トニー・ケンリックの「スカイジャック」が好きなのですが、日本の作家で、このような「スラップスティック・ミステリー」(こう呼ばせてもらいます)を書いている方はいらっしゃるのでしょうか?
また爽快なミステリーが好きなので、北村薫さんや加納朋子さんも読んでいますが、もう少しスケールの大きい話が読みたいな・・・、と思うのです。
皆様、お勧めがありましたら、教えてください。

ちなみに好きなミステリーは、ピーター・ラヴセイの「殿下シリーズ」、ドロシー・ギルマンの「おばちゃまシリーズ」(これは厳密にいうとミステリーではないかも?)
です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

のほほっ!!


おいらの好きな作品が並んでいるじゃあないの!
殿下シリーズって、アレしかないのかなあ。
もっと、堪能したいわん!!

日本人作家なら、都筑道夫や、小林信彦の作品には
スラップスティック・ミステリーが、
入っているわよん!!
作品名は、うむ。あえて、出さずにおこう。
探してくれいいいいいいいいいいいいいい。
ああ、天藤真も、いいよねえ。読み返すかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「殿下シリーズ」は長編3作と、「服用量に注意のこと」という短編集に収められている2作の他にもあるのでしょうかね。
本当に面白いシリーズなので、本国イギリスではまだ続いていることを期待します。
私は「パリの美女」が一番好きですね。

>日本人作家なら、都筑道夫や、小林信彦の作品
お二人とも名前なら知っていますが、作品の方はまだ読んだことがありません。
自分の気に入る作品が見つかるように探してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 19:14

ちょいと黒いのですが、筒井康隆「富豪刑事」はいかがでしょう。



Suuzy‐Qさんお勧めの?小林信彦「○野○理」氏と一脈通じます。
(でもこの2冊はスケールはそんな大きくないか…
「偽のデュー…」あたりのラヴゼイお好きならお好きだと思いますが。
バーティシリーズいいですねぇ。
でも最近はダイヤモンドに全力投球みたい…)

いや、きっとお勧めしてるのは、
「○○○大○○」シリーズ(まだ入手できるんですかね?
ちくま文庫あたり?)ですね♪
「○○○子○○会○」にもミステリ仕立の入ってるなぁ。
あれは面白い!お好きな方にはたまらないですよ。

時代ものになっちゃうのですが、
最近TVでまたやり始めた「御家人斬九郎」の原作、
柴田錬三郎の小説は、私はハードボイルドミステリぽく読めるんです。
TVはわりとほのぼのですが、原作はかなりドス黒い。
でも、TVだと岸田今日子さんの演ずる母君が、
やはりかなり面白いキャラなので、スラップの風味ありです。
1冊しか出てないみたいですが、お試しあれ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
筒井康隆と言えば、「私のグランパ」を、私がよく読む丸谷才一氏が絶賛されていましたので、気になっています。

「偽のデュー警部」は、ラヴセイの作品の中でも評価が高いですけど、「殿下シリーズ」に比べると、(私には)イマイチでした。
「ダイヤモンド」のシリーズは短編集でしか読んだことないですね。
私は「殿下シリーズ」のミステリーとしての面白さより、ヴィクトリア王朝時代の風俗描写や、バーティーの性格などが好きで読んでいるので、それもあって、他のシリーズにはあまり食指が動かないのです。

日本の時代物は、ほとんど読んだことがないので、食わず嫌いせずに、読んでみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/14 12:41

スカイジャックも絶版(在庫切れ)になって久しかったのですが、復刻されて何よりです。


かけあいがわざとらしくなってしまうせいか、日本製スラップスティック・ミステリーは少ないですね。(SFなら割とありますが)
強いて言えば、大誘拐(天藤真・創玄推理文庫)あたりが「ユーモアにあふれている名作品」といえるかも知れません。

爽快感を求められるのならば、冒険小説系列に触手を伸ばすのもよいのではないでしょうか。
ディック・フランシスをはじめとする70年代以降の作家(最近は割と少ない)の著作は、読み終わってから「ぬぬう」と唸なってしまうモノが多かったですね。
家人が横で騒いでいるのですが、ネルソン・デミルの「チャームスクール」は是非読め!とのこと。私もそう思っている一人ではありますが。
では。

この回答への補足

すみません。
自分の回答に対する訂正です。
ディック・フランシスの作品に「敵意」なんてないですよね。
一体何と勘違いしたんだか。
申し訳ございません。

補足日時:2001/11/12 19:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。

やっぱり「スラップスティック」というものは、日本人や、日本の文化・環境の中では成立しにくいのでしょうか。

「大誘拐」は読んでみたかった本です。以前映画化されましたよね。

ディック・フランシスは「横断」を読みました。でも氏の「競馬シリーズ」では「敵意」などが有名ですよね。

ネルソン・デミルとういう作家は、残念ながら知りません。
でも「是非!」と勧めていただいのですから、「是非」読んでみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/11 17:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北村薫のベッキーさんシリーズのような本を

北村薫氏のベッキーさんシリーズを最近読了したのですが、素敵な登場人物と衝撃的な結末にすごく引き込まれました。

ベッキーさんシリーズのような本が他にもあるならぜひ読みたいと思うのですが、皆様オススメのご本がありましたら教えてください!

シリーズで特に引き込まれた要素は、素敵な作品なのであげるとキリが無いのですが
嫌味の無い上流階級の生活 メインの登場人物が皆素敵 あまり人が死ななかった シリーズ物だった(好きな登場人物達を長く見ていられる!) しっかりした時代考証が素敵! 骨太! などなどです。

べつにこれらの要素に該当していなくても結構ですので、皆様オススメのシリーズがあったらぜひ教えてください!

Aベストアンサー

komainu207さん、こんにちは。

 ベッキーさんシリーズは直木賞を獲ったこともあって有名ですね。でも、私的には「円紫さんと私シリーズ」の方が好みです。

 『空飛ぶ馬』『冬の蝉』『六の宮の姫君』など 北村薫 東京創元社
 特に冬の蝉の表題作は傑作です。

 同じ創元推理文庫から

『名探偵に薔薇を』    城平京
『孤島パズル』      有栖川有栖
『パーフェクト・ブルー』 宮部みゆき

 もう一人加納朋子の

「駒子と瀬尾さんシリーズ」の『ななつのこ』『魔法飛行』『スペース』
 日常の謎系で安心して読めますよ。

 とりあえずこのへんで。
 

Qミステリー小説のシリーズモノのおすすめを教えてください! 麻見和史さんの殺人分析班シリーズにはまりま

ミステリー小説のシリーズモノのおすすめを教えてください!

麻見和史さんの殺人分析班シリーズにはまりました。ミステリーとしてもしっかり楽しめるのはもちろん、(塔子ちゃんと鷹野さんのような)登場人物たちの微妙なカンケイもあり…というシリーズがいいな、と思います。
これまでに、
・森博嗣さん
・笠井潔さん
・京極夏彦さん
のシリーズモノは読みました。現代の日本を舞台にしたもの希望です。

長い質問になってすみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

松岡圭祐:
①万能鑑定士Qシリーズ 全20巻
②特等添乗員α(アルファ)シリーズ 全5巻
③探偵の探偵シリーズ 全4巻
④探偵の鑑定Ⅰ、Ⅱ
⑤水鏡推理シリーズ 5巻 継続中
覚えておいて損はない役立つ知識や時事ネタが各シリーズに散りばめられています。
各々は女性主人公で、現在の同軸時間上に設定されていて、主人公同士が時々オーバーラップして登場します。
①万能鑑定士Q②特等添乗員α③探偵の探偵は同時進行で読み進めても良いです。
①~③シリーズの総決算が④探偵の鑑定Ⅰ、Ⅱ
⑤は同軸時間上のヒロインとして、新たな方向性と分野でストーリーが展開します。

>登場人物たちの微妙なカンケイもあり…というシリーズがいいな
と言うことなら、万能鑑定士Qシリーズがそれに当たりますね。

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Q庄司薫 愛読された方

庄司薫を愛読された方、想い出話などお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

『赤ずきんちゃん気をつけて』
これ読んだのはたしか高校1年のときでした。芥川賞の作品を順に読破しようと
試みていた頃です。まず、この作品が特異な文体と題材であることに驚きました。
これが女の子たちにもてはやされるのが気になって、放課後黒板に書評のような
ものを黒板に書きました。内容はもはや定かではないのですが、私が書いたのは
「これが単なる青春小説として読まれるのは間違っている。これは主人公(東大
入試が中止になった年、高校生だった世代)が書いた小説でなくその10年前の
世代が書いた小説という点だ。柴田翔のされどわれらが日々の挫折感の流れの先
にあるものを感じ取るべきだ。」
というような内容だったと思います。
当時の私は知性より直感的な情動に従って生きることに魅かれていました。それ
に対してこの作品は、膨大な蔵書を持つ老人のエピソードや主人公と友人との
会話のなかで、幾度も「教養や知」の持つ力を取り戻し世界の混迷と戦っていく
べきだと主張しています。

読み終えると誰しも、作品に隠れた真意を読み解こうとおもうのではないかと考え
「みんな、どう思う?」と訊きたくて黒板に書いた書評でした。

特に、進学校のクラスに数人しかいない女生徒に(本当は憧れていたN子に)問い
かけたつもりでした。それを読んだ国語の教師が
「○○くん。井上靖の補堕落渡海記を読んだことはあるかい?」
と謎の言葉を残しただけで、せっせと自分で黒板を拭いて授業をはじめました。
人生は不可思議で奥深いものだよと、その先生は言いたかったのでしょうか
井上靖と庄司薫の接点は謎のままです。

そののちの3作品も楽しく読みました。寡作なのが残念ですね。
もう77歳なんですか。

『赤ずきんちゃん気をつけて』
これ読んだのはたしか高校1年のときでした。芥川賞の作品を順に読破しようと
試みていた頃です。まず、この作品が特異な文体と題材であることに驚きました。
これが女の子たちにもてはやされるのが気になって、放課後黒板に書評のような
ものを黒板に書きました。内容はもはや定かではないのですが、私が書いたのは
「これが単なる青春小説として読まれるのは間違っている。これは主人公(東大
入試が中止になった年、高校生だった世代)が書いた小説でなくその10年前の
世代が書...続きを読む

Q高村薫「マークスの山」について質問

今さらながら読みました。
「読んでおきたい本」などのランキングでは常に上位に
入るほど人気作品ということも知っています。

お恥ずかしいのですが・・・私にはとても難しく感じました。
しかも私にはどうしてマークスが被害者達を襲ったのか、動機が
最後までわかりませんでした(>_<)
マークスと被害者達との接点なんて触れてましたっけ?
白骨死体となった野村と、マークスが身内なら復讐・・・という
理由で納得できるんですが。
それとも、これは動機は関係ない小説なんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
確かに難しく感じられる本ですよね。

マークスが被害者たちを襲ったのは、
1.マークスが子供の頃両親が無理心中を図り生き延びていた際、その現場を見ていていたらしい。
2.作業現場で働いていた男(名前を忘れてしまいました)がシャベルで殺したという新聞記事を関連付けた(出所後図書館で一生懸命調べ物をしていたとき)
3.その老人と刑務所内で会った。
4.簡単な盗み(赤いもの)をしていたときに、木原に対しての遺書を見てしまった。
ので、マークスという名前も分かった。それから刑務所の時に関係を持った男性の「300万(でしたっけ)を企業から脅し取った」という言葉に重ね合わせてメリーゴーランドが回るように明るい山よりもっとすばらしいことが起こると思って犯行に及んだ。(しかし忘れっぽいマークスはその記憶を無意識の中にしか有さない)。
と私は読みましたが。いかがでしょうか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報