槙野修さんという方の「落語で江戸を聴く」という本を音訳しなければならないのですが、以下の言葉の読み方がわかりません。

「号け」「八千八声」「八杯豆腐」「旬魚」「旬味」

色々調べたのですが、広辞苑でも載っていませんでした。
また、固有名詞なので念の為確認したいのが

大仏次郎さんの「浅妻舟」、作家の「山本昌代」さん「飯島友治」さん

わからないのは「」内の言葉です。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 単語の読みが、左から順に、



「なづけ」
 →名付ける

「はっせんやこえ」
 →それほどに時鳥が一日に鳴くと言われている
 →民話等有り。

「はちはいどうふ」
 →細長く切った豆腐を、出汁4杯・醤油2杯・酒2杯(計8杯)で煮た料理。
 →別名 うどん豆腐
 →一説には美味しくて「八杯」食べられるからとも。

「しゅんぎょ」
 →旬の魚。店の名前(?)に頻出。

「しゅんみ」
 →旬の食材(の味)。同上。

 おまけが、

「あさづまぶね」
「やまもとまさよ」さん
「いいじまともはる」さん

 ということで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご説明を有難う御座います。
非常に助かりました。本当に有難う御座いました。

お礼日時:2005/09/20 23:09

「号け」・・・なづけ(古語)


「八千八声」・・・はっせんやこえ
「八杯豆腐」・・・はっぱいとうふ(どうふもあるかも)
「旬魚」・・・しゅんぎょ(しゅんなもわずかに)
「旬味」・・・しゅんみ(しゅんあじもあり)


あさづまぶね
やまもとまさよ
いいじまともはる

ちなみに「飯島友治 とも」のように推測した形で検索すると全部引っかかりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

成程、次回からそうします(^^)。
ご回答有難う御座いました!

お礼日時:2005/09/20 23:12

「号け」:なづけ


http://homepage2.nifty.com/honkoujipriv/mh_jofuk …
「八千八声」:はっせんやこえ
http://wageiidiom.cocolog-nifty.com/takmat/2005/ …
「八杯豆腐」:はちはいどうふ、はっぱいどうふ
http://www5.ocn.ne.jp/~wangan/tokusyu/kyodoryori …
http://kobe.cool.ne.jp/kyaraya/kaiseki03-hajimet …
「旬魚」:しゅんぎょ
http://www.kikumasamune.co.jp/guide/list/758/son …
「旬味」:しゅんみ
http://www.kikumasamune.co.jp/guide/list_h/h193/ …

「浅妻舟」:あさづまふね
http://www.kamoltd.co.jp/katalog/b-asadu.htm

「山本昌代」:やまもとまさよ
http://www6.ocn.ne.jp/~serene/site2.book/sub1.in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに詳しく書いて頂いて感激です。
本当に助かりました。有難う御座いました。

お礼日時:2005/09/20 23:03

八千八声:はっせんやこえ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難う御座いました。

お礼日時:2005/09/20 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大仏次郎の小説

大仏次郎の小説で、入院患者が看護婦にどうのこうの・・・という内容の小説があるそうなのですが。
タイトルや収録されている文庫の詳細情報をご存知の方、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

こんにちは、「帰郷(毎日新聞社)」の事ですか?

Q平出修の「計画」。見つかりません

お世話になっています。
以前こちらで紹介していただいた明治時代の弁護士、平出修が大逆事件をもとに書いた「計画」を探しています。
文庫でもハードカバーでも(そもそもそんな形態で出版されたのか自体怪しいですが)いいので、そして多分中古しかないですが、何とか手に入れたいです。
ネットで探しましたが、電子文庫?みたいな書店しか見つかりませんでした。もって歩きたいので本物の本が望ましいです。
情報ありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
別サイトを探しておりましたら、どうやら「計画」は「定本 平出修集」の「正」に収められているようです。
また、「現代日本文學全集84 明治小説集」(筑摩書房S32)にも入っているようですので御参考まで。
なお、先程の検索サイトのリンクが片方途中で切れていましたので再掲します。
http://fichiba.jcross.com/usedbkcrs/usedbkkind.html

参考URL:http://fichiba.jcross.com/usedbkcrs/usedbkkind.html

Q「編」「章」「節」「款」「目」の書き方を

「編」「章」「節」「款」「目」の書き方を教えてください。

第一編
第一節
第一章 タイトル
1・・・・・・・・
(1)・・・・・・・・・・
1-1・・・

アイ ウ
(ア)(イ)(ウ)

A B C
(A)(B)(C)

a b c
(a)(b) (c)


第一項の項はどの間にくるのですか?

各、編や節、章の中にそれぞれ
「第一編→1(1)1-1アイウ」「第一節→1(1)1-1アイウ」などのように段落わけが入るのですか?
それとも、「第一編→(中の番号飛ばしてすぐに)第一節・第一章」となり章の次から細かく分けるのですか?

様々な本の小説やその他の目次を見ますとそれぞれ分け方が違い。
中には、章から始まったり、節から始まったり
とありますが、正しくはどの様な手順で書くのですか。
小説や、論文を書くのでご存知の方教えてください。

一応ネットでwikiや法令の形式などを確認しましたが
上記はそれでも理解できなかった部分です。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

>法令の形式などを確認しましたが

>第一項の項はどの間にくるのですか?

法令だと編、章、節、条、項、号、の順番が多いですね。

例)

地方自治法
(昭和二十二年四月十七日法律第六十七号)

第二編 普通地方公共団体
 第五章 直接請求
  第一節 条例の制定及び監査の請求
   第七十四条  普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者(中略)請求をすることができる。
             ↑これが「第1項」になる。
    ○2  前項の請求があつたときは、当該普通地方公共団体の長は(以下略
         ↑これが「第2項」になる。
(中略)
    ○6  選挙権を有する者のうち次に掲げるものは、第一項の代表者(以下略
     一  公職選挙法第二十七条第一項 の規定により(以下略
     二  前項の選挙人名簿の登録が行われた日以後に(以下略
     三  第一項の請求に係る普通地方公共団体(以下略
         ↑これらが「一号、二号、三号」になる。

で、小説などになると「著者の好き勝手」になっちゃうので「これと言った決まりがない」です。

著者によって、章の中に節があったり、節の中に章があったりします。

同じ著者なのに本によって章と節が逆になってる事もあります。

>法令の形式などを確認しましたが

>第一項の項はどの間にくるのですか?

法令だと編、章、節、条、項、号、の順番が多いですね。

例)

地方自治法
(昭和二十二年四月十七日法律第六十七号)

第二編 普通地方公共団体
 第五章 直接請求
  第一節 条例の制定及び監査の請求
   第七十四条  普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者(中略)請求をすることができる。
             ↑これが「第1項」になる。
    ○2  前項の請求があつたときは、当該普通地方...続きを読む

Q♪一寸法師について 「・・・お椀の舟に箸のかい」

「一寸法師」の童謡に「おわんのふねにはしのかい・・・京へはるばる上り行く」とありますが
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/7211/douyou.html
一寸法師は川(おそらくは賀茂川?)を「下って行った」のでしょうかそれとも「上って行った」のでしょうか。「上り」はいくら昔話でもちょっと無理だと思うのですが。御伽草子などではどうなっているかご存じの方教えてください。川は賀茂川でしょうか。

Aベストアンサー

「御伽草子」版では、住吉浜からお椀に乗って一旦大阪湾に出て、淀川の河口まで行って淀川をさかのぼり、桂川、鴨川をさかのぼって京都市内(洛中)に行きます。現実世界では、物理的にお椀では無理ですが、そこはそれ、おとぎ話なので。

Q「校勘」「校正」「校訂」「校定」の違いは?

(カテゴリに悩みました。)

質問内容はタイトルの通りですが、
特に、ある文献に対して、それぞれ異なる各種の解釈を、
「見比べる」、またそれぞれ見比べ「自分なりに解釈する」時に、
上記4つ共に使われるとおもうのですが、
この4つには、それぞれ「意味合いの違い(ニュアンス)」「使用の際の使い分け」等があるのでしょうか?

ある資料(大学教授の文献)に「校勘」「校正」「校定」と、一つの文章に記載されており、私には、同じような意味で使われていると思われたため、
しかし著者は、使い分けに「意図」をもっているかもしれないとも思われた為に質問した次第です。

Aベストアンサー

こんにちは。それぞれの意味は、

校勘→古典の文献(写本など)などを突き合わせをして、文の同じ部分や違う部分を調査することです。
校正→原稿や元の資料などと突き合わせをして文字や図版の間違いを直すこと。本にする前にさんざんやることです。
校訂→古い本などを読者にとってわかりやすくすることです。
校定→なにかしら問題になっている古典の本文を、なるべく原文に近い形で復元することです。

ということで、全部違います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報