抵抗をπ型(T型?)に組み合わせると信号は減衰しますが、インピーダンスの変換が出来ると聞きました。50-75ohm変換で-6dBあるいは-10dBの減衰量を持つ変換器の抵抗値を教えて頂けませんか?。
簡単な原理を説明した教科書等も可能であれば、教えてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

DB 変換」に関するQ&A: dB dBuV変換

r-1 意味」に関するQ&A: M-1、R-1の意味

A 回答 (3件)

キーポイントは抵抗の直列・並列接続の計算方法と連立方程式を立てることができるかです.



π型でもT型でも,入力側から見たインピーダンスと出力側から見たインピーダンスで方程式が一つずつ,そして減衰量を決める方程式が一つの,未知数3個(r1~3)に対して連立方程式が3本ありますからですから解は得られます.

入力,出力側インピーダンスri,ro,電圧減衰量 1/n
としてπ型の場合の方程式は
r1//(r2+r3//ro)-ri=0
r3//(r2+r1//ri)-ro=0
(r3//ro)/(r2+r3//ro)-1/n=0
となります.(rm//rnは並列抵抗でrm rn/(rm+rn)を意味します)
解は
r1=ri(ri-n^2 ro)/(-ri+2 n ri-n^2 ro)
r2=(n ro-ri/n)/2
r3=ro(-ri+n^2 ro)/(ri-2 n ro +n^2 ro)
具体的数値を代入すると
1/n=1/2(-6dB): r1=83.3333,r2=62.5,r3=375
1/n=1/3.162(-10dB): r1=72.35,r2=110.669,r3=161.229
1/n=1/10(-20dB): r1=56.8702,r2=372.5,r3=92.3554
です.

同様にT型の場合,
r1=ri(ri-2 n ro+n^2 ro)/(ri-n^2 ro)
r2=2 n ri ro/(n^2 ro-ri)
r3=ro(ri-2 n ri+n^2 ro)/(-ri+n^2 ro)

1/n=1/2(-6dB): r1=10,r2=60,r3=45
1/n=1/3.162(-10dB): r1=23.2593,r2=33.8849,r3=65.9396
1/n=1/10(-20dB): r1=40.604,r2=10.0671,r3=65.9396
となります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。わかりやすく解説頂き非常に助かりました。良い勉強になりました。

お礼日時:2001/11/19 07:23

よくわかりませんがインピーダンスがマッチングするように


抵抗を間に入れればいいんですよね。例えば、
入力側インピーダンスZin
出力側インピーダンスZout

→--Z1-----
       |   |
       Z2  Zout
       |   |
 ---------

とかいう回路を組んでインピーダンスがマッチング条件
 Zin = Z1+1/(1/Z2+1/Zout)
と逆から見込んだときのインピーダンスがマッチング条件
 Zout = 1/(1/Z2+1/(Zin+Z1))
を解けばいいんですよね。この場合回路が対称でなく抵抗が正の実数であることから
インピーダンスの置き方はZout<Zinとなります。
Zin=75Ω,Zout=50Ωとして、
 Z1= 43.3Ω, Z2=86.6Ω
になります。
パワーの計算はよくわかりませんが(いいかげんで申し訳ありません)
Zin75ΩをZ1(43.3Ω)、その他(32.2Ω)で分けて
その他のうち、ZoutとZ2で86.6:50に分けて消費するから
 32.2/75*86.6/(86.6 + 50)=0.272=-5.6dB (10log)
になるのではないでしょうか?

これが正しいとすると、反射を無視した定性的な性質として
Z2(に相当する抵抗)を高い値にすれば
伝送路の方にパワーが流れて行きます。
また、水平ではないほうの抵抗(Z1に相当)が大きいとそこでパワーを食ってしまいます。
一方、インピーダンスをマッチングするためには、高いほう(Zin)からみたとき、
出力側に下駄をはかせる必要があるために(Zout)直列に抵抗を入れる必要があります。
一方、低いほう(Zout)からみたときには、
Zin側に見えるインピーダンスが下がればよいわけで、
並列になっている部分だけあれば良いことが分かります。
ということは、たぶんこういう形がロスの少ない形なのではないでしょうか?
(これは両方から使う場合ですよね。きっと)

入力側が決まっていていれば
→--Z1-----
           |
           Zout
           |
 ---------
とやって、Zin=Z1+Zout
とすればよろしいのではないでしょうか(いわゆるマッチング抵抗ですよね)?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅くなってすみません。別にπやTでなくてもL型でもインピーダンス変換できますね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 03:32

-20dBのπ型の場合,50Ω側から


 R1=58.462Ω
 R2=303.1245Ω
 R3=97.0525Ω
と計算できました.
参考にした文献は下記のものです.
 LCフィルタの設計&製作(森栄二著,CQ出版社)

「測定に利用するなら-20dBが便利」と書かれていました.
お役に立ちますかどうか…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。ご紹介頂いた文献(本)を見てみたのですが(私の知識が乏しいので)少し難しかったです。基礎から勉強しないと…。
減衰が大きいほどばっちりインピーダンス変換が出来るようですね。とりあえず教えて頂いた-20dBで作製しましたが、やはり少し減衰が大きかったようです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 07:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図に示すπ形抵抗減衰器の減衰量(電圧)の値を14dBとしたい。このとき

図に示すπ形抵抗減衰器の減衰量(電圧)の値を14dBとしたい。このときRの値として最も近いものを下の番号から選べ。ただし、log5≒0.7とする。

答えは120Ωになるのですが、計算方法がわかりません。
ご教授願います…。

Aベストアンサー

>減衰量(電圧)の値を14dBとしたい

-14dB、つまり約5分の1の電圧にしたい、という事ですね。
(電圧比 2倍≒6dB)
log 5 ≒ 0.7 → -(log 5 ) x 20 ≒ -14 [dB]

「どことどこを?といえば、それは
「入力抵抗」の2端子に電圧を与えると、その5分の1の電圧が
「負荷抵抗」の2端子に現れるようにしたい、という事です。

回路図を変形すると少し見やすくなります。(添付図)
75Ωと「負荷抵抗50Ω」の並列接続の合成抵抗は30Ωです。

単純に、R と 30Ω で分圧されると 30Ωの両端が5分の1ということは
R:30Ω = 4:1 という事なので、R=120Ωだとわかります。

もう1つの75Ω抵抗は、分圧には関係ありません。
が、「減衰回路を入れてもトータルの負荷抵抗が50Ωになるように」
この値が使われます。全体の合成抵抗を求めてみれば、ちゃんと50Ωになります。
尚、π型はどちら方向でも合成負荷抵抗値が同じく50Ω、減衰率が同じく-14dBになる、
という特徴がある減衰回路です。

Qインピーダンスの単位の変換について(pF→ohm)

ICの出力インピーダンスが負荷容量の形(pF)で記載されているのですが、
これをohmで表現することは可能でしょうか?

ケーブル損失がなければ、R0=sqrt(L/C)だったと思うのですが、
L成分が分からないので、上手く計算が出来ません。

例えば15pFの時に何ohmになるのでしょうか?
周波数によって換算式が異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

>もし宜しければ、ロジックICで出力抵抗が記載されない理由を教えて頂けますでしょうか?
>OPアンプならロー出しなので、書いてあるべきですよね。
>ロジックでも出力インピーダンスは低いほうがいいのではないでしょうか?

ロジックICも出力抵抗は少なければ少ないほど良いのはそのとおりです。ロジックIC
では出力で幾つくらいのゲートをドライブできるか(ファンアウトの数)が重要なので
AC特性項目で必ず負荷容量CLの値を条件にして、立ち上がり、立下り条件を謳ってます。
ゲートはDC抵抗は数MΩ以上と大きいので負荷としては問題にはなりません。しかし、
ゲート入力容量はドライブする上で負荷としてより重要になるからです。たとえば、
大きな負荷容量CL=50pFを高速でドライブするには十分小さな出力抵抗が条件に
なりますが、それを結果的に、立ち上がり立下りスピードで保証しているだけです。

QT 型抵抗減衰器の考え方について

 今晩は、陸特の問題に悩んでいます、宜しくお願いします。

 添付のような回路でのT 型抵抗減衰器の抵抗値を求める問題です。
 陸特の問題としては定番の問題らしいのですが、色々な参考書を見ても
これといった明確な解法というか解法の考え方
を説明したものに行きあたりません。
 (勿論私が理解出来ないだけなのでしょうが)
 宜しくお願いします。

 問題としては、減衰量を12dBとしたい場合の R を求めるもので、答え40Ωとなっています。

 考え方は、

 ・ 負荷側の合成抵抗は、R2とR3とR の合成抵抗ΣRであり、
   ΣR={(R2+R3)* R } / {(R2+R3)+ R }とすると
   入力電圧をe1とすると(e1=i1*ΣR )となる。

 ・ 出力電圧をe2とすると{e2=i2*(R2+R3)}となる。

と解説されていますが、全く理解出来ません。

・ 負荷側での発生電圧に起因する合成抵抗ΣRは、何故、R2だけなのでしょうか。
  当然R1も考慮すべきではないのでしょうか。

・ 出力電圧となる抵抗は何故(R2+R3)となるのでしょうか。
  R2、R3は直列につながっており、R2、R3に流れる電流は同じであるので、
 「(電流 * 抵抗)により、負荷側に減衰された電圧が
 発生する」という考え方でしょうか。
  この場合 R も並列接続で(R2+R3)側に流れる電流に影響を与えると思うのですが
 これが全く考慮されない理由が分かりません。。

・ また、この場合でも何故、R1 は考慮しなくてもよいのでしょうか。

・ もし、入力側と出力側の抵抗値が変わっている場合にどのような考え方になるのでしょうか。
  宜しくお願いします。

 今晩は、陸特の問題に悩んでいます、宜しくお願いします。

 添付のような回路でのT 型抵抗減衰器の抵抗値を求める問題です。
 陸特の問題としては定番の問題らしいのですが、色々な参考書を見ても
これといった明確な解法というか解法の考え方
を説明したものに行きあたりません。
 (勿論私が理解出来ないだけなのでしょうが)
 宜しくお願いします。

 問題としては、減衰量を12dBとしたい場合の R を求めるもので、答え40Ωとなっています。

 考え方は、

 ・ 負荷側の合成抵抗は、R2とR3とR の...続きを読む

Aベストアンサー

  (1) 両ポート 75 オームだから、R1 = R2 = 75 - ΣR
  (2) 減衰量 12 dB だから、i1/i2 = 4
を前提として…。

 ΣR = R*(150 - ΣR)/(R + 150 - ΣR)   …(1)
 4 = (R + 150 - ΣR)/R          …(2)
の連立解、
 (15/4)*R = 150
 R = 40
したがって、
 ΣR = 30
 R1 = R2 = 45
ということらしい。
   

Q不確定性原理の右辺は h? h/2π? h/4π?

不確定性原理
(1) ⊿x・⊿p ≧ X
(2) ⊿E・⊿t ≧ Y
の右辺(X, Y)には、hのもの、h/2πのもの、h/4πのものなど、
本によっていろいろみかけます。

なぜこのようにバラつきがあるのでしょうか?

(検索したのですが、これといった答えを見つけられませんでした。)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

教科書の最初のほうで不確定性とは何かを説明するためにために、
桁数だけをおおざっぱに調べるときはプランク定数(h)。
(これは、ハイゼンベルクが最初に言い出したときの形)

数学的に導かれる厳密な値はプランク定数を4πで割ったもの。
表記はhbarをh/2πとしてhbar/2が普通。

ネットだとhbarが一文字で書けないためか、h/4πをよく見ます。

hでもhbar/2でもなく、hbar=h/2πが単独で使われているというのは見たことがない気がします。
おおざっぱな話ならhでいいし、より正しい値が必要なら2で割りますから。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E6%80%A7%E5%8E%9F%E7%90%86

Q0OHM抵抗を使う理由は?

0OHM抵抗というものを見かけました。
抵抗なのに0OHMと思うのですが、この抵抗を使う理由はあるのでしょうか?
自分の考えとしては、まわりの配線(ジャンパ等)とショートしないために使っている、と考えているのですが、他に利用目的があるのでしょうか?

上記の質問、分かる方の回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

ジャンパー線の代わりに使いますね。
自動部品装着機にかけるためには、ロールのパーツが必要です。
他の部品と同じ大きさでないと機器に装着されないので0オーム抵抗を使うのですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報