知人女性40歳。右膝半月板損傷の間接鏡の手術(外側半月高原中央部に亀裂めくれは切除、他滑膜炎の個所は平らに)から2週間が経過、現在リハビリに通院して順調に回復しています。困ったことに、左膝内側(膝が折れ曲げた時に出来る、お皿の下のくぼみ)に手術前からジンワリとした痛みはあったのですが、手術後の負担が大きかったのか、都度痛みを感じるようになりました。右膝に起こったようなロッキング症状はなく、日常生活に問題はないのですが、動作の有無にかかわらず違和感があります。整形で検査と言われたのですが、右膝も治りきっていないのに不安です。現在こらえられないような痛みではないので続けての手術は家族の負担を軽減する為にも出来れば少し先に延ばしたいのですが、やはり先に延ばせば悪化しかないのでしょうか。放置して治るでしょうか?つたない素人表現でわかりにくいとは思うのですがどこが悪いのでしょうか。半月板がつぶれちゃってるのでしょうか?滑膜部分でしょうか。(ところで滑膜って何かしら?)ご助言頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご質問の内容すべてを知るために整形で検査と言われたのではありませんか。

検査結果により、治療についての希望も医者に言って、今後の治療方針を決めて貰ったら良いと思いますが、いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知人のかかりつけにしている整形外来は予約していても待ち時間が大変長く(どちらの病院も同じ状況でしょうか)乳幼児連れの受診も大変で、短期入院でも家族の負担が大きかったので、検査に踏み切る前に何らか手がかりが得られればと思いまして投稿した次第です。ご助言ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/20 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膝半月板縫合手術後の膝が

抜けそうな感覚になる事ないですか?

こんにちは。11月に膝半月板損傷の為、縫合術をうけました。
現在手術から1ヶ月経過し、ようやく120°くらいまで曲げる事が
できる様になりました。(手で補助しながらですが。。)

しかし仰向けに寝て、足の力だけで膝を曲げる動作の時に膝が抜けそう
になって激痛を伴う事があります。力を抜いて寝た状態で股を広げる感じ
で膝を外に開く時にもたまに膝が外れるんじゃないか?って感覚で激痛
が走る事があります。

 これは単に1ヶ月間に筋肉が弱ったからで、何ヶ月後かには改善できる
ものなのでしょうか?

ちなみに私の場合、半月板の内側は生まれつき下の軟骨に全くくっついて
いません。関係あるかどうかはわかりませんが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは 半月板縫合手術ではなく
半月板部分切除をした経験がある者ですが
僕にもまったく同じ症状があります
残念ながらそれは筋肉が弱ったなどは関係なく、
これからもその症状は治らない気がします
僕は手術して弱った筋肉を元に戻してから2年近く経ちますが
いまだに質問者様と同じような症状がたまにでてますから
あれ痛いですよね 膝のスジが捻じ曲げられるような・・・
まぁ切除とは違って縫合手術ですし その症状は今だけかもしれません
とりあえず今できることは右足全体の筋トレでしょう

Q人工膝関節手術後の膝周囲の締付け感と痛みで苦しんでいる

50代女性です。関節リウマチの為、人工膝関節の手術を受け8カ月が経過しましたが、術後からお皿周囲の、特に下側の皮膚下の肉が厚くなり、腱と癒着したまま、一向に改善されません。
お皿の上から触ると感覚も鈍く、金属のお皿を埋め込まれているような異物感、痺れと痛みがあります。曲がりは95度位です。
関節そのものはレントゲンでは異常無しです。しかし、立ち上がり体重をかけた途端、膝周囲が幅広のゴムバンドでギューッと締付けられたようになり、歩き出すと膝が硬直し、辛くて10分も歩けません。膝の曲げ伸ばしをすると、その部分がグキグキと音がします。
執刀医に訴えても、首を振るだけで、このような症例は無い、と取り合って貰えません。他の整形外科でも分かって貰えず、何の為の手術だったのか、苦痛の毎日です。どなたか、原因と対処法をご教示頂ければ有難いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。
補足ありがとうございます。


レントゲンで関節に異常がないわけですから、関節の可動域制限(膝の動
きに制限がある)、手術の傷による突っ張り感や、腱・靭帯など軟部組織
の拘縮、太もも前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力低下が原因かと思います
が、腰からの原因もあるかもしれません。回復傾向がまったくみられない
ようなら、腰も調べてもらったほうがいいかもしれません。

今病院でリハビリはしていないのですね?リハビリ科のある街のクリニッ
クであれば、マンツーマンにリハビリしてくれるところがあると思います
よ。どうしても自分で出来ない範囲とかも出てきますので、探してみては
いかがでしょうか?とりあえず、今回は自分でできる膝の機能改善に主眼
を置いて回答します。


膝の動く範囲(可動域)に問題があるようですので、まずはこれを改善し
なくてはなりません。手術はそれで終わりではありません。人工関節など
はその機能から正座はできませんから、毎日なんらしかリハビリは必要だ
と思います。

リハビリといっても難しくありません。どんな体勢でもいいので「限界ま
で」曲げることです。正座は膝の可動域を最大に使う動きです。自前の膝
であれば無意識に可動域いっぱいまで使うので、特にリハビリなどは必要
ないですが、人工関節の方は最大可動域まで使うことをしないので積極的
リハビリを行ってください。やり方は、仰向けに寝てかかとをお尻につけ
る意識で膝を曲げましょう。しかし95度だとこれだと少しやりにくいと思
います。足首にタオルかけてそれを引っ張り、引き寄せるように膝を曲げ
ましょう。人工関節の方はMax120度です。そこまでリハビリが進んだら絶
対に無理しないで下さい。

次に膝の伸びです。10度伸びていないということなんで、やはりこれは
改善したいですね。伸びの可動域訓練をご紹介します。
==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しましょう
(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くことも)。

(2)つま先を直角にし(伸ばさない)、腿の下(膝の上)に両手を重ねて置
きます。

(3)ゆっくり下に押し込みます。10秒ほど数えてゆっくり離しましょう。こ
れを10回、朝晩一回ずつ行ってください。

※お皿を直接押さないで下さい!! グイグイ反動をつけて押すのも厳禁
です!!
==========

伸ばしも曲げも「ちょっと痛みを感じる範囲」まで行ってください。「限
界まで丁寧に行う」というのが最大のポイントです。


後は歩き方ですが、かかとからしっかりついていますか?膝の痛みがある
方は、実は踵からつかず、つま先側から着きがちです。しかしこれは膝の
曲げを助長してしまう歩き方です。しっかり「踵からついて歩く」を意識
してみてください。


次は筋トレです。膝にとっても最も重要な筋肉は前述した大腿四頭筋で
す。ここの筋トレをご紹介します。
==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しまし
ょう(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くこと
も)

(2)つま先を直角にします(伸ばさない)。膝を曲げずゆっくり足を持
ち上げます。こぶし一つ分ぐらい上げてください(上げすぎると効果が
ありません)。

(3)10秒数え、ゆっくり下げます。間をあけず、すぐもう一度繰り返し
てください。これを左10回、右10回します。これを1セットとして2セ
ット行ってください。

(4)楽になってきたら、ゆっくり数えたり、15回にしたりしてください。
各ポイントをしっかり抑えて行ってください。
==========


次はウォーキングです。
ウォーキングは筋肉のほかに骨も鍛えます。逆に言えばウォーキングしな
ければ骨が弱ってしまいます。適度なウォーキングは血流がよくなり軟部
組織を柔軟に保つなど、いいことばかりです。ですから屋外のウォーキン
グは絶対に必要です。まずは5分からはじめましょう。5分をしばらく続け
て、徐々に徐々に時間を延ばしてください。決して急激に増やさないで下
さい。次の日まで痛みが残るようならやりすぎなので、ご自分で加減して
ください。最終的には20分から30分歩ければ十分です。それ以上歩くこと
デメリットが出てしまいますので注意しましょう。


ロキソニンなどの消炎剤は飲んでいないですか?あまり痛いようなら医師
に聞いてみてはいかがでしょうか?痛い所にシップを貼って、マッサー
ジ、ストレッチ、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる恐れがあるので
控えたほうが良いと思います。


ここに書いたことは必ず主治医に確認を取ってから実践してください。
急に長々と書いて申し訳ございません。何かわからないことがあれば何で
もいいので聞いてください。

No.1です。
補足ありがとうございます。


レントゲンで関節に異常がないわけですから、関節の可動域制限(膝の動
きに制限がある)、手術の傷による突っ張り感や、腱・靭帯など軟部組織
の拘縮、太もも前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力低下が原因かと思います
が、腰からの原因もあるかもしれません。回復傾向がまったくみられない
ようなら、腰も調べてもらったほうがいいかもしれません。

今病院でリハビリはしていないのですね?リハビリ科のある街のクリニッ
クであれば、マンツーマンにリハビリし...続きを読む

Q夕方から急に右足が痛くなりました 成長痛のような感じの痛みで、膝から下がまず痛くなり、そこから右足全

夕方から急に右足が痛くなりました
成長痛のような感じの痛みで、膝から下がまず痛くなり、そこから右足全体に痛みが広がりました。
歩けないことはないのですが動かさないでいるととても痛いです。
揉んだり、さすったりしても意味はありませんでした。

なにかの病気なのでしょうか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ずっと動かないでいた、といったことはありませんか?いわゆるエコノミークラス症候群などでもその王な症状が出る場合がありますね。

Q膝の半月板切除手術

昨年、主人が交通事故に遭い半月板を40%切除する手術を受けました。

4ヶ月程リハビリしながら自宅療養の後、職場復帰しましたが
2ヶ月で再発、再度残った半月板の殆どを切除する再手術を受け、
5ヶ月が経ちます。
痛みはとれず、階段の昇降や長時間の歩行、立っているのも辛い状況で
休職しています。

経験された方や詳しい方に質問なんですが、
こういった手術をしたあとは痛みはとれないものなんでしょうか。
立ち仕事なのでなかなか復帰できずやきもきしています。

主治医の先生はこのあたりでは整形外科では有名な病院の先生で、
信頼できる方ではあるのですが、
今後が心配で色々と質問しても「そんなものですよ」としか返答がなく、
いつになったら痛みがやわらぐのか、復帰できるようになるのか
「わからない」と言われてます。

周りに経験した人がいませんので、この場で質問させていただきました。
他の病院にかかるべきなのか、本当にそんなもので時期におさまっていくものなのか。
教えていただければと思います。

Aベストアンサー

No.2です。補足ありがとうございます。


>今現在治療の内容としては消炎剤を塗って膝を暖めたり筋トレや膝の曲げ伸ばしの運動をしたり電器治療のような事を主にやっています。

飲み薬は飲んでいないのですか?痛みが強い時は飲み薬も有効ですから、医師とよく相談されてください。曲げ伸ばしはどのように、どの程度行っていますか?電気治療とは病院のリハビリですよね?週何回行っていますか?


>今の段階では正座はまったく無理です。膝も途中までは伸びますが完全に伸ばすことは出来ません。最近では手術前の膝の状態に戻りつつあります。

ということは、動きに関していえば以前の方がよかったということですか?今は何度くらい曲がりますか?イスに座り、膝の角度が直角にならなければ90度以下になります。それ以上曲がるときは、寝て行ってみてください。

Q半月板?膝の急な痛み

わたしの父が仕事中、座って立とうとしたときいきなり膝のあたりが急激に痛み、少し動かすだけでも痛い、痛いと言って、そのたびに救急車で運んでもらって病院で診察してもらっています。
しかし、何ヶ月かに一度、その症状が起こり、はっきりとした原因もわかりません。良い病院、このような症状が起こる原因がわかるかた教えてくださぃ。
近畿地方に住んでいますが良い病院ならぜひ教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

屈曲後、膝の激痛とともに伸ばせなくなるエピソードは半月板によるロッキングという現象がもっともポピュラーだと思います。
何度か救急車に運ばれ、その都度麻酔を関節内にかけてロッキングを解除されているのだと理解しています。
または、関節ねずみという遊離体によるものも考えられます。

半月板の手術は関節鏡という内視鏡手術になりますので、関節鏡に精通したドクターに診てもらうことをお勧めします。大阪、神戸には有名な先生がいらっしゃるので、お調べください。ただ、有名な先生ほど忙しくてなかなか手術日が決まらないこともありますし、各県に数箇所は日常的に手術をしている病院があるはずなので、お調べすることをお勧めします。

あと、手術は切除術と縫合術のどちらかになりますが、お父様の年齢、半月の損傷部位、程度、半月の変性の程度で術式が決まります。
ねずみであれば、取るだけですが、いくつもある場合は結構厄介です。

ちなみに、切除だと4-6週間、縫合だと10-12週間は重労働を避けたいといわれるでしょうね。

とにかく、一度キチンと整形外科を受診して、MRIを撮り今後の治療を相談してください。

あまり書くと「ボツ」になるそうなので、これくらいにしておきます。

(診断名を書くのもやばいそうです)

こんにちは。

屈曲後、膝の激痛とともに伸ばせなくなるエピソードは半月板によるロッキングという現象がもっともポピュラーだと思います。
何度か救急車に運ばれ、その都度麻酔を関節内にかけてロッキングを解除されているのだと理解しています。
または、関節ねずみという遊離体によるものも考えられます。

半月板の手術は関節鏡という内視鏡手術になりますので、関節鏡に精通したドクターに診てもらうことをお勧めします。大阪、神戸には有名な先生がいらっしゃるので、お調べください。ただ、有名な先...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報