AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

最強の戦国武将は誰だと思いますか?皆さんのご意見を聞かせてください。戦略的にではなく戦術的に強い武将でお願いします。ちなみに私は上杉謙信だと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

織田信長ではないかと思います。


「大軍をもって寡兵を破る」というのが彼の真骨頂で、敵の数倍の兵を集めて、弱い敵を討ち漏らさないのは、当たり前のようでなかなか出来ることではありません。
十分なリサーチをし、勝てるような算段をして、万一の準備をしてから戦に臨み、確実に勝ちを拾う。
信長が世に出たきっかけは桶狭間の戦いですが、人間若いうちに成功するとなかなかそのやり方を否定することが出来ません。
彼の場合、これ以降は余程でなければ相手より少ない兵力で戦をすることは無く、やる場合も損害が少ないように上手に逃げます。
信長の大失敗で知られる越前攻めですが、部下を全て見捨てて自分だけ逃げ帰るような事はなかなか出来ることではありません。
途中で名も無き土民に首を獲られれば末代までの恥ですし、リーダーが逃げ出せば軍団は壊滅し、裏切り者が出て岐阜に反転し、自分の妻子すらどうなるか判らない。
私なら落城した金ケ崎城に兵を入れて浅井軍を牽制し、全力で木の芽峠を越えて朝倉を攻撃します。
運がよければ朝倉を壊滅させて浅井と対峙できますし、運悪く命を落としても武士の名誉は守れ、悲運の名将という名が残ります。
それがあんなにも大胆に逃げたのは、将に天才的な名将と言えるかと思います。
途中の朽木も、それを見越したからこそ恩を売るつもりで朽木谷を通したのではないでしょうか。

上杉謙信は結局人間の心理が読めない武将と思います。
この時代の武士はドライなもので、恩とか義理とかは余り考えていません。
実質の無い関東管領を名乗り、見入りの無い信州に介入し、部下の心は離れ、関東の諸将は冷ややかに彼を見つめ、同盟していた北条もメリットが無いとして同盟を破棄します。
戦に出ても勝ちを拾えず、砂上の楼閣のような物を得て引上げる、しかも田植えが済んでごく短期間だけちょろっと戦をして引上げる。
上杉謙信、武田信玄などは所詮はアマチュア武将であり、嘗て清原・桑田を擁したPL学園が阪神タイガースより強いのではないかと幻想を抱かせましたが、実際にはプロとアマとの間には大きな差があるように考えます。
短期の戦ではアマチュアがプロを抑える事は出来ても、決定的に破ることは出来ませんし、やがて破れていく。

上杉は運良く謙信が死んだので幕末まで残りましたが、生きていれば、北陸道を進む柴田軍と信州から進入する信忠軍、伊那から徳川軍などが進軍し、じりじり春日山に迫られ自刃したかと思います。

歴史的にも徳川家には武田の生き残りが多く仕え、彼らにとって武田信玄は神のような武将で、それに5分に渡り合った謙信は神に準じる武将と祭り上げられ、逆に家康が臣従した今川家と織田家は低い評価が付きますので、そこは割り引いて考えてもよいのでは。

最強というからには、やはり兼業武士(アマチュア)ではなく専業の武士(プロ)で競うべきで、信長を除けば、蒲生氏郷、結城秀康、柴田勝家、加藤清正などかと思います。

私の独断と偏見で。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

織田信長は必ず候補の一人にあがると思います。大軍で寡兵を破るは、まさにそうですよね。上杉謙信は確かに人間の心理が読めない武将なんでしょうね。将軍・天皇・官位等を重んじる、かなり古臭い戦国武将だったと思います。ただ、普通の武将ならこんな武将は生き残れませんが、こんな武将でも生き残った謙信はやっぱりすごいと思うのは私だけでしょうか?そんなとこに謙信の魅力を感じてしまってます。最終的に武田家が滅んで、上杉家が幕末まで残ったのも、謙信の不器用で律儀な古臭い気質が上杉家に残ってたからかなと思ってます。関が原の戦いでは律儀に西軍に味方したり、本当に不器用だなと思いますが、そんなとこがよかったんじゃないでしょうか?普通の武将ならすぐに滅ぼされていると思います。

お礼日時:2005/09/23 02:03

最強を一つと言うのは難しいので、マイナー路線で無敗に近い人物を。



関東では、関東管領扇ヶ谷上杉氏の武将「大田道灌(おおたどうかん)」。
主君にだまし討ちされるまで関東で無敗だったひとです。足軽を主戦力としたのは彼からだそうですし、江戸城(徳川家康のとは別)の縄張りも優れたものだったそうです。また、和歌に優れた文人でもありました。

東海では、斉藤道三を殺した長男「斉藤義龍(さいとうよしたつ)」。
領内をよく取りまとめ、信長は義龍の生前に美濃に侵入することは出来ませんでした。攻撃するたびに手酷い反撃を食らい、あわや命を落としかけたこともあります。

中国では、北条早雲とならぶ戦国時代のスタートを飾る西の雄「尼子経久(あまごつねひさ)」。
応仁の乱のころにすでに10代だった経久は守護代の家でしたが、守護の京極家を追い落とし、中国11ヶ国を支配するまでになります。謀略にすぐれた人物で毛利元就が手本とした人です。

九州では戦国末期の武将「島津義弘(しまづよしひろ)」。
当主で兄の義久の武将として活躍し、九州一円支配にあわや手が届こうかと言うところまで攻略しています。また、秀吉の朝鮮出兵でも活躍し「鬼石曼子」と呼ばれ、李舜臣に海戦で敗れたものの致命傷をあたえています。関ヶ原での敵中突破して帰国の途についた話が一番有名ですね。
    • good
    • 5

信長に1票!



桶狭間は言うまでもなく、若年の信長は鬼気迫っていた…と、思わず唸ってしまいます。

◆村木砦の戦い:小河(緒川)水野氏居城の近くに今川勢が村木に砦を構え、小河を封鎖してしまいました。那古屋の信長は清洲からの襲撃を懸念し、斉藤道三に援軍を頼み、安藤伊賀を派遣してもらいました。千の安藤軍が那古屋に到着、安藤軍に那古屋近くに陣を敷いてもらい、信長は林ら重臣の異議を退け翌日出陣します。出陣の翌日、大風が吹き荒れ、水主らが反対する中、無理矢理渡海し、翌日には水野氏と面会を果たします。出陣四日目、遂に村木の砦を攻め込みます。信長は最も守備の堅い南側を受け持ち、自ら鉄炮を放ち、小姓衆に怪我や死人が数多く出てしまうほど攻め込みます。約八時間の激戦を経て砦を落去させました。二日後に那古屋に帰陣し、その翌日に安藤伊賀に美濃へ帰ってもらいました。この様子を聞いた斉藤道三は「すさまじき男、隣にはいやなる人にて候よ」と言いました。(『信長公記』より)

◆稲生の戦い:弟織田信勝(信行で流布。稲生の戦い当時は織田弾正忠達成と名乗っていた)謀反のときの戦いです。七百の信長に対して、東に千の柴田勝家、南に七百の林美作が陣を敷いていました。信長はまず東の勝家に挑み、佐々孫介ら屈強のものたちが討ち取られ、次第に劣勢になっていたところ、味方同士が敵将の首を奪い合っているのを見た信長は、怒り狂い大音声を上げました。この姿を見た柴田勢が恐れをなし、崩れていきました。次いで信長は南に向かい、林美作の頸を自ら討ち取って、遂に勝利を得ました。(『信長公記』より)

若年の頃の信長の戦いで、この二つが特に印象的です。若かりし信長はキレまくっています。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

やっぱり信長ですか。信長は本当に天才だなと思います。年をとってからも切れまくってると思います。特に必ず相手より多くの兵で戦っていることはさすが信長と思いますね~。本能寺の変で死ななければ・・・と思いますが、やっぱ誰かに殺されちゃってたかもしれませんね。

お礼日時:2005/09/23 02:24

補足しますと、大軍で攻め寄せて破れるのはままあり、必ずしも凡将が油断して負けるわけではありません。


桶狭間の今川義元もしたたかな武将で、今川家の内紛を勝ち抜き、関東の北条、甲斐の武田と渡り合った武将で、馬鹿でも卑怯でもありません。
厳島合戦で25,000の兵を擁して1/10の兵力の毛利元就に破れた陶晴賢も下克上に乗じて成り上がった梟雄で、弱くは無い。
小牧長久手の戦いも8万の上方軍が2万の三河軍に翻弄されてますから、大軍で確実に勝ちが拾えるのは天才的な戦上手に限られ、並みの武将では取りこぼして逆転されることはよくあります。
    • good
    • 3

戦術の総合面でいえば明智光秀でしょう。


最前線、殿、補給、合戦、城攻めとあらゆる局面にて卒なく従事しています。
「戦術の何でも屋」は彼くらいでしょう。

織田信長の新参としては十年足らずで軍団指令となってます。
路頭に迷ってこれほどの出世は戦国髄一です。

光秀自身の能力が高かったのか家臣の戦闘力は並み程度。

補足?:秀吉は自身の能力の欠如を家臣に補ってもらってたので家臣団は強力。でも野心家ばかりでした(笑)
黒田とか。
秀吉自身の戦術能力は低いです。
黒田&竹中の二兵衛を筆頭の戦闘軍団がいなければ蹴散らされます。弟の秀長の方が戦術能力は高かったそうです。
明智の天王山進出を止めたり、長宗我部軍撃破、柴田戦では、秀吉が岐阜から来るまで持ちこたえたり、小牧・長久手最中で伊勢長島の織田信雄を撃破したりと実は不敗の名将だったりもします。
秀吉が各地を平定できたのも、秀長あればこそと徳川家康も脱帽でした。
秀吉は家臣を殺し始めたのは秀長が死んだ直後だそうです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

光秀を押す人は多いですね。私にとっては意外ですが(光秀は好きです)。やっぱり私は戦術家というより戦略家というイメージがあります。いろんな意見があっておもしろいです。竹中半兵衛はえ~ですね。漢の張良にほんとに似てると思います。

お礼日時:2005/09/23 01:51

強いて最強と言えば、立花宗茂ではないかと思います。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1% …

仮に、江戸幕府が成立した頃に全国の武士を対象にアンケートをとったら

本田忠勝
立花宗茂
真田昌幸
堀秀政
島津義弘
大谷吉継

辺りの名前が挙がったのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お~!私の好みと非常に似てますね!立花宗茂、道雪・高橋紹運は好きです!関が原で西軍に属してて、唯一大名として残ったんじゃないでしょうか?島津と高橋紹運の戦いは泣きそうになりますね~。

お礼日時:2005/09/23 01:45

羽柴秀吉及び明智光秀が両巨頭ではないでしょうか



 この二人は負け知らずに等しく、雌雄を決した天王山の戦い以後、羽柴軍の勢いは止まっておりません。秀吉の死後、その家臣たちの大半が東軍に付いています。
 一方明智の残党は細々と暮らしていましたが、関ヶ原に再度登場します。明智の残党は当時、小早川秀秋に属していました。彼らの戦術攻撃能力は他にはないと思います。

 ちなみに戦略とは国の運営に関するもの、戦術とは個々の戦闘でどう戦うのかというものと解釈して答えています。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

秀吉と光秀は、私のイメージではどちらかと言えば戦略的に優れた武将ですね~。いろいろなご意見があっておもしろいですね。ありがとうございました!

お礼日時:2005/09/23 01:37

 戦術的にってことは、要するに戦場で暴れ回って強い武将ってことですよね。


 人によってイメージとか判断基準が違うだろうし、なかなか決まらないと思いますよ。

 とりあえずわたしは武田配下の、山県昌景、馬場信春を推します。
 二人とも筆頭の重鎮で、どちらもその強さは甲乙つけがたいです。
 ちなみに内藤、高坂を加えて武田四名臣と呼ばれます。


 山県昌景は三方原の戦いで、家康に死を覚悟させたほどの猛将。
 家康は余りの恐怖に馬上で糞を漏らし、この戦いでの敗北を自ら戒めるために、その情けない姿を絵師に描かせて残した。
 また信玄からの信頼も厚く、死の間際に「わしの死を3年間隠せ」「明日は瀬田の唐橋に旗を立てよ」などと遺命を託されたのは有名。
 結局、長篠で壮絶な討ち死にをするが、家康は彼の死を惜しみ、井伊直政に山県の部下を預け、「井伊の赤備」として取り立てた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%9C%8C% …

 馬場信春は「不死身の鬼美濃」と言われた英傑。
 40年以上に渡って70回以上の出陣をし、かすり傷一つさえ負わなかった無敵の武人。
 有名な第4次川中島では、高坂昌信と共に別働隊として上杉本陣を夜襲。八幡原で全面衝突して圧されていた武田本隊は、高坂馬場隊の帰着によって盛り返し、結局互いに痛み分けとする。
 かつて「鬼美濃」と呼ばれながら病没した原虎胤にあやかって、「美濃守」の名を受け継いだ。
 長篠にて武田勝頼を逃がすために殿(しんがり)を買って出て、やはり壮絶な討ち死にの最期を遂げる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E5%A0%B4% …


 まあ、いくら強くても鉄砲で撃たれたらおしまいなんですよね・・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

山県と馬場とは、なかなかえ~とこついてくるなという感じですね。個人的には山県の方が好きですね。赤備がかっこえ~からでしょうか?両方とも長篠の合戦で壮絶な討ち死にをしてますが、何で正面から戦ったのかいつも不思議に思ってます。素人にはわからない事情があったのでしょうか?もしご存知だったら教えて下さい。

お礼日時:2005/09/23 01:31

寡兵をもって大軍を破り、その上で戦死しなかった事を条件とするならば、北条氏康(川越夜戦)、織田信長(桶狭間の戦い)、真田昌幸(第一次、第二次上田城合戦)、島津家久(沖田畷の戦い・戸次川の戦い)・・・辺りの内、誰かですね。

合戦の条件はそれぞれ違いますので、一番となると一寸決めかねます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦死をしなかった事を条件としているのは、私には全く思いつかなかったです。なるほど・・・。真田幸村も候補の一人にあがると思っていましたが、この条件だと外されちゃいますね。

お礼日時:2005/09/23 01:25

こんにちは。


>戦術的・・・の意味が難しいですが、猛将という意味でしたら、武田勝頼も捨てたものではないでしょう。
信玄の時代より領土を広げてますし、父信玄が手も足も出なかった、高天神城を陥落させ、織田信長まで恐れをなしたと伝えられてます。

他に、関が原で敗死した、大谷吉継(大谷刑部)もすごかったようです。
俗に、背後から小早川が裏切って襲いかかり敗死といわれてますが、実際には、松尾山に陣を張る毛利勢の裏切りを予見し、正面の京極、兵藤隊と対峙しながら、10倍に余る小早川勢を2度も山の下から攻め登って山上に押し上げるという神技をやってます。
その後、さらに周囲にいた諸将が裏切り、壊滅しましたけど。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大谷吉継はいいですね~。私は好きです。吉継の関が原の戦いは泣きそうになるぐらい感動しますね。真田幸村の大阪の陣と重ねてしまうのは私だけでしょうか?吉継と石田光成との茶会の話も大好きです。

お礼日時:2005/09/23 01:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国時代でまさに知将と言えるすごい武将を教えて下さい

戦国時代でまさに知将と言えるすごい武将を教えて下さい
できればその理由なども書いて頂けたら嬉しいです

Aベストアンサー

一般的に「知将」というと戦上手な武将を指すと思うのですが、「頭がいい」というような意味合いもあると思うので、インテリというか知識人的な意味で明智光秀を挙げたいと思います。

明智光秀という人はなかなか謎が多い人物で、来歴がよくわからないのですが元々は足利義昭の家臣でした。将軍家の家臣ですから天皇家や公家ともかなり太いパイプを持っていたらしく、信長に重用されました。義昭が追放されるまでは信長の家臣であり、義昭の家臣でもありました。そういうのが認められていたのはいかな戦国時代とはいえ異例だと思います。
信長の家臣の中で、最も早く「一国一城の主」となったのが他ならぬ光秀です。京都に程近い坂本城が与えられました。光秀は秀吉より柴田勝家より新参の家臣で、その抜擢ぶりも極めて異例です。いかに信長が重用していたかが分かります。
合戦で活躍したイメージはないですが、参加した合戦でこれといった負け戦も特になく、信長の野望を始めゲームでの武力値などのレートはどれもかなり高いですね。丹波国を平定してその治世は大変な善政だったらしく、今でもあの辺りでは「光秀公は名将、信長は悪者」なんだそうです。何より、他ならぬ本能寺の変を起こすときに彼の家臣から裏切り者は誰も出ず、彼の直卒の家臣は全員最後まで光秀についていきました。あの「人たらしの天才」秀吉の切り崩し工作に崩された家臣は誰もいなかったのです。
公家や天皇家、将軍家との関係も深かったので知識人でもあったでしょう。ああいうところは様々なしきたりやなんやが何かとうるさいところで、その辺りの事情に疎い(当時からすると)田舎侍だった織田家ではありがたい存在だったと思います。

光秀の人となりを知らせるあるエピソードがあります。彼の奥さんになる人は結婚の直前に疱瘡だかなんだかにかかり、顔の左側に痕が残ってしまったそうです。父親は醜い娘を嫁にやるのは失礼だと思い、妹を嫁におくったそうです。光秀は最初それを知らなかったのですが、事情を知ると「自分の妻になる女性は姉のはずだ」と妹を送り返し姉を妻にしたそうです。奥さんはそれを感謝して光秀のそばにいるときは醜い顔を見せないようにいつも左側にいたんだとか。誰ですか、姉妹丼で羨ましいなどといったのは。

一般的に「知将」というと戦上手な武将を指すと思うのですが、「頭がいい」というような意味合いもあると思うので、インテリというか知識人的な意味で明智光秀を挙げたいと思います。

明智光秀という人はなかなか謎が多い人物で、来歴がよくわからないのですが元々は足利義昭の家臣でした。将軍家の家臣ですから天皇家や公家ともかなり太いパイプを持っていたらしく、信長に重用されました。義昭が追放されるまでは信長の家臣であり、義昭の家臣でもありました。そういうのが認められていたのはいかな戦国時代と...続きを読む

Q戦国武将の性格、意外な一面、暖かい話しなど

タイトルの通りですが、人格、意外な一面、暖かい話を知ってる方何が教えて下さい!最近一気に小説など読んだのですが、裏切りや残酷なことが多く少しぐったりしています…
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 信長のはなしをひとつ 将軍義昭を奉じて 上洛し 諸事万端の段取りを済まして 岐阜に帰還 ところが それを見越して また
そぞろ 三好の一党が京周辺で動き始め 不穏な情勢に 義昭は不安になって 岐阜の信長に来援を要請しました 雪の積もる季節でしたが
ものともせず 急ぎ急行の指令を城下にだしました
そのときの顛末が信長公記にあります
荷の運搬に対して 信長は信玄や謙信のような 伝馬制度は採らず 馬借でした 城下で営業を許可しておりまして 通常は一般の請負ですが
いざというときは 独占貸切になり どこの誰が何をどれぐらいのものを積むかは すでに決めてありまして ほら貝とともに 短時間で出発できるようになっていました が そのときは何がたりなかったのか
少々混乱しまして (既定の人数にたりなかったようです)いつもより
たくさん積もうと(積めば積むほど金になる)荷持の取り合いがどうもあったみたていで 混乱したんです
信長は じきじきに 出て行って こういったそうです
京は 急いでいかなければならないので けんかするな
濃がいちいち見て採決してやるから さわぐな と
いちいち点検して これでよし  いくぞといって 出発したそうです
今で言うところの宅配便です
信長は もちろん京に間に合い 蹴散らしたそうです
馬借の人夫らと雪のちらつく中 馬の背に荷持を担ぎ上げたりしていたわけです
この距離感が信長なんでしょうね
支配するものと支配されるものの間の中間を排除しょうとした
行動の一端がかいまみれる思いです
  

 信長のはなしをひとつ 将軍義昭を奉じて 上洛し 諸事万端の段取りを済まして 岐阜に帰還 ところが それを見越して また
そぞろ 三好の一党が京周辺で動き始め 不穏な情勢に 義昭は不安になって 岐阜の信長に来援を要請しました 雪の積もる季節でしたが
ものともせず 急ぎ急行の指令を城下にだしました
そのときの顛末が信長公記にあります
荷の運搬に対して 信長は信玄や謙信のような 伝馬制度は採らず 馬借でした 城下で営業を許可しておりまして 通常は一般の請負ですが
いざというと...続きを読む

Q織田信長の性格 考え方

ここで、織田信長についてかなり論じられていますが、
織田信長の性格、考え方を深く知りたいと思っています。他人がどう思っているかの洞察力はかなり長けていたようです。豊臣秀吉、徳川家康よりも実際はそれ以上の大きな器の人物ではないかと思っております。

 まあ人生訓的水先人の師的にもこの人物を深く知りたいと思っています。大雑把なことはなんとなく評判だった行動(実父の死の墓前での行動、坊さんへの討伐等でわかりますが)で推測がつきますが、それ以上つっこんだ記事を見たことがありません。
 ぜひ、思われていることがあればご意見をお聞かせください。
 また、くわしい文献も知りたいです。
志半ばで倒れたので文献的には書かれたのが少ないのかもしれませんけど。

Aベストアンサー

いまだに桶狭間の戦いを梁田出羽守の情報による奇襲と信じている向きが多いようですが、この説は今では信憑性が低いです。当時信長の家臣であった太田牛一の著書である信長公記には、奇襲と読み取れる文言はありません。寧ろ正面攻撃をかけたと読み取れる内容で、正面の今川軍を鷲津、丸根両砦を攻略した後の労兵と誤認して(実際は新手)攻撃をかけたようです。
長篠合戦における鉄砲三段撃ちも江戸時代の創作であり、実際の主な勝因は酒井忠次の別働対が長篠城の救援に成功した為、腹背を敵に圧迫された武田軍が厳重に野戦築城された織田、徳川連合軍を正面突破せざるを得ない状況に追い込まれたからです。織田、徳川連合軍は第三次川中島の戦いに於いて武田軍の採用した啄木鳥戦法と同じ方法をもっと堅実にやったとも言えるでしょう。
このように、信長と雖も情勢を読み違えることもありましたし、軍事的には割合常識的な作戦行動を取る事が多いです。さらに、美濃攻めや長島一向一揆相手の戦闘で何度も敗北している事を考えると、兵農分離が精兵を養うのに有効だったかも疑問です。実際に、当時の人口構成では農兵の方が精強だったと主張する論者も存在します。信長の行った合戦で勝ちが多くなったのは、上洛以降圧倒的大軍を動員出来るようになってからです。このように見ますと、安易に信長を軍事の天才と称えるのは早計かと思います。
人材を抜擢して競争させる人事方針も、組織の膨張期には威力を発揮しますが、安定期に入ってからは害になる事もあります。どこかで方針転換が計られなければ、永久に膨張を続けるしかありません(ナチドイツと似た構造)。この点をどうするつもりだったのかは、信長勢力が安定期に入る前に信長が死にましたので、何とも言えません。
最後に参考になりそうな書物としまして、藤本正行氏著、信長の戦争-信長公記に見る戦国軍事学 をお勧めいたします。

いまだに桶狭間の戦いを梁田出羽守の情報による奇襲と信じている向きが多いようですが、この説は今では信憑性が低いです。当時信長の家臣であった太田牛一の著書である信長公記には、奇襲と読み取れる文言はありません。寧ろ正面攻撃をかけたと読み取れる内容で、正面の今川軍を鷲津、丸根両砦を攻略した後の労兵と誤認して(実際は新手)攻撃をかけたようです。
長篠合戦における鉄砲三段撃ちも江戸時代の創作であり、実際の主な勝因は酒井忠次の別働対が長篠城の救援に成功した為、腹背を敵に圧迫された武田軍...続きを読む

Q戦国時代のおける大名の妻のなかで、一番の妻は誰だと思いますか?

戦国時代のおける大名の妻のなかで、一番の妻は誰だと思いますか?
もし、この女性が戦国武将になったらすごかったと思う人は誰ですか?
おね、まつ、ちよ???

Aベストアンサー

賢妻は前田利家の妻まつでしょうか?

この女性が武将だったら、と思うのは
伊達政宗の母「義姫」
お家のためだったら息子も殺そうとするあの非情な血が
政宗に流れ、彼を奥州の覇者へとしたのではないでしょうか?

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q戦国時代の猛将・勇将

見てくださった方ありがとうございますm(_ _)m

僕は日本史(戦国時代だけですが^_^;)が好きで戦国武将達の評価を記した本や小説などをいくつか読んだりしてます。

それらを読んだりしていると「猛将・勇将」などの言葉が出てきます。例えば、加藤清正、福島正則、本多忠勝、柴田勝家などです。僕のイメージですが、そういう方々は戦場で槍を振い敵の首をスパスパ取っていくような武将って感じなのですが、いろんな本を読んだりしていると、身分が高い武将は自ら戦うことは稀、と書いてありました。

さらに「強い武将といわれるのはその人自身が強いのではなく、手勢の兵が強かったり、用兵が巧みだったりする」のようなことが書いてありました。
ではその時代、猛将・勇将の基準は何なのでしょうか?
黒田孝高のように武勇に秀でていない(それは分かりませんが)が、用兵や戦術が巧みな武将は猛将・勇将とは言われないのでしょうか?

どうでもいいような質問ですみません(>_<)
また、下手な文章で読みにくいかもしれませんがお許しください。

どなたかご回答お願いします!

見てくださった方ありがとうございますm(_ _)m

僕は日本史(戦国時代だけですが^_^;)が好きで戦国武将達の評価を記した本や小説などをいくつか読んだりしてます。

それらを読んだりしていると「猛将・勇将」などの言葉が出てきます。例えば、加藤清正、福島正則、本多忠勝、柴田勝家などです。僕のイメージですが、そういう方々は戦場で槍を振い敵の首をスパスパ取っていくような武将って感じなのですが、いろんな本を読んだりしていると、身分が高い武将は自ら戦うことは稀、と書いてありました。

さら...続きを読む

Aベストアンサー

近頃は有名な武将や姫自らが武器をとって戦うような、3Dアクションゲームが
人気を博している時代ですからね。戦国武将の小説も、根っこの部分は
これらのゲームと同じです。
それに、時代を遡れば遡るほど、いわゆる職業軍人的な武将は少なくなり、戦が始まりそうな
気配になったら、自分の領地にいる農民やら氏族やらを徴集して、兵士や小隊長として使います。
彼らはお偉いさんに命令されて集められただけの一般庶民ですから、戦い方などの
知識は素人以下です。
つまり、戦術や戦略に詳しいリーダーたる武将は、彼らを上手く鼓舞し士気を上げながら、
後ろに立って、陣形の組み方、攻め際、引き際などを指示し、集団を動かす
要となる役割があるのです。それこそ前線に出て戦ったりなどし、討ち取られでもしたら、
その時点でアウト。城から財産から領地から領民まで、根こそぎ敵方へ奪われてしまいます。
小説などの物語は、いわゆる娯楽用のフィクションです。読者の気持ちを盛り上げる為には、
史実に沿うより、勇ましい描写や格好良いイメージを大事にした方がウケも良く、読者も
気持ち良く物語を読めます。
夢をぶち壊してしまったかもしれませんが、今後は、史実は史実、物語は物語と
割りきった上で、改めて歴史小説を楽しんでみてはいかがでしょう?

近頃は有名な武将や姫自らが武器をとって戦うような、3Dアクションゲームが
人気を博している時代ですからね。戦国武将の小説も、根っこの部分は
これらのゲームと同じです。
それに、時代を遡れば遡るほど、いわゆる職業軍人的な武将は少なくなり、戦が始まりそうな
気配になったら、自分の領地にいる農民やら氏族やらを徴集して、兵士や小隊長として使います。
彼らはお偉いさんに命令されて集められただけの一般庶民ですから、戦い方などの
知識は素人以下です。
つまり、戦術や戦略に詳しいリーダーたる武将...続きを読む

Qあなたの好きな戦国武将を教えてください!

好きな戦国武将ベスト3とその武将の簡単な解説をお願いします!

Aベストアンサー

・本多忠勝
・上杉謙信
・鈴木重秀

上二名は義を重んじた点と武にも長けていた点。(かなり大雑把にいうとですが)
鈴木重秀は雑賀衆の頭領として多彩な才能を披露すると同時に、当時鉄砲を使用したことで有名な信長軍よりも鉄砲技術に優れていた点を評価。(ある意味最先端を行っていたのは雑賀かなっと。)
まぁ雑賀の寝返りまくりの「義」を無視した方針はあまり好きではありませんが。

Q関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

小早川秀秋がもし東軍(家康側)に寝返らなかったら関ヶ原の戦いは西軍(石田三成側)の勝利となっていたのでしょうか。
小早川秀秋は家康から寝がいりを要求する手紙をもらっていたらしいのですが。
もし寝が入り、の決断をできなかった、もしくは家臣に反対されて西軍を裏切らす東軍と戦ってた場合

関ヶ原の戦いの結果はどうなっていたのでしょうか
あと裏切りという作戦を家康が立てていたのですが
裏切ってくれなかったとしたときのために
家康は何か策でも立てていたのでしょうか

皆様の考えをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮していたら家康も無謀な関ヶ原の野戦にでることはなかったでしょう。義弘の朝鮮の役の活躍や関ヶ原以後の対島津の扱いから見ても誰もが納得できるでしょう。
 後一つは、立花宗茂がいたらです。小早川を大津に残し立花を関ヶ原につれてきていたら、宇喜多と立花、島津と並んでいたら、西軍の勝ちになるでしょう。
 といっても、石田は、小早川に(関白)を約束していたので決戦場にいないわけにはいきませんね。結局これも実現の可能性はゼロです。
 ただ、一つ重要な点は、徳川軍本体は強かったかと言うことです。秀吉に対抗した当時までは、徳川は最強でした。でも、関ヶ原前の20年くらいは大きな戦争もなく人数はともかく経験不足でとても精強とは言えない武士団でした。もし、徳川本体が戦って強くないことがばれたら本当に大変なことになるところです。
 いろいろな書籍を読んでみてもホントにうまく進めた物です。家康という人物の戦略眼と組織作りは見事です。最終勝利者というのでしょうね。参考になります。

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮し...続きを読む

Q最強の軍師は?

長い歴史の中で、重要なポジションである
軍師はたくさんいますが、一体、誰が
最強なのでしょうか?

ちなみに、私としては、

中国の場合、

1)孫子(孫武と孫ピン)

2)太公望

3)張良

4)司馬仲達(個人的に好きです。)



日本の場合   

1)毛利元就
※大内に仕えていた時代。
 ただ、最終的には独立していますので、
 軍師というカテゴリーは越えているのかな?

2)真田幸隆


皆さんは、どうですか?


また、日本・中国と特に国境は関係しません。

Aベストアンサー

私は日本では戦略家として「竹中半兵衛」「織田信長」戦術家としては「明智光秀」を推します。

中国(といっても知ってる範囲ですが・・・)では、
戦略家としては「孫武」「諸葛亮 孔明」です。

「孫武」は『孫子の兵法』を記した方です。
(最近では「孫殯」が記したのではないか、とも言われています。)
これを読んでいただければ分かると思いますが、
この書物には具体的な戦術などは明記されておらず、”兵法の心得”という面が強い書物です。
逆に玄孫の「孫殯」が残した兵法書には具体的な戦術が記されている箇所があり、やはり時代のニーズとともに兵法というものは複雑になっていったのではないか、と思います。

「諸葛亮」ですが、彼は”三国志演義”によってつくられた感が強い人物です。
細かい記述は参考サイトのレポートを見ていただきたいと思います。
少なくとも優れた「戦術家」ではないことは確かですが、戦争に至るまでの準備などや神がかりな政治力も含めると軍師と言えるか分かりませんが優れた「戦略家」ではあったようです。


『最強軍師』というのは必ずしも存在するとはいえませんし、その当時の合戦の常識など考えてもいろいろな意見もあるでしょうし、軍師として歴史に名や功績を残している時点でどの軍師も『名軍師』でしょう。


でもこういう質問は楽しいからオッケーです(´∀`)b

参考URL:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/5916/koumei.html

私は日本では戦略家として「竹中半兵衛」「織田信長」戦術家としては「明智光秀」を推します。

中国(といっても知ってる範囲ですが・・・)では、
戦略家としては「孫武」「諸葛亮 孔明」です。

「孫武」は『孫子の兵法』を記した方です。
(最近では「孫殯」が記したのではないか、とも言われています。)
これを読んでいただければ分かると思いますが、
この書物には具体的な戦術などは明記されておらず、”兵法の心得”という面が強い書物です。
逆に玄孫の「孫殯」が残した兵法書には具体的な戦術が...続きを読む

Q時代劇に登場する大嘘を教えて下さい

時代劇が好きでよく見るのですが、中には素人が考えても 「こんな時代に、それはないだろう」 と感じるシーンも多いです。

まず 「暴れん坊将軍」 のタイトルシーンに江戸城の天守閣が背景として映りますが、吉宗の時代には天守閣は大火で焼失していたはずなので、これは嘘だと思います。

それとか既婚女性のお歯黒ですね。 本当は真っ黒だったはずです。

遠山の金さんなんて、町奉行が桜吹雪の刺青をして遊び人として町に入っていたなんて、実際にはとても思えませんね。 ま、これはフィクションですから大嘘と言うのはかわいそうかも知れませんが ・・

あと、このカテでも西部劇で主人公が馬に乗って荒原を旅するシーンがありますが、実際には馬1頭で旅する事なんてあり得ず、予備の馬を必ず連れて行ったはずと聞きました。

時代や洋の東西を問わないで結構ですので、時代劇の登場する大嘘について教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

また失礼します。m(__)m。鉄漿(おはぐろ:お歯黒)一考。

元々、お歯黒は虫歯対策でした。
今は歯医者でエアートームという「うぃ~ん」って音がする忌み嫌われてる機械の出現で虫歯で死ぬ人はいませんが、あの機械が出現するまで、虫歯は命に関わる病気でした。
虫歯を放置すると歯の根元で化膿し、そこから虫歯菌が血液に進入、全身の血液が化膿してしまう敗血症という恐ろしい病気で死亡します。
今でも敗血症は起こってしまえば即命に関わる恐ろしい病気です。

虫歯になったら、麻酔やエアトームのなかった頃はまだ歯がペンチなどで掴める状態の時に力づくで引き抜く以外に治療法が無かったのです。

このために、虫歯を予防する方法として、お歯黒が開発されました。
女性は妊娠により赤ちゃんにカルシウムを取られて虫歯になりやすいので既婚女性に真っ先に普及したわけです。
また優雅な生活をしていた公家なども、甘いものを一杯食べられるので虫歯になりやすく、お歯黒が普及し、それぞれ既婚女性の、あるいは公家のステータスシンボルみたくなりました。

これが映画で見られなくなったのは、戦後、テレビで時代劇が放映され始めた初期です。
歯磨きが普及し、お歯黒を知らない世代が増えた影響でしょうか「歯が黒いと気持ち悪い」という抗議が殺到したのだそうです。
それで「明らかに間違えなのだけど」お歯黒を入れるのを止めたそうです。

また失礼します。m(__)m。鉄漿(おはぐろ:お歯黒)一考。

元々、お歯黒は虫歯対策でした。
今は歯医者でエアートームという「うぃ~ん」って音がする忌み嫌われてる機械の出現で虫歯で死ぬ人はいませんが、あの機械が出現するまで、虫歯は命に関わる病気でした。
虫歯を放置すると歯の根元で化膿し、そこから虫歯菌が血液に進入、全身の血液が化膿してしまう敗血症という恐ろしい病気で死亡します。
今でも敗血症は起こってしまえば即命に関わる恐ろしい病気です。

虫歯になったら、麻酔やエアトームの...続きを読む


人気Q&Aランキング