日本語を勉強している中国人です。作文が上手になりたいと思っています。コンビニA、B、Cのおでんについての自分の意見を文章に書きました。恐れ入りますが、自然な日本語に添削していただけないでしょうか。特に文のつながり(接続詞など)や、「は」と「が」の面の不自然なところを指摘していただければ、非常に有り難く存じます。【 】は、書く時に疑問に感じるところです。

 Aのおでんはおいしくなかった【くせに】、【うろ覚えですが、】一本2.5元もしました。お金を奪う店ですね。そう言えば、BとCのおでんの方がずっとおいしいし、一本1.5元や2元ぐらいだけで、良心的な値段と言えると思います。でも、おでんの入れ物にふたがついていないせいか、Cのおでんの入れ物に、ハエの死体を一回見たことがあります。私の中では、やはりBのおでんが一番いいと思っています。ただし、すべてのコンビニでは、おでんの入れ物にふたがついていないという事情があるので、何と言っても【衛生面で】ちょっと心配です。おなかがあまりにもすく場合でさえなければ、コンビニでおでんを食べないほうがよろしいかと。

1.ここの「くせに」を「のに」に置き換えられますか。

2.もともとは「うろ覚えですが」を「Aのおでんはおいしくなかったくせに」の前に置くつもりでしたが、「一本2.5元もしました」がよく覚えていないことなので、その文の直前に「うろ覚えですが」を入れました。「うろ覚えですが」を文中に置くと、どうも不自然な感じがします。

3.「衛生面が」、「衛生面に」、「衛生面で」は全部正しいでしょうか。

 私の感じた疑問以外には、不自然な表現があれば、それも併せて指摘していただければ助かります。作文が上手になりたいと思っていますので、質問文の添削も併せてお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

こんばんは。

留学生の方でしょうか?随分日本語が上手ですね。では早速、

>1.ここの「くせに」を「のに」に置き換えられますか。

置き換えられます。「くせに」より「のに」のほうがどちらかというと柔和な表現になりますね。「くせに」だとAのおでんに対して見下しているような意味合いを持ってきます。

>2.もともとは「うろ覚えですが」を「Aのおでんはおいしくなかったくせに」の前に置くつもりでしたが、「一本2.5元もしました」がよく覚えていないことなので、その文の直前に「うろ覚えですが」を入れました。「うろ覚えですが」を文中に置くと、どうも不自然な感じがします。

文中でも意味は通じますが、確かに文頭の方が適切かと思います。

>3.「衛生面が」、「衛生面に」、「衛生面で」は全部正しいでしょうか。

「衛生面が」と「衛生面で」はこのままでも問題ないと思います。「衛生面に」ですが、「ちょっと心配です。」の前に「に関して」とか「に対して」を挟んでやると自然な表現になると思います。

この文章はどの様な場面で使用されるのでしょうか?場面によって表現方法は随分変わってきますので気をつけてください。(特に敬語、丁寧語)
下に出来るだけ原文に忠実に、私なりの添削を記述しておきます。

 あまりはっきりとは覚えていないのですが(うろ覚えですが)、Aのおでんはおいしくなかったのに一本2.5元もしました。値段と味がつり合っていないですね。それに反して、BとCのおでんはずっとおいしかったし、一本1.5元や2元ぐらいで良心的な値段だったと思います。でも、おでんの入れ物にふたがついていないせいか、一度Cのおでんの入れ物にハエの死体を見たことがあります。
 そんな中でも、私はBのおでんが一番いいと思っています。ただ、コンビニではおでんの入れ物にふたがついていないので、衛生面でちょっと心配です。おなかがすごく空いている場合でなければ、コンビニでおでんを食べないほうがいいと思います。

気づいた点
過去のことが現在形で書かれていました。日本語は過去形と現在形が曖昧になりがちですが、それでも使い分けは必要です。

「お金を奪う店ですね。」←店がお金を客から奪っているわけではないので、たとえ比喩だとしても表現が適切ではないと思います。「味と値段が合っていない」など別の表現に変えたほうがより自然になるのでは。

拙い添削ですが参考になれば幸いです。勉強頑張ってください。

この回答への補足

>「そんな中でも、私はBのおでんが一番いいと思っています。」

 申し訳ありませんが、「そんな中でも」のニュアンスがよく理解できません。「A、B、Cで、どれのおでんもよくないが、そんな質が悪いおでんの中であえて甲乙をつけるなら」という意味でしょうか。あっているかどうか自信がないので、もう一度教えていただければ非常に有り難いと思います。よろしくお願い致します。

補足日時:2005/09/21 13:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。「衛生面に関して」、「衛生面にに対して」にするなら、よくなりましたね。ご添削文から、「値段と味がつり合っていない」や「それに反して」などの新表現をたくさん習いました。新鮮味を覚えます。覚えておきます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。
 私は大学で日本語を専攻として四年勉強しましたが、分からないところがまだ山ほど多いと痛感しています。今中国で仕事をしながら、日本語の勉強をしつづけています。日本にいないので、身の回りの語学環境はよくありません。応援してくださり、感謝いたします。頑張ります!

お礼日時:2005/09/21 13:57

私がもし書くなら・・・



 Aのおでんはおいしくなかったのに、よく覚えていないのですが、一本2.5元もしました。お金を捨てるようなものですね。それならば、BとCのおでんの方がずっとおいしいし、一本1.5元や2元ぐらいなので、良心的な値段と言えると思います。
 
 でも、おでんの入れ物にふたがついていないせいか、Cのおでんの入れ物の中に、ハエの死体を一回見たことがあります。私の中では、やはりBのおでんが一番いいと思っています。
 
 ただし、すべてのコンビニでは、おでんの入れ物にふたがついていないという事情があるので、何と言っても衛生面がちょっと心配です。おなかがあまりにもすいた場合でなければ、コンビニでおでんを食べないほうがよろしいかと。
(パソコン文なので見やすいように間をとりました。作文の場合はいらないのでしょうけど^^;)

1.ここの「くせに」を「のに」に置き換えられますか。

「のに」の方が文章向きだと思います。
「くせに」は会話的かな・・・


2.もともとは「うろ覚えですが」を「Aのおでんはおいしくなかったくせに」の前に置くつもりでしたが、「一本2.5元もしました」がよく覚えていないことなので、その文の直前に「うろ覚えですが」を入れました。「うろ覚えですが」を文中に置くと、どうも不自然な感じがします。

「よく覚えていないのですが」の方が自然な文かもです。
「うろ覚えですが」でも間違いではないです。


3.「衛生面が」、「衛生面に」、「衛生面で」は全部正しいでしょうか。

「衛生面に」はこの文にはおかしいです。
「が」「で」は使えます。

参考までに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。私の文章は改行さえもせずに読みづらくなり、本当に申し訳ありません。blueyellowさんのように段落を三つに分けて書くなら、非常に読みやすくなりました。多くのアドバイスをいただき、非常に参考になりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/09/21 13:07

1.「くせに」は「のに」に置き換えられます。

むしろ、「のに」の方が自然です。「くせに」は、非常に話し言葉の性格が強く、使い方は難しいですね。

2.「うろ覚え」は、この位置でよいと思いますが、「よく覚えていませんが」の方が、自然です。どちらの場合も、必ず、「2.5元もしました」ではなく、「2.5元もしたと思います。」という風に、断定ではなく、「思いました」にしましょう。

3.「衛生面が」と「衛生面で」は、正しいです。

Good luck!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。「くせに」なら、非常に話し言葉の性格が強いイメージを与えますね。いろいろ大変参考になりました。
 励ましてくださって、本当にありがとうございました。頑張ります!

お礼日時:2005/09/21 12:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメール本文で「~さん」のあとに「。」(句点)をつける意味

一般的に、メール本文の形は
----------
●●さん(様)

本文xxxxxxx~・・・
・・・・・・・
【署名】
----------

ですよね。
その最初の「●●さん」が「●●さん。」というように、
さんの後に「。(句点)」がついてるのはどういう意味、というか、
書いた人の気持ちはどういう心境なのでしょうか?
普通に「●●様」でやりとりしていたのに
「●●さん。」って返ってきたのでちょっと気になりました。
受け取られた経験のある方、もしくはこういうふうに送られたことのある方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

おそらくですが、書いた人の中では
「宛名」ではなく「呼びかけ」として使ったのだと思います。
つまり口語的な文章ということです。

私も取引先の方からそういうメールをもらったことがありますよ。
同じ件で何度もやりとりしている時に、途中からそんな感じになりました。日をあらためて別件でメールが来たときには「様」に戻ってましたけど。

なので、簡略化したかったか、親しみをこめたかったかのどっちか(あるいは両方)だと思います。

Q自然に自然を大切にするのが自然

「自然に自然を大切にするのが自然」を別の言葉に置き換えるとどうなりますか?

Aベストアンサー

気負わずに自然を大切にするのが本来の姿

Qカギ括弧内の文の最後の句点がないのは何故?

例えば

「この映画はとても面白いです。是非観てください」

のように(文章そのものに特に意味はありません。)、カギ括弧で括られた文章はたいてい最後は句点も何もなく終わってますよね?その前の文章(この例なら”この映画はとても面白いです。”の部分)にはきちんと句点が打たれているのに・・・。
一体何故なのでしょうか??昔から気になってます。ご存じの方、どうか教えてクダサイm(__)m

Aベストアンサー

 機能論的にいうと、「 」のなかの最後の文は。がついていなくても「ここでおしまい」というのがはっきりわかる(」があるから)ので、不要だ、という発想によるものです。
 「」や。がきちんと文章に用いられはじめるのは明治からですが、当初は「」のなかの最後の文にも。をつける人が多かったようです。それが明治中期ごろからだんだん。をつけないのが優勢になってきて、現代では文芸書などでは。をうたないのが一般的になっています。
 ただし文部省の御推奨は最後の文にも。をうつやりかたで(小学校の書取りのときにたぶんそう教えられるはず。国語の教科書に載っている文章もこのスタイルです)、役所の指導を重んじるか、文壇の風潮を重視するかが人によって違います。 。」だと見た目にうるさい、という意見はまだ多いようですし、

  その映画の題名は「風とともに去りぬ」です。

というような場合の「」の使いかたとつりあいがとれないから。はうたないほうがいい、という主張もあるようです。

Q接地面、設置面の使い方

小物入れの使用上注意書きシールに
■ご使用の際は、設置面等がキズつかないよう丁寧に置いてください。
と書いて印刷してしまいました。

質問は2つです。
1)正しくは「接地面」ですか?
2)「設置面」という使い方自体ありませんか?
  (その際刷り直さないといけない可能性があります。)

Aベストアンサー

「設置面」で正しいです。つまり物を置く(設置する)場合に置いた面のことですから。
厳密に言うと「設置」とは物を固定して備え付けるような場合に使うので「小物入れ」など移動可能な小物体を置く場合に「設置する」とは大げさな表現だと思いますが。
一方「接地」とは「地面に接する」という意味ですから、テーブルなどに接地するとは言いません。「接地」と言うとたいていの場合「電気器具のアースのこと」(=接地端子)ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A5%E5%9C%B0

Q箇条書きのときは句点「。」っているのでしょうか?

箇条書きをしたときに句点の扱いってどうなるのでしょう?
 ・一般的にこのような場合については句点はつかない。
 ・一般的にこのような場合については句点はつかない

 ・ちょっと長いような文に近い場合は、句点を使う。
 ・ちょっと長いような文に近い場合は、句点を使う

どうなんでしょう。
僕が思うに箇条書きは名詞句の集まりと考えているので、句点をつけないのが正しいと思っています。どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

「記者ハンドブック(第10版)」(共同通信社)を見てみました。

(以下引用)

改行で個条書きするときは、各個条の終わりに句点を付ける。ただし、簡単な個条には付けなくてよい。
(例がのっていますが引用を省略します)

文中の追い込みの個条書きでは、各個条の終わりに句読点を付けない。最後の個条と本文との切れ目には「―」を用いる。
【例】 主な業務は(1)法律相談(2)訴訟費用立て替え(3)国選弁護人の選定―など。

(引用終わり)

なお、同ハンドブックでは「箇条書き」ではなく「個条書き」となっています。
 

Q「自然に」と「自然と」のニュアンスの違い

 教えていただきたいことがあります。
 「自然に」と「自然と」のニュアンスの違いなのですが、普段は目にする分には
あまり気にしてはいないのですが、いざ自分で使うとなると、どっちがベターなの
かと・・・。
 細かいこととは存じますが、お分かりの方いらっしゃいましたら教えていただけ
ないでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自然(じねん):「中世以前では「ひとりでに、おのずから」の意の時は「じねん」と読むことが普通で、「万一、ひょっとしたら」の意の時は「しぜん」と読み分けていたという。」(小学館「国語大辞典」)

このように使い分けられてもいた頃から、更に呉音「じねん」では仏教用語色が強まり、一方幕末明治での外来語の訳語としての漢音「しぜん」が主流となっていった。
そして今では名詞以外では形容動詞として定着しているとするならば、その連用形の副詞的用法である「自然に」が一番無難であり「自然」なのだと思われます。

自然に:故意にするわけでなく、おのずから、そうであるさま。また、ひとりでに、そうなるさま。
「自然にその戸が開いた。」「心の傷もやがて自然に癒されていた。」

自然と:ひとりでに、そうなるさまから転じて、比較の基準の意味合いを増し、あることがらが誰にも抵抗なく受け入れられるさまや、行為や態度がわざとらしくないさま、といった判断性のトーンが混じる。
「サイドを引いていなかったせいか、車が自然と動き出した。」「けんかの後なので、自然と口数が減ってきた。」

Q疑問文の句点について

外国人です。どうぞよろしくお願い致します。

疑問文の句点について疑問があります。

要するに、「どんな場合に句点が使えますか」、「どんな場合にハテナを使わなければいけませんか」ということです。

例えば、「それはなんですか。」に句点が使えると思いますが、「他に何かありますか?」に句点が使えるか否かはよく分かりません。

また、「それはなんですか。(句点)」と「それはなんですか?(ハテナ)」、どちらがいいですか?

どうか教えてください。

Aベストアンサー

日本語に疑問符 ? は使用しません。日本語に無い文字ですから。
公式文書以外では、疑問文(問いかけ)である事を強調するため、「?」を便宜的に使用することは、この様なサイトやメール交換で多用され始めましたが、漢字表にも50音表にも無い文字ですから、本来は使用できません。
記号の連続使用も、基本的には文法違反です。
日本語の記号は句読点の他には、「」『』だけです。
とは言え、言語生活が豊かになったことから、論文などでは数式の書き込みも必要になり、注釈の意味で括弧類の使用も必要になりました。
そのことをご理解の上で、ある程度ご自由に使用なさって下さい。
近年は公文書でも色々な記号が採用されていますが、「?」はなるべくお避け下さい。

Q【よ】の用法について。「述べよ」は自然で、「選べよ」はなぜ不自然か。

試験などで、
「次の点について述べよ」などという設問が良くあると思います。
しかし、
「次の3つの中から選べ」とは言っても、
「次の3つの中から選べよ」とは言いません。

五段と下一段の活用形の違いと思いますが、
「選べよ」の「よ」は強調を表わす終助詞で、設問というあえて強調が不要な状況で使用するので不自然になるのか、とも思いました。
しかし、「述べよ」の場合は自然になるわけで、この「よ」はどういう役割かと考えるとわからなくなりました。
文法的にはどのように解釈すれば良いでしょうか。

部下に向かって男性の上司などが、
「たくさんあるんだから好きなケーキを選べよ」などと言う状況はあるでしょうが、
これとは別に、試験などの設問表現に限定してお答え頂ければと思います。

Aベストアンサー

五段とそれ以外の動詞の成り立ちの違い、としかいえない気がします。

このことは、当例の命令形だけではなく、終止、連体、仮定の各形にも表れます。
厳密にいうと、五段(つまり語幹が子音で終わるもの)の「選ぶ」はerab(語幹)+u(活用語尾)になります。このように子音語幹の動詞は、a/o、i、u、e、eという母音を付けて動詞として自立します。しかし、上一段や下一段他の語幹自体が母音で終わる動詞は、古来よりそれだけでは自立できていないのです。
「述べ(る)」の場合、その活用は、
nobe、nobe、nobe-ru、nobe-reときて、命令形はnobe-ro/nobe-yoとなります。要するにru,re,roがつかないと成り立たない動詞の系統だとしかいいようがないのです。このことは文語の上二段、下二段などでも(終止形をのぞき)同様です。
--もしかすると中古より遡って、成立事情から説明できるかたがいらっしゃるかもしれませんが私にはできません。回答にならず、説明だけで終わって申しわけありません--

因みに、子音語幹動詞は四段、ナ変、ラ変由来(つまり現在の五段)、子音語幹動詞はその他の活用由来です。

また、口語で俗には「ちょっとこれ見ぃ」「はよ起きぃ」というようにyo/roをつけないで母音語幹化して話されるケースもあるようです。西日本の子音で終わりにくい地域にはこんな命令形もあるのだと思われます。このことから、やはり「ちょっとこれ見ぃーよ」というような「選べ・よ」というときの終助詞の「よ」から発展したのでは、という推測が成り立つかもしれません。「述べぇーよ」→「述べよ」ですね。「述べ・ろ」は「述べ・よ」のもと東日本方言でしょう。

五段とそれ以外の動詞の成り立ちの違い、としかいえない気がします。

このことは、当例の命令形だけではなく、終止、連体、仮定の各形にも表れます。
厳密にいうと、五段(つまり語幹が子音で終わるもの)の「選ぶ」はerab(語幹)+u(活用語尾)になります。このように子音語幹の動詞は、a/o、i、u、e、eという母音を付けて動詞として自立します。しかし、上一段や下一段他の語幹自体が母音で終わる動詞は、古来よりそれだけでは自立できていないのです。
「述べ(る)」の場合、その活用は、
nobe、nobe、n...続きを読む

Q句点の付け方

小6の娘の国語のテストでどんな顔でしたか?という問いに答えた【キョトンとした顔】の最後に句点を付けないのでバツになりました。正直親の私も句点は付けないので驚きました。キョトンとした顔と答えるのに句点がいるのですか?ちなみに兄の時のテストでは句点は付けなくても○でした。

Aベストアンサー

問題を見ないと何とも言えませんが、「どんな顔でしたか?」という問いに対し、
「きょとんとした顔でした。」となれば文章になるので句点は必要かもしれませんが、
問に対する答えとしては間違っていないので、減点ならともかく×にするのはどうなんでしょうね。
単に先生の方針なのかもしれませんが、来年は中学なので厳しくしているのかもしれません。
中学ではすごく細かい先生もいますから。

Qうろ覚え?

前から気になっていたのですが、
「覚えてるけどはっきりってわけじゃないから確かじゃない」
と言うような意味で、「うろ覚え」と言う言葉がありますよね。
私はずっと「うろ覚え」は「うろ覚え」だと思っていました。
でも「うる覚え」と使っていらっしゃる方もけっこう見かけます。「うら覚え」というのも見かけました。
気になって辞書でひいてみたのですが、載っているのは「うろ覚え」だけでした。
それにしても「うる覚え」という言葉もよく見かけます。
ただの誤用なのでしょうか?
それとも何か理由があるのか、分かる方いらしたらお教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「誤字等の館」というHPでそのあたり詳しく考察しています。
もちろん正解は「うろ(不十分、不正確の意)+覚え」なのですが、話し言葉においてはうる覚えと発音する人もいらっしゃいます。

うろ覚え→うろーぼえ→うろうぼえ→うるおぼえに変化して行ったのではないかという説ですが、結構説得力があって納得してしまいました。

参考URL:http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/hirago014.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報