途中などは規制値を上回る値になりますので暖機をされないで、すぐに走行を開始するような運転は好ましくありません。
→そうなのですか。暖気運転はガソリンを消費するだけで意味がないとか聞いたのですが、違うのですね。勉強になります。出勤前は忙しいですが、出来るだけ暖気をするように心掛けたいと思います。
>一般の整備工場にはNOxテスタが設置されていない所も多く、低年式車でどれだけ正常に働いているかは疑問です。
→なるほど。今度、整備工場でテスタがあれば検査してもらおうと思います。
>話が脱線してしまいましたが、完全燃焼していたとしてもクルマが何らかの科学物質を排出し環境に負荷をかけていることに違いはありません。
→現在は一日に100キロを走行していますので、環境に配慮する義務があると認識しています。これからも排ガスだけでなく、環境への負荷を意識していきますね。
ご丁寧なご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/19 09:23

触媒が頑張ってるからと言っても、機関自体もそれ相応のコンディションを保ってないと、触媒能力も衰えます。

アイドリングのみとはいえGF-位の数値は立派です!10万Km走行でもこの数値が出るよう頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>10万Km走行でもこの数値が出るよう頑張ってください!
→激励を頂きありがとうございます。以前は勤務地が近くて一年で 5,000km と走行距離が少なかったのですが、最近転勤になりまして一年で 25,000km くらい走らなくてはなりませんから、10万キロはあと2年くらいで達成しそうです。その時は車も13歳になっていますので、メンテに励もうと思います。実はこの車 2000cc なのですが、燃費は 15km/l 以上ですので、なかなか手放せません。(^^;)
ご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/19 09:14

CO,HC,NOxこの3つが排気ガスの悪玉です


ただこれらを抑えるのに酸化触媒という部品が使われているため、一概に完全燃焼であるとはいえません、しいていえばHC値が燃え残った燃料といえるのではないでしょうか、
自分では#1さんの仰る通り水滴やエンジンの調子で判断しますが、あまり気にした事はありませんね、
それでも0.01の7ならば大したものだと思います

この回答への補足

>CO,HC,NOxこの3つが排気ガスの悪玉です
ただこれらを抑えるのに酸化触媒という部品が使われているため、一概に完全燃焼であるとはいえません
→酸化触媒を入れるのですか。勉強になりました。

補足日時:2005/09/19 08:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔で分かり易いご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/19 08:20

#2です。



排出ガスの主成分でひとつ忘れていました。
酸素、これもある程度入っています。完全燃焼していないからといって、酸素が全くないわけではありません。

それぞれの構成割合は把握していませんが、窒素・酸素・水・二酸化炭素でほとんどだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/19 08:18

CO・HCの簡単な説明としては、リンク先などが参考になると思います。


(Yahoo!にて"CO HC 排気ガス"で検索かけて最初に出てきただけなのですが…)
HCについて補足すれば、"HとCが1個ずつ"ではなく、HとCで構成された物質全般のことです。化学で出てくる有名どころとしては、ベンゼンやメタン・エタン…などです。

排出ガスの成分は、とりあえず大半が窒素です(取り込んだ空気の約8割を占めるのですから)。それ以外は、大半が水と二酸化炭素になります。しかし、市販のガソリンには少なからず添加物・不純物が含まれていますので、それらに起因する他の成分も、微少成分として入ってくることでしょう。

数値としては、不完全燃焼の成分が(たしか体積比で)0.01%・0.0007%それぞれ残っている、つまりそれだけエネルギーの取り残しがあるということです。数値が下がるほど、完全燃焼に近付いているのはたしかです。しかし、真に完全燃焼かどうかの指標だとは言えません。
なぜなら、数値は燃焼の結果だけでなく、その後排出されるまでにも反応が行われた結果だからです。つまり、真に環境問題(の中の燃料枯渇問題)を考えるのであれば、シリンダー内の燃焼でどれだけ完全に反応が終わっているかが重要です。
逆に、大気汚染問題のみに着目するのであれば、これだけ微量に近づければそれほど大きな問題ではありません。フロンのように被害に持続性があるわけでもありませんし、直接取り込まなければ問題ないレベルにあると言えるでしょう。

排出ガスの質の問題であれば、触媒などで今後も改善が図られるでしょう。しかし、行き過ぎた対策は新たな廃棄物を生み出すだけです。
オイルやエレメントにしても、換えすぎれば今度は廃棄物問題です。
…環境問題って、本当に、難しいですね。

参考URL:http://www.saga-auto.com/in-magic/co-hc.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>しかし、行き過ぎた対策は新たな廃棄物を生み出すだけです。オイルやエレメントにしても、換えすぎれば今度は廃棄物問題です。…環境問題って、本当に、難しいですね。
→以前は車も結構頻繁に買い換えていたんですよ。でも今は景気には貢献できないけど、長い間乗ることにしました。家族もそうです。みんな車を大事にしています。おっしゃるようにオイルも頻繁に換えれば、その処分に困りますよね。ですから、良質な物にして、あまり換えないようにしています。(汚れたオイルは再生利用しているとか聞きましたが、真偽の程は分かりません。)排ガスの数値が良くなると、オイルが汚れにくいらしく、私の車のオイルに工場の人が驚いていました。8000km走ってもちょっと茶色という程度でした。私は滅多に見ることはないのですが・・・。
サイトのご紹介ありがとうございました。HCは炭化水素というのですね。H(水素)とC(炭素)が不完全燃焼により結合したものですか。勉強しました。
とても丁寧なご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/19 08:18

淡青色で水滴がマフラーから滴る状態。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

水滴が出ると完全燃焼とは聞いたことがあるのですが、色については知りませんでした。ご回答を頂き、誠にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/19 07:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q排気ガスが臭いです。

最近、家のコンパクトカーの排気ガスが臭いです。
普通でないニオイがします。
不完全燃焼というやつでしょうか?(マフラーの改造などはしていません)
普通に走行は出来ていると思います。
一般的に思い当たる原因や、どこかチェックする箇所があれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

2の者です。
取りあえず、プラグが原因出はないでしょうか?
緩んでいたとのことで、圧縮の混合ガスがしっかり爆発してなかった可能性大ですね。

しばらく、そのまま様子見て下さい。

コンプレッションと言いますが、
プラグが緩いため、下がっていたんだと思います。

そのまま、問題なければ乗っていて問題なしです。
で、しばらく何もなければ、確定ですんで
一度、念のためにコンピューターをリセットしましょう

やり方は、簡単です。

バッテリーのマイナスを外して10分ぐらいしたら
繋ぎ直して下さい。それで完了です。

変な状態を記憶してる為、それを忘れさせるためです。

それで、まだ駄目なら、新たに質問をたてたら良いと思います。

Qマフラーの黒い煤は?

ガソリンレシプロエンジンで、マフラー先端部に黒い煤がつくのは、様々な要因で 完全燃焼してないのでしょうか? 自分の車はほとんど着きません。 また、あるサイトで見たのですが、エンジンが最高のパフォーマンスを保っているときは、マフラーから水滴がポタポタ落ちるとも書いてありました。 これらの考えは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

ガソリンは水素(H)と炭素(C)の化合物です。
燃焼(酸化)により水(H2O)と二酸化炭素(CO2)になります。

通常は水蒸気としてマフラーから出て行きますが、
寒いとき(冬)はマフラーが冷たいので冷やされて水となって出てきます。
「最高のパフォーマンス」とは関係なく、
エンジンが動いて(燃焼して)いる時には水が出ています。(水は見えるが水蒸気は見えない)

黒い煤がつくのは、
エンジンが温まっていない時や、
エンジン回転以上にアクセルを開けたとき(登坂時・加速時)には
少し多目の燃料を使います。
これが煤となります。

以上のことから・・・
急加速はしない・アクセルはおとなしく操作する。
マフラーには水が溜まりやすいので、
エンジンだけではなく、マフラーが温まって乾くまで走行する。
(5~10km走ればだいたい乾くと思います。5km以下なら自転車で・・・)

Q直列4気筒エンジンの燃焼順序

混合気がどのシリンダに吸気され燃焼し、排気されるのかを教えて欲しいです。よろしくお願いいたします。
例えば左からシリンダー番号1,2,3,4とすると
1、3に吸気
→1,3燃焼 2,4吸気
→1,3排気、2,4燃焼
→2,4排気、1,3吸気
という1サイクルまでの順番が知りたいです。

Aベストアンサー

トヨタのカローラ、ヴィッツ、プリウス等に搭載されている
「1NZ 系」「2NZ 系」エンジンを例に挙げますと、
点火順序は「1-3-4-2」の順番です。

他に「1-2-4-3」の順番の場合もありますが、
いずれにせよどちらかの点火順序に分類されます。

なお、直列4気筒では順番に等間隔で点火される為、
各シリンダーはそれぞれ別の工程になります。


「1-3-4-2」式の場合(数字はシリンダー番号)
→ 1、燃焼  2、排気  3、圧縮  4、吸気
→ 1、排気  2、吸気  3、燃焼  4、圧縮
→ 1、吸気  2、圧縮  3、排気  4、燃焼
→ 1、圧縮  2、燃焼  3、吸気  4、排気 
 ここまでが1サイクル (以降、繰り返し)

     
「1-2-4-3」式の場合(数字はシリンダー番号)

→ 1、燃焼  2、圧縮  3、排気  4、吸気
→ 1、排気  2、燃焼  3、吸気  4、圧縮 
→ 1、吸気  2、排気  3、圧縮  4、燃焼
→ 1、圧縮  2、吸気  3、燃焼  4、排気
 ここまでが1サイクル (以降、繰り返し)

トヨタのカローラ、ヴィッツ、プリウス等に搭載されている
「1NZ 系」「2NZ 系」エンジンを例に挙げますと、
点火順序は「1-3-4-2」の順番です。

他に「1-2-4-3」の順番の場合もありますが、
いずれにせよどちらかの点火順序に分類されます。

なお、直列4気筒では順番に等間隔で点火される為、
各シリンダーはそれぞれ別の工程になります。


「1-3-4-2」式の場合(数字はシリンダー番号)
→ 1、燃焼  2、排気  3、圧縮  4、吸気
→ 1、排気  2、吸気  3...続きを読む

Q素人なので教えて下さい。車のマフラーから、、、

こんにちは!
早速ですが質問です。
この1週間位前に気が付いたんですが、マフラーから なんか黒い液体が(霧状に)出ているようなんです。
駐車場が白っぽいコンクリートなので 気が付いたんですが、ホント霧ふきでかけたような感じで。

で、気になったんで 3っ日程前に ディーラーに持っていって見てもらったんです。1時間半位の作業で けっきょく原因は定かにはなりませんでした。
プラグを交換したとは言っていたんですが、直接的に関係があるのかどうかはわかりません。
ディーラーの人はこれで様子見て下さいとは言うものの、その後 様子は変化してないんです。
このまま乗っていても 平気なものでしょうか??

車に関しての知識が ほとんどない素人なので、自分では判断できずに 書きこみました。

車に関して お詳しい方、どうぞアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

レギュラーガソリンなのかハイオクガソリンでも
違いは有ります。
レギュラーエンジンにハイオクは、入れてませんよね?
ハイオクは、燃えにくいので、カーボンが付きやすいです。

あと、運転の仕方によっては、あります。
高級車のように(笑)、エンジンの回転数を上げない運転をすると、カーボン溜まりやすいです。

騒音を気にしない場所で、エンジンの回転数を上げる
(空ぶかしでも可)
レーシングといいますが、1分程度続けてください。
たっぷり出ると思います。
スタートの時も
オートマだと”L”レンジで、
マニュアルだと 1・2速で、アクセルを踏んでください
くれぐれも、事故には気をつけて!

プラグの対応で直っても、マフラーに溜まったカーボンがまだ出るかもしれませんので、
しばらく様子みてください。という判断だと思います。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Q排気ガスの臭い

 ここのところ 排気ガスが アンモニア臭の様な 鼻を突く臭いがします。
 普段は分かりませんが、自宅が掘り込み式ガレージなので、帰宅時にはよくわかります。

 マフラーも寿命だと思い、2ヶ月くらい前に純正の新品に換えました。
 最近気になっているのが、エンジンオイルが一緒に燃えて 異臭の原因になっているのではないか
 と思っています。(上からか下からかは分かりませんが、プラグ上部やキャップは濡れていないので、プラグホール周りのガスケットではないのではと思います。 上からとしたら、バルブシールか)

 でも、マフラーから滴る水はきれいな透明だし 他に原因があるかも。

 まだ 何年も乗るなら、ディーラーにでも出して 徹底的に直したほうが良いのですが、
 そうではないので、 ワコーズの エンジンシールコートを入れてみようか
 と思っています。

 こんな現象に対して、心当たりのあるかた 教えて下さい。

  宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も触媒の劣化に一票。

臭いの原因はHC(炭化水素)臭だと思います。
ディーゼルだと硫黄臭もしますが。

車屋にいってHC濃度測ってもらえばわかります。

触媒は高価で、5万円くらいはするのかな?
中身に時価のプラチナを使っていますので。

触媒の不良でなければO2センサーも疑わしいですね。
燃調が濃いのかもしれません。
あとはエアクリーナー、エアフロセンサー、インマニの詰まりなんかが原因かも。

Qマフラーから

4ストの9Rなんですが、マフラーから煙が出ます。急にアイドリングが安定しなくなり、アイドリング状態ではエンジンが止まってしまします。吹かすと時々黒煙が出ます。走っててもふけなくて最初、プラグがかぶってるのかなと思ったんですが、マフラーからの煙が気になります。やばいですかね?考えられる原因と修理した際の修理費など大体でいいんで教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

究極のやばさ(OIL上がり、下がり)ではないようですね。
黒煙(カーボン、すす系)は不完全燃焼、ガスが濃い時に起こりがちです。

>ただ、「落ち」も考えられますのでOILチェック、エアクリーナー、エアクリーナーBOX吸い込み口の障害、プラグ交換はやりましょう。
キャブ原因のこともあります。

これは、それを考慮してのこと。
シート下に入れた雨合羽がエアクリーナBOX吸入孔を塞いでいた・・なんてこともありましたよ。

エアクリーナーとプラグをいじったらかなり改善したとのこと。そちら系ですね。
ある気筒でどれがNGかは簡単に試す方法はあります。(全気筒に関与する物ならできません)
エンジンをかけた状態でエキゾーストパイプに水道水をぶっかけます。
具合の悪い気筒は蒸発(乾き)が遅くなってます。

これも単なる確認。あたりが出るとは限りませんし、そこから先の作業は自信がなければやはり「バイク屋さん」かと・・

Qエンジンを高回転で回すとどのような効果があるか

2,000ccのマニュアル車に乗っています。
高速道路などを1時間以上走って一般道路に降りると、エンジンの調子がすごくよくなっているという印象を受け、自分の車にこんなにパワーがあったのかと驚くことがあります。以前、エンジンは高回転で回した方がよいという話を聞いたことがあったのですが、まさにこのことを言っているのだろうなと思っています。

私が感じるエンジンの調子の良さとは、
○ アクセルを踏んだときのエンジンの反応が軽やか(吹上がりというのかな?)。
○ 特に、登坂時などにパワーが増大しているように感じる。
というものです。

一般道のみの走行の場合は、当日の走行距離が50kmを超すあたりからエンジンの調子が上がってくるような印象があります。
車はまさに機械ですので「走った方が良い」という一般論は分かるのですが、具体的にエンジンを高回転で回すと、或いは走行距離が伸びるとどのような現象が起こって、エンジンの調子が良いと感じるのでしょうか。

因みに私の車は走行7年で約35,000km、せいぜい2速で2,500~3,000rpmまで回すくらいで1,500~2,000rpmでの走行が殆どです。

2,000ccのマニュアル車に乗っています。
高速道路などを1時間以上走って一般道路に降りると、エンジンの調子がすごくよくなっているという印象を受け、自分の車にこんなにパワーがあったのかと驚くことがあります。以前、エンジンは高回転で回した方がよいという話を聞いたことがあったのですが、まさにこのことを言っているのだろうなと思っています。

私が感じるエンジンの調子の良さとは、
○ アクセルを踏んだときのエンジンの反応が軽やか(吹上がりというのかな?)。
○ 特に、登坂時などにパワーが増...続きを読む

Aベストアンサー

これは、かなり感覚の世界がほとんどなのですが・・・。考えられるケースで回答します。
> ○アクセルを踏んだときのエンジンの反応が軽やか(吹上がりというのかな?)。
回答 これは、点火プラグのカーボン付着などが取れてエンジン自体が良好な燃焼となるケースが多いためです。
> ○特に、登坂時などにパワーが増大しているように感じる。
というものです。
回答 これも上記同様です。ただ、パワーが上がってと言うのではなく、燃焼状態が良くなったためにエンジントルクの違いを感じているのです。普通の人でエンジンパワー値の変化を感じられるには約50psぐらいと言われていますので・・・。鋭い感覚の人でも約20ps以上と言っています。

>具体的にエンジンを高回転で回すと、或いは走行距離が伸びるとどのような現象が起こって、エンジンの調子が良いと感じるのでしょうか。

回答 エンジンは、高回転での当たりと低回転とでは、全く違うところになります。特にピストン関連が代表的です。高速回転時には、通常の運動の他に振動が大きく影響されてきます。例えば、レースの世界では、いろんな部品を1/100gを徹底して同じ重量にします。

これは、かなり感覚の世界がほとんどなのですが・・・。考えられるケースで回答します。
> ○アクセルを踏んだときのエンジンの反応が軽やか(吹上がりというのかな?)。
回答 これは、点火プラグのカーボン付着などが取れてエンジン自体が良好な燃焼となるケースが多いためです。
> ○特に、登坂時などにパワーが増大しているように感じる。
というものです。
回答 これも上記同様です。ただ、パワーが上がってと言うのではなく、燃焼状態が良くなったためにエンジントルクの違いを感じているのです。普通...続きを読む

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む

Q排ガス対策のためにエアコン作動は

ユーザー車検をしようと計画しています、 その前に知り合いの整備工場に修理必要な箇所が内科チェックしてもらったところ
現在の車が排ガス規制に引っ掛かるか引っ掛からないかのギリギリかもしれないと
整備工場に言われました


対策として

「車検場に ついたら アクセルの空踏みをする」
「レーンに入るときには エアコンを最大につけて排ガスチェックに望む」

とのアドバイスをもらいましたが、 車検場のHPをチェックしたところ、
排ガスチェックの時はエアコンをカットしないと ガス測定値が上がる? 為  エアコンはカットするようにとの指示がありました 

私としては なじみの工場の説明を信じていますが
排ガスチェックを問題なく通過するためには(合法かどうか?ですが・・・・)

工場と車検場のどちらの勧めがただしいのでしょうか?  またその仕組みはなぜでしょうか?

ご存じの方教えてください

Aベストアンサー

エアコン入れておく理由はともかく、空ぶかしをしろ、というのは見当がつきます。
現在の自動車は、エンジンの排気出口直後に三元触媒がついており、その触媒でCOやHCなどを減らしています。
で、この触媒ってやつが、あんまり温度が低いと効率落ちるんですよ。
エンジン本体は暖機されていても、低回転でしか走らない街乗りだと、触媒の温度はあまり上がりません。
実際、排ガスの数値が高めに出ている車(車検が落ちるほどじゃないですけど)で、エンジンを3000rpm前後で2~30秒ほどキープして触媒をあっためてやると、排ガスの数値が下がります。
そういうことを言ってんじゃないでしょうかね?
まあ、これは本当に車検ギリギリの数値が出ているのなら、試しにやってみる価値があるでしょう。

あと、エアコンの方は、インジェクションではなく、キャブ車であればわからなくもないです。
古いキャブ車でアイドリングが不安定な場合、エアコンONでアイドルアップさせた方が安定するケースがあります。
実際、そういう場合、安定している時の方が排ガスも低いこともあります。
ただ、その車の現状がどういう状態なのかわからないんで、これはやる・やらないはどっちがいいのかわからない。
あなたの自己責任において判断して下さい。
まあ、とてつもない裏技としては、キャブ車の場合、インマニにつながる負圧ホースを一本外して二次空気を吸わせてやって、(それによって吸入混合気の空燃比を下げて)そのままじゃ調子悪くてアイドリングしないので、アイドリング調整をおもいっきり上げてアイドリングを維持できるようにして排ガスを通す、という荒技もあります。
まあ、かなり最終手段な方法ですが、そういうのもあるよ、ってことで。

エアコン入れておく理由はともかく、空ぶかしをしろ、というのは見当がつきます。
現在の自動車は、エンジンの排気出口直後に三元触媒がついており、その触媒でCOやHCなどを減らしています。
で、この触媒ってやつが、あんまり温度が低いと効率落ちるんですよ。
エンジン本体は暖機されていても、低回転でしか走らない街乗りだと、触媒の温度はあまり上がりません。
実際、排ガスの数値が高めに出ている車(車検が落ちるほどじゃないですけど)で、エンジンを3000rpm前後で2~30秒ほどキープして触媒をあっためて...続きを読む


人気Q&Aランキング