コーヒーの木を苗から育てて半年程たち、30cm程に成長しています。
最近になって、葉っぱの端の方から枯れはじめています。(葉の周辺が黄緑色から茶色に変色している。)
水やりは週に二度くらい、鉢の大きさは直径20cm位、深さ25cm位で根詰まりはしていないと思います。
土は、水はけの良い土です。水をあげてもすぐに乾いてしまいます。
考えられる原因として何がありますか?ご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おいてある場所や環境にもよりますが大体、葉が黄色くなって枯れると言うので考えられる原因として下記のことがあります。


1*日光不足
2*水不足
3*水のあげすぎ
4*根詰まり
5*肥料不足

水やりは週に二度ということですがタップリとあげているのならば、あげすぎかもしれません。夜は冷えてきたのであげすぎると溜まっている水が冷たくなってしまいます。根詰まりは無いとの事ですが直ぐに乾いてしまうというのは根詰まり又は水が足りない可能性があります。水はどのくらいの分量であげているか解りませんが今度、乾いていたらバケツに鉢がスッポリつかるくらい水を張りその中へ鉢をそーっと沈めてみてください。空気がブクブクと上がってきたら水不足です。それが無ければ根詰まりを起こしている可能性があります。肥料はあげていますか?環境や管理方法が解らないのでハッキリしたことは言えませんが参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

ちょっと気になって、調べてみました。

そうすると…

・霜に弱い。
・最低気温5度まで
・平均気温15~20度の所がよい
・直射日光を好む

ということですので、もしかして寒さにやられたんじゃないでしょうか?冬場は室内で育てる方が良いと書いてありました。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーヒーの木の育て方

先日、ブラジル人に「ブラジルのコーヒー農園に植えてあった」というコーヒーの木の苗をもらいました。
以前にコーヒーの木について質問があったりしたものを拝見しましたが、それを読む限り室内で育てなければいけないような・・・。
でも、我が家では大きいプランターを置くような場所がなく、子供もまだ小さくていたずらしそうなので、とりあえず庭に植えてしまいました。
やはりそれではマズイでしょうか?
一応プランターに植え替えて外へ置いておこうと思っているのですが・・。

Aベストアンサー

こんばんは。
私は部屋にちょこっと置く観葉植物として買いました。
それから数年経ち、
大きく育ち、鉢も大きいものにして
冬は屋内、夏は外に出して育てていましたが、
なぜか冬の間に葉が全部枯れてしまいました…。
まだなんとかなるかと思い、今も育てています。

やはり暖かいところにある木なので、
冬に外というのはダメだと思いますが、
夏場は外に置いてもいいと思います。
しかし、夏の直射日光で葉やけを起こすらしいので、
直射日光の当たらない、
半日日陰になるようなところに置いた方がいいようです。
なので、お考えのように、
プランターに植え替えておくと冬は屋内に移動できるので
良いと思いますよ。
あと、水のやりすぎは良くないようですね。

寒くなり屋内に置くようになれば、
お子様のいたずらを心配されているようですが、
お子様がいたずらしなくなる頃までは、
手の届き難い高めのところに置いておくのはどうでしょうか。
大き過ぎたら無理かもしれないですよね…。

Q水はけ水持ち良く、 安全で質の良い培養土は?

安全で、質の良い培養土を教えてください、経験豊富なガーデナーさん是非よろしくお願いします。

5年ほど前に園芸コーナーが充実したホームセンターで、大きめプランター1杯分位で1000円程度のちょっといい培養土を購入しました、これがかなり良くて、ハーブを植えたのですがとてもよく育ち、次の年もそのままプチトマトを植えてもとてもよく育ちました、しかし、その後何度か、安く購入した培養土では苗もほとんど育たず、空き地に捨てたらぺんぺん草も生えない、粗悪な土でした。

それから、結構選んで購入するようになったのですが、未だにあの培養土のようなよい土にめぐり合えません。
バーミキュライトが多めで、ちょっと怪しげなマイナーな感じのパッケージだったと記憶していますが、それらしきものは「金の土」でこれもよさそうですが、お店に問い合わせたところ扱ったことはなく、どうも違うようです。

「ゴールデン粒状培養土」もよいのですが、そこまでペレット状ではなかった気がします。(ゴールデン粒状培養土はよく育ったのですが、地中に恐ろしくいっぱいのカブトムシかカナブンの幼虫が発生してしまいました)

「[自然応用科学]の栽培名人の土と有機肥料」を最近購入し、土が減ったことにより、水枯れ気味でなおかつずっと肥料をあげていない弱ったバラやハーブ類の土に混ぜてやったら、急に肥料過多になってしまったからか、ちょっと元気がなくなってしまいました。(ふさふさでとても有機質豊富なようで水はけは悪くなったように感じます)

すごく考えて、選んでもどうも5年前買った土の時のようにうまくいきません、安全で産廃や汚染汚泥などの含まれないことはもちろん、水はけがよく、なおかつ水もちのよい、良い土はありますでしょうか?
どうかよろしくお願いいたします。

安全で、質の良い培養土を教えてください、経験豊富なガーデナーさん是非よろしくお願いします。

5年ほど前に園芸コーナーが充実したホームセンターで、大きめプランター1杯分位で1000円程度のちょっといい培養土を購入しました、これがかなり良くて、ハーブを植えたのですがとてもよく育ち、次の年もそのままプチトマトを植えてもとてもよく育ちました、しかし、その後何度か、安く購入した培養土では苗もほとんど育たず、空き地に捨てたらぺんぺん草も生えない、粗悪な土でした。

それから、結構選んで購入す...続きを読む

Aベストアンサー

アイリスオーヤマのゴールデン粒状培養土【花・野菜用】 をメインに使っていますが、
コガネムシの幼虫がゴールデン粒状培養土に湧いたことはほとんどないですよ。

庭の柿の木にコガネムシが来るので、そこら辺の根元は掘ればコガネムシの幼虫が結構出てきますけど。

オルトラン粒剤をまけばコガネムシやヨトウムシは防除できます。


もし、培養土を調整したいのであれば、
ふるいにかけた硬質の赤玉土(小玉)を混ぜれば水はけは改善されると思います。
分量を調整すれば元の土との水はけ具合が調整できると思いますが・・・
ふるいにかけた赤玉の粉は使わない。
水に簡単に溶け出す赤玉は使わない。

一番重要なのが植物にあったpH値にしてあげることだと思いますが・・・
良くなかった土はpH5未満の強酸性の土だったのでは?
苦土石灰等でpH調整してあげればよいと思います。
ホームセンターの園芸コーナーでpH試験紙は売っています。

Qコーヒーの木って育てやすいのでしょうか?

百円店のダイソーにいくといつも「コーヒーの木」の苗が売っています。育てやすいのですか?

Aベストアンサー

たまたま手に入ったタネから育ててもうじき1年になりますが、丈夫で育てやすいですよ。
タネを蒔く時期が悪く、双葉で冬を越したにもかかわらず、このところの辛い暑さと湿度にも負けずに育って、百円店で売っているミニ観葉植物サイズよりも少し大きな苗木になりました。
冬は、寒さと葉の乾燥に気を遣ってあげれば大丈夫です。
窓越しの直射日光に当てていたら、葉焼けしてしまいました。木が若いうちは耐陰性があるとのことで、光に関しては明るい日陰くらいでちょうどいいようです。

わが家のコーヒーの木は、1ヶ月に1組、新しい葉が出ます。
芽が出たのも、タネを蒔いてからなんと2ヶ月も先のことでした。
実が生る大人の樹になるには、3~5年はかかるとか。
草花や野菜のようにすぐに生長を楽しめるものではありませんが、ゆっくりとした変化を気長に楽しんでいます。


ダイソーのコーヒーの木は私もよく見かけますけれど、かわいそうなほど徒長しているものが多いですね。
近所のコーヒーショップでは一頃、大きめのコーヒーカップに3本ほど寄せ植えにしてテーブルに飾っていました。双葉と本葉が8枚(4組)ほどの大きさでした。
ダイソーにしてもコーヒーショップのものにしても、いい環境とはいえないのにすぐには枯れないのですから、そのくらい、タフだといえるのではないでしょうか。
ただ、生きている植物である以上、環境と管理が悪ければ、まっとうに育たなかったり死んでしまうのは当然です。コーヒーショップのコーヒーの木も、もともと育てるつもりはなく、ちょっとした飾り程度に考えていたのか、数ヶ月で枯れてしまいました。
手間ひまかけて手入れしても、害虫や病気にやられたり生育不良になったり・・・というほどまで脆くか弱い木ではないようなので、観葉植物を育てる要領で普通に世話をしていれば、すぐに大きくなりますよ。

たまたま手に入ったタネから育ててもうじき1年になりますが、丈夫で育てやすいですよ。
タネを蒔く時期が悪く、双葉で冬を越したにもかかわらず、このところの辛い暑さと湿度にも負けずに育って、百円店で売っているミニ観葉植物サイズよりも少し大きな苗木になりました。
冬は、寒さと葉の乾燥に気を遣ってあげれば大丈夫です。
窓越しの直射日光に当てていたら、葉焼けしてしまいました。木が若いうちは耐陰性があるとのことで、光に関しては明るい日陰くらいでちょうどいいようです。

わが家のコーヒーの木は...続きを読む

Q水はけの悪い土

庭にヤマボウシやキンモクセイを植えたいのですが、
土地柄上、ブロックの擁壁で囲まれた上に庭があります。

そこに使われた土がどんな土か判らないのですが(濡れるとややぬかるみ、乾くとカチカチ)
水はけが悪く、一晩雨が降り続くと水溜まりになってしまうほどです。
(晴天になり半日~1日経てば水は引く)

そんな土なのですが、苗木を植える一部分だけ赤玉土や腐葉土などを使って
土壌改良しても効果は薄いのでしょうか?

園芸初心者で、色々本を調べてみましたが判りませんでした。
どなたかご教示頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず土壌の水はけ状態ですが、晴天時に半日から1日で水が引くようで
すから、そんなに心配されるほど悪いとは言えません。
それでも植栽をする時には土壌改良は必要ですから、現在の土壌に堆肥
を多めに入れて土と良く混ぜ合わせれば大丈夫と思います。

その時に赤玉土は使用されない方が無難です。赤玉土とは赤土を乾燥さ
せて大中小の粒に分類しただけの物で、水分を含むと潰れやすく水はけ
も悪くなります。赤玉土は粒状になっているだけで、潰れると元の赤土
に戻ってしまいます。
腐葉土も質を選ばないと後々に樹木に影響します。ホームセンターなど
で売られている腐葉土で、特に特価で売り出されている腐葉土は植栽に
適さない物があります。完全に腐熟している事が第一条件で、未腐熟の
場合は土に混ざった段階で再び発酵が始まり、醗酵する時に出る醗酵熱
で樹木の根を痛めてしまいます。多少は高くても完熟腐葉土を購入する
ようにして、安売りの腐葉土には手を出さない事が大切です。
先ほどに堆肥と書きましたが、植栽にはバーク堆肥が最適です。
牛糞堆肥もありますが、バーク堆肥の方が問題は少なくなります。

ヤマボウシの植栽は、厳寒期の1月を除いた11月中旬から3月中旬の
間なら可能です。日当たりが最適で水はけが良い事が条件で、掘り上げ
た土に同量の堆肥を入れて混ぜ合わせて、高植えに植栽します。
ヤマボウシはミズキ科の落葉中高木ですから、植栽時期は葉が完全に落
ちた寒い時期に行います。現時期は移植に最適な時期です。
通常なら掘り穴に樹木を埋めますが、この樹木の場合は地面より高くな
るように盛り土をして移植をするのが基本です。
剪定は6月中旬から下旬までです。肥料は1月から2月と花芽の分化が
終わった8月下旬の年2回で行います。

次にキンモクセイはモクセイ科の常緑小高木で、寒さが収まって気候が
安定する4月中旬から5月中旬と、秋の彼岸頃が最適になります。
日当たりと水はけに関してはヤマボウシと同じですが、ヤマボウシのよ
うに高植えにする必要はありません。通常通りに植栽して下さい。
この時の注意ですが、根鉢を崩して植栽する事は避けて下さい。
剪定は2月中旬から3月中旬と、10月中旬から11月中旬の年2回で
行います。肥料は2月に寒肥えとして施すだけで、他の時期は与えませ
ん。
落葉樹と常緑樹では植栽時期が違いますから、植えれば育つとは考えな
いで下さい。

まず土壌の水はけ状態ですが、晴天時に半日から1日で水が引くようで
すから、そんなに心配されるほど悪いとは言えません。
それでも植栽をする時には土壌改良は必要ですから、現在の土壌に堆肥
を多めに入れて土と良く混ぜ合わせれば大丈夫と思います。

その時に赤玉土は使用されない方が無難です。赤玉土とは赤土を乾燥さ
せて大中小の粒に分類しただけの物で、水分を含むと潰れやすく水はけ
も悪くなります。赤玉土は粒状になっているだけで、潰れると元の赤土
に戻ってしまいます。
腐葉土も質を選...続きを読む

Qコーヒーの木の育成方法

こんにちは(^_^)

先日、コーヒーの木を購入してきました。
現在のところ葉も艶々で元気ですが、初めて育てるので不安です。

ネットで検索してみたのですが詳しい育成方法を掲載しているサイトが見つかりませんでしたので、コーヒーの木の育成方法について詳しい方がいましたら是非今後の育成方法について教えて頂けたらと思います。

特にお伺いしたいのは
●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
●土や肥料について
●冬の過ごし方
●病気や殺虫剤の散布について
●その他の注意点
です。

今は購入時のままのビニールの鉢で、土が少し乾いたらお水をあげています。

場所は日当たりの良いバルコニーですが、曇っていて少し涼しい日は部屋に入れてあげた方が良いでしょうか?

コーヒーの木の育成に関するサイトも含めて情報をお持ちの方是非ご指導を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
購入時のビニールポットのままでは根の成長に影響しますので直ぐ1回り大きめの鉢に植え替えましょう。
鉢はプラスチックでも素焼鉢でもテラコッタでもかまいませんが茶色の方が落ち着くでしょう。
ただプラスチックは水の蒸発が遅く素焼鉢は早いので水遣りの時期に注意しましょう。
根が鉢一杯に回ると根腐れの原因になりますので2年に1回は植え替えをします。
時期は5月から8月頃までに行います。
9月まで出来ますが冬までに根を張らせるために早めにやった方が良いです。
植え替えは鉢からそっと抜いて土一杯に根がまわっていたら植え替えのサインですので植わっている鉢より1回り大きな鉢に植え替えます。
大きくしたくないときは根鉢を3分の1程度落として茎や葉も少し剪定して同じ大きさの鉢に植えます。
●土や肥料について
土は普通の観葉植物やプランター用の土でかまいません。
肥料は春から秋まで液体肥料などを与えます。
肥料の与え過ぎは枯れる原因になるので注意します。液体肥料なら10日に1度、固形肥料なら1か月に1度与えます。
ただ植替えをした時は植替え後2~3週間してから与えます。
●冬の過ごし方
寒さに当たると葉が落ちてしまいますので最低温度は10度以上で管理しますがもし無理な場合はビニールを被せるなどして保温する事をお勧めします。
一般の観葉植物の冬の管理に準じます。
●病気や殺虫剤の散布について
病害虫は春から秋にかけてカイガラムシやハダニが発生しやすいので水やりの際に葉全体にシャワーを掛けるようにしてやると発生を抑える効果があります。
また風通しをよくして病害虫の発生しにくい環境づくりをすることも大切です。
病害虫が発生した場合は下記サイトから病気や害虫に応じて適宜処理します。
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/index.html
●その他の注意点
コーヒーの木はその原産地から解かるように大変日光が好きな植物ですのでできるだけ日当たりの良い明るい場所で育てます。
室内では通風が悪く日光不足になりがちですので春と秋は戸外で十分な日光にあてると引き締まった丈夫な株に育ちます。
曇っていても前述のように病害虫予防にも風通しの良い場所が適していますので温度があり強風以外は今の時期は戸外が良いでしょう。
ただし日光不足の植物をいきなり強光にあてると葉焼けを起こしたり株を弱らせたりしますので徐々に慣らしましょう。
水やりは表面が白く乾いてから与えますが真夏はよく乾くので乾く前に与えます。
夜の最低気温が10℃近くになったらだんだん水やりを控えめにします。
花が咲いて種ができたらそれを植えて増やす事ができますし挿し木しても増やせます。
下記サイトもご参照下さい。

参考URL:http://www.caravanserai.co.jp/lounge/tree.html, http://www.caravanserai.co.jp/lounge/question_tree.html

●植え替えの時期や鉢などに関する注意点
購入時のビニールポットのままでは根の成長に影響しますので直ぐ1回り大きめの鉢に植え替えましょう。
鉢はプラスチックでも素焼鉢でもテラコッタでもかまいませんが茶色の方が落ち着くでしょう。
ただプラスチックは水の蒸発が遅く素焼鉢は早いので水遣りの時期に注意しましょう。
根が鉢一杯に回ると根腐れの原因になりますので2年に1回は植え替えをします。
時期は5月から8月頃までに行います。
9月まで出来ますが冬までに根を張らせるために早めにやった方...続きを読む

Q水はけの良い土

家の庭で畑をしようと思っております。
ずっと放置でしたので、雑草なども伸び放題でした。それを全て取り除き、深さ20cm程掘っている状態です。ですが掘れば掘る程石の塊が下からどんどん出てきます。
そして雨が降れば水がどんどん溜まるという状態です。
一応土には少量ですが、赤玉、腐葉土、黒土を混ぜ込んでいます。
こんな状態の庭の畑の水はけをよくするのはどうすればよいでしょうか?
詳しい方是非教えて下さいm(。_。;))m ペコペコ…

Aベストアンサー

コストと労力を惜しまないなら可能ですが、畑の土を50センチ以上の深さで全て掘り、軽石の層を5センチ作り、その上に掘った土を戻します。

重機が必要なうえコストが掛かりますが、それをする事で二十年くらいは水はけが良くなると考えれば安い投資だと思います。

逆に言うと、そのくらいしないと水はけは期待出来ません。
上記の方法が厳しい場合は毎年少しずつ細かい軽石や鹿沼土などを混ぜて長期改良してみて下さい。
余談ですが水はけの悪い土壌はphが酸性に成りやすいので気を付けて下さい。

Qコーヒーの木

コーヒーの木に興味があるのですがなかなか売っていません。
そこで、種から発芽させたいのですが何か手に入れるよい方法を知りませんか?

Aベストアンサー

コーヒーの実生(みしょう)は私も興味があります。
タネは売っているようですが、発芽率が悪いようなので、私は挿し木してみるつもりです。
知り合いに、鉢植えを持っている人がいるので、枝を1本いただこうと思っています。
参考までに、↓を入れておきました。

参考URL:http://plaza.across.or.jp/~harikyu/herb/coffee.html

Q水はけの悪い土

一坪菜園ですが、水はけが良くないようです。

今は数種の野菜が植わっているので、収穫終了後のことになるのでしょうが、改良するにはどのようにするのが良いでしょうか。

Aベストアンサー

どれだけ水はけが良くないのか 良く解らないのですが 今現状菜園として機能しているのであれば 単純に20~50cm程度盛り土したらいかがでしょう 土も一新できるし1番簡単だと思います

Qコーヒーの木が病気?

会社で鉢植えでコーヒーの木を育てています。
背丈は15cmぐらいでしょうか。
最近、葉の先端が徐々に枯れ始めています。
幹も乾燥しています。
鉢が小さくて窮屈なのかと大きな鉢に移し替えはしました。
このままおいておいて大丈夫でしょうか?
何か薬を買ってきた方がよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

おそらく水のあげ過ぎか、寒さにやられたのでしょう。
No1の方が言うようにもうダメかも知れません。

試しに明るい窓際に移し、鉢の上をビニール袋で覆って、
毎日霧吹きで全体を湿らせて「熱帯雨林」の様な環境を作ってみてください。
(鉢内の温度を上げないため、鉢を日陰に出来ればさらに良い)
霧吹きによって常に湿り気があるので、新芽が出るまで水はあげなくていいです。

良くありがちなのですが、弱ってる樹木に間違えても肥料はあげないで下さいね。
人間で例えるならば、重病時に「大食い選手権」に出場するようなモノです。

コーヒーの木は耐寒性があまりありません。出来れば10℃位は欲しいところです。
15cmの幼木だとなおさらです。
どのような会社か判りませんが、夜間無人になり、空調もOFFになるようだと、
ちょっと冬越しはキツイかも知れません。

コーヒーの木の水やりについてですが…
これは環境や木の大きさで一概に言えませんが、
一般的な冬場の水やりの間隔は2週間位でしょうか?
あげるときは、朝、ぬるめの水をタップリあげて下さい。
受け皿を使用している場合、皿に水を溜めないように、最後に捨てて下さい。

毎日観察していると、木のテッペンの勢いが無くなるのが判るようになります。
その時が水をあげるベストタイミングです。
いつも定期的に水をあげるより、欲しがってからあげる方が、木は丈夫に育ちます。
それから、これもありがちなのですが、天気が良いからといって、
いきなり外に出したりしないで下さいね。
室内で育てた植物は葉が室内用になっています。
それをいきなり外に出すと「葉焼け」を起こします。
観葉植物は熱帯産の木が多いので、寒風にも非常に弱いです。

ダラダラと書いてしまいましたが、元気になってくれると良いですね。

お大事に…。

おそらく水のあげ過ぎか、寒さにやられたのでしょう。
No1の方が言うようにもうダメかも知れません。

試しに明るい窓際に移し、鉢の上をビニール袋で覆って、
毎日霧吹きで全体を湿らせて「熱帯雨林」の様な環境を作ってみてください。
(鉢内の温度を上げないため、鉢を日陰に出来ればさらに良い)
霧吹きによって常に湿り気があるので、新芽が出るまで水はあげなくていいです。

良くありがちなのですが、弱ってる樹木に間違えても肥料はあげないで下さいね。
人間で例えるならば、重病時に「大食い選...続きを読む

Q水はけのよい健康な土へ再生するには?

北玄関で植物を育てています。植え替えのとき新しい土を購入せずに健康な土に再生するにはどうすればいいですか?
地域のごみ処理方法が変わり古い土を処分できなくなりました。日光が不足気味なので水はけのよい土に改良したいのすが・・・
細かくなった土はもう利用できないのでしょうか?黒いビニール袋に入れ消毒した後、細かい土は再生不能なのでしょうか?継ぎ足しするには何をどの位入れるとよいのでしょう。いろいろな販売店でのアドバイスもまちまちでイマイチです。
ちなみに、すべてプランターや植木鉢で地植えではありません。

Aベストアンサー

諸説芬々で迷われるとおもいます。
>健康な土に再生するにはどうすればいいですか
健康な土というのは、病原菌は別としまして、空気が沢山含まれている土のことです。
いわゆるふかふかの土というのがこれです。

>細かくなった土はもう利用できないのでしょうか?
利用できます。

ふかふかの土というのは、植物の繊維と言いますか、スジが沢山入った状態です。
細かくなった土に植物」の繊維を沢山混ぜてやれば、健康な土になります。

腐葉土(葉っぱの繊維が多量に含まれた土)を混ぜたり牛糞(未消化の飼料の繊維が多量に入った排泄物)をまぜろ、などというのはこの為です。

腐葉土と牛糞を混合して使うのは、牛糞を餌とする微生物が葉の形が残っている腐葉土をさらに細かくバラバラにしてくれるからです。

ただ牛糞を使うと臭いが玉に瑕です。
市販品は発酵させて無臭化してあると書いてありますが、しばらくおいておくと臭います。
外に置いてあるから多少臭ってもかまわなければ
腐葉土と牛糞を目分量で半々位混ぜたものを、土の量の三分の一ぐらい混ぜて来春まで置いておかれれば宜しいでしょう。

水はけを良くするのには、土の間に隙間があればいいだけのことですが、
いきなり砂をいれたのでは、逆に固まってしまいます。
腐葉土などを餌とする微生物が集まって作った、柔らかい小さな団子状になったものが最適ですが、中々うまく作ってはくれません。

この為に色々な土質改良剤なるものが売られています。
砂の代わりに軽石を砕いたようなパーライトと呼ばれる小さな粒々が売られています。
これが手頃と言えば手頃です。
春になったら、上記の配合で出来た土に目分量で土の三分の一位混ぜてやればOKです。

こんな手間暇は面倒だということであれば、バーク堆肥という木の皮を干して砕いたものが売られています。
これであれば臭いもなく、ある程度空気も入り水はけも良くはなります。
肥料配合と書かれているものは避けて下さい。
これを、土の半々~三分の一位まぜておいて春になったら使う手もあります。

以上いずれも肥料分はありませんから、春になって植え付ける前に大きな粒の遅効性化成肥料というのを混ぜてやって下さい。大量にはいりません。プランターであれば二握りも入れれば充分です。
つぼみが付き始めたら普通の化成肥料や液肥を適宜やって下さい。
鶏糞や油粕などもありますが、土がベトベトになることがあるので注意して下さい。

尚、もしレギュラーコーヒーを飲まれていれば、コーヒー滓は良好な土質改良剤ですので混ぜてやって下さい。

諸説芬々で迷われるとおもいます。
>健康な土に再生するにはどうすればいいですか
健康な土というのは、病原菌は別としまして、空気が沢山含まれている土のことです。
いわゆるふかふかの土というのがこれです。

>細かくなった土はもう利用できないのでしょうか?
利用できます。

ふかふかの土というのは、植物の繊維と言いますか、スジが沢山入った状態です。
細かくなった土に植物」の繊維を沢山混ぜてやれば、健康な土になります。

腐葉土(葉っぱの繊維が多量に含まれた土)を混ぜたり牛糞(未消化の飼料...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報