いつもお世話になっています。
先週の金曜日、飲酒運転の自転車が駐車車両に衝突してきました。
私に過失がないため、自分と相手(相手の身内の保険屋さんが交渉にくる可能性有)で示談交渉をしましたが、相手が「傷の場所と程度」について納得できないと言い出したため、解決に至らず小額訴訟ということになりそうです。
自分でするには何を用意して、どう進めるべきなのか、理論武装はどうやればよいか教えてください。文字数制限の都合上詳しい説明が書ききれないため、不明点は補足もします。よろしくお願いします。

<私の状態>
◎駐車違反区域に駐車(口頭注意のみ。切符は切られず)
◎車からは完全に離れて屋内にいた(エンジン停止・施錠状態)
◎車は道路脇の白線内に収まっていた
<相手の状態>
◎ケガなし。
◎警察が衝突の経緯を尋ねても「わからない」のみ。状況説明はなされず。
◎飲酒して走行(事故判明時は飲酒を隠蔽。事情聴取の際飲酒が判明。)
<道路の状況>
◎片側1車線(両側に街灯と歩道あり。明るく見通しの良い直線道路。)
<現場検証の状況>
◎警察が1つ1つ傷を指摘して確認を求めた際、その場にいた人間から異論はなかった。(加害者はパトカー内で事情聴取中だったため不在)
◎警察が双方の傷を撮影していた。
<私が現時点でやっていること>
◎警察への通報と事故証明(発行待ち)
◎保険会社への連絡(「代理交渉はできない」で終了。)
◎損傷箇所の写真撮影(事故発生の夜デジカメで撮影したが、デジカメ写真は証拠にならないという助言を受け、レンズ付フィルムで事故の翌日撮影)
◎相手にディーラーへの修理見積と私の作成した示談書案を手渡す

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 相手が争うのであれば、少額訴訟では同意されず、通常訴訟となります。

少額訴訟とはそういうものです。

 そして、相手が争ったら、面倒くさいが、簡裁の通常訴訟として(訴額140万まで)、裁判の中で、警察の実況見分調書と添付の事故状況の写真を「調査嘱託」で出してもらう手続きを申請することです。自分で撮影した写真だけでは弱いですから。

 コストを考えれば、最初から、認定司法書士あたりに相談して受任してもらったほうがいいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まだ訴訟を起こすことを考えているということを相手に告げていないので、相手が争ってくるかどうかわかりませんが、争う姿勢を見せた場合には通常訴訟なのですね。
「警察の実況見分調書と添付の事故状況の写真を「調査嘱託」で出してもらう手続きを申請すること」が重要であるということ、大変参考になりました。
こちらの調書と添付の事故状況の写真というのは、示談交渉の時点で出してもらうことはできないのでしょうか?
もしそれを出していただければ、何も訴訟までしなくとも、相手は納得しそうな着がするのですが・・・。
よろしければ再回答いただけるとありがたいです。

お礼日時:2005/09/19 13:05

私より詳しいかたがいるのですが、お答えします。



事故証明というのは、管轄の警察で認知した交通事故について、事故発生日時、場所、車両ナンバー、簡単な事故態様、人身か物件か、原因車甲と被害車乙の特定したもの、それらを交通安全センターを通じて出してもらったものです。添付資料は一切なしです。

 また、「過失割合」なんて事故証明書には、全然、書いてありません。大木科に甲乙と区分けされていることから、どちらが事故の原因車(者)と見られているか、程度しか出ません。

 なお、「何らかの訴訟を起こさない限り・・・」という部分はそういう趣旨で書いたものではありません。
刑事事件として不起訴処分となれば、あとは法務省の方針で、不起訴事件の記録開示がされるということなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
つまり、事故証明には事故があったという証明程度のことしか書かれていないということなのですね。

◎簡裁の通常訴訟で調査嘱託で出してもらう手続きを申請する
◎相手方を器物損壊罪で告訴して、検察が不起訴。不起訴処分確定後に、実況見聞調書等の開示を求める
のいずれかの手続きを取らない限り「警察の実況見分調書と添付の事故状況の写真」は見られないということなのですか。
なかなか厳しいですね。

お礼日時:2005/09/19 16:05

>こちらの調書と添付の事故状況の写真というのは、示談交渉の時点で出してもらうことはできないのでしょうか?もしそれを出していただければ、何も訴訟までしなくとも、相手は納得しそうな着がするのですが・・・。



警察は出しません。やり方としては、相手方を器物損壊罪で告訴して、検察が不起訴。不起訴処分確定後に、実況見聞調書等の開示を求める(法務省は、不起訴事件記録の開示を進める方向です)。←そのため、このやり方だと、多少、時間がかかる。しかし、ここの資料なくして提訴しても、裁判の中で、嘱託申請しなければならず、時間的にはだいたい同じでしょうか。

実況見分調書と添付写真をもとに示談交渉したとして、相手が素直に応じて認めればよし、認めなければやはり提訴ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
つまり、何らかの訴訟を起こさない限り、警察では「実況見分調書と添付写真」は出してくれないということなのですね。
ちなみに、私は事故を起こした際に発行される「事故証明」という書類を見たことも取りに行ったこともがないのですが、今回の件について、発行していただきたいと考えています。
この書類にはどのようなことがかかれているのでしょう?
損傷場所の写真などはついているのでしょうか?
それとも「いつどこで誰が誰と事故を起こして、過失割合は誰が何割誰が何割」程度のことしか書かれていないのでしょうか?

お礼日時:2005/09/19 13:27

こんにちは。


もちろん方向性は宜しいかと思います。(場合によっては支払督促でけりが付く事も?)
小額訴訟の訴状は簡裁からもらって来たでしょうか。それ程難しい書式ではありませんし、損害箇所の写真、見積で証拠は足りると思います。
相手が負傷し人身事故ともなると1割程度過失が取られる事もありますが、物損のみなら相手の全面的な不注意という事で良いかと思います。
修理費の回収が目的と思いますからあまり深く考えなくても良いかと思います。争点は損害箇所だけと言う事ですよね。その辺りを詳しく書いて裁判官に認めてもらえるようアピール下さい。
不明点や心配事は弁護士会に赴き法律相談(30分5000円位)を受けては如何でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私としては「訴訟は最後の手段」と思っていますので、まだ簡易裁判所にも行っていません。
出向く前に、ある程度知識を得ておいたほうが良いかな?と思い、質問させていただいた次第です。
損害箇所の写真、見積で証拠は足りるというお言葉、大変心強いです。
こちらとしては「事故でついた傷である」と主張するための根拠として、
◎事故発生時の現場検証において、警察を含めた第三者から「事故の際についた傷で間違いないだろう」という見解を得ている。
◎位置的におかしな傷、全く関係のないような傷、明らかに今ついたものではない傷だったのであれば、そもそも警察が指摘すること自体がありえないし、仮にそのようなおかしな傷を警察が指摘したのであれば、意見を求められた第三者から反論があるはずだが、実際には反論はなかった。
◎上記のことから、客観的に見ても「この位置にこれだけの傷がついていることは、事故の状況から言って何の不思議もない」ということであり「事故の前、間違いなくその傷はなかった」という証拠にはならないが、「事故によってついた傷である」と考える根拠としては充分であり「事故によって傷がついた」ということを証明する状況証拠としても有効だと思う。
という説明をしたいと思っておりますが、裁判官に認めてもらえるようなアピールとしては、これでは弱いでしょうか?
もしよろしければ、再度ご回答いただければ幸いです。

お礼日時:2005/09/19 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察が事情聴取をする場合、まずどのようにして、事情聴取を受ける人に知らせるのでしょうか?

投資詐欺に合い、そのことで、事情聴取を受けるかもしれない事態になりました。

そこで、皆様にお聞きしたいのですが、警察が事情聴取をする場合、どのようにして、相手に知らせるのでしょうか??

いきなり家に訪問してくるなんてことはないでしょうか?

まずは携帯に電話ですか?

ちなみに、契約書などから、私の携帯番号、住所など容易に調べられます。

今まで経験がないので、非常に不安です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勤務先でも自宅でも突然きました。
予め在勤・在宅は調べてます。

Q大学3年です 警察の脅迫じみた聴取に憤りを感じてますなんとかその警察の人に一矢報いたいと思っています

大学3年です
警察の脅迫じみた聴取に憤りを感じてますなんとかその警察の人に一矢報いたいと思っています

先日自転車で二人乗りをしていたところ警察に呼び止められ自転車を運転していた自分は少し逃げてしまい数分経ってから警察の元に戻りました
その後、
警察「今ひったくりがあったんだけどそれやったのお前らだろ」
と言ってきて荷物をひっくり返してきましたその間も
警察「お前数分の間どこ行ってたんだ。シャブでも捨ててきたか」
と根も葉も無いことを常に隣で言い続けていました。取り敢えずパトカーの中に乗って話を聞くと言われおとなしく乗り込みました。
その後
警察「お前なんで逃げたんだ。どうせ注射器でも捨ててきたんだろ」
私「いえ、自転車の二人乗りがいけないということをしていたので」
警察「そうじゃ無い、なんかやましいことでもあったんだろ」
とその繰り返しでしばらく問答した後本格的に持ち物検査をされました。その際手芸用品店にて買った薄く細めの金属製のブックマーカーを持っていました。それを見た瞬間警察が私を自転車盗難の犯人にしようとしてきました。その際
警察「これで何をしようとしてたんだ。あ!言って楽になっていけよ」
と言ってきました。自分は確かに趣味で自転車と手芸をやってましたがこのブックマーカーが自転車の鍵を開けるのにつかえるとは知らずに
私「いいえ知りません」
警察「自転車に詳しい奴が知らないわけないんだよ!ググればすぐ出て来るぞ!」
と口実を脅迫してきました。その後ググってみたところそんなことは一切載っていませんでした。その後も
警察「知らないでしらを切るならこのまま任意同行してもらうぞ。まだそれでも知らないというか。」
と言ってきました。自分は通学に片道2時間かけて通っていてこのままいくと終電がなくなると思い警察がこう言えと言った内容を復唱してしまいました。その後も他にも根拠もない言いがかりをしてきました。
結局1時間くらいパトカーのなかで問答した後自転車の黄色切符だけ切られて返されました。
けどこれが人生に何らかの干渉を生むような気がして気が気でなく、警察の脅迫じみた聴取に憤りを感じてます。
どうにかして相手の警察に謝ってほしいです
長たらしく書いてしまいすみませんでした。もしよろしければ弁護士の方などに相談に乗ってほしいです。

大学3年です
警察の脅迫じみた聴取に憤りを感じてますなんとかその警察の人に一矢報いたいと思っています

先日自転車で二人乗りをしていたところ警察に呼び止められ自転車を運転していた自分は少し逃げてしまい数分経ってから警察の元に戻りました
その後、
警察「今ひったくりがあったんだけどそれやったのお前らだろ」
と言ってきて荷物をひっくり返してきましたその間も
警察「お前数分の間どこ行ってたんだ。シャブでも捨ててきたか」
と根も葉も無いことを常に隣で言い続けていました。取り敢えずパ...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 相手の立場を想像してみる

敵情を知らなければ、いくさはできません。警察と争うためには、警察の傾向を調べることです。まあ警察は敵ではないにしても、今ご質問者はそれに物申そうとなさっているわけですから。
まず、日本警察の癖として、少年の自転車犯罪に異様なほど関心を持っていることが挙げられます。これは法務省の白書などで犯罪統計を眺めても分かるのですが、突出して摘発件数が多い感じです。
おそらく、警察の方針として、マメに少年の自転車盗・二人乗り・無灯火などを取り締まり、説諭(こんこんと説教)して帰すという伝統があるのでしょう。多くの市民が若い頃そういう体験をさせられることにより、「警察は社会の隅々までお見通しらしい」、「警察を言い負かそうとしても無理だ」などと実感します。それが日本社会の治安の良さを支えることにもつながっているのでしょう。
これがたとえばアメリカなら、少年犯罪といっても銃やマリファナや車(16歳から運転できる)関連などで忙しくて、自転車二人乗りごときをご質問者の件のように執拗に取り調べてる暇はないだろうと思われます。つまりですね、ご質問者は大きなショックを受けたにしても、さして特別な体験とまでは言えず、日本警察の伝統芸に引っ掛かってしまった、よくある話と思われるのです。

(2) 二重盲検法、第三相試験

これは警察ではなく医学・薬学用語ですが、人の命がかかってるだけあって、実に念入りな手法が行われています。第三相ということは、その前に第一相・第二相試験もあって、わざわざ健常者にまでも投薬実験するそうです。私たち素人の考え方では、「なぜ健常者を巻き込む? 患者さんの中から志願者だけに人体実験すれば足りる」と思ってしまうのですが。「医師も薬か偽薬か知らないまま投与するの?」と、最初聞いたときは驚きました。
警察の職務質問は、これと全然異なる分野ですが、少し似たところがあるのではないでしょうか。「見るからに怪しい人」だけでなく、そうでない人も対象にして、あらゆるパターンを試している節が見受けられるのです。怪しく見えるが犯罪者じゃない、あるいは怪しく見えないが実は犯罪者など、さまざまな人を対象に質問する場数を踏むことにより、警察官はテクニックを磨くのでしょう。怪しい人だけ調べてりゃ済む仕事ではないわけです。
つまりですね、ご質問者は人体実験の被験者というか、警察の練習台にされたようなもんなんですよ。医学・薬学の進歩のために健常者の人体実験までもが必要なように、警察官の取り調べ能力向上のためには犠牲者(?)が必要なのでしょう。
「自転車の二人乗り」「一時逃走」したぐらいで、「ひったくり」、「シャブ」、「自転車盗」などありとあらゆる嫌疑を吹っ掛けられるとは、災難ですよね。しかし、本当に疑われているというよりは、ダシに使われたのであって、練習用にあらゆるパターンを試されてしまったのだと考えられます。練習台にされた方はいい迷惑ですけど。
だいたい、自転車二人乗りの若者をたまたま尋問したぐらいで、うまい具合にシャブが出てくると思いますか? 覚せい剤取締りってのは、多数の人員、膨大な捜査の積み重ねを要するものであって、「いつかはそんな大きなヤマ(事件)を解決してみたいな」という下っ端の警官の願望が、端無くも現れたのが、「シャブでも捨ててきたか」という罵詈雑言でしょう。

(3) 結論

ご質問文は達意の文章であり、頭脳明晰な人と思われます。このQ&Aサイトをあちこち眺めていると、文章にもなってないような文章にうんざりさせられるのですが、ご質問者は違います。
だから分かってほしいのですが、ご質問者の件は、日本警察の伝統パターンをなぞったものに過ぎません。私も若いころ似たような体験をしています。脅迫じみた言い方であらゆる嫌疑を吹っ掛けられるが、「結局1時間くらい」で解放されるというのもパターン通りです。「自転車指導警告カード」(イエローカードとも言われる)にとどまり、赤切符は切られなかったというのも、平凡な結末でしょう。
というわけで、相手の警察に謝らせるのは無理筋ではないでしょうか。ご質問者は、これまであまり悪さをしたことがなく、警察の厄介になったのが初めてなのかも知れません。

(1) 相手の立場を想像してみる

敵情を知らなければ、いくさはできません。警察と争うためには、警察の傾向を調べることです。まあ警察は敵ではないにしても、今ご質問者はそれに物申そうとなさっているわけですから。
まず、日本警察の癖として、少年の自転車犯罪に異様なほど関心を持っていることが挙げられます。これは法務省の白書などで犯罪統計を眺めても分かるのですが、突出して摘発件数が多い感じです。
おそらく、警察の方針として、マメに少年の自転車盗・二人乗り・無灯火などを取り締まり、説諭(こ...続きを読む

Q<至急>交通事故の遺族です。警察からの呼び出しについて

以前同じ内容で質問させて頂きましたが、もう少し詳しい情報が頂きたく、よろしくお願い致します。

父を交通事故で亡くしたのですが、警察から亡くなった日から49日を過ぎたので、訊きたいことがあるから署に来て下さいという連絡がありました。
訊かれる内容は、主に
・生い立ち・学歴・職歴・人柄 等だということです。
父とは、離婚のため疎遠で、たまに会ったり連絡をとったりしてはいたものの、父が元来無口だったこともあり普通にくらべればあまり詳しくないと思います。
出来るだけは調べたのですが、職歴が完璧ではありません。職を次々と変えていた時期があるようなんです。
教えていただきたいのはこの点についてです。
完全な職歴を警察に伝えなければならないのでしょうか?
それから、他にもどういったことをどの程度まで訊かれるか、おわかりの方は併せてお教え下さい。
警察へ行く日が明後日に迫り、焦っております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

遺族調書を作成するためです。

>教えていただきたいのはこの点についてです。
完全な職歴を警察に伝えなければならないのでしょうか?

必要ありません。知っている限りのことで十分です。知らなければ、そこまでです。

>それから、他にもどういったことをどの程度まで訊かれるか、おわかりの方は併せてお教え下さい。

離れて暮らしていた以上、知らないことは答えられません。加害者を厳罰に処してほしいのか否か、保険会社から今後接触があるが、どうするつもりか(民事での慰謝があれば、刑事で厳罰はあえて求めないか)、加害者またはその家族が病院に来たか、その上で謝罪したか、何度謝罪の連絡があったか、通夜・告別式に出て来たか、など、事故後、加害者側の誠意が被害者遺族に示されているかどうかなど、でしょうね。

なお、「あせる」ことなど、毛ほどもありませんです。

Qよく動画などで警察官の方を撮影していて、撮影者が「公務中は肖像権はない」と言ってる動画が沢山あります

よく動画などで警察官の方を撮影していて、撮影者が「公務中は肖像権はない」と言ってる動画が沢山ありますがこれは事実なんでしょうか。
色々調べましたがハッキリした答えが載っていませんでした。

Aベストアンサー

最高裁は、公務中の公務員に肖像権はないと判断したことはない。
https://www.bengo4.com/c_1009/c_1403/b_270622/

Qこういう場合、私も警察から事情聴取されるのでしょうか?

今、私の周りでとても困ったことが起きています。
「身から出た錆」と言われればそれまでですが、どうぞお力をお貸し下さい。

私は既婚者ですが、以前不倫関係にあった男性(既婚者)がいました。
彼との別れが来た後、彼の奥さんと私宛にハガキが届くようになりました。
「私と彼が○月○日に○○で手を繋いで歩いていた」という密告文です。
その内容は事実なのですが、私達はそれを事実だと認める訳には行きません。(とても勝手ですが・・・)

そんな内容のハガキが10通程来たので、
彼の方ではそれを「身に覚えのないことで嫌がらせを受けている」と
警察に相談しているそうです。
私の方はハガキを主人に見られないうちに処分し、警察沙汰にもするつもりはありません。
何より主人にそういう騒動が起きていること事態知られたくないからです。

先日、彼の奥さんが私に直接電話をしてきて、
「なんでそっちは警察に相談しないの?後ろめたいことがあるからじゃないの?」と言われ、
「後ろめたいことはない、ハガキの内容も事実ではありません。でも表沙汰にはしたくないから」と
説明しました。(奥さんは納得は出来なかったようですが)

彼達が警察に提出しているハガキには私の名前もバッチリ出ています。
今はまだ本格的に警察は動いていないようですが、
もう少しハガキの枚数が増えれば警察も動き出すようです。
その場合、やはり私も警察から事情を聞かれることになるのでしょうか?
そうなると主人にも騒動を知られますよね?

自分達が不倫という悪い行為をしていたのはよく解かっています。
漬けが回って来たんだと言われればそれまでです。
でも・・・どうかお願いです。どなたかお力をお貸し下さい。
よろしくお願い致します。

今、私の周りでとても困ったことが起きています。
「身から出た錆」と言われればそれまでですが、どうぞお力をお貸し下さい。

私は既婚者ですが、以前不倫関係にあった男性(既婚者)がいました。
彼との別れが来た後、彼の奥さんと私宛にハガキが届くようになりました。
「私と彼が○月○日に○○で手を繋いで歩いていた」という密告文です。
その内容は事実なのですが、私達はそれを事実だと認める訳には行きません。(とても勝手ですが・・・)

そんな内容のハガキが10通程来たので、
彼の方ではそれを...続きを読む

Aベストアンサー

文面からだけの判断ですが、この葉書の内容は単なる密告文にしかすぎませんから違法ではない。つまり警察は動けないと思います。葉書の枚数が増えるということは、精神的ダメージを受けたことによる傷害罪の適用を目的としているか、あるいは葉書の内容がもっと脅迫めいた内容になった場合を想定しているのでしょう。月1枚や2枚では警察が動くとは思えません。月に何十枚になったら話は別ですが。

ところでこの葉書の差出人は誰か想像つきますか?相手の奥さんでもないとしたらなぜ2人のそれぞれの行動と住所や名前までわかるのでしょう。またその人は密告することによって何にプラスになるのでしょう。もし相手を特定できたら警察沙汰になる前に解決できるかもしれませんよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報