Word 98 SR-2を使っています。

ツール→オプション→文書校正で「文書の読みやすさを評価する」をチェックしています。
英文を書いた後、文書校正をすると最後に評価のボックスが出てきます。
最後の段落で以下の様に示されていますが、FLESHC READING EASEとFLESCH-KINCAID GRADE LEVELの意味を知っている方がいたら教えてください。
辞書にこれらの単語が載っていません。

読みやすさの評価
PASSIVE SENTENCS
FLESCH READING EASE
FLESCH-KINCAID GRADE LEVEL

以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Fleschは多分人名ですね。



この評価方法を考えた人の名前ではないかと思います。

Wordのこの評価自体の見方は、参考URLを見て下さい。

参考URL:http://www.med.umich.edu/irbmed/InformationalDoc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これで謎が解け、すっきりしました。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワードの行間(段落前、段落後)

どなたか教えてください!

色々と調べて、行間=行と行の間ではなく、文字の上から次の文字の上までの間隔、ということは理解しました。
でも、段落前と段落後がわかりません。
うまく説明ができないので、手順を書き出します。
お手数ですが、実際にやっていただけると、私の言いたいことがわかっていただけるかと思います。


◆以下のように文字を入力します(改行します)

あああああああああ
あああああああああ
あああああああああ



(1)全てに【段落前/0.5】と設定をします。
  →1行ずつ範囲選択すると、文字の上に余白ができているのがわかる。
  →範囲選択(黒い部分)の間隔は、3行とも同じ。

(2)全てに【段落後/0.5】と設定をします。
  →1行ずつ範囲選択すると、文字の下に余白ができているのがわかる。
  →範囲選択(黒い部分)の間隔は、3行とも同じ。

(3)全てに【段落前/0.5】【段落後/0.5】と設定をします。
  →1行目を範囲選択すると、文字の上下に余白ができるのに対し、2行目以降は文字の下にだけ余白ができる。
  →範囲選択(黒い部分)の間隔は、1行目だけ大きい。


この違いが理解できません。
(3)の2行目以降の段落前の余白はどこへいってしまったのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

どなたか教えてください!

色々と調べて、行間=行と行の間ではなく、文字の上から次の文字の上までの間隔、ということは理解しました。
でも、段落前と段落後がわかりません。
うまく説明ができないので、手順を書き出します。
お手数ですが、実際にやっていただけると、私の言いたいことがわかっていただけるかと思います。


◆以下のように文字を入力します(改行します)

あああああああああ
あああああああああ
あああああああああ



(1)全てに【段落前/0.5】と設定をします。
  →1...続きを読む

Aベストアンサー

この回答は長文なのと、説明が解りにくいかもしれないですが。

> 行間=行と行の間ではなく、文字の上から次の文字の上までの間隔
 ↑このような理解は、Wordの場合では必ずしも正解ではないですね。
http://kokoro.kir.jp/word/gyoukan1.html
 ↑おそらくこちらのようなサイトの説明を鵜呑みにしたのでしょう。

Wordにおける[行間]とは
行と行の間ではなく、文字の上から次の文字の上までの間隔でもなく、
フォントサイズで占める文字の高さプラス上下のスペースです。

[ページ設定]で[標準の文字数を使う]を指定している場合や、[段落]の
書式設定で行グリッド線の合わせる設定を解除している場合には、文字
が占める高さプラス文字と文字の間の高さなので、質問者さんが理解を
していることでもよいのです。

ところが、日本語版のWordのように[ページ設定]から[行数]を指定する
(行グリッド内に配置する)設定をした場合には、別の支配が行へと適用
されるために行間の意味が変わります。
行が占める高さである[ページ設定]の[行送り]の値で指定した範囲の間
へ、どのように配置されるのかも理解をしておかないと[行間]の意味を
理解できないのです。
これについては今回の質問ではないので別の機会にでも質問しなおして
ください。

この[行間]と[段落の占める範囲]との違いも理解する必要があり、その
うえで[段落]の前後(上下)に設定するものとして、[段落前]と[段落後]
があるのです。

では[段落の占める範囲]とは何かというと、[行間]で指定した行で配置
された単数行または複数行を、[ Enter ]キーで改行(改段落)した一つの
段落の範囲であり、その前後に別途指定した段落前(後)の間隔ですから、
[段落後]を指定した段落の次の段落に[段落前]が適用された場合、最後
の行の[行間]の下から次の行を[行間]を配置する行の上までをいうので、
同じ値の[段落後]と[段落前]だと[段落前]が吸収されることになるので
質問にあるような状態になるのです。これに段落として優先されるのが
[段落後]だと理解されれば、[段落前]が消えた謎が解けると思います。

例えば、[段落後]が[ 0.5 行]で次の段落の[段落前]が[ 1 行]だと次の
[段落前]で指定した範囲が 0.5行分吸収されないので、その分だけ次の
段落では選択範囲が広がるのがわかると思います。

このような説明を文字だけでするのは難しいので、図解つきでの説明が
ある参考書を手元において勉強されることをお勧めします。
参考書は初心者用ではなく厚さのあるものを手に入れてください。
こちら↓は、私が勉強した参考書の執筆者のサイトです。
http://www.turtle-west.co.jp/index.htm

インストラクターやWordを使いこなしたいような人以外では、感覚的に
使ってみて、希望したレイアウトにならなかったら適当にいじってみて
文書のレイアウトを整えるぐらいで良いと思います。
あまりWordの仕様等を覚えようとすると、その面倒さ(複雑さ)からWord
嫌いになりますよ。

私はココのようなところで回答を続けることで、このような面倒な仕様
を少しずつ理解していったので、じっくり腰をすえるつもりで勉強して
いかないとたぶん表面的な機能以外は理解できないと思います。
私などはいまだに解らない部分が多くあるので、今後も少しずつスキル
アップするために、Wordの回答をいまだに続けているのです。

この回答は長文なのと、説明が解りにくいかもしれないですが。

> 行間=行と行の間ではなく、文字の上から次の文字の上までの間隔
 ↑このような理解は、Wordの場合では必ずしも正解ではないですね。
http://kokoro.kir.jp/word/gyoukan1.html
 ↑おそらくこちらのようなサイトの説明を鵜呑みにしたのでしょう。

Wordにおける[行間]とは
行と行の間ではなく、文字の上から次の文字の上までの間隔でもなく、
フォントサイズで占める文字の高さプラス上下のスペースです。

[ページ設定]で[標準の文字...続きを読む

Q文書校正機能(西語)

仕事でスペイン語を使うことがあるのですが、誤字がたまにあるので、日本語のような文章校正機能があればと思い質問させて頂きました。それともやはり手動で辞書に登録するしかないのでしょうか??お願いします。

Aベストアンサー

Microsoft Officeの場合は、Proofing Tools というソフトウェアを購入することでスペイン語のスペルチェック機能などを使うことができます。値段は9千円くらいしますが、文章校正機能、類義語辞典などもついてきますし、スペイン語以外の多くの言語にも対応しています。

OpenOfficeなら、本体ソフトウェア同様、スペルチェック辞書もタダのようです。
Netscape NavigatorについてくるComposerというモジュールでは、HTMLのほか、テキストファイルのスペルチェックも行えます。これもタダで手に入ります。

MacやUnixには、汎用のフリーのスペイン語スペルチェッカーがあるようです。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/office/editions/prodinfo/language/default.mspx

Q【word2003】書式→段落→体裁 の設定を変更し,常に新しい文書にも適用されるようにすることはできますか?

Word2003で、書式→段落→体裁タブの「改行時の処理」と「文字幅と間隔」について、文書を作るたびに変更しています。
具体的には、「改行時の処理」で「英単語の途中で改行する」にチェックを入れ、「文字幅と間隔」で「日本語と英字の間隔を自動調整する」「日本語と数字の間隔を自動調整する」のチェックを外しています。

新しく作る文書はすべてこの設定にしたいのですが、どうしたらいいのか分かりません。
今のところ、文書を作成して、最後に全部を選択して段落の書式を変更するという形を取っています。(最初にやる方が文書の体裁が分かりやすいのですが、「書式のクリア」をかけると段落の書式も戻ってしまうので、最後にもう一度やっています。)

ページやフォントの「既定値に設定」のような機能はないでしょうか。
段落の書式の体裁は数値ではありませんが、ページやフォントの設定で数値以外のところも反映されますので…。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示いただければと思います。

Aベストアンサー

書式-スタイルと書式 でスタイルと書式作業ウィンドウを表示
標準のスタイルを選択、右のメニューから変更をクリック
下方の書式ボタンをクリック、段落-体裁タブで設定を変更して-OK、
元の「スタイルの変更画面」の「テンプレートに追加する」に
チェックを入れて OK でいかがでしょうか。

Qワードの文書校正

いつもお世話になっています。

ワードで文章を入力すると変な文章の時には文字の下に赤色の波線が出ますよね?
その基準などあるのでしょうか?

お正月にしめなわ等を燃やす行事「どんど焼き」「どんと焼き」を入力すると、「どんと焼き」は問題ないのですが、「どんど焼き」は3文字目の「ど」の下に赤の波線が出ます。

いろいろ調べてみると、全国地方によってどちらの言い方もするらしいのでどちらでもいいらしいのですが、ある人が「ワードで打つと「どんと」は何も出てこないのに「どんど」は赤い線が出るから間違いだ。」と言うのです。

私の考えは、「どんと」はどんと焼きの言葉ではなく、「どんと行こう」とかの言葉で登録されているので赤線がでないのでは・・・と思っているのですが。

どなたか御存知の方がいらっしゃったらお願します。

Aベストアンサー

Word2002を使っている私なりの解釈です。
『お正月にしめなわ等を燃やす行事「どんど焼き」「どんと焼き」を入力』
このような文章をWordにコピーして、校正機能で「どんど焼き」の「ど」に
赤い波線がつきますが、この「どんど焼き」を選択して右クリックをした
ときの変換候補には「どん」を含む頭2文字だけが表示されると思います。
一方「どんと焼き」の場合は「ドンと」のように「どん」プラス「と」の
ように名詞プラス助詞のつながりになるので校正で無視されるのです。

このような基準がどこにあるかといえば、使用しているシステム辞書や
ユーザー辞書などに登録されているかどうかによりますので、辞書へと
「どんど焼き」を[名詞]として登録しておけば、校正機能で赤い波線が
つかないようになると思います。

ちなみに、校正するときに確実に無視してもらうためには、Wordで使用
してる校正用の辞書へと登録するのが一番確実ですが、登録数に限界が
あるようです。(Word2002の場合)
[WD2002] ユーザー辞書に登録した単語が失われる
http://support.microsoft.com/kb/292149/ja


ある人の意見は、ある意味間違っています。地方によっては違う表現や
言葉になるようなものや、PC関係などのように新しい言葉などに対して
辞書に登録されていないからと間違いだと決め付けることが間違いなの
ですから。
MS-IMEの辞書はそれほど優秀なものではないですから、どうしても校正
で赤い波線がつく言葉が多くなることは、日本語を使う上では諦めるか
個々に辞書登録を続けるしかないのだと思います。

Word2002を使っている私なりの解釈です。
『お正月にしめなわ等を燃やす行事「どんど焼き」「どんと焼き」を入力』
このような文章をWordにコピーして、校正機能で「どんど焼き」の「ど」に
赤い波線がつきますが、この「どんど焼き」を選択して右クリックをした
ときの変換候補には「どん」を含む頭2文字だけが表示されると思います。
一方「どんと焼き」の場合は「ドンと」のように「どん」プラス「と」の
ように名詞プラス助詞のつながりになるので校正で無視されるのです。

このような基準がどこにあ...続きを読む

Q英文ワード文書の校正指示

英文で文書を作っているとき、「受動態」の文書を作っていると、そこにグリーンの波線のアンダーラインが入ります。カーソルと当てて「文章校正」を見てみると、「能動態」を使え、と書いてあります。このような指示がでないようにするにはワードのどのような機能を削除すればいいのでしょうか?ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Wordのバージョンがはっきりしないので、手順が違う場合もありますが。

英文が選択された状態で以下の手順を行います。

[ファイル]タブ→[オプション]→[文章校正]とクリックします。
[ Word のスペルチェックと文章校正]の項目にある[文書のスタイル]が
[ Grammer & Style ]になっているのを確認し[設定]ボタンを押します。
[ Style: ]の項目にある[ Passeve sentences ]のチェックを外してから
[ OK ]をします。
[再チェック]ボタンを押して、文章校正を再チェックをします。

これで受動態としての文節での波線が表示しなくなると思います。

関連情報
https://support.office.com/en-us/article/Select-grammar-and-writing-style-options-86dd1e89-cfb5-4405-94df-48c284af9dbd


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報