色々な本を読みましたが、
シドニィ・シェルダンが読みやすかったです。
ゲームの達人、血族、真夜中は別の顔、時の砂
を読みました。どれも割と面白かったです。
他のやつでこれらと同じくらい面白いやつありますか?
ネタばれ無しでおすすめを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は


・星の輝き
・明日があるなら
・遺産
辺りが面白かったです。
最近の作品はちょっとイマイチかな…と思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

星の輝き、明日があるなら、遺産
ですね。ぜひ読んでみたいと思います。
最近の作品はイマイチなんですね。ネタ切れですかね。

お礼日時:2005/09/21 18:39

ドラマにもなりましたが「女医」がおもしろいと思いますよ^^

    • good
    • 1
この回答へのお礼

女医は最近のやつですかね。読みたいと思います。シドニィシェルダンはハズレ無しなんでしょうかね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/21 21:15

ダニエル・スティールもおもしろいですよ。


路線はシドニィ・シェルダンと同じです。
でも私はシドニィ・シェルダンがダントツです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと書き方が悪かったようですいません。
シドニィシェルダン作品の中で、上にあげたのと同等以上に面白いのはありますか?という質問でした。Webを見るとだいたいあのあたりがすすめられてますので、それらは全部読破しました。

お礼日時:2005/09/21 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシドニーシェルダンみたいな物語

こんばんは。

私はシドニーシェルダンの本が大好きで
もう全部古本屋などを探して読みました。
あさってぐらいに新刊が出ると聞いて
超喜んでます!

シドニーシェルダンみたいな
あんな読んでたら止まらなくなるような
本他にありますか?

私はミステリー系が好きです。

Aベストアンサー

ジェフリーアーチャーの「ケインとアベル」をおすすめします。
「ゲームの達人」みたいなジャンルはジェフリーアーチャーの「ケインとアベル」で確立されたと思います。
「ケインとアベル」の続編として「ロマノフス家の娘」があり、さらに「大統領に知らせますか」につながっています。
おすすめですよ。

Qシドニィ・シェルダン の作品がわかるようなサイト

シドニィ・シェルダン が好きで、昔は良く読んだものですが、最近どんなタイトルを出しているのかがわかりません。
歴代の作品リスト、粗すじとかが一目でわかるようなファンサイトとかないでしょうか。

Aベストアンサー

こちら↓はいかがでしょう。
私設サイトですが、とても良くできています。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/omanabu/

Qシドニーシェルダン原作の映画について

シドニーシェルダン原作の映画について、
原題と映画のタイトルが違うので見たくても探せません。
どなたか、邦題で何というタイトルの本が、
何というタイトルの映画(ビデオ)になったか
教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

映画化、あるいはTVドラマ化されてビデオになっているものは以下のようなものがあります。右側が映画化・ビデオ化のタイトルで、変更がないものもあります。

「顔」→「露骨な顔」
「真夜中は別の顔」→「真夜中の向う側」
「私は別人」→「鏡の中の他人」
「血族」→「華麗なる相続人」
「天使の自立」→「天使の自立」
「天使の自立2」→「運命の扉」
「ゲームの達人」→「ゲームの達人」
「神の吹かす風」→「神々の風車」
「時間の砂」→「時間の砂」
「女医」→「女医」

Q映画のラストは結局、夫と愛人は銃殺される…題名は?

映画の題名をおたずねします

あらすじしか覚えていません。

夫は、妻を殺そうとしたが、妻はボートで嵐の海へ…どこかへ逃げる…
夫は妻はそのまま海で死んだと思っている

途中は覚えていませんが、

逃げた妻は誰かに助けられ
別人として、修道女として修道院に身を隠している

妻は自分を殺そうとした夫と愛人に復讐してやろうと
自分は死んだことにしてある

よく覚えていないけど、
別人に成りすました妻の協力者のさしがねだったかもしれないが、
妻の不在に警察が疑問を持つようになり
夫と愛人は容疑者となり、留置所へとらわれる

裁判になり、無実を主張していた二人が、
弁護士にうまく誘導尋問され、「殺そうとしたことはした」と打ち明ける

実は、弁護士は、殺されそうだった妻の協力者の手先の弁護士で
「素直に、殺そうとしたことはした、と言えば、無罪になる」と言う

実際に裁判で、法廷で夫はそう言う…

そして夫と愛人は
死刑を言い渡され、銃殺される…
という結末です

最後に、修道女として別人になって生きている、夫に殺されかけた妻が、
復讐をやり遂げて、笑っている
というシーンで終わりです

どなたか、題名をご存知の方、教えてください

よろしくお願いします

映画の題名をおたずねします

あらすじしか覚えていません。

夫は、妻を殺そうとしたが、妻はボートで嵐の海へ…どこかへ逃げる…
夫は妻はそのまま海で死んだと思っている

途中は覚えていませんが、

逃げた妻は誰かに助けられ
別人として、修道女として修道院に身を隠している

妻は自分を殺そうとした夫と愛人に復讐してやろうと
自分は死んだことにしてある

よく覚えていないけど、
別人に成りすました妻の協力者のさしがねだったかもしれないが、
妻の不在に警察が疑問を持つようになり
...続きを読む

Aベストアンサー

【真夜中の向こう側】でしょう。
先日、有線テレビで見ました。
最後の結末がよかったですね。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8621/comment.html

Qペーパバックとは何ですか?

最近、ペーパバックという言葉を耳にしますが
何のことですか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

日本で言えば文庫本でしょうね。
でも海外の(本来の?)ペーパーバックは日本のものほどしっかりしておらず、ページは週刊新潮や週刊文春の中身のようなグレーの安い紙でできていて、表紙は厚紙一枚だけ。ちょっと縦長で分厚く、ちょうど日本の文庫本のカバーを外したような状態の本です。

たぶん電車の中で外国の方が読んでいたり、映画の中でおじいちゃんがロッキングチェアーなんかに座って読んでいるのを見たことがあると思います。

大きな書店の洋書コーナーへ行けば積まれています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/1007946/249-8988584-4642704


人気Q&Aランキング

おすすめ情報