株主優待券のことは他の質問を見てだいたいわかったのですが、期限のことがわからないので教えてください。
11月30日までの期限の優待券の場合、期限までに搭乗しなければいけないということですか?
それともそれまでに予約をすればよいということですか?
年末年始に羽田⇔函館間を利用したいのですが、普通料金になるため株主優待券をオークション等で入手したいと考えています。
それぞれの会社の相場の値段もわかれば教えてください!

A 回答 (3件)

オープン券とは予約の入っていない航空券です。


一般的に、購入時に搭乗便が未定のときに利用します。
予約するときに「オープン券を持っています」と言えば、それでOKです。
自動チェックイン機も使えるようです。

差額調整金について。
航空券にも多客期、通常期というものがありまして
11月30日までに発券したとすると、通常期料金になります。
年末年始は多客期料金になり、値段が高くなります。
どのくらいなのかはJASのHPで調べてみてください。
多客期料金 -(マイナス) 通常期料金 =(イコール) 差額調整金 です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなりました。ありがとうございました!!
おかげさまで、無事株主優待券を使って購入できました!

お礼日時:2001/11/17 00:08

 JALのHPを見てみたのですが、期限までに購入した航空券の有効期間内の搭乗は可能なものの、差額調整があるようです。


 11月発行分のものをお使いの方がよいのではないでしょうか。

 なお優待券の価格についてはこちらをご参考に。若干変動があるかもしれませんが・・・。
 http://meibo.com/hikitori.htm

参考URL:http://www.jal.co.jp/jalnews/kabu/hakko.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!
差額調整ですか・・・どれくらいの料金になるかわかったら教えてください!

お礼日時:2001/11/11 11:22

株主優待券の有効期限というのは航空会社によって解釈が違います。



日本航空(JAL)・全日空(ANA)
11月30日までに航空券を発券すればOK。
オープン券を発券して、後日予約することも可。
オープン券の有効期限は発券より90日だったと思います。

日本エアシステム(JAS)
11月30日搭乗分まで有効。
オープン券であったとしても同じ。

相場はわかりませんが、金券ショップでも扱ってるので
参考のために行ってみてはどうでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!オープン券とはなんですか?
オープン券じゃなくても、11月30日までに年末年始分も予約する際にも使用できるということですか?
すみませんが、教えてください。

お礼日時:2001/11/11 11:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ