最新閲覧日:

裏声がなかなか出ません!!裏声がでるしくみというものを、知ってたらぜひ教えて下さい。

A 回答 (2件)

日本では「実声」と「裏声」と分ける事が多いみたいですが


海外では「実声」と「虚声」というように分けます。

高い声が裏声というイメージがあるかもしれませんが
虚声というように分類すると志村けんさんの「あ~ぁ」と言う声も
発声としては実声ではありません。

私は実声と虚声の間の声を活用していますが、このテクニックは
ハードロックのボーカルでもよく用いられます。

このテクニックを使う事で3オクターヴをカンタンに出す事が出来ます。

慣れですね。
    • good
    • 0

音楽的な視点から述べますが、カテゴリーから考えると、的を外すかもしれません。

あしからず。

小学校のとき、縦笛(リコーダー)を吹いたことがあるでしょう。強く吹くと、急にオクターブ上の音が出ます。あれと似たようなことが、声でも起こると考えてみましょう。(実際には、クラリネット、オーボエあたりをやっていた方のほうが実感が湧くと思われます。)

リコーダーでも、左手の親指のところを少し開けてやれば、無理に強く吹かなくても高い音が出るように、人間の声帯も、強く張るばかりではなく、響かせる抜け道をうまく作ってやる(よく、喉を開ける、といいます)ことによって、倍音が響く、裏声(ファルセット)が出るのです。ただこれは、理屈ではなく、その声を出すイメージが作れるかどうかだけの問題のような気もしますが。

おおかみの遠吠えの真似、インディアンの声の真似、などから始めてみてはどうでしょう。声帯のあたりで声を出す感じではなく、軟口蓋の裏あたりで声を作る感じです。もっと下世話な例をあげれば、女性の性交時のあえぎ声。あれを、男性であるあなたが真似してみようという試みが、裏声作りのイメージ作りであります。

でも、個人差が大きく、なかなか出せない人もいるようです。実際に面接してあなたの声色を聞いてからでないと、アドバイスのしようがない、という場合もあります。ご参考までに。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報