質問が連続になってしまってすいません。
ヨウ素液にデンプン水溶液を加えると青っぽい色になりますよね。
それを化学式で書くとどうなるんですか?
それから、マッチを燃やした煙がその水溶液に溶けると透明になるというのも、化学式ではどういう風に書くのですか?
また、それは二酸化炭素が影響しているのでしょうか?
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

補足をいただいたようで。m(__)m

前の私の回答で、私の方に勘違いがあったようですね。

マッチの頭に入ってるのはリンではなくて、硫黄でした。
リンは、箱の茶紫色?の所に入ってます。m(__)m

で、硫黄の場合ですが、硫黄は燃えると二酸化硫黄 SO2 になります。
通常その時に白い煙を出しますが、この煙自体は、硫黄の蒸気が冷えて小さい粒子になったもので、二酸化硫黄自体は無色透明な気体です。
硫黄の煙自体は水に溶けませんが、二酸化硫黄はよく溶けます。
二酸化硫黄が水に溶けると亜硫酸 H2SO3 になります。

これらの反応は非常に簡単な化学反応ですから、化学反応式を自分で計算して作ってみてくださいな。
通常、硫黄は S8 の分子で存在し、酸素は O2 、水は H2O ですよね。あと必要な化学式はすべて書いたはずです。
化学反応式をつくるコツは、→の左右で、それぞれの原子の数が同じになるようにすることです。

なお、この場合、二酸化炭素の影響はないです。
もしあるとすれば、非常に沢山二酸化炭素があった場合に硫黄の燃焼がしにくくなるのと、水に溶ける量が少し減るということでしょうか。
通常の空気中なら全く影響ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

箱の茶色っぽいとこにリンが入っているんですか。
ちょっと勉強になりました。
詳しく回答していただきありがとうございました。

お礼日時:2001/11/11 21:13

質問の回答にはなっていませんが、ヨウ素溶液というのは


正確には、ヨウ素ヨウ化カリウム溶液です。
ヨウ化カリウム溶液にヨウ素を溶かしたものです。
ヨウ素自体は、もともと水にはほとんど溶けません。
しかし、ヨウ化カリウムには、次の反応で溶けます。
        -  +  →  -    +
    I2 + I + K  ← I3  + K  

ちょっとわかりにくい反応式ですみません。
I2 はヨウ素分子

I はヨウ化物イオン

K  はカリウムイオン

I3  はヨウ素イオン?(ヨウ素原子が3つ結合した1価の陰イオン)
(名前は、あっているかどうかはちょっと怪しいです。)
です。  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答していただきありがとうございました。

お礼日時:2001/11/11 10:52

こんばんは。

ちょっと大変な質問ですね~。(^^ゞ

ヨウ素でんぷん反応はちょっと化学式で書けるような反応じゃないんです。
でんぷんというのは、ぶどう糖が沢山つながって出来ているのですが、そのつながり方に2種類あり、バネのようにくるくる巻いているアミロースと木の葉っぱの筋(葉脈)のように広がるアミロペクチンいう物があります。この中のバネのようなアミロースの内側にヨウ素が入り込むと青くなるんです。
この反応では、ヨウ素の分子自体変化していないので化学式にはできません。
ただ、入り込んだというだけです。

>マッチを燃やした~という方ですが、燃えて出来るどの部分を言っているのか判らないので、想像上での答えになりますが、マッチの中にはリン(P、普通はP4として存在)という物質が含まれています。これが燃えると五酸化リン(P4O10)という白い煙みたいな物質になります。これが水に溶ける水と反応して、リン酸(H3PO4)という物質になりそのまま水に溶けて無色透明になります。
この反応なら、
燃える所、P4+5O2→P4O10
水と反応して溶ける所、P4O10+6H2O→4H3PO4

この回答への補足

マッチを燃やしたというのは、マッチの頭薬を燃やした時です。
それから、これは、マッチじゃなくて硫黄を代わりに燃やしても同じような結果が出ますよね?
その場合は硫黄が水に溶けているんですか?

補足日時:2001/11/11 10:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく教えていただいてありがとうございました。

お礼日時:2001/11/11 10:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨウ素デンプン反応による呈色

ヨウ素デンプン反応による呈色は,加熱により消えるとされています。どうしてヨウ素の色は消えるのですか?水素結合が関係していると耳にしたことがあります。そうであればどのように関係しているのですか?この原理を詳しく教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3%E5%8F%8D%E5%BF%9C
ウィキペディアにちょっとだけ書いてあります。
デンプンはアルファーグルコースからなる高分子ですが、ヨウ素が存在すると、ヨウ素を取り込んでらせん型の構造を形成します。
ちょうどヨウ素がデンプンでラッピングされた形になります。
この状態でヨウ素デンプン反応の発色が起こります。
原因については書かれていませんが、デンプンからヨウ素への電荷移動吸収によるものかな、と思います。

温度を上げると、このらせん型の会合体からヨウ素が外へ出るため、色は消えます。
水素結合が関係というところですが、らせん型超分子の形成において、デンプンのアルファーグルコース残基間の水素結合が効いていて、これが温度を上げると外れてしまうため、構造が崩れてヨウ素が抜け出る、ということかな、と思います。
しかしながら、解説によると、ヨウ素が無くともそもそもらせん型構造を取っている様なので、関係ないかもしれません。

らせん型構造自体は温度の影響をあまり受けておらず、ヨウ素が入ったり抜けたりするのは、エントロピーと会合力の兼ね合いによるものではないでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3%E5%8F%8D%E5%BF%9C
ウィキペディアにちょっとだけ書いてあります。
デンプンはアルファーグルコースからなる高分子ですが、ヨウ素が存在すると、ヨウ素を取り込んでらせん型の構造を形成します。
ちょうどヨウ素がデンプンでラッピングされた形になります。
この状態でヨウ素デンプン反応の発色が起こります。
原因については書かれていませんが、デンプンからヨウ素への電荷移動吸収によるものかな、と思い...続きを読む

Q緩衝液について 高校化学 CO2(水溶液)とNaHCO3の同物質量の混合液が緩衝液は緩衝液になるとワ

緩衝液について 高校化学


CO2(水溶液)とNaHCO3の同物質量の混合液が緩衝液は緩衝液になるとワークの問題に出てきました

CO2+H2O⇄ HCO3- +H+ …①
NaHCO3→Na+ + HCO3-

なので、①の平衡は左に寄っていて、
混合液に酸を加えると

HCO3- + H+ → H2CO3

の反応が起こるので[H+]が一定に保たれるのはわかるのですが、
この混合液に塩基を加えるとどんな反応が起こるのかわからないので教えていただきたいです

Aベストアンサー

平衡状態であるので①式の4種(CO2、H2O、 HCO3- 、H+)はすべて存在している。
その状態でOH-を入れると当然H+ + OH- →H2Oの反応が起きる。
無くなったH+を補うようにCO2+H2O⇄ HCO3- +H+ …①の反応が左から右へ起こるという反応が起きます。
高校レベルならこの考え方で問題ないと思います。

なぜそうなるかということについては大学レベルかもしれませんが
今回の反応式では(右辺の濃度の積)/(左辺の濃度の積)=一定…②であり、
イオンにほぼ乖離しないので左辺のCO2+H2Oの方に濃度は偏っています。
ここに酸(H+)や塩基(OH-)を加えた場合、
元々の濃度の高い左辺の濃度の積はほとんど影響を受けずに、
[影響を受けるレベルの酸塩基を加えると緩衝作用の効果の外になる]
元々濃度の低い右辺の濃度の積が大きくずれることから、
式②となるよう4種の濃度補正が行われるために平衡がずれていきます。

Qヨウ素デンプン反応の呈色メカニズム

ヨウ素デンプン反応の呈色メカニズムはどのようになっているのでしょうか?

一般には「アミロースの螺旋構造の中にI3-イオンが入り込むこと」が理由とされていますが、
それを認めても、補色となる黄色のスペクトルの吸収が起こるのは決して自明ではないように思います。

一体どのようなメカニズムでエネルギー順位が変化するのか、
あるいは具体的にどの軌道がスペクトルの吸収に関与しているのか、
ご教授いただけると幸いです。

Aベストアンサー

I3-ではなくI2の気がしますが。
エネルギー準位が変化するのではなく、デンプンからヨウ素への電荷移動による吸収です。

「電荷移動錯体」や「電荷移動吸収体」を調べてみてください。

Q化学では、『塩酸が水溶液の中で電離すると』とか言いますが、水溶液とは何の液体ですか?

化学では、『塩酸が水溶液の中で電離すると』とか言いますが、水溶液とは何の液体ですか?

Aベストアンサー

水に他の物質を溶かしたものが水溶液です。
砂糖の水溶液、水酸化ナトリウム水溶液、といった風に使われる言葉です。
物質をエタノールに溶かすとエタノール溶液です。
http://www.sasaki-c.co.jp/hatena-k/solution.html

塩酸=塩化水素の水溶液なので
「塩化水素がその水溶液の中で電離すると」が正しい気が…。
https://kotobank.jp/word/%E5%A1%A9%E9%85%B8-38125

Qヨウ素デンプン反応について

ヨウ素デンプン反応ってアルカリ性になると反応しなくなるのはなぜなんでしょうか?もし知ってる方いたら教えてください。

Aベストアンサー

Freeuserさんの回答でよいのではと思います。

らせん構造中空にヨウ素分子が取り込まれることにより発色します。このらせん構造は水素結合(水素と水素の間の弱い結合です)で出来ています。

この水素結合は「熱」「アルカリ」等で簡単に切れてしまいます。切れると発色しなくなるわけです。髪の毛のパーマも水素結合を切ることによって起こります。「熱」でも「パーマ液」でも出来ますよね。

ヨウ素デンプン反応は,熱すると色が消え,さますとまた色が現れます。

下記URLの14をご覧下さい。
http://www.chem.tokushima-u.ac.jp/info/WakuwakuH15/ThemeH15.html

参考URL:http://www.chem.tokushima-u.ac.jp/info/WakuwakuH15/ThemeH15.html

Qデンプン試液と溶性デンプン試液の違い

みなさんこんにちは、わたしは製薬会社で理化学試験の業務をしている者です。

早速なのですが、一般試験の指示薬に用いられる、『デンプン試液』と『溶性デンプン試液』の違いを詳しく教えていただきたいのです。
『デンプン試液』は多くの試験で使用しますが、『溶性デンプン試液』は消化力試験の時など、使用する頻度は少ないです。では、なぜ消化力試験に用いられる指示薬は『溶性デンプン試液』でないといけないのでしょうか??
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

デンプンを水に溶かすと、分子量や構造の違いなどによって、完全な水溶液になるものと
コロイド溶液になるものがあります。

消化力試験の際に「溶性デンプン試液」を使用するとのことですが、その際、分光光度計
などで吸光度の経時変化を測定されているのではないでしょうか。
そうであれば、吸光度の変化を不規則にしかねないコロイド溶液では問題があるために、
完全な溶液となっている「溶性デンプン試液」を使用しているものと考えられます。
(コロイドが共存すると、「ヨウ素デンプン反応」によるものに加えて、「コロイド粒子の減少や
 コロイド粒径の減少」によっても、吸光度が変化する可能性が生じてしまうため、
 デンプンの分解速度に対する定量的な議論ができなくなります)

一方、デンプンの有無のみを見る場合は、ヨウ素デンプン反応さえ起これば問題ないので、
コロイド溶液であっても問題ないので、(「溶性」に限定しない)デンプン試液を使用できる
ものと思います。

Qヨウ素デンプン反応について

小学校の理科の授業でジャガイモからヨウ素デンプン反応を使ってジャガイモにデンプンがあることを調べる実験がありますがどうして「ジャガイモ」が用いられるのでしょうか?光合成を行っている植物全てにデンプンがあるのではないのでしょうか?(例えばきゅうりとかかぼちゃとか…)
そこのところを教えて頂きたく思います。お願いします。

Aベストアンサー

確かに全ての植物にデンプンはあります。
しかし、植物の種類と部位によって多いか少ないかが違います。
ジャガイモのような貯蔵茎、サツマイモのような貯蔵根、お米の
ようなイネの胚乳などは非常に多くのデンプンがあります。
カボチャにもデンプンは多いと思いますが、βーカロテンのため、
橙色をしているのでヨウ素デンプン反応が黒っぽくなります。
キュウリはデンプンの貯蔵が少ないので色が出にくいです。

Qデンプンの分解度とヨウ素デンプン反応の変化について

3本のデンプンと塩酸を混ぜた試験管を作り、沸騰湯浴中に入れ、
10分毎に引き上げ、水にとって冷やす。
次に、冷えたらヨウ素液を加えて、反応を見る。
10分間お湯につけていた試験管は濃い青紫色、
20分間お湯につけていた試験管は普通の青紫色、
30分間お湯につけていた試験管は薄い青紫色。
これは、塩酸によるデンプンの加水分解によるものですよね。
デンプンが無くなって、実際どのようなことが起こっているのか、
詳しくしりたいので、詳しい方、教えて下さい。
自力でインターネットで探してみましたが、なかなかピンとくるものが
ありませんでした。どなたか、お願いします。

Aベストアンサー

デンプン内のグルコース(ブドウ糖)鎖長と発色の関係については、wiki、デンプンの項に出ております。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3

Qヨウ素デンプン反応について

ヨウ素デンプン反応を、分子の構造モデルを用いて説明する場合、どのように説明すればよいのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

デンプンの螺旋内にI^3-イオンが入りこんでチャージがデンプンの螺旋に移動し、可視光に吸収を持つとかいうストーリーだったはずですが、詳しくはまだわかっていないはずです

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2


人気Q&Aランキング