腰椎圧迫骨折の治療法などについて教えて欲しいです。また、コルセットの効果や使い方なども教えていただければ…と思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

骨折の程度と神経圧迫症状の有無によって治療方針が異なるようです。


原則は圧迫症状がが少ない場合や高齢者は安静と簡単な固定を補助的に行うことです。

■高齢者の場合
 
高齢者の場合は、基礎疾患に骨粗鬆症があるために簡単に起こります。骨粗鬆症の治療も行うことで続発するのを防ぎます。安静にしてもなかなか腰痛がとれない場
合があり、ある程度になるまで2-3ヶ月かかることも多いようです。痛いときはきちんと寝かせる。痛みがとれ出したら徐々に日常生活に戻す。中途半端な安静で、痛みが続くのが最も危険です。筋力トレーニングは主に腹筋と大腿四頭筋の筋力を中心に行います。

■若年者の場合

軽度なら安静と、腰椎バンドで治療します。圧迫度が大きく、不安定性が疑われるなら入院治療が必要です。圧迫を整復して、体幹ギプスを巻きます。さらに、下肢の痛みや麻痺など神経症状があれば手術も必要です。

コルセットは痛みを和らげるため、可動域を制限し無用な痛みを起こさせないように用いるものです。原則起床中はつけておくことです。

他科ですので経験者とします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早くに回答していただいて、ありがとうございます。とてもよくわかりました。コルセットのことも教えて頂いて、本当に助かりました。

お礼日時:2001/11/10 15:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腰椎圧迫骨折の治療方法と病院の対応について

86歳の義母について質問させてください。
昨日、玄関先で義母が転び、かかりつけの医師のところで受診したところ、『第一腰椎の圧迫骨折』と診断されました。安静にしなければならないということで、そのまま総合病院に入院することとなりました。総合病院では入院時外科の医師しかいなくて、「病状については明日整形外科医から説明します」と言われました。
そして今日、私が仕事を終えて見舞いに行きましたところ、義母はコルセットをしていました。簡易的なものでしたが、義肢メーカーの方が直接来られて装着してくれたとのことでした。そしてベッドサイドには3000円の請求書が置いてありました。
それだけではありません。その後、また別の義肢メーカーの方が来て27000円のコルセットを装着するための採寸と、『お立替書』なるものが置いてありました。後日支払うようにと書かれています。
家族に病状を説明してくれることも全くなく、コルセットの請求書だけが、業者から一方的に渡されている状態です。幸いにも今夜主治医が当直の為、詳しい話を聞きに行く予定にしています。
そこで質問です。
このような、業者だけからの販売にも自費で支払わなければならないのか。圧迫骨折にはこのコルセットは絶対必要なものなのか。そして、業者が直接病室まで来て名刺を置き、採寸し、請求書を置いていく(看護士の同席ナシ)のは普通のことなのでしょうか。
不勉強な私に教えてください。

86歳の義母について質問させてください。
昨日、玄関先で義母が転び、かかりつけの医師のところで受診したところ、『第一腰椎の圧迫骨折』と診断されました。安静にしなければならないということで、そのまま総合病院に入院することとなりました。総合病院では入院時外科の医師しかいなくて、「病状については明日整形外科医から説明します」と言われました。
そして今日、私が仕事を終えて見舞いに行きましたところ、義母はコルセットをしていました。簡易的なものでしたが、義肢メーカーの方が直接来られて装...続きを読む

Aベストアンサー

わかる範囲でお答えします。

コルセットの費用については補助金が出ました。業者の方が請求先を教えてくれると思います。

腰椎圧迫骨折には、コルセットは
「絶対に必要です!!!!!!!!!!!!!」
固定しておかないと、折れ方によっては下半身不随になりますよ。
高齢であることもあり、骨量の低下からの骨折かな?と思いますが、早急に直してあげないと寝たきりにさせてしまいます。
それに、上手く直してあげないと、不随にはならなくても背中に一生残る痛みを背負わせてしまいます・・これは本人にしかわからない、四六時中感じる鈍痛です。本人さん苦しいですよぉ。

名刺云々については、分かりません。

貴方が請求された金額が気になるのか、それとも貴方に請求が来るまでの段取りが気に障ったのか、それは分かりませんが、コルセットは早急に付けてあげてください。その方が結局、お義母さまのためになります。

Q腰椎圧迫骨折について

腰椎圧迫骨折について知りたいのですがあまりよい文献などがみつかりません。また、文献で探す際には脊椎圧迫骨折という索引で探した方がよいのでしょうか?何を目安でコルセットを外すのか、何を目安で歩行器とするのかなどや看護についても知りたいのですが・・・良い文献や質問に対するご回答ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ふたたび、こんにちはです。
固定が強すぎると、呼吸するのがつらいという方もおります。内臓が圧迫されて呼吸が困難ということもあると思いますが、胸部の方がきつくて呼吸が困難ということもあると思います。
 あとギプスを巻く場合も、おなかのところはくりぬいています(教科書的にも)。
 たぶん、食後はギプスがきつくなるからでしょうか。また、寝ているときは大丈夫ですが起き上がるとおなかの部分がきつくなります。
 おなかを閉めすぎると、腸の動きが悪くなくなって便秘気味になるのかわかりませんが、トイレで踏ん張ることができないといわれたことがあります。
 そのときは、腹部のカットを大きめに切りなおしたら、だいぶ楽なようでした。
 つまり、腹部に圧迫をしすぎると何かとつらいようです。

Q第一腰椎圧迫骨折後の注意すべきこと

第一腰椎圧迫骨折の受傷後6ヶ月余り経過しました60歳の男性です。ほぼ受傷前の状態になりつつあります。今後生活の上でどのような事に注意が必要でしょうか。また、今回の圧迫骨折が原因で今後起こると思われる症状など教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

リハビリ関係の仕事をしています。

 腰部の圧迫骨折後ですが、6ヶ月も経つとほぼ骨も固くなってきておりに日常の生活において現状で問題なければ特に心配されるようなことはないと思います。ただ、一度、腰の骨を折っていますので、今後痛みが出てくる可能性は十分考えたれると思います。
 注意点は以下のことを気をつけてみてください。
  (1)椅子などに腰掛けるときにはゆっくりと座るようにしてください。
  (2)腹筋・背筋の筋力をつけるようにしてください。
  (3)重たいものを持つときは、腰に負担がかからないよう、両方の腕に均等に荷物を持つようにしたり、リュック等で背中に背負うようにしてください。
 以上のことを少し心がけてみてはいかがでしょうか?もちろん、ウォーキングもとてもお勧めです。
 また、今後、もし、腰が痛いとき、足にしびれや痛みのようなものを感じるときはすぐに主治医に聞いてみてください。動けないほど痛いときは安静にすることもとても大事なことですよ。
 
 一度、骨折をしてしまうとなかなか不安になり動かなくなってしまう人が多いのですがこれは実際には逆効果です。動かなくなってしまうと結局運動不足になり、腰の周囲の筋力も弱くなり、腰を痛めてしまう原因を作ってしまいます。基本的に、痛みがなければ大丈夫です。ご自分の体と相談しながらどんどん動くようにしていただければと思います。

リハビリ関係の仕事をしています。

 腰部の圧迫骨折後ですが、6ヶ月も経つとほぼ骨も固くなってきておりに日常の生活において現状で問題なければ特に心配されるようなことはないと思います。ただ、一度、腰の骨を折っていますので、今後痛みが出てくる可能性は十分考えたれると思います。
 注意点は以下のことを気をつけてみてください。
  (1)椅子などに腰掛けるときにはゆっくりと座るようにしてください。
  (2)腹筋・背筋の筋力をつけるようにしてください。
  (3)重たいものを持つときは、腰...続きを読む

Q腰椎圧迫骨折

昨年、交通事故に遭い第1・2腰椎圧迫骨折 全治2ヶ月と診断されました。
経過観察も含めて、6ヵ月後に完治。診療終了との判断がされました。
その時は仕事も本格的に復職してませんでしたし、コルセットで腰をかばっていたので、痛みもなく「直った。良かった。」と思っていましたが、それから3ヶ月位してから腰に違和感と足に痺れがあり、再度医者に行きましたが「骨は接合してます。治療は終了しています。」と言われ「腰の痛みと足の痺れは、事故前からヘルニアがあったみたいですから、それが悪化したんでしょう。事故との因果関係は証明できません。」しまいには「しつこく痛がって、事故のせいにしてると逆に訴えられますよ。」と捨て台詞を吐きました。
それから約半年、我慢してますが腰の痛みと足の痺れは未だに治りません。
加害者(相手方の保険会社)とはまだ示談していません。

1、接合完治した腰椎は、ほんの少しですが曲がったまま接合しています。程度によるでしょうが、少しでは後遺症障害にならないのでしょうか。頚椎ではレントゲン等ではっきり証明できなくても、本人がめまいや吐き気(むちうち)を訴えれば認定なるような話も聞いたのですが。

2、もともとあったヘルニア部分が事故によってさらに悪化した。という証明はできないと言われています。私は、腰椎が骨折するほどの衝撃を受けていながら、悪かった部分(弱くなっていた部分)に影響が無い分けないでしょうと言ってるのですが、「医学的に証明できない」との事です。(2箇所の整形外科が同じ事を言います。)そんなものなのでしょうか。

建設業界で従事している身で、事故後の労働能力は格段と低下しました。実際の痛みや痺れと、無理をすればまた痛くなるかもという恐れからです。弁護士に相談も考えていますが、なんといっても医者の診断でしょうから。

経験者や専門家のご意見・アドバイスお待ちしております。どうか宜しくお願い致します。

昨年、交通事故に遭い第1・2腰椎圧迫骨折 全治2ヶ月と診断されました。
経過観察も含めて、6ヵ月後に完治。診療終了との判断がされました。
その時は仕事も本格的に復職してませんでしたし、コルセットで腰をかばっていたので、痛みもなく「直った。良かった。」と思っていましたが、それから3ヶ月位してから腰に違和感と足に痺れがあり、再度医者に行きましたが「骨は接合してます。治療は終了しています。」と言われ「腰の痛みと足の痺れは、事故前からヘルニアがあったみたいですから、それが悪化した...続きを読む

Aベストアンサー

医学的に言えばお医者様が言われる通りだと思います。

事故前にヘルニアが合ったかどうかなんて事故前に診断していなければ分かりません。
事故によって起こったヘルニアなのかまたそれが悪化したのかは診断出来ません。

保険会社にもよりますがだいたい保険会社では頚椎で何ヶ月、腰椎で何ヶ月、こう言う傷では何ヶ月と言った様なマニュアルみたいな物があります。それを超えると病院側に問い合わせが来て医者が今日で治療が終了です。と言えばその後は自己の保険診療になります。
つまり事故扱いの保険が使えなくなります。3ヶ月間、治療をしていないのであれば尚更、終了扱いになったのでは?
一度、終了するとなかなか事故との因果関係が証明出来ず打ち切られてしまいます。

後遺症として認定されるかは診断書の内容や先生の判断、保険会社の判断になると思います。ムチ打ちでも同じです。治療を一定期間終えればそれまでです。

確かに素人から見ればこう言う事故をしたんだから障害が残っても仕方が無いとかヘルニアを悪化させた色々な事があると思いますが本当に医学ではなかなか証明出来難いと思います。

医者では無いので医学的にどうだと言われればお答え出来ませんがたくさんの方を見て来て本当にそれが現実だと思います。

後遺症として認定されれば良いと思うのですが医者ともう一度、相談されてはいかがですか?治療に関しては厳しいと思います。

後は相手方と示談される事だと思います。

医学的に言えばお医者様が言われる通りだと思います。

事故前にヘルニアが合ったかどうかなんて事故前に診断していなければ分かりません。
事故によって起こったヘルニアなのかまたそれが悪化したのかは診断出来ません。

保険会社にもよりますがだいたい保険会社では頚椎で何ヶ月、腰椎で何ヶ月、こう言う傷では何ヶ月と言った様なマニュアルみたいな物があります。それを超えると病院側に問い合わせが来て医者が今日で治療が終了です。と言えばその後は自己の保険診療になります。
つまり事故扱いの保険...続きを読む

Q腰椎圧迫骨折後の仕事

現在46歳男性ですが、7年ほど前に腰椎圧迫骨折をしました。
今も頭を洗う時など少しの動きに痛みがあります。

職場をリストラされて今回再就職しました(まだ2日目ですが)
腰の使わない仕事を探していたのですがこの歳だとなかなか見つからずやむを得ず就職しましたが
新しい仕事は思ったより力仕事なので腰のことを心配しています。
ふんばる作業が多く、15kgぐらいの物を運ぶ仕事もあります。

二日目でかなり腰が痛くなってきました。
このまま作業して腰がよけいに悪くならないかと不安です。
アドバイス等ありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

七年もたっていますので、圧迫骨折がどうこうということはないと思います。ただほか腰痛疾患を心配しなくてはいけませんね。例えば変形性腰椎症、腰椎椎間板症や脚の症状を伴う腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などです。これらは老化現象や仕事、体格になどで良し悪しがわかれます。

本来ならば腰に負担のかからない職業にされた方がいいと思いますが、それが無理なのであれば腰回りをしっかり鍛えること、痛みが出たらすぐに治療することです。これを怠ると今の仕事も長続きはしないと思います。もう一度言います。腰回りをしっかり鍛えること、痛みが出たらすぐに治療することです。

腰回りを鍛えるとは具体的には骨と筋肉です。骨は屋外ウォーキングで鍛え、筋肉は腹筋背筋を中心にした筋トレがいいでしょう。治療とは病院でのお薬、電気や牽引などのリハビリ、鍼治療などです。

しかし状況によっては再検査が必要かもしれません。痛みがあるとのことなので、まずは病院に行かれてみてはいかがでしょうか。レントゲンとは病院でしか撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

七年もたっていますので、圧迫骨折がどうこうということはないと思います。ただほか腰痛疾患を心配しなくてはいけませんね。例えば変形性腰椎症、腰椎椎間板症や脚の症状を伴う腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などです。これらは老化現象や仕事、体格になどで良し悪しがわかれます。

本来ならば腰に負担のかからない職業にされた方がいいと思いますが、それが無理なのであれば腰回りをしっかり鍛えること、痛みが出たらすぐに治療することです。これを怠ると今の仕事も長続きはしないと思います。もう一度言い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報