タガノコウテイ(牡2歳)の今後の予定を知っている方教えてください
テイエムオペラオーの半弟として期待してるんですが・・・
前走、野路菊ステークスは距離不足ですかね

A 回答 (1件)

>前走、野路菊ステークスは距離不足ですかね



その後、10/21に新潟できんもくせい特別(芝1800m)に出走して、1番人気ながら1.3秒差の8着に大敗しています。敗因などは詳しく存じませんが・・・。

野路菊Sも距離不足というより実力不足では?(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか・・・
まあオペラオーもスピードないからなあ
あとは成長力に期待するしかないのかなあ・・・
回答ありがとうございました

お礼日時:2001/11/14 21:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテイエムオペラオーの弟について。

キャプテンクックっていますよね??父がデインヒルで、いかにも走りそうな血統やと思うんですが、短距離路線ばっかり使ってるのはもったいないと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

キャプテンクック!名前は存じていましたが
オペラオーの弟とは,初めて知りました
ところでキャプテンクックって昔にもリアルシャダイ産駒で
いたようですね(同名馬)

2代上にノーザンダンサーと母親のナスルーラ系はオペラオーと
全く同じですね,父馬の母親系がどのように作用しているか
気になるところですが,短距離路線は父デインヒル譲りなのでしょう
しかしデインヒル産駒にスタミナ系の母親でステイヤーも居る辺りからは
気性次第で走りそうな気もしますが
血統的には極めてオペラオーに近い存在ですしね
キーポイントは,やはりデインヒルの母系ですか????
自分もその当たりは良くわからないのですいません

長距離使ってきたら自分も買おうと思います

http://k-ba.data-hotel.net/cgi-bin/ped/pedigree.pl?data=46837
http://k-ba.data-hotel.net/cgi-bin/ped/pedigree.pl?data=62968

Qテイエムオペラオーについて

ディープインパクトが年度代表馬に選ばれましたね
GIレース7勝はシンボリルドルフとテイエムオペラオーと並ぶとか
シンボリが活躍した頃は知りませんがオペラオーは最近の馬という感じですが
GIレース7勝している割には人気はどうだったんですか?
オペラオーブームみたいなのはありましたか?

Aベストアンサー

GI7勝を挙げたのは歴代3頭しかいません。
初代がシンボリルドルフ(1984~85)
2代目がテイエムオペラオー(1999~2001)
そして三代目が先日引退したディープインパクトです。

シンボリルドルフの時は、彼が三冠馬となる前年に
2代目三冠馬のシンザン以来、19年振りに誕生した
三代目三冠馬のミスターシービーがおり
彼が毎回馬群最後方から追い込み、届くのか届かないのか分からない
ハラハラさせる感じがあり人気を得ていて
1年後に無敗で三冠を制し、隙が無さそうに見られていたルドルフは
比べられて判官びいきのように、人気では下になりましたが
シービーと2頭合わせて若者を中心にして中程度のブームを呼び起こしました(後年、若者を大挙させた武豊ブームやオグリブームには適いませんが、82年頃までは衰退していた状況から復活させるだけの力はあったと思います)

ディープは昨年の通り、欧州最高峰のレースである「凱旋門賞」に出走し
1番人気になりNHKの生中継まで行われるなどマスコミにも大きく取り上げられそれまで売り上げや来場者の減っていた状況を改善させました。
競馬を知らない人までも巻き込んで社会的な時流を作った事で
こちらもオグリ等にはかないませんが、中程度のブームは呼んだと
言っていいでしょう。

一方のテイエムオペラオーはどうだったでしょうか?
3歳のクラシックは皐月賞は勝ち
ダービーを勝ったアドマイヤベガ、菊花賞を勝ったナリタトップロードと一緒に「三強」とも呼ばれましたが、3歳時点では人気も実力も一般的には3強で3番手程度の評価でした。
00年、4歳になって一変して年間無敗やGI5勝で古馬中長距離路線を
完全制覇するなどし、01年には天皇賞春を勝って7冠としました。
しかし人気としてはよく見積もっても「小ブーム」だったとしか言えません。
理由としてはこんな事が考えられます

(1)3歳の頃の不甲斐なさ
皐月賞は制したものの、直前の毎日杯を勝ってなおかつクラシック登録が未登録だった事から200万円の追加登録金を支払っての出走で
ファンはどんな馬か知らないうちに勝ってしまった感じ。
むしろラジオたんぱ杯2歳Sを勝っていた
きさらぎ賞や弥生賞を勝ってきていたナリタトップロードなどの
事前に活躍していて人気を得ていた馬を邪魔をした感が、当時は彼らのファンに漂ってました。
しかも有馬記念のステップに、一流馬はほとんど使わないステイヤーズSを使い、しかも勝てずに敗退し有馬も1つ上の世代である
スペシャルウィークとグラスワンダーを敗れずに3着敗退となってしまった事で「強い世代に勝てなかった」という印象も残しました。

(2)ライバル不在
4歳の無敗の年、この年のレースの2着は殆どが「メイショウドトウ」
どんなレースをしても2着にはメイショウドトウばかりで
馬券的にも面白みが薄く「またか」という印象がありました。
しかも3強として話題になったアドマイヤベガは菊花賞の後引退
ナリタトップロードは好走すれども勝ちきれない馬になってしまい
話題性にも乏しかったのです。

(3)現役余計に1年続けすぎた
5歳になった01年、復帰戦で敗戦し天皇賞春こそ連覇したものの
宝塚記念ではついにメイショウドトウに敗れ、天皇賞秋は海外や短距離・ダートとオールマイティに活躍はしていたものの、勝つとは見られていなかったアグネスデジタルに敗れ、ジャパンカップでは1世代下の
ダービー馬であるジャングルポケットにまで敗れ、有馬では2世代下、この年の菊花賞馬のマンハッタンカフェに負けて引導を渡された格好となってしまった事から「歴代最強馬」などの論議となると痛い所となってしまいました。

(4)弱い世代?弱い馬しかいなかった時代?
前記の通り3歳の有馬記念は3着も1世代上の強豪であるグラスワンダーとスペシャルウィークに勝てず、4歳は同世代のメイショウドトウ以外にライバルらしいライバルもおらず、5歳時はJCでは1世代下のジャングルポケット、有馬では2世代下のマンハッタンカフェに敗れており
実質他の世代を交えたレースでは負けてしまっているのです。

(5)海外遠征をしなかったから
4歳の完全制覇を受けてから、5歳も現役を続行する事が決まってから
「海外挑戦を」という声がファンから起こったのですが
オーナーは国内戦を選択し、ついに海外遠征は実現しませんでした。
もしも5歳時に天皇賞春を勝ってから海外遠征をしていたなら
ディープ程度ではないでしょうが、盛り上がったのかも知れません。

このような事が重なり合って、既存の競馬ファンには人気になったものの前記の2頭と比べてみると他から競馬を知らない人を引っ張ってくる程の力は無く、あまりブームとは言えない内輪的なものに終わってしまいました。
ただあの馬が当時強かったという事実は変えがたいものですし、彼の7冠の価値が変わるものではありませんので、そこはお間違いなく。
ただブームという観点では、他の7冠馬と比べるのはちょっと可哀想な気がします。

GI7勝を挙げたのは歴代3頭しかいません。
初代がシンボリルドルフ(1984~85)
2代目がテイエムオペラオー(1999~2001)
そして三代目が先日引退したディープインパクトです。

シンボリルドルフの時は、彼が三冠馬となる前年に
2代目三冠馬のシンザン以来、19年振りに誕生した
三代目三冠馬のミスターシービーがおり
彼が毎回馬群最後方から追い込み、届くのか届かないのか分からない
ハラハラさせる感じがあり人気を得ていて
1年後に無敗で三冠を制し、隙が無さそうに見られていたルドルフは
比べられて...続きを読む

Q東海ステークスの”東海”について

質問が・・・

来年は中京がコース改修が終わってリニューアルし、
また開催変更で夏に中京開催が組み込まれ、
改修したばっかりの函館など北海道開催が実質縮小、
福島競馬も開催のめどはついたものの放射能の影響で
実際はどうなるかわからない、さらには重賞の時期や
施行条件がいろいろ変更され・・・

日程がこれでもか、というくらいいじくられてます・・・

把握しにくくてしょうがないんですが、そのなかで、
JRA唯一の”ダートG2”競走になる”東海ステークス”が
京都での開催に来年から”固定”されるのだとか・・・

ふと思ったのですが、
私個人は、中京開催時の東海ステークスの”東海”は、
冠企業にあたる”東海テレビ”の”東海”だとずっと思ってたわけで・・・

東海テレビ自体は今度は阪神から中京に開催が変わる
”プロキオンS”の冠企業になるそうで、東海Sには
かかわりを持たなくなるようです。

となると・・・京都開催で”東海ステークス”という名称には
どうしても”違和感”を感じてしまいます。
京都開催での”東海”というのは名前的には
どういう意味があるんでしょうかね!?

”東海地方”の東海だとおかしいし、旧東海道の終点にはあたりますが、
いまさらそれをレース名に持ってくる必要もないだろうし・・・

(ま、まさか”某国”が言い張ってる日本海の”別名”!!!?
 それだけはないと信じたいが・・・)


中京の来年のG2競走は詳しくは見てないんですが、
金鯱賞だけになるんですかね!!!?
しかも12月になぜか移行・・・
中京のG2・・・G2時代ののCBC賞といい、あのなんともいえない
”中途半端さ加減”が非常に好きだったんですが・・・

質問が・・・

来年は中京がコース改修が終わってリニューアルし、
また開催変更で夏に中京開催が組み込まれ、
改修したばっかりの函館など北海道開催が実質縮小、
福島競馬も開催のめどはついたものの放射能の影響で
実際はどうなるかわからない、さらには重賞の時期や
施行条件がいろいろ変更され・・・

日程がこれでもか、というくらいいじくられてます・・・

把握しにくくてしょうがないんですが、そのなかで、
JRA唯一の”ダートG2”競走になる”東海ステークス”が
京都での開催に来年から”固定”されるの...続きを読む

Aベストアンサー

東海Sは元々6月の中京開催に行われていたOP特別で、
現在の東海Sは冬に行われていたウインターSと東海Sが
一緒になって東海Sとなっていたかと思います。

東海テレビは、ウインターSの時代に
1997年からスポンサーとなっており、
昨年までは冠だったわけですが、
東海テレビが冠だった影響で土曜開催が行えず、
オークスの裏の開催で騎手の乗り替わりが多く、
難解な一戦でもありました。

今回東海テレビの社杯ではなくなることで
土曜に移行しますので、レースとしては、
よりダートGIIとしての価値は高まるのではないか、
と個人的には思いますが、
京都開催で東海Sはやはり違和感がありますね。

ただ、パート1国になった影響もあり、
グレードやレース名をコロコロ変えられない
という事情があるかと思います。
なので固定されるのであれば、
来年以降、名前を変えるのではないかと思っています。

金鯱賞が12月に移動したのは、
鳴尾記念を再度宝塚記念の前哨戦として、
GIIに格上げすることを見越して2000Mに延長し、
春(夏)の阪神開催に移動したのが影響しているかと。
現在の鳴尾記念のところには
朝日CCが1800Mに短縮されて移動していますね。
金鯱賞は移動したことにより、有馬記念の前哨戦として、
あるいは、天皇賞後に香港を目指さない中距離馬にとっての
重要な一戦として、かなり大きな役割を担うことになると思いますよ。

東海Sは元々6月の中京開催に行われていたOP特別で、
現在の東海Sは冬に行われていたウインターSと東海Sが
一緒になって東海Sとなっていたかと思います。

東海テレビは、ウインターSの時代に
1997年からスポンサーとなっており、
昨年までは冠だったわけですが、
東海テレビが冠だった影響で土曜開催が行えず、
オークスの裏の開催で騎手の乗り替わりが多く、
難解な一戦でもありました。

今回東海テレビの社杯ではなくなることで
土曜に移行しますので、レースとしては、
よりダートGIIとしての価値は高まるので...続きを読む

Qスプリングステークスの競馬予想をお願いします。

いつもありがとうございます。
そろそろ暖かくなって来ましたので、懐の方もホットにしていきたい所存です。笑
では、今週もよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

今年の3歳馬は、走るたびに順位が変わるような低レベル。
こういう年は、3着には人気薄が飛び込ことが多いので、
3連単複より、馬単・馬連。時にはワイドがベター。
百万馬券を目指した中山はQオリヴィアで取られましたが
honeyさん同様、阪神の馬単馬連は獲りました。
 さて、スプリングSは一番人気が堅いレースですが、
時々1番人気馬がはずれて波乱もあります。
今年はロゴタイプが一番人気でマンボネヒューが2番人気。
枠順は真ん中がやや不利も内外大きな差は無い。
一着馬は前走3着内の馬からと紛れは少ないレース。
 
 ◎ ロゴタイプ     早い時計もあり上がりも切れる。
 〇 タマモベストプレイ 好枠、前走距離克服で
 ▲  アドマイオウジャ  前走はスローで掛かり今一度
 △ マンボネヒュー   中山でも33秒台で上がる
 △ アクションスター  すんなり好位で。
 逃げてMストラーノの残り目とシンネンの大駆けが押さえ。
 ◎ ▲からの馬連・馬単と押さえへのワイドまで。
妻は初輸送の馬もありパドックで見るまで判らないながら、
サーストンニュースは乗ってる戸崎なので押さえが必要との事。

参考になれば幸いです。



















 

今年の3歳馬は、走るたびに順位が変わるような低レベル。
こういう年は、3着には人気薄が飛び込ことが多いので、
3連単複より、馬単・馬連。時にはワイドがベター。
百万馬券を目指した中山はQオリヴィアで取られましたが
honeyさん同様、阪神の馬単馬連は獲りました。
 さて、スプリングSは一番人気が堅いレースですが、
時々1番人気馬がはずれて波乱もあります。
今年はロゴタイプが一番人気でマンボネヒューが2番人気。
枠順は真ん中がやや不利も内外大きな差は無い。
一着馬は前走3着内の馬からと紛...続きを読む

Qミスキャスト(牡3)情報は何かないでしょうか?

今年の春にがんばっていた、3歳牡馬のミスキャストは現在どうしているのでしょうか?
確か骨折したんですよね?
気になる馬の一頭なのでどなたかご存知の方、教えてください。

またこの馬が来年の安田記念候補と早くも言っている競馬通の人がいるのですが、どう思われますか?
この馬はマイラーなのでしょうか?

↑のどちらか一方について答えてくださってもかまいませんのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

misery1219 さん、こんにちは~☆♪

> ミスキャストは現在どうしているのでしょうか?

5月4日のプリンシパルSに快勝後に、左前脚を
骨折していることが判明しました。
診断の結果は「左トウ骨遠位端(えんいたん)骨折」(左前脚)で、
全治には6カ月要する見込みといわれました。

その時、加藤敬二調教師は、もともとさほど丈夫な馬ではなく、
素質だけで走っているような馬なので、今後のことを考えると、
いい休養になるだろうと言っておられました。

その後、ノースヒルズマネジメント(オーナー)で静養・乗り運動の開始・
ダクまで行ない、現在は栗東の加藤敬二厩舎に帰厩しております。

http://www.age.ne.jp/x/nk_mile/Recent_bnf.html

Sunday Silence & ノースフライト との良血で
スピードと瞬発力は素晴らしいと思いますが、
ことスタミナとなると、懐疑的ですね。

元気にターフに戻って来てくれることを願っております。


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

misery1219 さん、こんにちは~☆♪

> ミスキャストは現在どうしているのでしょうか?

5月4日のプリンシパルSに快勝後に、左前脚を
骨折していることが判明しました。
診断の結果は「左トウ骨遠位端(えんいたん)骨折」(左前脚)で、
全治には6カ月要する見込みといわれました。

その時、加藤敬二調教師は、もともとさほど丈夫な馬ではなく、
素質だけで走っているような馬なので、今後のことを考えると、
いい休養になるだろうと言っておられました。

その後、ノースヒルズマネジメント(...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報