コンタクトの保障期間内なら、自分が割ったり無くしたりしない限り
不都合があれば無料で交換できますけど、購入時に1万、2万と
出しているのに、なぜ次のものは無料にできるのでしょうか。
コンタクト自体、そんなに原価のかからないものなんでしょうか。
交換してもらう度に不思議に思っていました。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 確かに「原価」は安くて30~40円くらいだそうです。


あまり安くすると消費者に不信がられるのか、売れなくなるそうで、また開発費等の金額などを加味してあんなに高価で売られているらしいです。
 個人的には安くしてもらって、次々と新しいものをつけたいと思うのですが・・・(使い捨ても、まだまだ高いですぅ・・・(T.T))
 色々な度数や、お洒落なカラーコンタクトなんかがその時の気分や状況なんかで使い分けできるように、う~~~んと安くして欲しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。確かに100円くらいのコンタクトなんて恐くて目に入れられません
よね。;^_^A
でも、私も使い捨ては質の割に値段が高いと思いますよ。
私の場合、目の質に問題があってなかなか合うコンタクトが見つかりません。
かといってメガネには走りたくないし。

高い開発費を払ってるんだから、いろんな質に対応したコンタクトを作って
欲しいです!

お礼日時:2001/11/14 20:53

原価は分からないのですが、以前コンタクトレンズ屋さんで


アルバイトをしていたので、卸値は知っています。
2万~3万のレンズで5000円くらいです。
(なんだか随分ぼったくりだなあ、と思った記憶があります)
皆さんおっしゃられるように、原価がそんなにお安いのなら
卸値ですら可愛いものかも・・。でもそうか、技術費かあ・・。


ただ、最近、安い眼鏡屋さん出てきましたよね。
コンタクトも、今も安い店はないことはないけど、更にもっと
(原価はともかく)卸値に近い安価店が出てくることもあるかも
しれないですね。う~ん・・デフレがこわいぜぃ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございます。
でもその卸値で保証期間内に何回も替えていたら、店に利益ないですよね?
また使いまわしでもするんでしょうか?新たな疑問・・

昔に比べたらだいぶコンタクトも安くなりました。でもあまりにも安い店って
コンタクトの質が悪いんじゃないかと思ってしまいます。安くするよりコンタクト
の質を上げたり種類を増やしたりしてほしいです。

お礼日時:2001/11/14 20:28

たしか,コンタクトレンズは製造コストがかなり安くて大量生産できるのだけど,


売れる絶対量があまりにも少ないため(そうそう減るもんではない)
値段が高くして利益を出している,って聞いたことあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だから使い捨てを売り込もうとするんですね。
使い捨てで、もっと乱視用の種類を増やしてくれればそちらに乗り換えるのに。

お礼日時:2001/11/14 20:16

聞いた話しなのでどこまで本当かはわかりませんが、コンタクトレンズの原価はかなり安いそうです。

(何百円というレベルらしい)しかし、価格が高いのは、技術開発費がほとんどだと聞きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。開発費に何万も払うなら、何度も替えなくても
いいように、使う人に合わせたオーダーメイドものも作って欲しいものです。

お礼日時:2001/11/14 20:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q標準原価と予定原価の違い

「原価計算基準」の第1章に、「標準原価」と「予定原価」という言葉の意味が次のように定義されています。

標準原価とは、財貨の消費量を科学的、統計的調査に基づいて能率の尺度となるように予定し、かつ、予定価格又は正常価格をもって計算した原価をいう。

予定原価とは、将来における財貨の予定消費量と予定価格とをもって計算した原価をいう。

上記の定義を読んだのですが、「標準原価」と「予定原価」の違いが分かりません。上記の定義によれば、「標準原価」と「予定原価」は全く同じ意味であるように思えます。「標準原価」と「予定原価」の違いは何でしょうか。

Aベストアンサー

予定原価価は格水準においては現実的標準原価と同じ予定価格ですから、次期に予定される価格水準であり、
4つの中ではこの2つが最も近いと言えるでしょう。
相違点は、能率水準において、
予定原価では過去の実績を基礎にしながらも、改善点を考慮した次期に期待される能率水準であるのに対し、
現実的標準原価は正常状態での不能率を許容するが、高能率状態で達成可能な能率水準である点です。

私も専門家ではありませんから、原価計算については1級レベルで学習した内容のことしか、回答できませんが、
質問者様のように原価計算基準のみを深く掘下げて理解したいと思われるのであれば、
やはり書店に足を向けて、複数の書籍から多角的に目を通すことが近道ではないかと思われます。
他にもご質問されていますが、原価管理は複式簿記のベースの上にコントロールされる部分であり、
コストマネジメントとして、広義に理解することも必要です。

Q売価-(仕入原価+原価消費税) の理屈がわからないので教えてください。

サービス業をしていて
(1)売価-(仕入原価+原価消費税)=利益 となる計算とは
どんな理屈なのでしょうか?
思うに
(2)(売価+消費税)-(仕入原価+原価消費税)=利益 だとおかしいの
でしょうか?
(1)の理屈では、税金が他にかかるから? それを踏まえての計算なのでしょうか?
どなたか詳しい方がいらっしゃれば是非アドバイスを頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

例えば:売価100円 仕入原価40円 とします。

これを税込みにすると:売価105円 仕入原価42円 となります。

仕入れ値42円は支出(払わなければならない額)ですが、
売価105円のうち5円は税引きされるので実質収入は100円。

よって(1)により 100円-42円=58円が利益

(2)により 105円-42円=63円 の場合、内5円は税金として支払うので収入にはなりませんので63円-5円で58円となり、
結局(1)の計算になります。
売価の税5円は利益ではありません。
ということではないでしょうか

Q売上原価と製造原価について

製造業で損益計算書の売上原価と製造原価報告書の当期製造原価の違いは何でしょうか?
売上原価の中に、製造原価は含まれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

製造原価報告書の当期製造原価は、当期の製品完成高を表します。

損益計算書の売上原価は、当期以前に完成した製品の内、当期に売上げられた部分を表します。

算式で示せば次の関係となります。
 期首製品棚卸高+当期製造原価-売上原価=期末製品棚卸高

期首、期末とも製品の在庫がゼロの場合は、当期製造原価と売上原価は同額となる関係です。

Q初年度年会費無料のクレジットカードは、2回目も無料になるか

今ほとんどのクレジットカード会社が初年度年会費無料キャンペーンをやっていますよね。以前ダイナースに年会費無料を条件に加入し、1年以内で解約しました。理由はボーナスマイルの加算です。解約して3年くらいたったのですが、再度初年度年会費無料と言う条件で再加入したいと思うのですが、その場合、初回ではないと言うことで自動的に年会費は請求されるのでしょうか。それとも分からず年会費無料で通るのでしょうか。それともカード会社から年会費発生するが加入するかどうか連絡を受けるのでしょうか。できればもし年会費取られるのであれば、カード会社から一言言われれば、その時点で加入見送りとしたいのですが・・・。建前は初回のみと入っていますが、1回年会費無料の特典を受けてしまったら、それ以降は二度と受けられないのか。それとも2,3年たてば再度年会費無料で加入できるのか、憶測で結構なので意見聞かせて頂けますか。よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

二回目ではないですが
年会費の問題で年会費無料になりましたよ

私の場合はアメックスゴールドなんですが
年会費が高く解約したいと申し出たら
年会費をゼロしますので継続してくださいとお願いされて
来年も継続で年会費ゼロの2年目に突入します。

解約されて三年が経過しているのであれば
年会費無料が通用すると思います。
アメックスも年会費が重要ではなく利用額が多ければ年会費はどうでも
利用してもらう方を優先するのだと感じました

Q売価還元原価法の原価率の計算について

売価還元原価法の原価率の計算で、値下は控除するのに値引は控除しないのはなぜでしょうか。当初の原価率、事前原価率と呼ばれるものを算定する際に、売上から値引を控除しない理由は理解できるのですが、売価還元原価法の原価率の計算ってざっくりいうと期中の平均的な原価率であって、当初の原価率、事前原価率ではないですよね?当初の原価率、事前原価率を求めているのではないのだから値引も値下と同様に控除してもいいのではと思ってしまっています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

値引は、既に売れてしまった商品の売上高に対する修正ですね。

これに対して値下は、まだ売れていない在庫中の商品に対する売価(値札)の修正です。

売価還元法では、期末在庫商品は一次的には売価(値札)で評価されますが、このとき用いられるのは値下後の売価です。
一方、原価率の計算では、分子から値下を控除することで原価率が上がる方向で修正されます。

このことで、値下後の売価による評価額の目減分を原価率のアップで補正するということではないでしょうか。

以上の計算に、既に売れてしまった商品に対する値引を持ち込む余地はないと思います。

Q捨印がにじんでしまったのですが、不都合はありますか?

北海道日本ハムファイターズオフィシャルファンクラブの年会費引落し用預金口座振替依頼書を書くとき、金融機関届け印は鮮明に押せたのですが、捨印がにじんでしまいました。
ゆうちょ銀行も選べる用紙ですが、私はゆうちょ銀行ではない銀行の引落しを希望しています。
捨印がにじんでいて、何か不都合はありますか?
ここの過去ログを読むと、捨印を押すと後からいくらでも修正できるから怖いよみたいなことが書かれていますので。

Aベストアンサー

>捨印がにじんでいて、何か不都合はありますか?
ありません。
なくても問題ありません。
通常、捨印は押してもよっぽどのことがない限り、使われることはありません。

>捨印を押すと後からいくらでも修正できるから怖いよみたいなことが書かれていますので。
本来、間違いがあった場合に余白に印鑑をし、訂正事項を記載するものですが、それを事前に押してしまうのが捨印です。
書類の提出先にもよるでしょうが、日本ハムファイターズオフィシャルファンクラブの年会費引落し用預金口座振替依頼書なら問題ないと思いますね。

Q製品原価は、ある場合には期間原価でしょうか

「原価計算基準」第一章、四、(二)に、次の『 』内のようにあります。

『製品原価とは、一定単位の製品に集計された原価をいい、期間原価とは、一定期間における発生額を、当期の収益に直接対応させて、把握した原価をいう。』

財務諸表において売上原価を示す場合など1会計期間の製品原価について見る場合は、当該製品原価は上記定義に言う「一定期間における発生額を、当期の収益に直接対応させて、把握した原価」であるので期間原価の1種でもあると思うのですが、そのような理解で正しいでしょうか。

Aベストアンサー

正しくないです。

 製品原価と期間原価を対比して書いていると言うことは、製品製造にかかった費用は製品原価として製品に対応して管理(計算)し、製品原価に対応付けられないものは期間原価(費用)として管理(計算)しなさいということです。
 製品原価は、その期に売り上げなかったものは翌期に持ち越さなくてはいけませんし、前期からの繰越在庫を今期売り上げた場合は今期に計上しなくてはいけません。

Q東京駅の新幹線切符売場付近で、 「◯◯往復、2万円の切符、1万5千円で買いませんか?」 って売り歩い

東京駅の新幹線切符売場付近で、
「◯◯往復、2万円の切符、1万5千円で買いませんか?」
って売り歩いたら、買う人いますかね?

Aベストアンサー

クレジットの払い戻しはこんな感じ。
http://faq.jr-central.co.jp/detail/faq000072.html
必ずしも振込ではないですが、振込だと問題があるんですか?

諸事情あって現金でないと困るのなら...
厳しいですねえ。

Q管理会計論(原価計算)の直接原価について。

管理会計論では、直接原価計算で直接原価が出てきます。

ここで、そもそもなぜ直接原価計算において変動費全般を「直接原価」というのでしょうか?


直接原価は直接費とは異なる概念ですが、どういう背景から直接原価という若干紛らわしい名前がつけられたのでしょうか?

変動費のどの点に着目して直接原価と捉えるのか、具体的な良いイメージがわきません。


その趣旨等をどなかご教示くださいませ。

Aベストアンサー

原価計算制度においては諸種の原価概念の区分が生じます。その一つが、全部原価と部分原価という区分です。
・全部原価:一定の給付に対して生ずる全部の製造原価又はこれに販売費および一般管理費を加えて集計したものをいう。
・部分原価:そのうち一部分のみを集計したものをいう。

部分原価は、計算目的によって各種のものを計算することができますが、最も重要な部分原価は、変動直接費および変動間接費のみを集計した直接原価(変動原価)です。ここで、「直接原価」という言葉が登場します。

また原価は、製品との関連において直接費と間接費とに区分されます。つまり原価の発生が一定単位の製品の生成に関して直接的に認識されるかどうかによって直接費と間接費とに区分されるのです。


原価計算については、「原価計算基準」で詳しく勉強して下さい。↓
http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00153/standard.pdf

※原価計算基準:昭和37(1962年)年11月、大蔵省企業会計審議会公表

Q原価と利益

原価と利益の差が大きいものってなんでしょうか?
例えば、聞いた話なんですが宝石なんかはものすごく安いものを高く売っているとか…
理由はそうしないと商売にならない、や、宣伝費が多くかかる、や高い方が買い手が出るなんていうものだそうです

家や化粧品などの生産費と売値の差はどのくらいなのでしょうか?人件費などを抜いて教えてください

Aベストアンサー

「儲けのカラクリ」という本があります。
それによると、
100万円のダイヤの石の原価が4分の1程度となっています。
化粧品の製品原価率は40%とか。
少し以前の本ですが、面白いです。


人気Q&Aランキング