アメリカもしくはカナダに留学して、大学に行きたいのですが、英語に自信がありません。
大学に入学して会計学などを習得したいと考えているのですが
もうひとつの目標であるUSCPAの参考書を眺めていると、当然ながら専門用語の羅列ですよね。
TOEIC・TOEFLで高得点を取って、大学の授業についていける
また実用的に使いこなせるレベルになるまで、現地に留学して勉強したとして
参考としてどのくらいかかるのか教えていただけませんか?
また、日本でやれるだけ英語を勉強し、とにかく早く語学留学という形で留学したほうが
大学入学レベルまで習得できる最短パターンだと考えているんですがどう思われますか?

アメリカの大学は入学は易しくて、卒業が難しいとよく聞きます。
専門分野に対する知識や熱意には自信があっても、前提に英語がはだかるのでとても不安です。

どんなことでも結構ですので、世間知らずな私にアドバイスください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、大学の授業に無理なくついていけるのには、かなりの英語力がいります。

例え、TOEFLで高得点をとっていたとしても、なかなかアメリカの授業についていけない留学生はたくさんいますよ。でも、もちろん努力次第では「いい成績」をとることは出来ます。英語がうまくしゃべれるしゃべれないを関係なしにです(英語をしゃべることが成績に影響されない専攻でしたら、英語が書ければ言い訳ですからね)。でも、一般的に「無理なく」授業についていけるのには、5年位かかるといわれてます。だから、はっきりいいますけど、留学生のほとんどの人は、かなり無理をしないといい成績をとれないっていうことになります。私もその一人でした。

私は英語があまり得意ではなく、アメリカの語学学校で1年勉強し、それから設置されてる大学にそのまま入学。語学学校と大学の授業の差はかなりのもので、まず、教授の言っていることが分からないので、テープレコーダーで授業内容を録音。それから家に帰って、何度も何度もテープを聞きながら、ノートをとり、それから、何百ページの教科書を読み、分からない単語があっても、とにかく読みつづけ、それで睡眠時間は、3,4時間が平均でした。友達と遊ぶ暇もほとんどなく、勉強ばっかりの日々で、本当に疲れましたよ(苦笑)それから、テープで分からない所は、クラスメートに聞いたり、ノートをコピーしさせてもらったりしてました。

とにかく、努力するだけ努力して、それで私はいい成績がとれましたし、他の留学生よりも英語の上達は早かったので、私は優等生でしたし、クラスでもいつもほとんどトップでした。日本人と一緒にいることがかなり少なかったと理由もありますが、11年経った今ではネイティブとかわりがありません。ですから、最初にいくら英語に自信がないといっていても、努力次第で、かなり英語力は伸びます。

それから、専門分野に対する知識が日本語である場合は、英語で読んでも理解しやすいので、それはかなりのプラスになります。けれど、日本語で知っているからこそ、日本語で英語を考えてしまって、エッセイなどを書くときに変な文章にならないように要注意することです。これは、たくさん英語の本を読むこと、それからアメリカ人といっぱいしゃべることで、少しずつ良くなっていきます。最初のうちは、日本語英語で仕方ないですけど、でも、だんだん英語の使い方に慣れてきますし、それに、日本で習った英語が少しずつなんだかおかしいってことにも気付くかもしれませんね(笑)私の場合は、中学校、高校、それから予備校の先生の英語がおかしかったことに気付いた時は、結構びっくりしたものです(笑)

さて、実用的に英語を使いこなせるまでどれ位の時間がかかるかですけど、それは一人一人違います。でも、一般的には10年位はかかるといわれます。ですから、留学生のほとんどは、大学を卒業したとしてもあまり英語がうまくしゃべれないひとが多いということです(実際にそういうひとがほとんどいうのが現実です)。私の周りの日本人留学生の場合、卒業するまでに英語がしゃべれるようにはなりますが、でも、アメリカ人と対等にしゃべれるかというとしゃべれないひとが多いです。で、発音のほうは、日本語訛りの英語をしゃべるひとがたくさんいます。けど、プレゼンテーションは出来るかというと、出来る人はほとんどです。日本人のいいところは、きちんとしてるところで、頭のいいひとがたくさんいますし、まとめ方がとにかくうまいです。ですから、プレゼンテーションをする時は、英語があまりしゃべれないことが分かっているので、ノートにプレゼンテーションの内容を書き込み、何をしゃべるかきちんと覚えていくので、プレゼンテーションはよく出来るひとが多いです(で、アメリカ人のほうが、まとまりのない、又、ポイントのないプレゼンテーションをするひとが多いです)。発音は日本語訛りでも、アメリカ人に分かってもらえる日本語訛りの英語がほとんどですので、卒業している頃には、例え、英語がネイティブに近くない発音でも、それなりの英語を話せるようにはなっています。

とにかく、英語は努力次第です、でも、結果的に日本に帰ることを予定しているのなら、英語を話す力よりもリスニング、リーディング、ライティングに力をいれるほうがいいです。

あと、私の個人的な意見ですが、2年制の大学から4年制の大学への編入のことですが、お金と時間があるのなら、そうするほうがいいと思いますけど、お金があまりない場合は、あまり2年制からの編入はお勧めしません。どうしてかというと、4年制の大学に編入するときに、単位がほとんど認められない場合が多いからです。そうすると卒業するまでにかなりの時間がかかってしまいますから、お金と時間のことを考えるのなら、最初から4年制の大学に入学するほうがいいでしょう。でも、2年制大学のほうが、TOEFLの点数はあまり高くなく、入りやすいし、授業も4年制大学とは違いかなり簡単ですので、いい成績はとりやすくなっていますので、そういう点では短大のほうがいいと思います。

とにかく、英語は最初は誰もそんなにうまくありません。ほとんどの人が英語に自信がないといっていいと思います。でも、それでもみんな一生懸命やって、卒業します。いい成績をとれなくても、とれたとしてもです。

私がお勧めするのは、短期留学をしてみて、それで、少し、アメリカ、又はカナダの生活をしてみることだと思います。で、それで様子をみて、まずは外国の生活に対応することが出来るか考えてみてください。で、それから学校の授業は、授業を取る前に、見学をさせてもらってみて、それでもし自信がなさすぎて、ついていけないと思うのなら、日本の大学に入るほうがいいと思います。でも、はっきりいって、ほとんどの留学生は授業についていけないひとがいっぱいいますから、得に最初の頃はね。。。ですから、そこのところで、どうふんばれることが出来るかどうかだと思います。みんな、その道を通らない留学生はいませんから。

後は、とにかく単語をいっぱい覚えることです。大学の授業で使う単語です。これを集中してやれば、教科書も読みやすくなりますし、教授の言っている事もわかりやすいです。

まあ、留学はそんなに簡単なものじゃないですから、安易に考えないことです。でも、努力をすれば、それなりのことが後で返って来ますから、一生懸命がんばってくださいね^^
    • good
    • 0

英語力に自信が無いのなら、ESLがある学校などに入る方がいいでしょうね。

  無理やりメジャーに入るとかなり苦労します(経験者談)  宿題とか口頭で言うので、宿題すら何だったかわかりませんでした^^;  先生によっては、黒板を使わずに授業を進める場合があって、ここが重要というのを聞き逃さずにノートに取らなくてはいけないので、かなりのリスニング力が必要になってきます。   日本と違って、論文を書き方もいろんなパターンがありまして、そういうのはESLやENG100以下のクラスで学んで行きます。

4年制からですと、かなり大変ですので、2年制の大学に入りESLを取って、必要なクラスを取ります。  それから4年制に編入するのがいいでしょう。  2年制の大学はクラスが小さいし先生にも質問しやすいです。  4年制で同じクラスを取るより2年制の方が単位を取りやすいです。  Peterson'sを見ますと大体のTOEFLの得点が出ていますので、そちらを参考になさるといいと思いますが、TOEFLの点数がよくても、高校で取ったGPAが一番重要です。  高校で取った単位の平均が行きたい大学の希望より下回っていたら、SATやACTを受けた方がいいでしょう。

アメリカですと、行きたい大学がある州の2年制を受けてから、4年制に移る事が可能です。  メジャーも変えやすいです。  州によって学費や生活費が違ってきますので、そういう部分で選ぶのもいいと思います。

カナダですと、学費が高いのと税金(消費税)が高いので、金銭にかなり余裕がないとダメですね。 あと、学校を転向する際もアメリカの用に簡単にはいかない場合があります。  

↓のサイトは、Peterson'sです。 行きたい州の大学やメジャーで検索できます。 学校の情報が出ています。 そこに、GPAの事、TOEFLのスコアーなど出ていると思います。

参考URL:http://www.petersons.com/
    • good
    • 0

あなたの英語の力が、どの程度なのか分かりません。



アメリカの大学に入学するには、TOEFLを受けないといけません。
授業についていけるだけの語学力がないと、4年で卒業するのは難しくなります。
専門分野に対する知識があっても、大学ではエッセイやレポートなどの課題がありますので、英語で論理的に文章を書ける力が必要となります。

まずは、TOEFLを受験してみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QカナダのeTAの申請時に名前を間違えた

カナダ旅行、一週間まえです。
カナダのeTAの申請をしていましたが、名前を一文字抜かしてしまう間違いをしていたことに気づきました。
再申請をしようとしましたが、できませんでした。
(帰ってきた文面です)
Your application for an Electronic Travel Authorization (eTA) has been received. A review of your file is underway. You will be advised within 72 hours of next steps regarding your application.

At any time, you can check the status of your application by using the eTA Check Status Tool. To do this, you will need the application number noted above and details from the passport you used to apply for your eTA.

At this time, you are not considered to hold a valid eTA. As such, you should not plan or undertake any travel to Canada by air. If you do decide to travel to Canada, you may experience delays or be prevented from boarding your flight and/or entering Canada.

再申請は不可能なのでしょうか。
旅行まで、一週間しかありません。
パスポートと異なる名前でも、カナダに入国できますか。

カナダ旅行、一週間まえです。
カナダのeTAの申請をしていましたが、名前を一文字抜かしてしまう間違いをしていたことに気づきました。
再申請をしようとしましたが、できませんでした。
(帰ってきた文面です)
Your application for an Electronic Travel Authorization (eTA) has been received. A review of your file is underway. You will be advised within 72 hours of next steps regarding your application.

At any time, you can check the status of your application by using the eTA Che...続きを読む

Aベストアンサー

英文では現時点では空路でのカナダ入国は不可能ですとあります。
その文章が送られてから72時間以内に次のステップへのアドバイスがあると記載されているので
それに従って行動するしかないと思いますが。

Qアメリカ・カナダの大学留学について~メール~

今、高校3年生で、アメリカかカナダの大学に進学したいと考えています。
帰国子女なので、英語はそこそこでき、直接留学を考えています。

そのため、今年の夏休みにアメリカ・カナダの大学を何校か見学する予定にしています。
大学を見学する際、個人的にインタビューしてもらえる大学がけっこうあり、せっかくなのでインタビューしてもらいたいと考えています。当然、メールで事前に予約をしなければならないのですが、いざメールを送るとなると、どのような文面にすればいいのか、とても困っています。

英語に敬語がないと言っても、やはり丁寧な言い方や相手に不快感を与えない表現にしたくて、でも自分の英語力でそこまで配慮した文章が書けているのか不安です。

特に、メールの書き出しは、相手の方が誰かわからないので「Dear whom it may concern」とするべきなのでしょうか??メールにしては硬すぎるのでしょうか・・・

何かアドバイスよろしくおねがいします!

Aベストアンサー

相手が誰でも良い場合は、

To Whom It May Concern:

で全く問題ありません。どうしてかわかりませんが、なぜかコロン(:)が付きます。それからなぜか、各語の頭がキャピタルになります。

QカナダeTA取得費用について

日本語で案内のあった webより カナダeTAの申請した。

 費用は7カナダドルのはずが 6400円だった。(千円ほどのつもりだっだ)

領収書の支払先 
Electric Travel  Authorization Services
support@canada-eta.jp
12262415940

とあった

カナダeTAの承認されたので 今更文句は言えないですが どうしてか知りたい

教えてください

Aベストアンサー

ご質問文にあるメールアドレスで検索しました。ここを使って申請しましたか?
http://canada-eta.jp/
※CANADA eTA Application Service JAPANでは日本語での申請ファームにて税込み6,400円にて代行申請を受け付けております。
との記載があります。

特定商取引法の表記を見ると香港にある代行会社のようです。
http://canada-eta.jp/tokutei.php

普通はカナダ大使館にリンクのあるサイトから申請するのですけどね。
以降この手のサービスは検索結果(などはGoogleやYahooにスポンサー料を払えば
ヒットした上位に出てくる)ではなく、管轄省庁のサイトからのリンクで
申請するといいと思います。

在日カナダ大使館
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/index.aspx?lang=jpn
このサイトの右中ほどに「電子渡航認証(eTA)」へのリンクがあります。
http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-facts-ja.asp?utm_source=mission-eng&utm_medium=website

申請画面自体は英語かフランス語です。「eTAの申請書」に各項目の英語に対しての
日本語訳が出ていたので、英語が分からなくてもこれを参考にして申請すればCAD7だったことになります。

ご質問文にあるメールアドレスで検索しました。ここを使って申請しましたか?
http://canada-eta.jp/
※CANADA eTA Application Service JAPANでは日本語での申請ファームにて税込み6,400円にて代行申請を受け付けております。
との記載があります。

特定商取引法の表記を見ると香港にある代行会社のようです。
http://canada-eta.jp/tokutei.php

普通はカナダ大使館にリンクのあるサイトから申請するのですけどね。
以降この手のサービスは検索結果(などはGoogleやYahooにスポンサー料を払えば
ヒットした上位に...続きを読む

Qアメリカへ高卒後大学からの留学か、日本の大学卒業後大学院からの留学か

私はアメリカの大学留学を目指しつつ日本の大学も受験しようと考えました。高校のコース分けで”文系”を選択したのですが、後から生物学を専攻したいと考え、文系でも受験が出来、尚且つ生物についても学べる慶応大環境情報学部を受験し合格しました。

しかし現在の心境としては生物学を深く専門的に学び、最終的には研究職に就きたいと強く思っています。(環境情報学部では浅く生物学を学ぶだけです)
渡米すれば勿論、生物学を専攻できますが、様々な情報を見ると研究職を目指す場合、日本の大卒→アメリカの大学院という進路が無難で適切であり、また学部生として学ぶのであればアメリカの研究重視の大学は学費が平均して高いので日本で十分(メリットなし)と書かれていました。
日本大卒→アメリカ大学院。アメリカ大卒→アメリカ大学院。どちらが良いでしょうか? 何かアドバイスをください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、直接高卒後に入学する場合ですが、願書締切が1月なので、来年の1月に願書をだして、入学は2010年9月(1年半後)になりますね。SATの試験が10,11月なので今から7ヶ月でネイティブなみの英語を身につけることも大変だと思います。せっかく慶応に合格したのですから、1年半受かるかどうか分からない大学の多目に無駄にするのはもったいないと思います。

次に編入。これは合格率は低いですが、難関のSATを必要としない分、ずいぶん楽です。入った後に、大学院に必要な生物の必修科目もとれますし、さらに、大学院に入る際にアメリカの大学からの推薦などももらえるので大学院への合格率もあがります。

そして、大学院から。大学院の合否に一番関係するのは実は研究。大学の卒業論文とか、何かの教授の元で研究をしているのならその成果など。日本の大学の制度がよくわからないのですけど、もし大学のうちに生物学の教授といっしょに何か研究などできたなら、編入よりかはかなり合格率が高かったりします。

さらに、無難なオプションが交換留学。慶応大学はけっこうアメリカの大学と提携がありますから、1年留学して、その大学の教授と仲良くなって、あらかじめ推薦状を書いてもらう。さらに交換留学中に生物の単位もとれますので便利だと思います。学費もかからないですし。

そうそう、学費のことですが、
最終目標は研究職、ということはポスドクをめざすってことになると思います。
普通に考えると、大学4年+マスター2年+PhD2年=8年後です。
留学するかどうかの前に8年分の海外学費が払えるか?って壁にもぶつかるかもしれません。
ただ、マスター以上の場合、TAや研究をすると学費がほぼ免除になります。
ですから、もし節約して留学したいのなら、大学卒業してから、の方がオススメです。

長くなってすみません。
私のオススメのオプションとしては、慶応入学→交換留学/編入→大学院です。
編入とか受からなくてもApplyするだけする価値はありますよね。

がんばれ!!

まず、直接高卒後に入学する場合ですが、願書締切が1月なので、来年の1月に願書をだして、入学は2010年9月(1年半後)になりますね。SATの試験が10,11月なので今から7ヶ月でネイティブなみの英語を身につけることも大変だと思います。せっかく慶応に合格したのですから、1年半受かるかどうか分からない大学の多目に無駄にするのはもったいないと思います。

次に編入。これは合格率は低いですが、難関のSATを必要としない分、ずいぶん楽です。入った後に、大学院に必要な生物の必修科目もとれま...続きを読む

Q4月下旬のカナダの気候は?

4月の中旬からカナダツアーに行く予定です。
バンクーバー、カナディアンロッキー、ナイアガラを旅するプランですが、その時の服装をどうしたらいいのか迷っています。

GWにカナダへ旅行したことのある友人が言ってたのですが、その時期でさえも、「本当に寒い」と。
なので、完全防備でいくべきなのかと思っていました。(ダウン着てくつもりで)
ただ、世界の天気予報をチェックしていたら、昼間は20度近くまでいく日もあるみたいなので、一体、どうしたらよいものかと・・・

カナダ在住のみなさん、旅行経験者のみなさん、是非、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

基本的にカナダは広大ですから場所によります.カナダは平均して日本より北にあることをまず思い出しましょう(ナイアガラは別ですが).北海道より北です.北海道の4月はまだ寒いです.

世界の天気予報といってもカナダのどこかによります.その中で,少ないですが,部分的に,バンクーバーのように東京並みに暖かいところはあります.バンクーバーは海流の関係と,海が近い関係とで比較的に暖かいです.そのため,冬は寒くても,むしろ他の地域より雨が多くなります.また4月のロッキーはまだ真冬で寒いです.コロンビア大氷原などは氷河ですから,真夏でも寒いです.

ダウンは軽いし,縮めると小さくなりますから便利かもしれません.完全防備とはどの程度か(北極圏のオーロラ?)解りませんが,とにかく4月はまだ寒いです.

http://www.canada.or.jp/general/page1.html#03

参考URL:http://www.e-maple.net/life/bs_cl.html

Qカナダ留学をアメリカ留学と比較した場合の違いについて説明をお願いします。

アメリカ留学中ですが、いろいろ思うことあってカナダの大学・大学院も進路の選択肢に入れて摸索中です。いろいろ本を読んで調べたりしましたが、カナダ留学の情報はアメリカに比べると圧倒的に少なく、今一つ状況がつかめません。まだ漠然とした状態なので、長文すみませんが、お付き合いいただければ幸いです。

一応、昨年、バンクーバーに1週間だけ旅行で滞在したことがあります。その前に既にアメリカに視察を兼ねた短期留学をしていたのですが、雰囲気が随分違うということだけは分かりました。例えば、

1.アメリカに比べてヨーロッパ的な部分(フランス語の影響?)が強い。
2.現地の日本人があまりローカライズされていない、日本での生活をそのまま維持できている感じがする。良い面・悪い面あるとは思いますが、アメリカの日系コミュニティで感じる独特の雰囲気がバンクーバーにはなかった。
3.学生は勉強、勉強という感じではなくて、比較的のんびりしている。余裕がある。
4.日本食レストランのご主人(日本人)から聞いた話では、「永住するならカナダだけど、本気で勉強したければアメリカかなあ。学問をやっていこうとする学生は、たいていアメリカに行ってしまう」とのこと。
5.食べ物はアメリカよりも日本人向き。

1週間なのでこの程度ですが、まずこの感覚がどこまで的を射たものか、自分では確信がありません。レストランのご主人のお話も、お一人にうかがっただけなので、どこまで定かかは分かりません。

そして肝心の教育制度。アメリカの大学や大学院は、途中でフレキシブルに専攻を変えたりできますが、カナダではそうではない?というようなことが読んだ本には書かれていました。しかし、情報はそれぐらいしか得られず・・・

前文長くなりましたが質問です。

1.カナダ留学とアメリカ留学の違いを端的にまとめると、どういう風に捉えるのが適切ですか?
2.アメリカ留学からカナダ留学に切り替えた、あるいは、カナダ留学からアメリカ留学に切り替えた方は、いらっしゃいますか? その理由は何ですか? また、実際にやってみてどんなところが違うと思いましたか?
3.特にカナダの大学・大学院教育(コミュニティカレッジも含め)の特徴や、日本・アメリカと比較した場合の違いは何ですか?
4.学業を終えた後、アメリカかカナダで就職し永住権を取得したいと考えていますが、どういった点で両国におけるこの目標に到達するプロセスが異なりますか? どういう人にはどちらが有利で・・・など。
5.その他、カナダ留学について分かりやすい本・サイトなどありましたら、ぜひ推薦をお願いします。

漠然とした長い質問でごめんなさい。けっこう真剣に悩み始めています。どうぞよろしくお願い致します。

アメリカ留学中ですが、いろいろ思うことあってカナダの大学・大学院も進路の選択肢に入れて摸索中です。いろいろ本を読んで調べたりしましたが、カナダ留学の情報はアメリカに比べると圧倒的に少なく、今一つ状況がつかめません。まだ漠然とした状態なので、長文すみませんが、お付き合いいただければ幸いです。

一応、昨年、バンクーバーに1週間だけ旅行で滞在したことがあります。その前に既にアメリカに視察を兼ねた短期留学をしていたのですが、雰囲気が随分違うということだけは分かりました。例えば、
...続きを読む

Aベストアンサー

acrobotさんの質問には関係ないのですが、shunnak1さんが勘違いされているので、少し付け加えさせて下さい。その後、カナダの移民のご質問にお答えさせて頂きます。

まず、I-20、DS-2019、SEVIS、パスポートの提出はビザ取得のためです。これらの書類を見せて、ボーダーでビザを取得します。もしビザの取得が必要でなければ、これらの書類の提出は必要ありません。
shunnak1さんの書かれているサイトにも書かれています。
Some Canadians have mistakenly assumed that other regulations that apply to international students do not apply to them. Canadians are subject to the same regulations regarding employment in the United States, requirement for full-time study and all other provisions for maintaining status. It is especially important for Canadian students to be vigilant about entering the United States in proper student status, as immigration inspectors are accustomed to admitting Canadian citizens as visitors.
他の国の留学生と違うのは、アメリカ大使館での面接がない事です。
アメリカの旅行には、birth certificateでも入国がOKなので、学生でも同じだろうとカナダ人でも勘違いされていらっしゃる方が多いです。

acrobotさん
>アメリカの大学院を出ていても、問題ありませんか? カナダの学校に在籍経験がある方が有利と聞いたことがあるのですが。

もちろん、アメリカの大学院でも大丈夫ですよ。カナダの学校に在籍経験があると5ポイントプラスされるので、カナダでの移民を考えておられるなら、カナダの学校に通う方が有利です。

1.もしお仕事だったとして、アメリカの大学(院)を卒業していれば、カナダで職を探すことは比較的簡単でしょうか?
これは、acrobotさんの希望する職種によって変わってくるので、簡単かどうかは分かりません。ごめんなさい。

2.その際、学校での専攻選びなどで注意すべき点はありますか?
acrobotさんが勉強した専攻がいいと思いますが、アメリカでもカナダでも、その国が必要としている職種(医者など)に有利になるものがいいと思います。ただ、acrobotさんが興味がない分野だと挫折することもあるので、これはお勧め出来ませんが…

3.最終的にカナダに行かれたのは、やはり住みやすさがポイントだったのでしょうか?
私がカナダに行ったのは、仕事でなんですが、とても住みやすかったですよ。

4.国民性の違いなども含め、アメリカとカナダの違いを一言で言うとすればどんな感じですか?
アメリカに住んでいた時は人種差別を受けた事がありました(住んでいた州はアリゾナとカリフォルニアです)。それがカナダでは一度も経験した事がなかったです。後、治安もいいですね。アメリカでは銃で撃たれそうになった経験がありますが、それはカナダではなかったです。ただ、トロントは今、銃による事件が増えてきていますが…
後、メディカル面ではカナダの方が上です。今、マイケル・ムーアの映画がアメリカの医療の問題を取り上げていますが、カナダでは一切そういうのがありません。カナダでは留学生でも治療費は無料です(州によって変わってきますが)。ただし、カナダは税金が高いです。また、物もアメリカの方が可愛いものが多いですし、安いです。

もし、アメリカとカナダどちらに住みたいかと聞かれたら私はカナダだと思います。

acrobotさんの質問には関係ないのですが、shunnak1さんが勘違いされているので、少し付け加えさせて下さい。その後、カナダの移民のご質問にお答えさせて頂きます。

まず、I-20、DS-2019、SEVIS、パスポートの提出はビザ取得のためです。これらの書類を見せて、ボーダーでビザを取得します。もしビザの取得が必要でなければ、これらの書類の提出は必要ありません。
shunnak1さんの書かれているサイトにも書かれています。
Some Canadians have mistakenly assumed that other regulations that apply to inte...続きを読む

Qカナダのオタワについて

カナダに1年間留学予定です。
都市についてすごく迷い、考えた結果、
オタワへの留学を決めました。

理由は、美術館や博物館など、カナダの歴史的な文化に触れることができる。
首都で政府機関が集まっており、比較的治安がよい。
都会すぎず、田舎すぎない規模。
という点です。

とトロントやバンクーバーとちがい、語学学校は少なく選択肢は少ないですが、大都会が苦手で、オタワについて調べた時に、この街に住みたい。という気持ちから決めました。

しかしインターネットでカナダ留学を調べているとやはり一番に出てくるのはトロントやバンクーバーで、
他の都市はあまり出てきません。自分でオタワに決めたはずなのに本当にトロントやバンクーバーでなくて大丈夫なのか不安になります。

行くからには真剣に勉強に取り組むつもりです。
オタワに留学という選択は、間違っているでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
語学学校ではありませんが留学経験者です。
自分はジョージアのアトランタに留学したのですが、
あそこは南部で日本人の数は非常に少なかったです。
その分、日本人と固まることもなく、様々な国
の人たちと交流を持つことができました。

トロントやバンクーバーのような大都市が出てくるのは
当たり前です。ここで逆に考えてみたらどうでしょうか?
あなたがカナダ人で留学先を新潟に決めたが、検索しても
東京や大阪ばかりヒットする。それで新潟留学をやめるか
という話です。大都市には大都市の利点があり、田舎には
田舎の利点があるということです。それは検索ヒット数
では測れません。

多くの留学生は、あなたのように考えず、知名度のある都市
の中からそれなりに良さそうなのを選びます。あなたの
歴史や文化に触れたいという具体的なモチベーションはぜひ
大事にしてください。留学の目的は語学だけでなくそのような
文化体験でもあります。

海外生活で重要なのは確固たる自信です。
ネット検索に惑わされず、ぜひその素晴らしい志を貫いてください。
生涯かけがえのない体験が得られるはずです。

こんにちは。
語学学校ではありませんが留学経験者です。
自分はジョージアのアトランタに留学したのですが、
あそこは南部で日本人の数は非常に少なかったです。
その分、日本人と固まることもなく、様々な国
の人たちと交流を持つことができました。

トロントやバンクーバーのような大都市が出てくるのは
当たり前です。ここで逆に考えてみたらどうでしょうか?
あなたがカナダ人で留学先を新潟に決めたが、検索しても
東京や大阪ばかりヒットする。それで新潟留学をやめるか
という話です。大都市には大都市の...続きを読む

Qアメリカ留学中。カナダに事前視察に行きたい。両国のビザのやり繰りについて教えて下さい。

アメリカ・サンフランシスコ近郊にF-1ビザで滞在中です。しかし、将来のことを考え、カナダの学校も視野に入れた方がいいと思うようになり、この秋(できれば9月から)にバンクーバーの語学学校に視察を兼ねて1~2ヶ月通うことを計画しています。

その結果、決心が固まれば、いったんアメリカに戻って荷物(かなり量があります)を取って、アパートの解約などを済ませた後、カナダに引越しすることになると思います。この場合、最初はカナダの語学学校(できれば視察時に入ったのと同じ学校)に入ることになると思います。

この計画を遂行するにあたり、以下のようなことはアメリカおよびカナダのビザのシステム上、可能でしょうか?

アメリカでの語学学校のコースをできるだけ短く申し込んでおき、コースが修了した時点で現在のSEVISをterminateしてもらう。あるいは、途中で正規の手続きで退学をし、現在のSEVISをterminateしてもらう。
 ↓
これにより、修了なら60日間、退学なら15日間のグレースピリオドが与えられる。この間に準備を済ませて、バンクーバーへ。
 ↓
バンクーバーで1~2ヶ月滞在。語学学校(アメリカでの語学学校の系列校を予定)に通いながら、大学の情報を集めたり、社会システム、実際の生活をシミュレーションする。
 ↓
アメリカに戻る予定日が決まった時点で、元の語学学校に連絡し、新たなSEVIS番号のついたI-20を送ってもらう。
 ↓
アメリカに戻る。ビザの有効期限はまだ数年残っているので、新しいI-20を見せて入国審査を受ける。
 ↓
アメリカの元の語学学校に戻り、カナダに移動する場合は引越しの準備を進め、準備が整った時点で退学し、カナダへ出国。

質問をまとめますと、以下のようになります。

1.まず上記の計画の遂行は可能でしょうか? 問題があるとすればどの点でしょうか?
2.カナダの Study Permit (就学許可証)は、視察の時点で取っておいた方がいいのでしょうか?(視察の後、正式にカナダに行く場合、遅くとも11月までに行くことを予定しています。そのため、発行のタイミングを考えると視察前の方がいいかなと考えた次第です)
3.2に関連して、視察の結果、カナダへの引っ越しを決め、一度荷物を取りにアメリカに戻った場合、視察の時点で取った就学許可証は無効になってしまうのでしょうか?
4.Study Permit を取るとして、サンフランシスコにあるカナダ領事館で申し込みは可能でしょうか? 発行までにかかる時間はどの程度を見積もったらよいでしょうか?
5.カナダ視察後、アメリカに戻る時に必要となるI-20は、現在私が有しているI-20(SEVIS)とは別の新しいものになると考えて、正しいでしょうか?
6.今年の1月、私が渡米した時には、I-20に書かれた授業開始日の30日前から入国が許されるということになっていましたが、それが45日前に変更されたというのは本当でしょうか?
7.SEVIS番号が変わったり、アメリカに再入国する際のI-20に記載された学校がVISAに記載された当初の学校と異なっていても、VISAを取り直す必要はないという認識で正しいでしょうか?

なお、現在の私のI-20の状態については、以下のURLをご参照下さい。実は、半年間の語学学校のコースを終え、秋学期からコミュニティカレッジへのトランスファーをする予定で準備を進めていました。しかし、諸事情から、カナダに留学先を変更することを視野に入れて考え始めたため、今回のトランスファーをキャンセルして元の語学学校にいったん戻ることを考えています。語学学校側では「戻ること(トランスファーのキャンセル)は可能」との返答を得ています。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3242671.html

アメリカ・サンフランシスコ近郊にF-1ビザで滞在中です。しかし、将来のことを考え、カナダの学校も視野に入れた方がいいと思うようになり、この秋(できれば9月から)にバンクーバーの語学学校に視察を兼ねて1~2ヶ月通うことを計画しています。

その結果、決心が固まれば、いったんアメリカに戻って荷物(かなり量があります)を取って、アパートの解約などを済ませた後、カナダに引越しすることになると思います。この場合、最初はカナダの語学学校(できれば視察時に入ったのと同じ学校)に入ること...続きを読む

Aベストアンサー

現在のトランスファー騒動?は解決したものと仮定した上での回答ですが。

補足によると、学校のDSOはまだあなたのSEVISのterminateを移民局に報告していないようですので、現在の語学学校でI-20を延長してもらって、そのプログラムが修了するまで勉強することは可能なのでしょう。プログラムを全うしてSEVISをターミネートすると、あなたがF-1ステイタスで滞在できる期間は確かに(I-20に記載されたプログラム終了日から)60日間まで(中退した場合は、15日間)です。その後は、I-20を失効するわけですから、アメリカに滞在する資格を失います。

その後、カナダのような大陸続きの国へ出国する場合は、空港でI-94の回収が行われない場合が多い(カナダへの移動は厳密な意味での出国とみなされない) ので、確実に自分からI-94を返却することが重要です。(これをしないと、記録上グレイス・ピリオドが切れた後もアメリカに滞在していることになってしまい、不法滞在になります)。

カナダから再びアメリカに行く場合、「元の語学学校に連絡し、新たなSEVIS番号のついたI-20を送ってもらう」とありますが、語学学校にまた通うこと(再入学) は学校の制度上可能なのでしょうか(現在より上級プログラムがある)? 通常は、語学学校は最長2年まで、とされています(語学習得にそれほどの年数がかかるとは考えられないため)。語学学校への入学を繰り返すことは、不法滞在(の方便として留学ビザを使用している)の疑いをかけられて、(たとえビザやI-20が有効であっても) 入管で入国拒否にある可能性も充分あります(入国できるという保障はありません) 。そのリスクを覚悟の上であれば、語学学校が許すのであれば、カナダからのF-1ビザでの再入国もできるかもしれませんが・・・。気をつけるのは、新しい(initial entry用の) I-20をもらうのですから、SEVIS費はもう1度支払わなければなりません。

また、いくら「一時的な」滞在のつもりでも、F-1ビザステイタスをキープするためには、語学学校にはきちんと登録し、フルタイムで通わなければなりません(授業に出ないで引越しの準備だけしているというわけにはいきません)。

個人的には、視察の後でカナダに移って勉強したいと思った場合に、引越し準備のためだけにアメリカの語学学校からまたI-20を発行してもらう、というやり方は(授業料等の支払いも必要でしょうし、金銭的にも動議的にも) あまり良策とは思えないのですが・・・?いずれにしても、日本から最新の残高証明書などを取り寄せる必要もありますね(I-20発行のための条件) 。

>2.カナダの Study Permit (就学許可証)は、視察の時点で取っておいた方がいいのでしょうか?(視察の後、正式にカナダに行く場合、遅くとも11月までに行くことを予定しています。そのため、発行のタイミングを考えると視察前の方がいいかなと考えた次第です)

http://www.canadanet.or.jp/i_v/study/q-a.shtml
をよく読んでおかれるといいと思いますが、カナダは6ヶ月以内のプログラムで留学する場合はvisitorで入国できます(就学ビザはいらない) 。(ただしビジターで入国した場合は、カナダ国内で就学許可書はとれないと書かれていますね。)そもそも、学校が決まっていないのに(視察のためだけでは)就学許可証の申請はできないはずですが?

カナダのビザについては経験がないので、よくわかりませんが、以下アメリカに関してはわかる範囲で回答します。

>5.カナダ視察後、アメリカに戻る時に必要となるI-20は、現在私が有しているI-20(SEVIS)とは別の新しいものになると考えて、正しいでしょうか?

プログラム修了あるいは、中退で以前のSEVISをターミネートされたのであれば、新たに入学を申し出て許可されれば新しい(initial entry用の)I-20が発行されます。上にも書きましたが、この場合は新しいSEVIS番号をもらうので、SEVIS費の支払いが必要です。

>6.今年の1月、私が渡米した時には、I-20に書かれた授業開始日の30日前から入国が許されるということになっていましたが、それが45日前に変更されたというのは本当でしょうか?

入国可能は30日前からです。45日になる可能性がある、ということは以前から言われていますが(日米教育委員会のサイトにも書かれていますが) 、まだ決定はしていないようです。決定されれば大使館のビザサイトに情報がアップされるはずです。

>7.SEVIS番号が変わったり、アメリカに再入国する際のI-20に記載された学校がVISAに記載された当初の学校と異なっていても、VISAを取り直す必要はないという認識で正しいでしょうか?

アメリカを離れた期間やI-20の切れたブランク状態の期間が「5ヶ月以内」であれば、F-1ビザは有効です(取り直しの必要はありません) 。

現在のトランスファー騒動?は解決したものと仮定した上での回答ですが。

補足によると、学校のDSOはまだあなたのSEVISのterminateを移民局に報告していないようですので、現在の語学学校でI-20を延長してもらって、そのプログラムが修了するまで勉強することは可能なのでしょう。プログラムを全うしてSEVISをターミネートすると、あなたがF-1ステイタスで滞在できる期間は確かに(I-20に記載されたプログラム終了日から)60日間まで(中退した場合は、15日間)です。その後は、I...続きを読む

Qイギリスからカナダのトロントへの飛行機

イギリスからカナダのトロントへの格安航空券が買えるサイトはご存知でしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

カナダの格安航空会社で主にチャーター便を運行している会社でエアトランザットがあります。
ガトウィック-トロント 片道 £129 からみたいです。

参考にしてみてください。

参考URL:http://www.airtransat.co.uk/en/index.aspx

Qアメリカ留学→カナダ留学→再入国

現在アメリカに語学留学中です。I-20の有効期限は今年11月までですが来月4月末で卒業してしまいます。さらに英語を勉強したいため5月よりカナダへもう半年語学留学を考えています。帰国の航空券は11月にアメリカからの出発となっています。アメリカからカナダへ出国した場合90日以内にアメリカに再入国しなければならないと聞きましたがほんとうでしょうか?11月の再入国は可能でしょうか?どなたか詳しい方いましたらアドバイスおねがいいたします。

Aベストアンサー

私は、以前、日本の旅行社でビザ担当をしておりました関係で、一応、アメリカ学生ビザ、(F-1)関係は有る程度知っておりますので、ご参考になればと思います。

 さて、本題ですが、ヨコヤマさんの場合、カナダに渡航する理由としてI-20の有効期限が切れてしまうということなのでしょうか?それともカナダの学校に通いたいので、出国するのでしょうか。よくわからないので、どちらか教えてください。

 I-20は他の方もお書きになったように、滞在許可、滞在資格を示す書類です。日本にいる時、恐らく、語学学校から発行されたI-20を今はお持ちで、その有効期限(~ヶ月以内に学校を終了する予定と記載されている欄)が2005年の11月ということで間違いないでしょうか。
 
 以下は、「カナダなんて本当は行きたくないんだけど、I-20の有効期限が切れてしまうからカナダに行く」という場合の方法です。アメリカに合法的に滞在する方法です。

 I-20の有効期限は、あくまで、最大学校にいられる期間となります。語学学校の場合、大学、短大、大学院とは違い、修了してしまったら、もう履修する授業がないと言うわけではなく、お金を払えば、4月以降も学校に所属する事ができます。(語学学校は学位を取る為じゃないので、「まだ英語の勉強が必要」という
理由が出来る)

 11月までアメリカにいたいと思うのなら、学校のインターナショナルスチューデントアドヴァイザーにI-20の延長を申請してください。そんなに何度も同じ学校のI-20を延長する事はできませんが、移民局が納得できる範囲内の延長は数回認められていると思います。つまり、I-20を2006年4月までなどと半年間くらい延長してもらう事はアドヴァイザー次第で出来ます。

 また、別の方法として、アメリカ国内の別の語学学校に転校(transfer)の手続きを取ってもらい、新たなI-20フォームを発行してもらえば、半年~数年間の新たな期限が延長されます。この手続きも学校のアドヴァイザーに依頼すれば、数日で可能です。

 個人的には、もし、カナダに行く必要が本来はないく、ただ、11月にアメリカ発の航空券を予約していて、それを使ってアメリカからの便に乗るのだったら、今の学校か米国内の他の学校にお金を払って、ギリギリまでいればいいのでは?と思います。更に、この方法を取れば、11月以降もアメリカに滞在したいと思っていても、更新したI-20の期限まで、学生として滞在が出来ます。

 また、学校終了後60日以内(Jビザの場合は30日)は、アメリカを出国する「出国準備猶予期間」があるので、学校に通わなくて、ぼーっとしてたり、観光をしててもいい期間となります。この60日以内に、「日本に帰るって、移民局には報告してるけど、やっぱ新しい学校にいこうかなあ?」と思えば、新たにI-20を発行してもらうことを条件に、更なる滞在が認められます。但し、この60日の間に、1度でも、アメリカを出てしまうとその時点で、猶予期間は終了となりますのでご注意ください。更に、成績不良、素行不良、問題行動で、学校を強制的に退学させられた場合は15日間の猶予しか与えられません。

 次に「カナダにも留学をしたいのだけれども、11月の帰国日にアメリカ発日本着の便に乗りたい」という場合です。この場合、アメリカに再入国した際、既に
5ヶ月以上アメリカに滞在しておらず(半年カナダにいるので)しかも、学生ビザを使って入国し、5ヶ月以上アメリカの学校に通っていない状態のままでいます。ですので、この場合は、学生ビザの有効期限にかかわらず、学生ビザが使えなくなってしまいます。再び、アメリカに入る際は、観光目的のビザなし入国又は、新たなビザが必要となります。

 もうちょっとわかりやすい例を示します。

 例1)2010年まで有効な学生ビザを所持して、4月にカナダへ向けて出国=>8月末までにアメリカに再度、新たな(今の学校のとは別の学校からの)I-20を持って、「学生として入国」=>5ヶ月以内にアメリカの学校に復帰しようとしているので、空港で止められない。合法的に学生としての滞在が許可される。再びアメリカの学校に通うことが出来る。

 例2)2010年まで有効な学生ビザを所持して、4月にカナダへ向けての出国=>8月以降にアメリカに再度入国=>5ヶ月アメリカの学校に通ってないので、2010年までビザが有効でも、ビザは有効性を失い、学生としては入国できず、90日以内までしかアメリカに滞在できない観光目的の入国のみ許可される。学校に通うことは許可されない。

 ということです。

 幸いな事に、日本国籍を持つ人は、犯罪歴などの問題がない限り、90日間(3ヶ月ではありません)アメリカにビザを取得せずに観光目的の滞在ができる、パイロットプログラム加盟国の国民です。(もし、ヨコヤマさんが、外国籍の方の場合、観光でさえ、ビザが必要となる場合もあります)ですので、半年間、カナダにいたとしても、再びアメリカの学校に通う気がなくて、アメリカを経由地として、到着同日に飛行機に乗りかえるだけ、もしくは、しばらく観光して、すぐに出国するだけなら、問題はありません。

 90日間というのはどこから出た話なのかはわかりませんが、一般に、学校を途中で辞めたり、転校すると中だったり、学期中なのにもかかわらず、90日も外国に出ていれば、移民局は怪しむと思いますので、ご注意ください。なお、観光目的の入国を何度も繰り返すと、入国を拒否されることがあります。

 最後に申し上げます。野球の審判と同じで、入国の可否の決定、及び、米国内の滞在資格に関しては、移民局の役人が全てを決定します。どんなに有効なビザ、パスポート、I-20を持っていたとしても、入国審査官がペルソナノングラーダ、(あやしいと思ったり、入国に不適切と判断する事)を突き出したときは、アメリカに入国できませんので、普段から国を出たり入ったりして、怪しい行動を取ったりしないでください。そして学校はよっぽどの理由がない限りずる休みしないでください。
 

私は、以前、日本の旅行社でビザ担当をしておりました関係で、一応、アメリカ学生ビザ、(F-1)関係は有る程度知っておりますので、ご参考になればと思います。

 さて、本題ですが、ヨコヤマさんの場合、カナダに渡航する理由としてI-20の有効期限が切れてしまうということなのでしょうか?それともカナダの学校に通いたいので、出国するのでしょうか。よくわからないので、どちらか教えてください。

 I-20は他の方もお書きになったように、滞在許可、滞在資格を示す書類です。日本にいる時、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報