フィードバック系をラプラス変換で考えるとに、制御などの本では現在の周期の入力X(S)、出力Y(S)から伝達関数を求めるとき、フィードバックされる1周期前の出力もY(S)と書き1つの式を解いているのですが、1周期前の出力も現在の周期と同じY(s)と書くのはなぜでしょうか?ラプラス空間に変換するときに時間に対して0~∞までの寄与を積分しているからなのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

yoshihikiさん、改めましてこんにちは。

実は遅延要素の部分が回答の中でちょっと自信のない箇所だったのですが・・・念のため昔の制御工学のノートを引っ張り出してきて再確認しました。

結論から申し上げると、時間Tの遅延要素はおっしゃる通りexp(-sT)でOKです。これはフィードバックのゲイン(K(s))の話に限らず、ラプラス変換全般に通用するものです。
なおexp(-sT)は単に「時間Tだけ遅らせる」という意味しかありません。頂いた返信の中にまだ「1周期」という単語がありますがその考えから早く離れて下さい。ループを1回回ることを「1周期」とは呼びません。入力X(s)を放り込んでF(s)から出てきたものは、瞬時にフィードバックされ、Yあり(s)が回答No.1での(3)を満たす形になるように出力(Yあり(s))が瞬時に修正されるのです。

何となればフィードバックありの図のA点で、フィードバックループからの出力(K(s)から出ているもの)を一度切ってみましょう。

X(s)       Y(s)
 A+ ┌───┐
─○─┤ F (s) ├─┬─
   └───┘ │
 × ┌───┐ │
 └─┤ K (s) ├─┘
   └───┘

この時の出力は、当然
 Y(s)=F(s) X(s)  (5)
になります。それからおもむろに元通りにつなぐと出力は
 Y(s)=F(s) X(s)/{1+K(s) F(s)}  (6)
に変化します。
敢えて言うならつないだ瞬間に、「その時の出力値をフィードバックし、それにより出てきた新たな出力をまたフィードバックし、最終的に出力Y(s)が落ち着くまでその動作を何万回も繰り返している」ということになります。この時その1回のフィードバックを回数で数えると「周期」の考えから抜けられません。回数が何回であろうとそれは瞬時に行われるのです。(もちろん理想上のお話であって、現実の回路ではわずかに時間がかかるわけですが)

制御工学で最初に出てくる線形・連続時間での制御であれば遅延要素はほとんどお目にかかりませんが、その先で学ぶディジタル制御(離散時間)になると急にたくさん現れます。離散時間系であれば今度は「周期」は非常に重要なものになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございました。
長い間の疑問が解けました!

お礼日時:2001/11/12 13:49

「1周期前」とおっしゃるのが、ループを1周回ることなのか、あるいは入力信号の周波数に対する1周期なのか不明ですが・・・とりあえず考えられそうなことを書いておきます。



■フィードバックのある時、ない時とも同じ記号Y(s)を使っていますが、当然ある時とない時とで出力は違います。そうでないとフィードバックの意味がありませんので。ですからもしその点が引っ掛かるのなら、
Yなし(s)・・・フィードバックのない時
Yあり(s)・・・・フィードバックのある時
と区別して定義することにしましょう。

まずフィードバックのない時ですが(等幅フォントでご覧下さい)

X(s)     Yなし(s)
  ┌───┐
──┤ G (s) ├──
  └───┘

ですから、Yなし(s)=X(s) G(s)となり、当然ですが
 G(s)=Yなし(s)/X(s)  (1)
です。

次にこの回路にフィードバックをかけた場合です。

X(s)      Yあり(s)
 A+ ┌───┐
─○─┤ F (s) ├─┬─
 ↑- └───┘ │
 │ ┌───┐ │
 └─┤ K (s) ├─┘
   └───┘

A点ではフィードバックされてきた出力を、正負を反転させてX(s)と足し合わせるものとします。
全体の伝達関数をG(s)とします。G(s)は未知です。
 Yあり(s)=X(s) F(s)-Yあり(s) K(s) F(s)  (2)
が成立しますから、
 Yあり(s)=F(s) X(s)/{1+K(s) F(s)}  (3)
です。従って全体の伝達関数G(s)は
 G(s)=F(s)/{1+K(s) F(s)}  (4)
です。明らかに(1)とは異なります。またフィードバックのない条件、すなわちK(s)=0と置けば(1)になることも確かめて下さい。


■次に、概念的な問題です。こちらは多少厄介ですが。
1. F(s)やG(s)の具体的なイメージは波形ではありません。(sは物理的には角周波数の次元を持っています)
ですからオシロスコープに出てくるような「波形」を頭に浮かべながら伝達関数を考えると混乱します。
むしろ「周波数特性」と考えた方が理解し易いです。
2. なるほどフィードバックループを1周回るということは、それなりに時間がかかるようなイメージがあります。しかし実際には上で解いたようにループを回る時間は無限小であって、1周くるっと回ったものをもう一度入力に放り込んで、それで出てきた出力をどっこいしょとフィードバックして・・・なんて暢気に動作しているわけじゃないのです*。
入力X(s)と、フィードバックされた Yあり(s)K(s) が重畳されたものがF(s)を通って、出力Yあり(s)として出てくるのです。あるいは上の(2)式で、「この式を満足するようにYあり(s)が決まる」とも言えます。

*もし遅延を考える必要があればK(s)の中に遅延を表す要素を入れれば扱えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうございます。
回答の中のもう1点について質問があるのですが。
1周期前、時間T前の出力をフィードバックするときは遅延要素は
具体的にexp(-ST)でいいのでしょうか?
お願いします。

お礼日時:2001/11/11 14:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィードバック制御系に単位ステップ入力が加わった時の出力

R(s)+→○→[G]―●→C(s)
    -↑     | 
      ̄ ̄[H] ̄
上のフィードバック制御系で
G=K/{s(s+2)}、H=1/(Ts+1)で
T=0,K=1の時、目標値R(s)として単位ステップ入力u(t)が加わった時の出力c(s)の実時間応答(インディシャル応答)c(t)を求めよ。

という問題があるのですが 単位ステップ入力u(t)というのが何処にどのように加わるものなのかがよくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

ymmasayanです。

>R(s)をR(s)+u(t)にすればいいということですか?

そのとおりです。参考URLもご覧ください。(ステップ応答)

参考URL:http://www.rkcinst.co.jp/ondo/ondo-j2.htm

Q2次系の伝達要素G(s)をG(jω)にする問題.

制御の試験に向けて勉強していたのですが,以下の
問題でつまってしまいました.誰か教えてくださる
方がいましたらよろしくお願いします.


伝達要素
G(s) = ωn^2 / (s^2 + 2 ξ ωn s + ωn^2)
の周波数伝達関数は
G(jω) = ωn^2 / (-ω^2 + 2 j ξ ωn ω + ωn^2)
となるのまでは分かるのですが,ゲインMを求めるに
M = |G(j ω)| = ωn^2 / √(ωn^2 - ω^2)^2 +(2 ξ ωn ω)^2
            (分母全てに√がかかっています)


となるのがどうしても分かりません.
答えだけが書いてあり,途中計算がないためこれ以上はなんとも
できなくなってしまったので,教えていただける方,よろしく
お願いします.

Aベストアンサー

複素数z=x+yj (x,yは実数,jは虚数単位)とかくと, これは座標平面の点(x,y)と1対1に対応させられることはご存知と思います.

実部は Re(z)=x, 虚部はIm(z)=y (jは含みません)で,
絶対値 |z| は,点0(原点)と点zとの距離のことなので,
点(x,y)と原点の距離と同じで
|z|=√(x^2+y^2)
です.

なお,a,b,c,dは実数として,一般には
[良い方法]
|(a+bj)/(c+dj)|=|a+bj|/|c+dj|=√(a^2+b^2)/√(c^2+d^2)
とやる.
[そうでない方法]
一度分母を有理化して
(a+bj)/(c+dj)=(a+bj)(c-dj)/(c+dj)(c-dj)={(ac+bd)+(bc-ad)j}/(c^2+d^2)
から全体の絶対値をとって...これは絶対値を求めるときは愚かなことが分かります.でも,例えば,全体の実部(あるいは虚部)を求める必要があるときは分母の有理化が要ることになります.

一般には最初のように,全体の絶対値=|分子|/|分母|
=√(a^2+b^2)/√(c^2+d^2) [または √{(a^2+b^2)/(c^2+d^2)} でも同じ]
のようになります.
今の問題の場合,分子が0以上の実数だったので,√は分母しか残らなかったわけです.

複素数z=x+yj (x,yは実数,jは虚数単位)とかくと, これは座標平面の点(x,y)と1対1に対応させられることはご存知と思います.

実部は Re(z)=x, 虚部はIm(z)=y (jは含みません)で,
絶対値 |z| は,点0(原点)と点zとの距離のことなので,
点(x,y)と原点の距離と同じで
|z|=√(x^2+y^2)
です.

なお,a,b,c,dは実数として,一般には
[良い方法]
|(a+bj)/(c+dj)|=|a+bj|/|c+dj|=√(a^2+b^2)/√(c^2+d^2)
とやる.
[そうでない方法]
一度分母を有理化して
(a+bj)/(c+dj)=(a+bj)(c-dj)/(c+dj)(c-dj)={(ac+bd)...続きを読む

Qラプラス逆変換が最後までできません・・・.

[1]F(s) = 2 / s(s^2 + 2s + 2)

をラプラス逆変換していくと,

[2]f(t) = 1 + (- 1 + i / 2)e^{-(1-t)t} + (- 1 - i / 2)e^{-(1+t)t}

というところまではとどりつけるのですが,この式から最終的な答え,

[3]f(t) = 1 - e^(-t) * (cost + sint)

にはどのようにしたらたどり着けるのか教えてくれないでしょうか.
できるだけ[2]~[3]を詳しく説明して頂けると助かります.
簡単な例題なんかを用いて説明してもらっても結構です.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

回答No.1と同じ者です。


>e^{-(1-i)t} は分母にかかるのですか?

e^{-(1-i)t} は分子にかかります。
(-1+i)/2*e^{-(1-i)t}は、[(-1+i)/2] * [e^{-(1-i)t}]というつもりで書きました。


>どのように計算したらいいのでしょうか。

第2項[(-1+i)/2*e^{-(1-i)t}] と第3項[(-1-i)/2*e^{-(1+i)t}]を見比べると、第2項のiを-iに置き換えると第3項とまったく同じになります。
よって、(第2項)+(第3項)=2*Re((第2項))になります。Re((第2項))は(第2項)の実数部という意味です。
(a+ib)+(a-ib)=2*a=2*Re(a+ib)と同じことです。

後は、
e^{-(1-i)t}=e^(-t) * e^(it)で、
e^(it)=cos(t)+i*sin(t)の公式を使って計算していけば(第2項)の実数部がわかると思います。

Q太陰周期(メトン周期)はなぜ19年なのか

ある本に、太陰周期(メトン周期)の説明として
「ある日のユリウス暦日と月の位相とが同一となる周期、19年」
と書いてありました。これは、

(経験的に19年らしいことが分かっていて、)
1.ユリウス暦では4年に1度うるう年があるので一年の長さを365.25日として、これと19の積である6939.75
2.平均朔望月29.530588と235の積6939.68818

1と2で求めた積の差が極めて小さいから、そう定めたのでしょうか。

上述した私の推測が正しいか、正しくなければその理由を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メトンの周期は紀元前440年頃にメトンという人が発見したので、現在のような高精度の観測ができるわけもなく、「経験則」であることは間違いないでしょう。 月の軌道は長い年月で見ると地球から遠ざかっていっており、周期も長くなっていきます。 となると、メトンの周期が19年というのは、この時代だから発見された「偶然」ということになります。 また19太陽年を365.2422×19=6939.6018日とすると、すでに「ぴったり19年」から外れつつあることになります。

Q火星との会合周期は2.14年である。 火星の公転周期は何年か。

火星との会合周期は2.14年である。
火星の公転周期は何年か。

Aベストアンサー

地球の公転周期:E
惑星の会合周期:S
惑星の公転周期:P
の関係は、外惑星の場合は1/E-1/P=1/Sです。
http://ene.ed.akita-u.ac.jp/~ueda/education/sentan/cosmology/g1_11a.html

火星の公転周期をPとすると
 1/P=1/E-1/S=(S-E)/(ES)
 P=ES/(S-E)=2.14/(2.14-1)=2.14/1.14=1.877…

火星の公転周期は1.88年です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報