時間のある方、すぐに回答お願いします。化学反応式です。

1,炭酸カルシウムに塩酸を加えると二酸化炭素を発生して溶解する。

2,塩化バリウム溶液に硫酸バリウム溶液を加えると硫酸バリウムが沈殿する。

3,硫酸銀溶液に塩化カルシウム溶液を加えると塩化銀が沈殿する。

4.金属ナトリウムを水に加えると水素を発生して溶けこのとき水酸化ナトリウムを生じる。

5,アルミニウムに水素を加えると水素を発生して溶ける。

6,水酸化ナトリウム溶液に二酸化炭素を通じると炭酸カルシウムの白沈を生じる。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

hikaru_macさんの回答に少し補足入れます。


1、2はOKですね。

3は質問が「硫酸銀」で回答の化学式が「硝酸銀」ですが質問側の間違いかな?

4は揚げ足を取るようですが Na + 2H2O → 2NaOH + 2H2↑ですよね?

5はおそらく「塩酸を加えると」じゃないでしょうか、硝酸も表面に不動態(字、これで良かったかな?)を作って、反応が進まなかったと記憶していますが・・

6は変ですね。「水酸化ナトリウム溶液に二酸化炭素を通じると炭酸カルシウムの白沈を生じる。」??? カルシウムはどこから来るんでしょうか? 水酸化ナトリウムじゃなくて水酸化カルシウムですね?
Ca(OH)2 + CO2 → CaCO3↓ + H2O
ということですね。
    • good
    • 0


1,炭酸カルシウムに塩酸を加えると二酸化炭素を発生して溶解する。

CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + H2O + CO2↑

※「↑」は発生のしるし


2,塩化バリウム溶液に硫酸バリウム溶液を加えると硫酸バリウムが沈殿する。

塩化バリウム溶液に硫酸溶液を加えると硫酸バリウムが沈殿する。
の間違えじゃないかな?

BaCl2 + H2SO4 → 2HCl + BaSO4↓

※「↓」は沈澱のしるし


3,硫酸銀溶液に塩化カルシウム溶液を加えると塩化銀が沈殿する。

2AgNO3 + CaCl2 → Ca(NO3)2 + 2AgCl↓


4.金属ナトリウムを水に加えると水素を発生して溶けこのとき水酸化ナトリウムを生じる。

Na + 2H2O → 2NaOH + 3H2↑


5,アルミニウムに水素を加えると水素を発生して溶ける。

アルミニウムに硝酸を加えると水素を発生して溶ける。
の間違えかな?塩酸かな? 硫酸には溶けません。(たぶん)

2Al + 6HNO3 → 2Al(NO3)3 + 3H2


6,水酸化ナトリウム溶液に二酸化炭素を通じると炭酸カルシウムの白沈を生じる。

2NaOH + CO2 + H2O → 2NaCO3↓ + 2H2O


--------
化学式の右下の数字もでかい数字になっちゃいました。
{便利なソフト、しってる人が居たら教えて下さい。(私はMacを使っています。)}
例えばCO2の2は本当は小さい字です。
    • good
    • 0

まずはご自分の回答を書いてはどうでしょうか・・?



化学の基礎の基礎のような問題ですが・・・???

補足お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液

硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液の液性は酸性ですか?
またそれぞれの強度を教えて下さい。

Aベストアンサー

全てが酸性です。

Q塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作る

塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作るには、塩化水素と水酸化ナトリウムはそれぞれ何g必要か?
お解りの方がおられましたら、ぜひ教えてください。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.塩化ナトリウムの式量を調べる。
2. 58.5gをその式量にグラムを付けた質量で除す。
3. 2.で塩化物イオン、ナトリウムイオンの物質量(モル数)が分ったので、その物質量(モル数)と塩化水素の分子量、水酸化ナトリウムの式量をそれぞれ乗ずる。

おしまい。

Q水酸化ナトリウム水溶液と塩化水素の反応

0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液に塩化水素を吸収させた水溶液の塩化物イオンの濃度の測定方法をおしえてください。

Aベストアンサー

 いろいろな方法が可能です。
 比色/イオンクロマトグラフ/イオン電極/沈殿滴定/・・・ 測定目的濃度と所有する道具立てで選びます。
 濃度が低いなら、比色/イオンクロマトグラフ、
 濃度が中程度なら、イオン電極/沈殿滴定、
 濃度が高いなら、沈殿滴定、などでしょうか。

 この場合の状況は、塩化物イオン濃度が高いと思われるので、沈殿滴定が適当ではないでしょうか。
・アルカリ吸収液の適当量を採って、(1+3)くらいの硝酸で酸性にする。
・0.1mol/Lくらいの硝酸銀水溶液で滴定する。
 終点検出法は、目視と電位差法が有ります。
 しかし、目視法は熟練を要す(攪拌して沈殿を成長させるとか、色めの微妙な判定とか)ので、電位差検知がお奨めです。 指示電極には銀電極を使います。
 しかし、希釈してイオンクロマトグラフで分析するのも、操作が簡単で捨てがたい。 

Q水酸化カルシウムと水酸化バリウム

何回もすいません・・・
本などで調べると「バリウムイオン、カルシウムイオンにアンモニア水もしくは水酸化ナトリウムを加えても沈殿を生成しない」ってあったんですけど、実験でははくしょく沈殿ができました。

これは何でなんでしょうか??

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムでは沈殿ができるかもしれません。水酸化ナトリウムの濃度、カルシウムイオン、バリウムイオンの濃度によります。アンモニアでは沈殿は出ないと思います。

水酸化カルシウム、水酸化バリウムの溶解度はあまり大きくありません。1mol/Lの溶液を作ることができない程度です。(水酸化カルシウムのほうが水酸化バリウムに比べて1桁小さいです。)
水酸化ナトリウム、塩化カルシウム、塩化バリウムは水によく溶けます。1mol/L以上の濃度の溶液を作ることができます。

CaCl2+2NaOH→Ca(OH)2↓+2NaCl
濃度によってCa(OH)2の沈殿ができる可能性があります。

実験書に載っている水酸化ナトリウム水溶液の濃度は1mol/L以上の場合が多いです。6mol/Lという記述も見たことがあります。

Q塩化水素と水酸化ナトリウムの混合物

理科の問題で、どうしてもわからないものがあります。

塩化水素の水溶液に、 水酸化ナトリウムの水溶液を、
どんどん加えていったとのことです。

これがアルカリ性になるまで、水酸化ナトリウム水溶液を加え続け、
そのあと、蒸発させました。

そうすると、 塩 以外に、
もう一つ、ある固体が残ったというのです。

【この固体はいったいなんなのでしょうか?】

 どなたか、ご存知の方がいましたら、
どうぞよろしくお願い致します!

Aベストアンサー

NaOH+HCL→NaCl + H20ですから
「生成される固体」は塩だけですが
この場合出てくる固体は「NaOH」
ですね。
海水を蒸発させれば塩が残るように
NaOH水溶液を蒸発させればNaOHが残るというわけです。
問題文にある「アルカリ性になるまで」というのは、もう混合液内にHCLが残っていなく、NaOH水溶液が混じっているという意味です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報