痔になりやすい生活習慣とは?

「我が強い」「わがまま」「気が強い」の違いをうまく
説明出来ませんでしょうか。

同じではないのはわかるのですが、説明しろと言われて
困ってしまいました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おもしろい質問なので思わず……



たとえば、何かの順番を取りに来たと仮定して
「我が強い場合」
◎わたしが先に着いたんだから、わたしが先よね?
「わがままな場合」
◎わたしを先にしなさいよ!
「気が強い場合」
◎順番はゆずるけど、勝ったなんて思わないでね

みたいなカンジでしょうか!
●我が強い、は自分を主張する
●わがままは、自分の思い通りにしようとする
●気が強いは、負けを認めない
というのを表現してみました。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

例文、すごくわかりやすいですね!
なんか、それぞれ知り合いの顔が浮かんでくるのは
何故・・・(^^;)
これで説明してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/23 14:49

「我が強い」ー頑固。

(#2さんで既出)
「わがまま」ー自己中心的。
「気が強い」ーこわいもの知らず。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

おお~。同じような意味だと思っていたんですが、
こうしてみると違いますね。

気が強いはこわいもの知らずといえばよかったんですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/23 14:51

我が強い・・・頑固、一本筋を曲げない、そんなイメージでしょうか。


わがまま・・・は筋が通っていなくても、他人のことはおかまいなしに行動できるような性質かな。
気が強い・・・これも筋が通っていなくても、人に負けない勢いがある、そんなところでしょうか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

わがままと気が強いは殆どおんなじ気がしてきました。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/23 14:47

他人から見て迷惑順に


わがまま>我が強い>気が強い
かなーと思います。

「わがまま」「我が強い」はほぼ同意で、わがままの方が他人を省みない、我が強いはそれ程でも無いけど、て感じがします。
気が強いは・・・負けず嫌いとかそっち方面のニュアンスにも取れます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

迷惑順ですね。なるほどそうするとわかりやすいかも
しれません。


ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/23 14:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気が強い人というのは具体的にどんな人を言うのでしょうか?

気が強い人というのは具体的にどんな人を言うのでしょうか?
私は小さいときから母親にあんたは本当に気が強いと言われ続けていましたが
成人してから交際した男性に「気は強くないよ、ただ口が達者なだけ」と切り捨てられてしまいました(苦笑)
今だに気が強い人というのが具体的に理解できません
例えば
00さんは気は弱いがシンは強いとか
気は強いが意志は弱いとか
いろいろ聞きます

実際、今お付き合いしている彼も
短気であり又自分をしっかり持っていて人に流されず頑固な面がありますが
気が強いかというと?むしろ弱い方だと思うのです

このように漠然としか理解できていない
気が強いという定義をどなたかわかりやすく教えていただけないでしょうか?

PS 掲示板で荒らしたりとても攻撃的にばんばんやり合う人を見かけますが
それも気が強いということはやはり違う気がします

Aベストアンサー

一言で表すなら「胆が座っている」「度胸がある」などだと思います。

強気な発言に行動がついていってる人、土壇場で頼りになる人など、心に「火事場のくそ力」がある人と思います。
こういう気の強い人は、怖じ気づいたり、パニックになり難いと思うので、脅しやハッタリが効かない人とも思っています。

Q我の強くない人とはどんな感じの人ですか?

よく我の強い人は自己主張が強いとか自己中とかと言われますが、逆に我の強くない人とは

どういう感じの人のことを言うのでしょうか?

私自身、自分を我の強いタイプの人間であると自覚してまして、30半ばにしてこれでは少しいかんな

と真剣に改善の余地を探しています。

昔から友人にお前は黙っていればいい奴だが喋ると自己主張が強くて少しとっつきにくい所があると

言われています。

逆に我の強くない人間はどういう人のことを言うのかなと考えた時に、一体どういうタイプがそういう人

なのだろうかとよく考えます。

そこで皆様にお聞きしたいのですが、我の強くない感じのいい人のタイプを上げるとすれはどういう

人を指すのか教えていただけないでしょうか。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自分はこうありたいと思いながらも
相手の意見が聞け理解できる
自分の意見はありながらも周りに合わせることが出来る人じゃないでしょうか

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Qきつい性格の女性・・・

職場の女性はきつい人が多いです。

バリバリ仕事ができてとてもカッコいいのですが、

心臓に突き刺さります・・・

自分は、とてもきつい性格の家族がいたため、受ける側がどんなに嫌な気持ちになるか、またきつく話すために、話し手が本当に話したいことがほとんど伝わらず、逆にその人の評価を下げて終わることになるかがよくわかります。

ですから自分は普段は言葉遣いには細心の注意を払うようにしています。

でも、自分もきれる、できる部類ではないのでミスをして迷惑をかけることもあります。

でも、あまりにもきつく接されると、自分のできなさに自己嫌悪になると同時に、何でそんなに人にきつく言えるのだろうと、苦しくなります。もう少し、相手の受け取り方を想像するとかできないもんですかね。

仕事ができる人はみんなきつい正確なんでしょうか。
きつい人になった方がいいのでしょうか・・・

Aベストアンサー

仕事が出来る人=キツい人ではないと思います。

キツい言い方をすることにより「私は、あなたより賢いのよ」とか「偉いのよ」とか示したいのでしょう。そして、それが却って逆効果になることに気がつかない。

そういう人、特に女性なら尚更、後輩や部下が付いて来ないでしょう。上に気に入られても下から嫌われたらお終いですよ。

あなたは、ご家族がキツい言い方をするから、受け止める側の気持ちを考えるようになった、とのことですが、それは立派です。

私も、母親が相当口が悪くキツいから悩んでいましたので分かる気がします。
ですから、あなたのよい所を決して捨てないで欲しいです。

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」

「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」「その理屈でいくと、こういうことになるよな」「理屈で物を語るな」・・・とか聞くんですけど、上記の使用例だけで結構ですので、理屈ってわかりやすく説明するとどういう意味なんですか?

辞書で調べると、「物事の筋道」とかなっていましたが、物事の筋道って何??って感じです。

Aベストアンサー

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。

「おまえは物事を頭の中だけで操作、処理してこねくり回しすぎる。もうすこし現実に沿って簡単に考えられないのか!」というような意味でしょう。この言葉自体は中間的な可もなく不可もないもの(発言者が悪いのか言われたものが悪いのか、これだけでは判断できない)です。

>「理屈で物を語るな」

これも上記と同様でしょう。理屈というのは言葉の世界ですから、物とは相容れないところがあるのは当然です。しかし、物はあくまで物に過ぎません。これをうまく転がし処理するのに言葉は不可欠のツールです。これがわかっていない、頭の固い、言葉を扱うのが不得意なひとが連発する苛立ち、悲鳴のような言葉である場合もよくある事例です。

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。...続きを読む

Q気がつく人と気がつかない人の違いは遺伝?育ち方?

カテ違いだったら、すみません。

気がきく人と気が利かない人っていますよね。その違いはどこで生まれるのでしょう?
気が利かない人の中には、やりたくないから気がつかないふりをしている人もいるとは思いますが、本当に気が付いていない、見えていない人もいますよね。

以前、ある印刷工場でお手伝いをする機会がありました。
他の仕事をしていても、印刷機から紙が床に落ちていれば、作業の合間に拾って整えてもとの場所に置くのは普通で当たり前のことだと思っていました。
でも、その工場のおじさんは、パートのおばさんは「そこに紙が落ちていることにも気がつかない」のだといいます。実際にそのような場面に何度も出くわし、困っているとのことでした。

そして、身内にもいます。自分で冷蔵庫から出したのに、もとにあった場所が分からないから戻せない。少し手を伸ばせば届く範囲にあるものも、見つけられず、言われて「あぁ、ここにあったの」と言う感じ。(年寄りではありません)

このような違いは、生まれつきの要素もあるのでしょうか(性格・性質)。それとも、自分で見つけたり、探したり、気がつかなくてもいい環境や育ち方でそのようになっていくのでしょうか。

性格は遺伝的要素と環境要素の両方が関わると思っていますが、そのように気がつく、とか、気がきくというのは性格とは少し違うような気がしています。

専門的な見解があればもちろんありがたいですが、ご自分のお考え、という範囲でも結構ですので、ご意見がいただければ参考にさせていただきます。

カテ違いだったら、すみません。

気がきく人と気が利かない人っていますよね。その違いはどこで生まれるのでしょう?
気が利かない人の中には、やりたくないから気がつかないふりをしている人もいるとは思いますが、本当に気が付いていない、見えていない人もいますよね。

以前、ある印刷工場でお手伝いをする機会がありました。
他の仕事をしていても、印刷機から紙が床に落ちていれば、作業の合間に拾って整えてもとの場所に置くのは普通で当たり前のことだと思っていました。
でも、その工場のおじさんは、パ...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は始めまして。
物凄い解ります。
気がつかない人はどう頑張っても一生気付かないでしょうね。

おそらく思考回路が止まっている外れているなどなのでしょう(笑)
色んな後輩を見ていてすごく感じます。
例えば、Aという業務をしてくれと命令します。
通常の人ならそのAに関連する前後の事など考慮し、そのAの仕事をこなします。

ところが気付かない人は、Aの業務はAなのです。出来ればAという仕事に関連する
A‘という仕事もこちらは期待しますが、彼らの特徴で言えばAしか頭の中にないようです。

ここから私の考えですが、自分の子供に怒ることと彼らに対して注意する内容が(事柄は当然違いますが)同じなのです。ということは、体だけが成長して中身が成長していないのです。
最もたる原因は、親の育て方だと思います。性格などもからむと思いますが、育てられた環境だと
思います。
小さい頃から、考える事、感じること事などの必要な感性の部分が育てられていないような気がします。
そして、家に閉じこもりゲームなどでどんどんそういった部分が削られていくような気がします。
感性の部分は、長い年月をかけて出来るものだと思っております。
ですから、大人になってそれをいきなりやれといわれても無理でしょう。
ただ、本人がそういった部分で悩んでいるのならまだ方向は悪くないと思います。
昔は色んな遊びをして、そこで色々感じることがあり五感なども養われていくと思います。
要はそういった部分が成長過程でない人は、おそらく気付かない部類の人間になってしまうのだろう
と思います。正直気付いてしまう性格は時にやになることがあります。
どうせなら気付かないほうがどれだけ幸せかと思うこともありあます(笑)

今晩は始めまして。
物凄い解ります。
気がつかない人はどう頑張っても一生気付かないでしょうね。

おそらく思考回路が止まっている外れているなどなのでしょう(笑)
色んな後輩を見ていてすごく感じます。
例えば、Aという業務をしてくれと命令します。
通常の人ならそのAに関連する前後の事など考慮し、そのAの仕事をこなします。

ところが気付かない人は、Aの業務はAなのです。出来ればAという仕事に関連する
A‘という仕事もこちらは期待しますが、彼らの特徴で言えばAしか頭の中にないようです。

...続きを読む

Q煩悩ってどういう意味ですか?

煩悩(ぼんのう)ってどういう意味ですか?
辞書で調べても難しくて理解できません。
具体的に、わかりやすく教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
 
  煩悩とは、わずらわしく、悩みになることだ、ということになります。しかし、そんなに煩わしく悩む、困ったことなのかというと、日常の用法では、ちょっとニュアンスが違います。ここは、仏教のお坊様に出てもらって、具体的な使い方の説明をしましょう。
 
  仏教では、覚りを開くため、修行する人が、元々「坊様」だった訳です。従って、元の仏教の「戒め」では、修行者は、例えば女性となれなれしく口をきいてはならないとか、女性の姿もまともに見てはならないなどとなっていました。女性の美しさなどは、「迷い」の元だというのです。
 
  しかし、坊様がすべてそうではないでしょうが、すけべな坊様もいる訳で、道で通りがかりの、和服の美人を見て、ほわ、と口を開けて見とれ、なんちゅう、綺麗なべっぴんさんや、いや目の毒じゃ、これも「煩悩、煩悩」などと云いながら、女性の後ろ姿を見送ったりします。別に和服でなく、洋装でも構わないのです。また、坊様も、そんな女を見るとすぐ見とれるような人は珍しいでしょうが、やはり、坊様も男ですから、美人と道ですれ違うと、ふと、心が動くこともあるのです。
 
  あるいは、仏教では、イスラム教と同様、精神の安定や、日常の心の状態を興奮させたり、おかしくする飲み物などは禁じています。例えば、麻薬などは無論駄目ですし、煙草やお酒も駄目なはずです。しかし、日本の坊様は、何時頃からか、「般若湯(はんにゃとう)」と称して、酒を店で買って飲んでいたりします。坊様が、良い酒を味わいながら飲みつつ、何という味わい、この酔い心地、さすがに銘酒は違う。極楽じゃ。しかし、考えてみれば、これも「煩悩、煩悩……仏様よ、お許しあれ、南無阿弥陀仏、いやもう一杯、何ともうまい」などと云っていると、どこが、煩い、悩みの煩悩か分からないでしょう。
 
  また仏教では、生き物のいのちを大切にせよと教え、殺生を禁じ、従って、動物の肉は無論、鳥の肉も、魚も食べてはならないことになっているのですが、それも何のことかです。酒のさかなに、コイのあらいを食べつつ、いい気分になって来て、坊様が、いや、浮き世もまた楽しいぞよ、酒はうまいし、ねえちゃんは綺麗だ……などと歌っていると、「生臭坊主」ということになるのですが、以上は極端に戯画化しているので、日本では、昔から、坊様が、妻帯し、子供がおり、酒は飲み、魚も食べ、それで別に社会から糾弾などされていません。
 
  大酒を飲み、酔っぱらって、寺の本堂で乱交パーティを開くような坊様は、それは別に坊様でなくとも、普通の人でも社会から糾弾されます。
 
  仏教の坊様にとっては、女性と触れたり、メイクラヴすること、酒を飲んだり魚を食べたりすることは、仏教の教えに反することで、こういう「欲望」を、修行の妨げになる「煩悩」と呼ぶのですが、煩悩というのは、多くの坊様の日常生活から云うと、自然なことのようです。
 
  もう一つ、坊様ではありませんが、一般に、「子煩悩」という言葉があります。これは、別に、子供が煩わしく悩みの種で、何かの邪魔になるのかと云えば、そうではなく、子供が可愛く、何時も子供のことを考え、細かいことにも、子どものためにと、あれこれ気も身も使う親のことを、こう呼びます。別に、子どもが、何かの「妨げ」になっているのではないのです。親にしてみれば、ふと、思うと、「ああ、おれは、何と子どものことばかり思っているのか。これも煩悩か」などとなります。
 
  「煩悩」というのは、仏教の教えとか、人間の生き方はいかにあるか、などということの前では、何か安楽な、気持ちよい、楽しい方にばかり気が向くようで、困ったことだという考えもある他方、「自然な欲求」「自然な望みのおもむく方向」であって、煩悩だが、しかし、これもまた良しなどというものです。
 
  これは、仏教の教義として、煩悩に迷う人の姿こそ、すなわち、仏の姿に他ならないという考えもあるのです。
 
  煙草をやめないと、肺ガン確実と云われていて、それでも吸いたいという人の場合、煩悩とは云いません。また、大学受験中なのに、異性のことに意識が向いて勉強に集中できない高校生も、それを煩悩とは云いません。(ただし、高校生の親が、寺の住職だったりして、子どもに、そんな煩悩は振り払え、と説教するかも知れません)。
 
  煩悩というのは、本来の仏教の教えでは、たいへん厳しい、覚りの道にあって、克服せねばならない誘惑や欲望だったのですが、「煩悩すなわち仏」というような考えは、人間は自然に振るまい、自然に生きるのがやはり一番であるという考え方でしょう。
 
  肺ガン寸前の喫煙者や、受験勉強に必死な高校生にとっては、喫煙や、恋愛は、自然のままを楽しもうなどということではないのです。
 
  人間は、欲望が強すぎると、色々不都合なことが起こることが、或る程度分かっているともいえます。分からない人、自制がきかない人は、酒に溺れて身を滅ぼすとか、守銭奴になって、世人の顰蹙を買うなどとなり、そういう人自身は、煩悩も何もないでしょう。しかし、そういう人を横目で見ていると、酒を飲み、恋愛をし、ギャンブルで小銭を失い、自堕落な生活を少々しても、歯止めがかかっていて、ああ、これが煩悩というものか……で片が付きます。
 
  「わかっちゃいるけどやめられない」というのは、確か古い歌の言葉ですが、そういう心境の「分かっている」のが、煩悩だと分かっているということで、度を超さなければ、やめる必要もない訳です。本格的な修行をしている坊様にとっては、厳しいことでまた別ですが、普通には、煩悩はまた楽しいことなのです。本来しない方がよい、というのをするのは何とも楽しいことなのでしょう。
 
  世界中の文化がそうだとは分かりませんが、日本は、煩悩を楽しむ文化です。
 

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
...続きを読む

Q言ってる事は正しいけど、言い方がきつい人

質問を見て頂きありがとうございます。

今年の4月に入社しました。
職場には様々な部署があり、その1つで働いています。

私の部署には20人弱で構成されています。
1人を除いては、とても親切で尊敬できる人ばかりです。

その1人についての相談です。
私よりも1つ年上の20代の女性でかなり性格がきついです。
部署には、その女性よりも年下が私を含めて3人いますが、皆憂鬱な日々を送っています。
年下の私達には直接的に言ってきますし、上司に関してはいないことを確認し陰口などを言っています。

仕事に関して、
『やる気があるのか?』
『周りの状況をみて動けていない』
『ちゃんと仕事をして。まぁやり方は教えてないけどね。』
『前に教えたよね。(もちろん、教わってません。)』
他にも多数色々なことを言われます。

言っている事が正しいのは分かります。
ただ、言い方があると思うんです。
自分はサボっておしゃべりを楽しむ、かと思えば、その後私たちを怒り飛ばしてくる。
正直、怒られすぎて職場にいるのが苦痛です。

最近は、ピリッとした胸痛が起こることもあり、医師の診断を受けた所、『神経痛』とのことでした。

自分の言ってる事は正しい、注意するのはされるほう方が悪い。
という考え方のような気がしてなりません。

このような毎日いつ怒られるのかと怯えて仕事をしている方どうしていますか?
対処法を教えてください。

上司は、話は聞いてくれても解決するようなことはしてくれるような性格ではありません。

質問を見て頂きありがとうございます。

今年の4月に入社しました。
職場には様々な部署があり、その1つで働いています。

私の部署には20人弱で構成されています。
1人を除いては、とても親切で尊敬できる人ばかりです。

その1人についての相談です。
私よりも1つ年上の20代の女性でかなり性格がきついです。
部署には、その女性よりも年下が私を含めて3人いますが、皆憂鬱な日々を送っています。
年下の私達には直接的に言ってきますし、上司に関してはいないことを確認し陰口などを言っ...続きを読む

Aベストアンサー

私もその上司の行為は「パワハラ」だと思います。

私も質問者様とホントによく似たことを言われてきたりされてきたりしてました。(今でも少し)
私の場合は、仕事の内容的に人手不足だからということで週に1度ほど手伝ってくれと言われてやってる仕事があるんですが、そこでその私の女上司は「あなたがやってる仕事は誰でもできるし、あなたがもし辞めても代わりはいるんだから」って堂々といやみのように言われました。
そういうことを毎回言われ、その人に会うたび怯えてる自分がいます。
だから質問者様の気持ちがよく分かります。

言っていることは正しいことかもしれないけど、でもそれは言われた本人からしたら侮辱されたように感じて落ち込みますよね。。
ある意味「人格否定」されてるように感じるし。。

私の場合はそれを人に言うと、普通本人には言わないよね、ひどいね、気にしないほうがいいよ、そういう上司ってのはみんな分かって誰もついてこなくなるよ、って言ってくれたりします。

質問者様のその上司は多分これからも変わらないと思うし、自分が気にくわない人に対してすごくいろいろ言ってくるだろうけど、対決したところで逆に何倍にもなって返ってくると思うのでその後仕事がやりずらくなるかもしれません。

確かに部署を変えてもらうようにするか、精神的に今後も参って更に悪化するようであれば会社を辞めることも1つの案だとも思います。
その人から逃げるのではなく、自分の体調を第一に考えるという意味でも。
早く現状から少しでも改善できるといいですね。
お互い頑張りましょう。

私もその上司の行為は「パワハラ」だと思います。

私も質問者様とホントによく似たことを言われてきたりされてきたりしてました。(今でも少し)
私の場合は、仕事の内容的に人手不足だからということで週に1度ほど手伝ってくれと言われてやってる仕事があるんですが、そこでその私の女上司は「あなたがやってる仕事は誰でもできるし、あなたがもし辞めても代わりはいるんだから」って堂々といやみのように言われました。
そういうことを毎回言われ、その人に会うたび怯えてる自分がいます。
だから質問者...続きを読む


人気Q&Aランキング