人の赤血球のNa,K-ATPase活性の測定をサポニン等で処理し(ATPを取り込ませるため?)、行っているのですが、うまくいきません。赤血球は、完全溶血、不完全溶血の状態で実験したのですが、うまくいってないようです。
どなたか、Na,K-ATPase活性の測定法について詳しい方が、おられましたら何でもいいので教えて頂けないでしょうか?

A 回答 (1件)

 実験がうまく行かないのであれば,ここで質問されるよりは経験者に指導願った方が良いと思います。



 お近くの生化学の実験を行なっている先輩や教官の方にご指導願うのがベストだと思います。なお,その際には,実験方法の記載がある参考文献などの資料を揃えてお願いして下さい。生化学実験(できれば酵素活性の測定)の経験がある方でしたら,文献を読めばある程度は注意点がわかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうですよね。
指導教官に聞くののが一番よい方法ですよね。
でも、指導教官が不在でしかも講座には僕1人しかいなかったもので。
なんとかしたくて質問させて頂きました。
ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/11 13:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤血球凝集活性測定実験においてネガティブコントロールが凝集してしまい困ってます。

最近、研究室の実験でレクチンと予想されるタンパクの機能解析のために赤血球の凝集活性を測定しました。
その時にnegative control(PBSと赤血球) とpositive control(PBSと赤血球とconA)を作り反応させたのですが、凝集しないはずのnegative controlが凝集してしまい困っています。

ちなみに赤血球はglutaraldehyde stabilized sheep RBCsをPBSで洗ってから使用しました。また、実験手順はプロトコールに従い行ないました。

早めに仕上げなければいけない実験のためあせっています。
ちょっとしたアドバイスでも結構なので、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 参考になるかどうか判りませんが・・・

 私はウイルス検査のひとつの手法として赤血球凝集反応や同阻止試験をやっています。血球はウイルスによって感受性血球が異なるので、鶏や豚、羊など様々ですが・・・

 それで今まで一度だけですが、他に何も入れないPBSのみで鶏の赤血球が凝集したことがあります。試験はウイルス分離の判定だったのでちょっと慌てたのですが、翌日作製した血球が50ml遠沈管の中で凝集していました。
 以後、私は赤血球凝集反応はPBSではなく滅菌生理食塩水を使うことにしました。

 まあとりあえず現状ではPBS以外に疑うものもなさそうですから、作り直したPBSでもう一度やってみるか、PBSではなく生食なりVBSなり他の血球浮遊液を使うか、そのあたりを試してみる他ないでしょうね。

QATP測定について

食品業界の衛生検査でATP拭き取り検査があります。
この検査では微生物や食品残渣に含まれるATP(アデノシン三リン酸)を測定できるということなのですが、この微生物の中にはノロウイルスなどのウイルスが含まれているのでしょうか??教えてください。

Aベストアンサー

ATPは生物にとっての「エネルギーの通貨」です。ATPを利用していろいろな生命活動を行います。
したがって、拭き取り検査でATPを測定する事で、その拭き取りを行った場所がどのくらい生物学的に汚染しているかを判断する材料となります。普通は質問者様もご存知の通り、食品(動物や植物)の残さ、あるいは大腸菌群や環境由来の細菌による汚染を意味します。

ところでウイルスは、自身ではエネルギー、つまりATPを合成しません。一般的に私たちがウイルスだと認識している感染性を持つウイルス粒子(ビリオン)の測定は、ATPの測定とは直接関係ありません。

しかし、拭き取りを行った場所から大量のATPが検出されるとすれば、その場所自体が微生物学的に不衛生ということになりますので、ノロウイルス等のビリオンがその場所に存在する可能性も高いと言えます。

まとめると、ATPの汚染はウイルスを直接的に測定することはできないと思いますが、相関はしていると思います。

QLD活性測定法

LD(乳酸デヒドロゲナーゼ)活性の測定法に、
P(ピルビン酸)→L(乳酸)と、L→Pの反応がありますが、
P→Lでは基質(ピルビン酸)の量は0.6mmol/L(ドイツ臨床化学会)
L→Pでは基質(乳酸)の量は60mmol/L(日本臨床化学会)でした。

何故こんなに基質の量に差があるのですか?

Aベストアンサー

実際にLDHについて知ってるわけではないのですが、

LDHが触媒するP→L,L→Pの反応は

通常(?)では、P→Lの方に平衡が傾いているのではないでしょうか?

このためL→Pの反応では平衡をずらせるために乳酸濃度を上げているのと思われます。
おそらく、L→Pの反応の方で乳酸濃度が低い場合は、
生成したピルビン酸が再び乳酸に変えられてしまうためだと思われます。

もしくは、ピルビン酸が乳酸と比べて検出感度が低いために
大量にピルビン酸が生成するように基質濃度を上げているのかも知れません。

こういった理由が考えられるのですが、どうでしょう?

QMitogen活性測定法

こんにちは。
 私は化学を専門に学んでいる修士2年のものです。
現在天然物を取り扱った実験を行っているのですが、成分分析に行き詰っています。活性を測定する方法として“Mitogen活性測定法”という測定法があると聞きました。ネズミの脾臓細胞を利用した方法らしいのですが、測定の目的(この測定をして、何がわかるのか)、詳しい方法、原理など、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてほしいです。
 専門分野外のため知識不足で恥ずかしいのですがどうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

具体的な物質が分からないので何とも言えませんので一般的なことを書きます。

T細胞B細胞には抗原特異的なレセプターが存在していてその特異的なレセプターを介して抗原特異的な反応を示しますが、mitogen刺激は抗原非特異的な刺激であり、前者とは明確に区別されます。先程B細胞のmitogen刺激でLPSを出しましたが、これはB細胞の抗原非特異的な活性物質として有名です(B細胞表面上のtoll like receptor4を介します)。

免疫活性の測定でよろしければT細胞やB細胞などのリンパ球であれば、その物質をふりかけたときの細胞増殖、サイトカイン産生ということでしょう。

Q赤血球

赤血球内でATPを産生することはできるのですか??

Aベストアンサー

blackdragonさんは勘違いかと思います。

赤血球はミトコンドリアを持ちません。ですから好気呼吸は出来ません。しかし,解糖でATP合成は可能です。

参考URL:http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/medical/hematology/node24.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報