の直接的な影響と間接的な影響について教えてください。
なにが、直接的な影響で、なにが、間接的な影響か良くわかりません。

よろしくお願いします。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接的な影響としては、



・被災地アメリカ合衆国への観光・ビジネス旅行の減少に伴う、アメリカ国内の観光・サービス業の不振。

・ニューヨークの巨大ビジネスセンターが崩壊したことによる、ニューヨーク株価の下落やニューヨーク市周辺のオフィスビル需要の激変。(場合によっては、金融センターのニューヨーク市外の移転などもあり)

・民間航空機利用のテロを恐れた、航空旅行需要の減退による航空会社、航空機メーカー、旅行会社の業績悪化。

・莫大な保険料支払いが発生した生保・損保業界の経営の悪化と、それに伴う保険料率の引き上げ。

・航空機利用のテロと郵便物への炭そ菌テロ対策としての、電子会議システムや電子メールの普及推進。

・アメリカ合衆国の外交・国防の大きな方針の変更

こんなところが考えられます。

間接的な影響としては、上記の事項を原因とする景気の悪化などが考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅れてすみませんでした。
わかりやすく、教えていただきありがとうございました!(>_<)

お礼日時:2001/11/14 19:29

例えば沖縄の観光客激減などは間接的影響ではないでしょうか。


自身はないのですが。(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事遅れてすみませんでした。
ありがとうございました(^^ゞ

お礼日時:2001/11/14 19:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直接税・間接税

直接税と間接税の良点・悪点について教えてください。
また、垂直的公平、水平的公平とは具体的にはどういうことですか?

Aベストアンサー

直接税は、所得税みたいに直接「儲け」から差っぴかれる税のことです。
特徴として、一般的に累進課税されています。儲けが多いほど税率が高いのです。これは、貧乏な人にとってはメリットです。少ない税金で、より大きな行政サービスを受けることができるのですから、また、お金持ちにとってはデメリットです。社会にとっても、累進課税は、メリットとデメリットがあります。累進課税をすると、社会の貧富の格差が少なくなります。極端に貧しい人がいなくなるということは社会にとってはメリットです。治安がよくなったり、お金を持っていない人とお金を持っている人がいがみ合ったりしないからです。こういう状態を垂直的公平というんだと思います。
その代わり、お金を稼ぐ能力を持った人が一生懸命がんばらなくなるというデメリットがあります。
間接税は累進課税されません。私がガムを買っても、孫正義さんがガムを買っても税率は同じ5%です。したがって、間接税の比率が高くなれば、社会の格差が大きくなるかわりに、能力のある人はがんばります。
-------------------------------------
水平的公平は自信がないですね。多分同じ儲けの人はどんな職業でも同じように課税されるべきだという考え方だと思います。今の税のシステムは「くろよん」とか、「とーごーさん」とか言って、サラリーマンに負担がかかりすぎると言われています。すなわち水平的公平が達成されていないのです。

直接税は、所得税みたいに直接「儲け」から差っぴかれる税のことです。
特徴として、一般的に累進課税されています。儲けが多いほど税率が高いのです。これは、貧乏な人にとってはメリットです。少ない税金で、より大きな行政サービスを受けることができるのですから、また、お金持ちにとってはデメリットです。社会にとっても、累進課税は、メリットとデメリットがあります。累進課税をすると、社会の貧富の格差が少なくなります。極端に貧しい人がいなくなるということは社会にとってはメリットです。治安が...続きを読む

Q直接税 間接税の違い

教えてください!!
(1)直接税と間接税はどのような違いがあるのです?
わかりやすく簡単に教えてもらえますか?

(2)労働三権と労働三法について詳しく教えてもらえますか?

学校で書く作文の材料に使いたいです。特に(1)を重視してます!!(1)だけでもいいので、
どなたか、回答お願いします!

Aベストアンサー

直接税と間接税の違いは簡単にいえば、「納めるひとと払う人が違う」ということ。直接税の基本的な例としては法人税や所得税など、間接税は消費税や酒税などがあります。でも消費税=間接税といっていいほど消費税がメインです。政府が税収をあげようと直接税と間接税のどちらをあげるかというときに、ふたつのメリットとデメリットが参考にします。直接税のメリットは所得の高い人ほど多く払わせる(累進課税)という点で、低所得の人を守ることができます。デメリットはサラリーマンなどは給料をもらう際に源泉徴収といって、会社にあらかじめ税をカットされた給料が払われるのでとりこぼしがないのですが、個人経営の店などは自己申告制なので、悪くいえばごまかしがきくのです。つまりサラリーマンにしてみれば不公平だろうということになります。消費税はこの反対です。だれでも同じように課税されますが、高所得の人も低所得の人も同じということは低所得の人にとっては負担だということです。学校の作文ぐらいならこれだけおさえておけば大丈夫でしょう。がんばってくださいね!

Q間接金融から直接金融への移行

メーンバンク制を中心とした間接金融依存の時代から直接金融重視へなぜシフトしてきたのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、日本の戦後金融市場における 間接金融が でかすぎたという前提があります。

太平洋戦争の結果、日本のメーカーが慢性的に資産がない状況がありましたので、自分の資産で金を借りてくると言うこと(=直接金融)が不可能でした。

大きく言えば、アメリカ基準のグローバルスタンダード化が進んでいるとも言えます。

メーカーが直接金融が可能なほど資産を持ったことと、銀行がBISによって、過剰に金を貸すことが出来なくなったことも背景になるかと考えます。

Q経済の世界的な結びつきの強まりによる経済の格差の影響について

経済の世界的な結びつきの強まりは、経済の格差を多く苦しているか、それとも減らしているのか。どちらなのでしょう?理由もつけておしえてください。

Aベストアンサー

世界的な経済の結びつきは、世界経済や企業の発展を促す効果はあります。
ただし、すべての国や企業に恩恵をもたらすわけではありません。
国の場合は資源があったり技術のある国が優先され、企業においても資金力と技術力のある企業が優先されて、それ以外の国や企業は置いてけぼりにされます。
その結果、疎外された国はますます経済発展が送るために国家間の格差は広がります。
発展途上にある国はその恩恵を受けた国で、今なお貧しい国は疎外された国で、格差は広がっています。
企業においても、その恩恵にあずかった企業は社員の待遇がよくなり、他社の社員との格差が広がります。
特に、経営者層においてはその傾向が顕著で、格差は広がっていきます。

Q債権の格付けが企業経営に与えた影響ってなに?

債権の格付けが企業に与えた影響っていったいなんなんですか?詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

債券(債権ではない)ですね。
いわゆる社債の格付けが下がるということですね。
これは、その企業の業績が悪かったり、先行きの業績に不安があったり、リストラが進んでいない、製品の市場の将来が暗いなどの理由で、格付け機関が評価を下げることですから、投資家が敬遠して株価が下がり、そのために業績が更に悪化するという悪循環に陥る危険があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報