こんにちは。私は秘書にあこがれる25歳事務員です。
現在の業務は一般事務経理事務営業事務なのですが、家の事情でしばらくは働いていきたいのとキャリアアップしていきたいのとあり、秘書になりたいと考えています。(現在の職場は結婚していられるような会社ではありません。)法律系の学校を出ているため短大のような秘書科を出ていなく、英語も全くだめです。
ただ電話応対、その他雑務、OAや出張清算業務は現在女性一人でしているから若い子に負けない実務経験をもっているはずです。お茶だしはお客があまりこないので自信ありません。ただ先の将来を考えてそのときは派遣社員という勤務形態で行きたいのですが、実際派遣での需要はあるのでしょうか?
正社員で社内で決定するのが主としているようですし…。
現状を知っている方がいれば教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは! (^.^)


秘書についてですが、私の会社のことをお話ししますね。

社員4000人ほどの会社なのですが、本社では「専務以上」の役員に一人ずつ秘書がついています。
全て正社員で、短大卒であれば秘書科を卒業して秘書検定をクリアした人達です。
社長秘書は秘書科出身ではないのですが、学歴が非常に高く、超一流私大卒業、TOEIC800点以上の才媛です。
また非常にキレイな言葉遣いを自然に身につけています。
本社の役員秘書に派遣の方がなることはまずありませんし、社長秘書の例を除いては秘書科出身者以外(…というより、秘書検定を持っていない人)もいません。
条件はちょっと厳しいです。

本社以外の支店等ではどうかといいますと…正式な「秘書」はやはり専務以上にしかつきませんが、支店長、所長といった人達には、総務等の女性の中から中堅の女子社員が秘書代わりについています。
業務は秘書業務と殆ど同じですね。
ただ、正式に秘書という肩書きにはなりませんので、名刺等に「秘書」の文字が入ることはありません。居室も総務等のままです。
彼女達も全員正社員ですが、こちらは特に秘書科を卒業していなければいけないということはなく、むしろ、入社してから10年以上の方が「痒いところに手が届く」サポートを行っています。(^.^)
新人がこの任につくことはあまりないですね。
社内の事情に詳しいエキスパートを採用しています。

「秘書」という仕事はその名前の通り、その会社の機密事項を取り扱うことになります。ですから、派遣の方をその任に当てることは恐らくないと思います。あるとしても、非常に稀ではないでしょうか…。
もし秘書を目指されるのであれば、秘書検定を取り、実務経験を添えた上で正社員として採用を申し込むのが最も良いと思いますよ!
それから、最低でも国際電話の応答がスムーズに行えるだけの英語力を身につけてください。
以前、私の会社が「秘書」の中途採用を行ったのですが、「最低でも国際電話の受け答えができる英語力」が条件に入っていました。

夢を壊すようなことを言ってしまって申し訳ないと思うのですが、現実としてなかなか難しい職業であるのは事実です。
私の友人は秘書科を卒業して秘書検定もクリアしましたが、配属された秘書課の「事務業務」に終わってしまい、入社後5年経っても「秘書」にはなれませんでした。
結局、その会社を辞めてイギリスに留学しちゃいましたね…。(^_^;)

ただ、私の後輩の様に「中途採用」で秘書になった人もいます。
ですので、自分を売り込むことができる業務経験と資格をしっかり取り、英語だけではなくフランス語や中国語(これは重宝されます)等も身につけておくとチャンスが来た時に勝負をかけられると思いますよ!
頑張って下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。秘書課うんぬんでもなさそうですね。実際励ましてほしいというよりは現状を知りたかったので、こういうアドバイスは利きます!今やっていることを見直しその道でプロになるのもいいかも…と思いました。

お礼日時:2001/11/11 07:21

こんにちは、2度目の回答です。

(^_^;)
「研究室秘書」の話が出ていたので、そちらについて知っていることを書かせて頂きます。

私自身の研究室在籍の経験と、実際に秘書を務める知人の話等を総合しますと、企業の秘書と研究室の秘書はだいぶ雰囲気が違います。
企業の多くは正社員を秘書として採用しますが、研究室は派遣も結構います…というより、派遣が多いのかな…?
しかも、雇用主は大学ではなく、教授個人である場合もあります。
つまり、大学とは何の関係もない身分だったりするんです。(^_^;)
高名な教授ですと、ポケットマネーで秘書さんを雇っちゃったりしますから…。
この場合は教授が勝手に募集をして、勝手に面接して雇います。
大学に断ってはあるんでしょうけれど、ね。
(←私の知人は某有名私大教授にこの形態で雇用されています。)
場合によっては保険等の契約が曖昧な場合がありますので気をつけてください。
知人の場合は、採用が決まってしばらくした後に、教授が「外部の派遣会社を通じて派遣されたことにする」という方式を取り、保険等の問題もクリアになったそうです。
…が、このあたりはかなり曖昧な印象を受けました。

募集は一般の求人雑誌にもあるみたいです。
面接は教授。場合によっては先輩秘書も参加します。
基準は相当曖昧で、教授の好みが優先されることも多いとか…(笑)。
先輩秘書が履歴書囲んで「このコ頭悪そうだからダメ~」なんていうことをやっているという話も聞きました。(←実話)
採用基準は果てしなく曖昧です。(;~▽~)トオイメ
ちなみに、資格は必要ありません。
あ、でも、理系の研究室であれば、理系卒業の方が有利だとは思います。

仕事の内容は普通の企業の秘書とかぶる内容も多いですが、基本的には電話応対(企業からのリクルーター対応も含みます)、事務手続き、場合によってはテストの採点(笑)などがあるそうです。
英語も使えればベター。
ただ、大学の研究室は(場所にもよりますが)時間の感覚がかなりルーズです。
夜来て朝帰る学生が山の様にいますし…(笑)。(^_^;)
教授も学会があって来なかったりする日もあります。
高名な教授になれば、ほとんどいなかったりしますしね~。(;~▽~)トオイメ
ですので、知人は「午後出勤したのに、人がいないのをいいことにタイムカードに午前出勤と記入する」なんて酷いことを平気でやっていました。
そして、バレないみたいです…。(~_~メ)
彼女の話だと、「適当に教授の話し相手になって、夕方さっさと帰ればいいから、子供産んでも楽に勤められるわ~」ということです。
もちろん、こんな研究室ばかりではありませんが、こういうパターンもあります。
「秘書」という職場の緊張感を求めるとすると、職場に当たり外れがあるかもしれません…。
「教授秘書」としてバリバリ働けるか、井戸端会議好きな先輩に囲まれてお菓子ばっかり食べてるか…運です。(^_^;)

後、研究室の秘書は企業の秘書以上に接する人間が限定されます。
あまり学生とは会わないみたいですし、秘書仲間と教授ばかりと顔を合わせる日が続く時もあるとか…。
そのせいか、私が知っている研究室は、秘書の回転が異常に早かったです。
ほとんど数年で辞めていきます…。
前述の知人は「私は辞めない」と豪語していますが、彼女は入社2年目にして先輩がみんな辞めてしまい、秘書の中でのリーダーになってしまってました。

…ちなみに、彼女の職場の印象は…話を聞いている限りでは「アルバイト以下」の職業意識しかない人が集まっている気がしましたね。
「機密事項の書いてある書類を読んだことを得意げに私に話してくれたり(内容付きで)」、「先輩が教授に投函を頼まれていた郵便物を1ヶ月以上も放っておいて知らん振りしたり」、「書類の上にコーヒーをこぼし、証拠隠滅をはかってシュレッダーに入れたり」etc.…。
彼女の話に相槌が打てないような話ばかりでした。(-_-;)
私の所属していた研究室の秘書さんはそんなことはなかったのですが、モラルの低い職場もあるみたいです。

え、と…真面目に頑張っている「研究室秘書」の皆様、申し訳ありません。<(_ _)>
ただ、「こういう研究室もある」ということでご容赦ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたありがとうございました~!職業モラルは大切ですよね。お堅いイメージの研究室でそんなこともあるんですね。働く以上モラルを持ちたいほうですが、お嬢でもないし現実的なので(爆)安定収入をを望みます。現職は保険も完備されてますからもう一度現会社のよさを見直してみようかと思います。本当に2度もありがとうございました♪

お礼日時:2001/11/11 07:28

現役で社長秘書をしています。

(もちろん正社員です)
しかし、秘書科を卒業しているわけではありません。
入社後半年ほど経理部に所属していましたし・・・(笑)

kokkaさんは企業秘書を希望されているのでしょうか?
一般的に(当社だけ?)重役秘書には派遣社員を採用しません。
機密事項が多い為だと思います。
知人の会社で派遣社員を秘書として採用したことがありましたが、
「後任秘書の教育」という名目でした。

『秘書』というモノに憧れていらっしゃるのでしたら、
大学研究室秘書等はいかがでしょうか?
下記HPに研究室等からの募集内容が掲載されていますので、
ご参考までに。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fhisyo/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。経理部から秘書ですか。
正社員の強みですね。私も現会社を見直してみようと思います。

お礼日時:2001/11/11 07:30

知人の会社に秘書課という部署があり、彼女はそこに所属していました。


そこは、あまり条件が厳しくありません。
というのは、重役専門の事務員だからです。
電話応対、アポの調整、会議の設定、お茶出し・・・
ドラマのイメージとは違います ( 笑 )
ただし、英語の知識は問われるそうです(実際に役立つことはないそうですが)

その会社の場合、重役個人の秘書は、子飼いの部下(たいてい男性)が勤めることが多いそうです。
若くて綺麗でお嬢様っぽいのが、秘書課に抜擢される選考基準だとか。
セクハラじゃ、と彼女は怒っていました ( 笑 )
受付嬢と大差ないというのが、知人の感想です。

このように、会社によっても秘書の扱いは違います。
ただ、第三者として考えるに、派遣は難しいのではないでしょうか。
一般的な秘書といえば専属、というのが大前提のように思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。やはり派遣では秘書は無理のようですね。専属は先のことを考えても正社員にはなるつもりもないですし。会社によって秘書ってぜんぜん違うんだと実感できました。

お礼日時:2001/11/11 07:24

秘書が実際に派遣で採用があるかはわかりませんが、あるとしても非常に少ないと思われます。

一般的な会社は、総務の、庶務課あるいは秘書課に属していると思います。(会社によってちょっと課などは違うかもしれません)なぜ少ないか言えば、多くの会社は、秘書そのものの人数を減らしています。以前は各本部長クラスに一名ずつ・・だった場合も現在は二人にひとりであったり、秘書はいない・・・になったり、以前ならば、このひとなら、秘書がいたのに・・という方も現在ではいなかったり、兼任だったり・・です。
需要が少ないわけです。
学歴は、短大卒、大卒などです。英語は会社によっては必要がないかもしれませんが、一般的には、偉い人?会社の中でも秘書がいるのは数名ですから、その人がどのような方とお付き合いがあるかによると思います。
ちなみに、私の知っている範囲ですが、英語の日常会話と、フランス語が話せます。華道ができます。その理由は、(華道)部屋に花を飾るため。お客様がいらしたときに、日本風の生け花が喜ばれるとか・・です。
三名いますが、全部正社員です。
以前は受付が別にいましたが、現在は常駐していませんので、兼務で受付業務があります。(一時期は受付を派遣の方がやっていましたが、現在はいません。用のある方はインターホンで・・のメッセージになっています)
電話業務とお茶だしだけですと、やはり、一般事務の域を越えないのではないかと思います。ただ、それほど人数のいない企業ですと、社長さんの秘書兼務・・がありますから、そのようなところですと需要はあるかもしれません。

ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!!参考になりました。
ゆっくり自分に本当にできるのか、過信していないか考えたいと思います。

お礼日時:2001/11/10 19:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社長と女秘書が不倫!こんな会社を辞めるべきか?

社長と女秘書が不倫していそうなんです。社長60代妻子有り、太って眼鏡をかけ禿げています。女秘書は40代バツイチ独身子持ち、歳のわりには均整の取れた美人です。

社長がこの女秘書を偏に贔屓し可愛がります。

客先接待の時必ず彼女を随行させ高価なレストランでお客様と一緒に食事をさせます。ある意味ホステス役です。会社が引けても休日でも彼女の携帯に電話して、呼び出したりしているようです。

出張の時は必ず彼女を随行させます。営業スタッフが同行するので秘書は不要と思うのですが。。。。。?同じホテルに泊まるのでとても怪しいです。

彼女はどう推測しても大した給料じゃないのに3DKの広いアパートに住んでいます。どうやら社宅扱いで会社から家賃が出ている様なんです。当社は小さい会社なので福利厚生なんて全く無い会社です。加えて、彼女の携帯電話はどうも会社が費用を出しているようです。社員には携帯電話なんか支給されていません。会計は社長と税理士と彼女しか見られません。

彼女が社長の意見に従ったり社長が彼女の提案に同調したりする時(例えば新入社員歓迎会会場設定の時等で)は、しらけてとても腹が立ちますが、みんな黙ってしまい自分の意見を言えません。これが原因で若い社員が辞めていきました。

反面、彼女は秘書業務以外に総務会計全般をも担当し、とても会社の為に成っていて欠かせない人材です。社内で社長にベタベタする様な事は見た事有りません。

以上の事は全社員解っている事なんですが、給料は安いですが業績も順調で安定しいる会社なので、クビを恐れて誰も社長に文句を言えませんし、話すのもタブーになっています。


そこで質問ですが、
私は、会社を辞めるべきでしょうか?道徳や倫理に反する社長と女秘書の関係がたまらなく嫌です。辞める時は社長にその話をするつもりですし、場合によってはご家族に告発する事も考えます。
一方、仕事は嫌ではないし、社長もそれ以外では良い方で、私を信頼してくれているので、ここは大人になり我慢をし、引き続き勤め続けるべきでしょうか?
とても迷っています、ご意見を宜しくお願い致します。

社長と女秘書が不倫していそうなんです。社長60代妻子有り、太って眼鏡をかけ禿げています。女秘書は40代バツイチ独身子持ち、歳のわりには均整の取れた美人です。

社長がこの女秘書を偏に贔屓し可愛がります。

客先接待の時必ず彼女を随行させ高価なレストランでお客様と一緒に食事をさせます。ある意味ホステス役です。会社が引けても休日でも彼女の携帯に電話して、呼び出したりしているようです。

出張の時は必ず彼女を随行させます。営業スタッフが同行するので秘書は不要と思うのですが。。。。。?...続きを読む

Aベストアンサー

個人経営なら、会社の金をどこにつかおう、社長の勝手でしょう。
しかし、不倫は道徳的にも許されるものではありませんし、私も許せません。
彼女の待遇が良いのが問題ではなく、不倫しているのが 問題と考えます。
私なら、そんな社長の下で働きたくありません。自分の労働力と時間をそんな経営者に売りたくはありませんので、辞めますね。

Q秘書業務といえば秘書業務で困っています

社会人、何年かやっていますが最近、様々な仕事を同時並行でやる、
という環境に身を置き、ちょっと困っています。

自分が午前中に送ったメールの内容を忘れたりします。

相手からの返事が来たりしたら、
メールをすべてみなさんは保存しておきますか?
別のフォルダに振り分けたりなど。

2人の人に決裁をいただいたりするとなると、ますます忘れてしまいます。
誰さんが何日に会社に出勤する、などの管理が全くできません。

どういう心掛け、工夫が必要でしょうか。

Aベストアンサー

私が秘書業務(もどき)をしていたときは、メールは全て保存していました

メールは、返信が必要なもの、期限があるものはフラグを立てたり、TO DOリストに入れる等していました


その他に自分のスケジュールを管理する手帳、上司のスケジュールを管理する手帳の2冊を用意して、やるべきこと・やったことをチェックしていました

スケジュールもちょこちょこ変わるのでフリクションのボールペンと蛍光ペンで書き込むようにしていました

なかでも忘れないようにしたいことは附箋に書き込んで貼っておきました


また、毎朝それとは別にメモ用紙に手書きで確認の意味も込めてTO DOリストを作成し、終わったら消しこむようにしていました

質問者さんのご参考になれば幸いです

Q秘書官とは

秘書官とは一体どういう方をいうのですか?
昨日、レッツゴー永田町をみていると、大臣になると秘書は秘書官と呼ばれると言っていました。秘書官というのは大臣になると新たに省庁などから派遣されるものかと勝手に思っていましたが、もともと事務所で個人がやとってる秘書(政策・公設・私設秘書などがいますが)がそう呼ばれるようになるのか、どちらなのでしょう。もし、大臣になってから新たに秘書官がつくとしたら、これまでいつもお付きをしていた秘書の方はどうしてるんでしょう。いつも行動を共にしている方はどなたですか? 秘書官も普段は事務所につめているのですか? その仕組みがよくわかりません。どなたか教えて下さい。
 それから、事務所の秘書たちが政治家のことを「代議士!」と呼んでいました。じゃあ、参議院の政治家のことは秘書たちは何と呼ぶのでしょう。議員が大臣になったら、秘書たちも「大臣」と呼ぶのでしょうか?? 「先生」と呼ぶのは議員同士? 
 

Aベストアンサー

わかる範囲でお答えします。
大臣秘書官には政務の秘書官と事務の秘書官の2種類があります。
政務の秘書官は元々議員の秘書をしている人(政策秘書のケースが多いですが)が内閣より秘書官辞令をもらって大臣秘書官となります。(たまに違うケースもあります)
一方、事務の秘書官は役所の職員で、役所にもよりますが本省課長級~補佐級の職員が同じく内閣より秘書官辞令をもらって秘書官となります。
ちなみに、テレビ等で大臣の後ろにカバンを持ってくっついている人を見かけたことがあるかと思いますが、事務の秘書官だと思って間違いないです。
大臣任期中は公務(大臣としての仕事)も政務(1国会議員としての仕事)も特段の支障がない限り事務の秘書官が随行します。
(毎週地元まで一緒について来る秘書官はまれだと思いますが)
秘書官は普段どこに詰めているかですが、政務の秘書官は大臣秘書官室にほぼ常時詰めている人、ほとんど議員会館にいる人など様々です。事務の秘書官は当然役所が基本です。
なお、議員会館にいる秘書は、議員が大臣任期中は暇になるのかと思いきや陳情やらなにやらが大量にやってくるので結構大変です。週末の地元日程の調整等もありますし。
呼び方は、大臣と呼ぶことが多いと思いますが、名字で呼ぶ人もいるようです。

わかる範囲でお答えします。
大臣秘書官には政務の秘書官と事務の秘書官の2種類があります。
政務の秘書官は元々議員の秘書をしている人(政策秘書のケースが多いですが)が内閣より秘書官辞令をもらって大臣秘書官となります。(たまに違うケースもあります)
一方、事務の秘書官は役所の職員で、役所にもよりますが本省課長級~補佐級の職員が同じく内閣より秘書官辞令をもらって秘書官となります。
ちなみに、テレビ等で大臣の後ろにカバンを持ってくっついている人を見かけたことがあるかと思いますが、...続きを読む

Q派遣社員が時期を重ねて同じ会社から別の業務請負?

派遣社員(労働契約)が時期を重ねて同じ会社から別の業務請負(請負契約)の仕事をもらってもよい?

派遣と請負についてお詳しい方教えてください。
派遣社員としてフルタイムの労働契約をしている者が、派遣契約内容にはない号数の仕事を依頼された場合、業務請負(請負契約)として別の契約を結ぶことは可能(違法などではない)のでしょうか?
ちなみに、業務請負の内容は、翻訳(テクニカルライター)です。

Aベストアンサー

わが国の憲法は職業選択の自由を保障しており、同時にいくつの職に就こうと法律上の問題点は何もありません。
翌年の春に、確定申告を怠らないことだけです。

ただ、会社によっては会社の裁量において副業を禁止している場合も多々あります。
派遣元と派遣先、まあ派遣先は問題ないのでしょうけど、派遣元に一応お伺いを立てておけば安心できます。

Q外資系企業の秘書になるには

外資系企業の秘書になりたいと思っていますが、いくつか質問があるので、どれか1つでもお答え頂けるとありがたいです。

・大学の学部は外国語学部と経営学部ではどちらの方がいいのでしょうか?
・外資系企業なので一流大学出の方がいいのでしょうか?
・大学よりも秘書科コースのある専門学校へ行く方がいいのでしょうか?
・日本の大学よりも海外の大学へ行く方がいいのでしょうか?

あと、秘書というのはずっと秘書をやっているのではなく、秘書課にいる間やっているだけで、営業や経理などに配属されることもあるのですか?

外資系企業じゃなくても秘書の経験のある方に秘書業務についてお話を伺えれたらうれしく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在、外国人2名の秘書をしています。
秘書科コースのある専門学校より、大学のほうがいいと思います。秘書の仕事は、わざわざ秘書科で学ぶようなことではなく、一般常識や気遣いなどが大事です。
私は、日本にある大学(英文科)卒です。

外資の秘書さんは、派遣の方が多いと思います。(私はグローバルに展開しているところに勤めていますが、外資系ではなく、また派遣でもないです。国内企業でも、秘書さんの一部を派遣にしているところは多いです。)

外資の秘書さんは、上司が転職すると、上司について一緒に転職する、ということもあります。

「外資系の」秘書、というふうに、特定するのは何か理由がありますか?それとも、「外国人の」秘書、というふうに思い描いていますか?

英語力はかなり必要とされますので、頑張りましょう♪

Q派遣社員、契約社員、準社員もフリーターですか?

派遣社員、契約社員、準社員もフリーターになるんですか?(主婦除く)

Aベストアンサー

お役所によって判断基準が違ってはいるのですが、
一般的には、正社員以外はみんな「フリーター」みたいですね…

同じように働いているのに、悲しい話です。

Q議員秘書

国会議員秘書といわれるときに指されるのは一般的に
公設第一秘書、公設第二秘書、政策秘書のどれにあたるのでしょうか?

Aベストアンサー

いずれも相当します。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210862892

公設秘書については公務員扱いです。
国会議員には
公設第一秘書
公設第二秘書
政策秘書

の3人が公務員扱いとして採用されます。

Q新入社員がはいってきました。新入社員といっても派遣社員なんですが、その

新入社員がはいってきました。新入社員といっても派遣社員なんですが、その人たちに対して「この仕事は厳しい職場である」と思わせるべきか「この職場はだれでもできる仕事である」と思わせるべきか迷っています。実際この仕事は非常に厳しく数字を求められお客さま対応が多々ありクレーム処理や多くの事務処理、多くのサービス知識が必要な職場です。長く勤めてもらい後輩をそだてられるくらい成長してくれ未来の中核になってもらう人材にそだてるにはどちらが良いでしょうか?

Aベストアンサー

はじめの一歩は『厳しい』でしょう。
仕事内容や職場の雰囲気なんて慣れてくれば分かるものです。
未来の中核になる方々には先ずは、ちょっとオーバー気味に。そして良い⇔悪いの中間は省き、仕込んであげた方が分かりやすいですしね。
飴と鞭ですよ!
一回叱ったら、十倍褒めてあげよう!人を育てるのは難しいものです。
あなたも頑張ってくださいo(^-^)o

Q自民党の秘書さんは今?

自民党の秘書さんは今?

昨年政権交代した時、自民党の多くの秘書さんが職を失いましたね。
そして、民主党は秘書不足(特に新人議員)でしたが、自民党議員の秘書を雇うのは問題、と民主党本部から通達(だったか記憶は曖昧)が出ていたかと。

特に民主党は親族の秘書化も確か制限していたかと、、。

あれから1年経って、今 どんな状況なのでしょうか?
  自民党秘書は 自民党本部、支部の職員にでもなっている?
    →民主党の秘書は結局素人がやっている?
  それとも民主党の秘書に元自民の秘書が多くなっている?

個々の人ではなく、大体の状況で結構なのでその後をご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

政党にこだわらなければならないのは政治家で、
秘書は党には関係ありませんので
○○党の秘書と言う表現は適切ではありません。
秘書は政治家のスケジュール管理が大きな仕事です、
その政治家が落選すれば別の政治家にかわるだけです。
前回、100人以上の秘書が自民党の秘書から民主党の政治家へ、
今回の選挙ではその逆で民主党から元の自民党の政治家へと移動しています。

Qホテルのフロント業務にあこがれています。

現在工場で働いているんですが、ホテルのフロントの受付の仕事にあこがれています。 英語はしゃべれませんが、人に頭を下げるのが好きです。 こんな僕でも向いているでしょうか

Aベストアンサー

 日本人旅行客を対象としたホテルなら英語を話す必要はありません。ただ、頭を下げることがすきだけでホテルのフロントの業務が勤まるわけでもありません。ホテルマンになりたいという気持ちが大切なのはもちろんですが、ホテルの中心j的な役割を果たすためには、ホテルの業務全般にわたって熟知する必要があります。
 ホテル業務全般を知るためにはそれなりの期間を要し、勉強することも大切です。厳しい訓練を耐え忍んで始めてフロント業務が可能となります。剥いているかどうかは解りませんが、最低限の心構えをもって業務に取り組むことが必要です。


人気Q&Aランキング