最新閲覧日:

長年の疑問なのですが、よくセーターに使われるアンゴラ
の毛って、その為にうさぎは殺されるのでしょうか?
バッグで皮が付いているものなどは、きっとそうなの
でしょうが、ふわふわした洋服になった、うさぎは
どうなのでしょう?ヤギや羊のように、毛をそられる
のでしょうか???そうだったらまだいいのですが。

もし殺されて作られるものなら、一生身につけたくない
と思いまして・・

ご回答お願い致します。

A 回答 (1件)

アンゴラ兎はトルコが原産で毛皮を取るのが目的で飼育されています。

イギリスヤフランスで改良されたアンゴラもおり、こちらは小型のようです。昭和初期には日本でも飼育され、1942年(昭和17)にはアンゴラの飼育頭数が世界一になったこともあるそうです。日本での飼育は昭和30年までで現在は毛皮をとるための飼育はなく観賞用です。

お尋ねの件は残念ながら毛皮をとるのが主目的です。あなたの身近にも皮に毛のついた製品があると思います。一方、毛を刈って繊維として織物に加工されるものもあります。どちらが多いかは分かりません。

毛皮を着ない運動が盛んになり、欧米では毛皮を着て外出すると非難の目で見られたり、いたずらされるので毛皮は一部の愛好者のものになっています。アンゴラがかわいそうではなく、毛皮の需要が伸びると密漁が盛んになり動物の生態に影響が現れるから反対運動が盛んな訳です。

カシミア、アルパカ、アンゴラ山羊などの毛は刈り取るので動物虐待ではないと思います。石器時代の着物である毛皮に拘らず二十一世紀らしい合繊を利用すべきです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ