最新閲覧日:

 アメリカに行っている友人が心配です。

炭疸菌の次は、天然痘だと聞きました。

天然痘について教えて下さい。
 
そして日本に入ってきた場合、対処できるのでしょうか?

A 回答 (2件)

下記の参考URLによると、米国では約1540万人分の天然痘ワクチンを貯蔵していますが、これは人口のわずか7%にすぎず、『米疾病管理センター』(CDC)では、イギリスのケンブリッジにあるアカンビス社に3億4300万ドルを支払い、4000万回分のワクチンの生産を依頼したそうです。

期間は、少なくとも3年はかかりそうだとのことです。
日本では、東京二十三区程度の規模で大流行が起こっても対応できるだけの、約二百五十万人分の天然痘ワクチンを備蓄する計画があるようです。

http://www.kyodo.co.jp/kyodonews/2001/tansokin/n …

参考URL:http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/stor …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 blackleonさんも、ワクチンの情報ありがとうございます。
 日本がオオムの事件で一番速く生物化学兵器の驚異にさらされたのに、全然対策も何もできないとは、全くひどものですよね。 国は一体何をしているのでしょうか。 計画があるとは、現在このテロが日本で起こると対処できないということですよね。 それになにか、イギリスの会社にワクチンを依頼しているのは、チョト変ですよね。 何か裏でつながっているように思えてきました。 最終的にアメリカとイギリスが得したなんて思いたくないですが。

お礼日時:2001/11/11 15:13

天然痘はWHOによって1980年に絶滅宣言が行なわれた、致死率が高い恐ろしい伝染病ですネ。


私も含めてですが、実際の患者さんを見たことがある方はおられないのではないでしょうか?私も記録映像や写真、そして、模型でしか見たことがありません。

古くはアステカ文明を滅ぼしたり(スペイン人がアステカに天然痘を持ち込み、結果的にアステカ文明の滅亡をもたらしました)、ヨーロッパだけでなく、アジアでも広範囲に広まっていましたネ。

1999年6月にCCDとモスクワに保管されていた天然痘ウイルスはテロへの利用を防ぐために破棄された筈なのですが‥何等かのルートでテロリストの元へ流出していたということが分ったのでしょうか‥

天然痘はポックスウイルス科の天然痘ウイルスによる致死率30%程の感染症です。主として飛沫感染しますが、当然のことながら接触感染(膿)も起こります。潜伏期間は1~3週間程度で、だるくなり、高熱が出、頭痛がおこります。次いで小豆大の特異な発疹が顔や四肢を中心に出現し、それがどんどんと膨れ上がります。この発疹は膨れ上がり非常に醜い状態となります。
治癒する場合はカサブタとなり、それが剥がれた跡は酷い痘痕が残ります。

対処するにはワクチンしかないでしょうが、現在、日本を含めて、世界には十分量のワクチンがありませんので、もしも、テロに用いられると大変なことになるでしょうネ。
細菌テロの場合、直接的な死傷者を出す以外に、パニックを引き起こし、経済活動を壊滅させるということも大きな目的ですから、天然痘は十分に目的を果たすのではないでしょうか‥実際に起こるとすれば、非常に恐ろしいことです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 kawakawaさん非常に詳しく教えていただき、ありがとうございます。
 飛沫感染とは、空気感染とは、違うのでしょうか?

本当にあの事件以来、時計の針が逆回転したように思います。人類は21世紀に入ってパンドラの箱を開けてしまったのでしょうか。
今日も、アフガニスタンが、生物化学兵器の他に、核を持っているとのニュースが入ってきましたね。 友人も帰るかどうか、迷っているようです。 アメリカで沢山の方が働いておられますが、家族の方は不安でたまらないと思います。速く何とか解決をして欲しいものですね。

お礼日時:2001/11/11 14:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ