ある大学入試問題の文です。自分が原因で結婚生活に失敗しつつある男が、それでも自分を変えられない現状に嘆き、こう語っています。
I realized that I was not only making a fool of myself, but that I was destroying all the peace and happiness of our life together.
ある業者が出している和訳では、「私達の生活における平和と幸福を、もろともに破壊している」となっていましたが、私は、our life together 「二人の生活」ととらえるべきなのでは、と思っていますが、ご意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

本当はもっとじっくり考えてからコメントしたかったのですが、もたもたしていると質問打ち切りになる恐れがあるので、とりあえず書かせてもらいます。

以前、明らかに回答者に誤解があり、私がたまたま正しい情報を知っていたので修正のコメントを出そうとしていたのに、打ち切られてしまったなどということがあったものですから。

前置きばかり長くなりますが、あわててコメントするのは、私自身も質問者の方に近い疑問を持ち、さらに言えば、質問者の方の見方が正しい可能性があるのではないかと思うからです。業者や予備校の解答例にも間違いがあることは少なくありませんから、その点もあまり頼りにしていません。読んでいただいた上で、既に回答された方からも、また他の方からもさらにコメントをいただければと思います。

問題を私なりに整理すると、togetherが「一緒に、ともに」というのに類する意味だということは誰も異論はないようで(品詞の問題はとりあえずおいておきます)、となると何と何が一緒か、というのがポイントになります。可能性は以下の3つです。
(1)our life together:私たちの<一緒の>生活。これは質問者の方の見方。
(2)destroying all the peace and happiness of our life:平和と幸福を一緒に(ともども)破壊しもする。
(3)not only making a fool of myself but destroying...:自分を笑うべき愚か者に仕立ててしまうだけでなく、一緒に(同時に)二人の生活の平安と幸福も破壊。

No.3までの回答者の方は、いずれも(2)の立場に立つもののように思われます。No.2の方の訳し方だと(3)にも取れるのでやや曖昧ですが。それから、いずれも(1)はtogetherが副詞だからour lifeを修飾するのはおかしいとされています。

私の疑問は、まずour life togetherのような言い方は本当におかしいのか、ということです。our happy days together(二人ともに過ごした幸せな日々)のような言い方がありそうな気がしますがどうなのでしょう。この辺は英語圏の方の確認が欲しいところですが。
またお三方とも、our lifeだけで「二人の生活」の意味になるので、形容詞的なtogetherはいらないと、さらにNo.1の方は、文脈的にも必然性がないと書かれていますが、「結婚生活に失敗しつつある」という男の言うことなら、一緒にいるかどうか、さらには夫婦として一緒の感覚があるかどうかが問題ですから、その点を強調して、単にour lifeではない、our life togetherになっても不思議はないように思います。

つまり私自身は(1)ではないか、と思っているわけで、上では私にとって(1)が正しそうに見える理由を述べたわけですが、次に(3)と(2)に違和感がある理由を示したいと思います。

まず(3)ですが、自分自身が愚かなまねをしている、ということと、二人の生活を破壊した、ということを並べるのは、意味の上では十分可能で、だからnot only...butの構文が使われているわけですが、togetherをそれを補強する意味に使うのは、形の上で無理があるように思われます。making, destroyingの動詞の部分が、ともにthat節の中にあり、(3)の立場に立てばこれらを対等に結ぶはずのtogetherが、後のthat節のみに属するように見えているからです。また語感としても、この意味でtogetherの語を使うというのは個人的には違和感があり、たとえばat the same timeにでもしてもらいたい感じがします。

ついで(2)に反対する理由ですが、二人の生活のpeace and happinessというのは、同じような意味の言葉を並べる用法で、これらをわざわざtogetherというふうにまとめるのは不自然ではないのでしょうか。平安は破壊されたが幸福は残るとか、その逆とかいうのは、かなり特殊な事情でないと成り立たないと思われます。ここで(No.3の方もご指摘のように)冠詞がthe一つで、それがpeace, happinessの両方にかかっていることもそのことを意味すると思われます。

というわけで、あまり自信はありませんが、今のところ(1)ではないか、と思っています。質問に対する回答、というのではなく、討論会のような期待をもってしまっていいのかどうかわかりませんが、他の皆さんから補足とか新しいお考えをお聞きできたら、また質問者の方からも、何か文脈なりで有効な補足が得られたら、と思います。私自身ももう少し考えてみるつもりです。
    • good
    • 0

No.4でコメントした者です。

その後、信頼できるアメリカ人の知人に尋ねてみたところ、一般にour life togetherという言い方もあるし、この文の場合も、その部分をひとまとめにして捉えるのが正しくて、他の意味は考えられない、と言っていました。こういう問題は尋ね方もあるので、英語圏の人が言ったからどうとは安易に決められないと思いますが、私個人としては、これで納得したので、今回は「自信あり」ということにして、質問者の方の見方に賛成したいと思います。詳しくはNo.4で述べたようなことが言えるのではないか、と思っています。
    • good
    • 0

I realized that I was not only making a fool of myself, but that I was destroying all the peace and happiness of our life together.



NOT ONLYの構文は特に問題ないと思うので、BUT以下を見てみると

but that I was destroying all the peace and happiness of our life together

前提条件として、もちろんthatのまえにはI realized がくるんだけど。この文には等位接続詞andが一つあるので。これを並べて書くと
    
                peace
I was destroying all the  and       of our life together
                happiness

まずour lifeはpeace,happiness両方にかかります。理由はこの名詞の前の冠詞theです。
次にtogetherのかかる場所ですが、質問のようにour lifeにかけたければ、our lifeは名詞ですよね?名詞を修飾できるのは形容詞です。
すなわちtogetherが形容詞であれば可能です。でもtogetherは副詞です。だから、togetherは動詞である was destroyingにかけざるをえないわけです。ちなみに形容詞のtogetherもあった記憶がありますが、その場合は、いっしょにという意味にならなかったはずです。
最後に「二人の生活」ととらえるべきでは?とありますが
それはour life の ourがその意味を満たしてくれていると思いますよ。
なぜならourは「私+あなた」または「私+第三者」ですよね?
この文の前文を見ないとわかりませんが、このour lifeのourは、私と結婚相手(she)をさしているのではないですか? our life =「二人の生活」でいいとおもいますよ。
(訳)私達(二人)の生活における平和と幸福を、もろとも(together)に破壊している
 
    • good
    • 0

おはようございます。



I realized that I was not only making a fool of myself, but that I was destroying all the peace and happiness of our life together.
を翻訳しますと、
「私は愚かなだけでなく、二人の生活における全ての平和と幸福を同時に破壊してしまったことを悟った」となると思います。

togetherは副詞です。副詞は動詞を修飾しますので、#1のyuri-mbcさんの言われるようにI was destroyingにかかってきます。ですから、「同時に破壊した」となるのです。

二人の生活はour lifeで言っておりますので、togetherは指しません。

ちなみに、making a fool of oneselfは愚かなことをする・・・という意味だそうですが、和訳したときに日本語を簡潔明瞭にするため、「私は愚かである」といたしました。
.
    • good
    • 0

not only, but also的な構文ですね。

○○ばかりでなく、××も、また…という…
our life together →「二人の生活」とは、ならないと思います。our life だけでそういう意味がありますし、文脈からも、ここでtogetherと強調しなければならない必然性がありません。
大事なのは、強調すべき、 I was destroyingで、togetherで強調していますね。前にnot onlyがあると、自然に読むと、 together は、こちらに掛かって感じます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWhat I meant was that it was missin

What I meant was that it was missing something.
メールの中のこの意味がわからないと送ったら、下記のように説明してくれました。
仕事で疲れて、電車にゆられてぼーっとして・・・という感じだと思うのですが、missing somethingが、どういうことなのか、よくわからないので、教えてください。
よろしくお願いします。

The ride on the train has a feel about it, the swaying of the cars, the click and clack of the train over the track, The look of the outside and all the people inside. gives it personality. Well that day the train felt it had no personality, I guess I was tired work is very busy, I really need to find a better job with better hours.

What I meant was that it was missing something.
メールの中のこの意味がわからないと送ったら、下記のように説明してくれました。
仕事で疲れて、電車にゆられてぼーっとして・・・という感じだと思うのですが、missing somethingが、どういうことなのか、よくわからないので、教えてください。
よろしくお願いします。

The ride on the train has a feel about it, the swaying of the cars, the click and clack of the train over the track, The look of the outside and all the people inside. gives ...続きを読む

Aベストアンサー

通勤のために乗る列車の揺れや音や乗客やらには独特な感じがあるが、ある日、あんまり疲れていて、その感じを感じることができなかった。もっとまともな時間帯の仕事を探したい。といった趣旨の文章だと思います。
何かが欠けている、というのは、そのある種の感じで、それを感じることが出来ないほどに消耗しきってしまう仕事なんか辞めて他の仕事を探したい、ってことではないでしょうか。

QIt was because of my letters that I

It was because of my letters that I happened to stumble upon starting to acquire some kind of a homemade education.

強調構文だと思うのですが、合ってますか?また、"stumble upon starting to..."のところの構造がよくわかりません。
どなたか説明お願いします。

Aベストアンサー

I couldn't go there because of the rain.「雨のために,私はそこへ行けなかった」
において,because of the rain というかたまりを強調構文 it is ~ that でくるむことができます。

It was because of the rain that I couldn't go there.
「私がそこへ行けなかったのは,雨のせいだ」

今回も,
I happened to stumble upon starting to acquire some kind of a homemade education because of my letters.
において,because of my letters をひとまとめとして強調構文にしています。

stumble (up)on ~で「偶然~に出くわす」という意味です。
stumble upon ~ing という形はそう用いられるものではないと思います。
「偶然~するようになる」くらいの意味になると思いますが,さらに happen to がついていますので,「偶然の偶然」という感じの強調表現を独創的に作者が表したものだと思います。

「私が一種のお手製の教育というもの偶然の偶然にも受け始めるようになったのは,私の手紙が理由だった」

手紙を書く習慣があって,手紙を書くことを通じて自分なりに勉強ができるようになったということが言いたいのだと思います。

I couldn't go there because of the rain.「雨のために,私はそこへ行けなかった」
において,because of the rain というかたまりを強調構文 it is ~ that でくるむことができます。

It was because of the rain that I couldn't go there.
「私がそこへ行けなかったのは,雨のせいだ」

今回も,
I happened to stumble upon starting to acquire some kind of a homemade education because of my letters.
において,because of my letters をひとまとめとして強調構文にしています。

stumble (up)on ~で...続きを読む

QShe of her was always hidden away Part of her was

She of her was always hidden away
Part of her was always hidden away

どういう意味ですか?

Aベストアンサー

あの娘いつものようにかくれんぼ
ある所だけ人にはいつも隠してた

QThat was the first war film I saw that really shocked me.は二重限定の誤用

That was the first war film I saw that really shocked me.

the first war film I sawは一つしかない筈なのにそれを更に二重限定で「私が初めて見た映画のなかで~」としているので駄目ですよね?
(初めて見た映画が複数個存在することになってしまう)

I saw AND thatなら良いですが、たぶん作者が意図した意味にはなりません。

「あの映画は私がいままで観た戦争映画の中ではじめて本当にショックを受けた映画でした。」と言いたいなら、
That was the war film I saw that first really shocked me. などのようにすべきだと思います

Aベストアンサー

素人考えかもしれませんが、私は That was the first war film I saw that really shocked me. でもおかしくないという気がします。
A という映画について、それが私にショックを与えた最初の戦争映画だ、ということだと思うので、第2、第3もあるかもしれないと予想させます。
その中の最初のもの、という意味だと取れます。
戦争映画はいくつか見たことがあるし、ショックを受けたのもいくつかあるけど、その中で私にショックを与えた最初のものはAという作品だ、という意味に取れるのじゃないでしょうか。
「誤用」になるのではないか、といわれると、ちょっと腑に落ちないです。

QIt was not until 〜thatはありますが、It was not till 〜that

It was not until 〜thatはありますが、It was not till 〜thatというのはありますか?
till はuntilと同じ意味だそうですが…。教えてください。

Aベストアンサー

辞書にも it is not till ~ that の例文が出ています。

ただ、till の方が until よりどちらかというと口語的であり、
この表現はどちらかというと書き言葉だから
until が好まれるというのはあります。

口語でも、until を使うことも多いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報