御伽草子、赤本「したきれ雀」の正確な現代語訳が掲載されている文献、書籍及びHPをご存じの方いらっしゃいましたら至急教えてください。大変恐縮ですが宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 赤本の『舌きれ雀』そのものの現代語訳は、web上では公開されていないようです。

ご存じかもしれませんが、

http://www.jissen.ac.jp/library/documents/etenji …

に、画像資料が掲載されています。

 おそらく、正確な現代語訳ではないでしょうが、『桃太郎・舌きり雀・花さか爺―― 日本の昔ばなしII ―― 』(関敬吾編)が岩波文庫にあります。

 また、『宇治拾遺物語』の「舌きり雀」でしたら、各社の古典文学関係の全集版で読むことができます。

 すべてについて調べてみたわけではありませんが、赤本版の『舌きれ雀』の正確な現代語訳となると、専門書や学術書の類でないと、 読むことができないような気がします。一度、図書館でお調べになるのがいいように思います。

 なかなか回答が付かないので、気になって調べてみたのですが、あまりお役に立てず、申しわけありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q御伽草子の諸本の調べ方

御伽草子の諸本を調べたいのですが、調べ方が分かりません。
どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

ご参考までに。

1.『御伽草子 その世界』石川 透 著 2004/06 \1,470 勉誠出版
http://www.bensey.co.jp/book/1512.html
2.『中世王朝物語・御伽草子事典』神田 龍身・西沢 正史 編
2002/05 \26,250 勉誠出版
http://www.bensey.co.jp/book/569.html
3.『図解・御伽草子』石川 透 著 2003/04 \2,520 慶應義塾大学出版会
4.『魅力の御伽草子』石川 透 編 2000/04 \2,940 三弥井書店
http://www.miyaishoten.co.jp/main/003/3-11/miryoku.htm
5.『中世古典の書誌学的研究 御伽草子編』藤井 隆 著
1996 \12,600 和泉書院
6.『御伽草子絵巻[復刊]』奥平 英雄 著 1982/05 \35,680 角川書店
7.『御伽草子集』松本 隆信 校注 1980 \3,675 新潮社
8.『室町時代物語大成』(全13巻+補遺2巻)横山 重・松本 隆信 編 角川書店

ご参考までに。

1.『御伽草子 その世界』石川 透 著 2004/06 \1,470 勉誠出版
http://www.bensey.co.jp/book/1512.html
2.『中世王朝物語・御伽草子事典』神田 龍身・西沢 正史 編
2002/05 \26,250 勉誠出版
http://www.bensey.co.jp/book/569.html
3.『図解・御伽草子』石川 透 著 2003/04 \2,520 慶應義塾大学出版会
4.『魅力の御伽草子』石川 透 編 2000/04 \2,940 三弥井書店
http://www.miyaishoten.co.jp/main/003/3-11/miryoku.htm
5.『中世古典の書誌学的研究 御...続きを読む

Q枕草子「八幡の行幸」の現代語訳をお願いします。

枕草子「八幡の行幸」の

さて、内のわたらせたまふを見たてまつらせたまふらむ御ここち、思ひやりまゐらするは、飛び立ちぬべくこそおぼえしか。それには、長泣きををして笑はるるぞかし。よろしき人だに、なほ、子のよきは、いとめでたきものを、かくだに思ひまゐらするもかしこしや。

という部分の現代語による解釈をどなたかお願いします。
もしくは、現代語訳の載っているページを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直接の回答にはなっていませんが、それは「枕草子絵詞」の123段にある「八幡の御幸」のことではないでしょうか。これは現代語訳つきの本はおそらく出ていないと思われます。

さて、帝がいらっしゃるご様子を母君が見申し上げなさる気持ちを、わたくしなどが推し量り申し上げるにつけても、まるで空へ飛んで行ってしまいそうに思われます。あまり長く泣いているときっと笑われるでしょう。身分の高い人でさえ、やはり、我が子の立派な様子は、たいそう素晴らしく思うのだろうけれど、ここまで感激してつくづくお慕い申し上げるのもめったにない親の愛であるよ。

私の解釈(口語訳)ですが、どうぞご参考までに。

Q枕草子 雨のうちはへ降ること の現代語訳でどうしてもわからない箇所があ

枕草子 雨のうちはへ降ること の現代語訳でどうしてもわからない箇所があります。
早急に知りたいんですが、現代語訳(一応全訳)が載っているサイトがありましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 ご参考までに

 http://www.bekkoame.ne.jp/~ilgg/DetachedRoom/Koten/Makura/20050317.html

Q枕草子、源氏物語、土佐日記

源氏物語は、漢文で書かれていたと聞いたのですが、本当なんでしょうか?
では、枕草子は、かな文字で書かれていたのですか?それとも漢文で書かれていたのですか?

また、紀貫之が女のふりをして、かな文字で「土佐日記」を書いた時、あの時代で、男がかな文字を使うことは、社会的に認められたのですか?それとも、非難されたりしたのでしょうか?

Aベストアンサー

「源氏物語」も「枕草子」も「土佐日記」も
漢字にかな混じりで書かれたとされています。(当時の写本からそうです)
かな文学といってもひらがなだけでないところがツボです。

また紀貫之の「土佐日記」は、
国司の任期を終えて京の都に帰るまでの55日の旅程を、女性の筆に託し、かな文字で書かれたものです。
なぜかなを使ったのかというと、次のような理由があります。
・公的身分から解放されて精神的自由を得たから。
・詳しい具体的な叙述のためにはかなの方がぴったり。よりたくさんの人にも読んでもらえる。
・歌日記的な内容を目指していたので、かな文の方がぴったり。
・自分自身を隠すため。どうせフィクションを狙っていたし。

「自分自身を隠す」とか言いつつ、
日記文学というのは誰かに読ませるのを前提に書かれていたので、
貫之が堂々と見せても、非難されたりはしなかったと思います。
ただ歌や漢文の才能は認められても、あまり出世はしなかったようですが…
まぁ、歌が詠めれば色男、の時代です。

Q枕草子現代語訳

第186段「ふと心劣りとかするものは」

ふと心劣りとかするものは、男も女も、言葉の文字いやしう使ひたるこそ、よろづのことよりまさりてわろけれ。ただ文字一つに、あやしう、あてにもいやしうもなるは、いかなるにかあらむ。さるは、かう思ふ人、ことにすぐれてもあらじかし。いづれをよしあしと知るにかは。されど、人をば知らじ、ただ心地にさおぼゆるなり。

以上の現代語訳が載っているサイト、もしくは現代語訳をご存知の方、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下のサイトが参考になりますでしょうか……

『聞いた途端に、期待はずれというか、そんな感情にとりつかれるのは、男も女も、話言葉にいやしい言い方をしたのが、何にもまして、まずい。…… 

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=cache:N4wlP-1wX3sJ:www.melma.com/mag/19/m00048219/a00000005.html+%0D%0A%E3%81%B5%E3%81%


人気Q&Aランキング

おすすめ情報