皆さんは男性の育児休暇に反対?賛成?どちらですか?
今、私は学校の研究テーマでこの事について考えています。
男性の育児休暇というのはまだまだ認められてない所が多いですが、育児を男性がするというというのはあってもいいことだと思ってます。
今までの日本が男性は仕事、女性は育児という固定観念があるから男性で育児休暇をとる事に違和感があるのだと思ってます。
皆さんの意見を聞かせて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

総論賛成、各論反対です。


育児のために必要があれば、男性が休暇を取ってもまったく不思議ではないし、現に私は「休暇」をとりました。
出産から産院(お産婆さんの自宅)を退院するまでは、会社帰りに様子を見に出かけ、退院して、床上げするまでの二週間ほどの期間、休暇をとりました。
会社では当時、このような行動を取るものは珍しかったので、理解は得られませんでしたが、自分の家族の健康のためには引き下がれないので、周囲の白い目は気にせずに、しっかりと休みました。
自分の仕事に自信があったので、「暴挙」に出られたのだと思います。
長期間に渡り、計画を練り上げるプロジェクト要員だったので、極端なことを言えば、仕事さえ終わせられば、どこにいようが何をしていようがそれほどとやかく言われない立場だったから、可能になったのだと思います。
後にも先にも、私以外で育児のために長期休暇をとったものの話は聞きません。
長期休暇をとるために、前年から休暇に余裕を持たせておくことも怠りませんでした。
会社で万人に許された権利である、『休暇』の範囲ならば、正当な権利として要求しても何も無理が生じない土台を作っておいたわけです。

さて、反対の各論です。
今申し上げたことの逆に、しっかり通常の休暇をとっておきながら、「育児」を錦の御旗にして会社に迷惑をかけて「育児休暇」をとることには、反対です。
自分勝手な、「サラリーマン」の取る行動だと思います。
経営者の身になって、自分の行動を見ることなく、自分の都合だけを優先していることの表れだと思うからです。

つぎに、父親は母親の代わりはできない。という側面からの反対です。
父親は出産できません。母乳も与えられません。天から育児の才能を基本的に授けられていません。
授けられているのは母親です。
母親が、育児困難な避けがたい状況がある場合は別として、仕事のため、ライフスタイル、経済的な理由、などで母親が働き、父親が育児休暇を取ることは、自分勝手なエゴだと思います。
子供の生育環境にとって、本来何物にも変えがたい母親という存在を取り上げてまで、実現しなければならないものがあるとは思えません。
子供を生んだら、万難を排して子育てに全力投球するべきだと思っているからです。
「米百俵の精神」にあるように、子供の教育、養育は社会としての最重要課題だと思っています。
その重要課題の当事者である『親』が、自分の都合を優先させて育児の条件をそれに合わせようとすること自体が「エゴ」だと申し上げたいと思います。
古い考え方だと非難されそうですが、私は新しい視点で母親の育児能力に注目しているのです。母性本能に望みを託しているのです。
説明が長くなりますので、この辺で切り上げます。
私の人生観、社会観、人類観については、過去の回答を参照していただきたいと思います。
一般社会で通用している概念とは別の次元で人間社会の問題点に迫ろうと努力していますので、研究テーマとして調査されているのなら是非参考にしてください。
そして、多いに議論の対象にしてください。
    • good
    • 6

基本的に賛成です。



やはり親である以上、その責は果たすべきでしょう。それに、父親と母親の役割は別物だと思います。

自分の経験談ですが、母親の説教は平気だったのですが、なぜか父親の説教は大変恐ろしく、どういうわけか反論できませんでした。特に厳しいわけでもなかったのですが。

うちの父親の職場は女性でも育児休暇など認められないような忙しい職場であり、しかもいつも九時以降に帰ってくるので、父親と接する時間などたまの休みに(休みも月曜日とかが多かったのでさらに接する時間は短かった)遊ぶくらいしかありませんでしたが、それでもそれだけの影響はありました。

このように、父親というものは母親とは別であり、その役割も重要なものだと思います。男性でも有給休暇は取るべきだと思います。

関係ありませんが、私はこの体験から最近話題のシングルマザーという生き方には反対です。やはり二親がいないと満足な育児は出来ないでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事がおそくなってしまいごめんなさい・・・
今の日本の状況をかえていかなければ、男性の有給休暇は難しいような気がしています。
私はできるだけ早く日本の状況をかえてほしいですね。

お礼日時:2001/11/26 21:02

賛成です。


「父親」という親と名がついている以上、父親も親としてやることはたくさんあります。
私は女性なので、女性側からの意見となっているでしょうが、
出産ができないというだけで、親にはかわりはなく、その時点で母親に比べて子供との関係は負けているのだから、こういったところから父親としての自覚と親子の関係を築いていってもらいたいと思います。

母親は出産までの数ヶ月の間にも母親としての意識が芽生え、母としても成長できるものだと思います。
出産まではただ見ているだけになってしまっているのだから、生まれてからこそその差を埋めるチャンスだと思います。

母乳をあげるだけが育児ではないですし、育児だけが女性の仕事ではないので、
ぜひとも世の中が変わってくれることを願います。

出産は女性の仕事だとは思いますが、育児は両親の仕事だと思います。
それに、子供にとって母親はかけがえの無い存在だと思いますが、それは父親も同じだと思います。
仕事をきちんとする、給料を運んでくるというのは各家庭の中での男女に関係なく決められた人の仕事であって、父親の仕事ではないと思います。
これは決められた役割であった、そこにプラスして育児は別問題だと思います。
ということで、男性も育児に参加するべきで、そのためにも育児休暇は必要です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事が遅くなってごめんなさい・・・
私も育児というのは夫婦2人が揃ってこそ成り立っていると思ってます。
男性にもその自覚を持ってもらいたいものですね。

お礼日時:2001/11/26 21:06

 賛成。


本当に大変ですよ!夜中、2~3回は必ず起きてミルクとおしめを代える訳です。
 その日、その日で時間が微妙に違うため、日によっては
三回目の世話をすると、そのまま出勤の準備にかからなければならず、一週間ぐらいで夫婦二人とも目の回りにくまができてしまいました。
 家内が体が弱かったので、亭主である私が協力しない訳にはいきませんでした。あの時休暇があればぁ~と今でも思います。(一度だけ揺すっても私は起きなかったときがあったらしいですが...(;^_^A )
 結局、家内の体が弱いという事もあって、一人しかつくりませんでした。
 子供ができた時、母親が一人ですべて世話するのは、ハッキリ言ってハードすぎます。何の条件も付けずに10日から2週間程度の育児休暇を認めるべきです。(だいたい子供の数が少ないのですから) 
    • good
    • 1

 賛成。


育児休業法では、男女関係なく、取れることになっています。
 その場合は、一方が子供を育てる必要がある状態(多くは、ダンナが会社勤め、自分の親も余裕がないので、奥さんが休暇を取る)。
 この育児休業法自体、外圧(国連の男女平等に起源)で決められているため、日本がイヤイヤ作った内容になっています。実際、官公庁でも実施されていないことが、民間でできるとは思えない。
 労働基準法でも、男女平等といいますが、求人広告に男女の区別表示不可、というのも、形式的です。本音では男性しか取らないとに、区別表示せず、形ばかりの選考・面接が行われます。
    • good
    • 2

私は賛成派です。

自分も大学在職時に取るつもりでしたが…認められませんでした…ので辞めてやりました(というか、他にもいろいろ不満だったので(笑))

総論としては賛成です。とくに現在の就職難を解決する方法として『time_sharing』という考え方が有望で、これの流れに沿っているからです。
ただし、各論として個人が大声をあげるのは難しいと思います。一人で矢面にたつのは辛いですからね。こういうことほど、top_downで行政が関与すべきなんじゃないかなあと思う次第です。子育てを女性の手だけに渡すのはもったいないような気もします。休日に見ているだけでも飽きないもの。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銃規制に反対、賛成?

アメリカは銃社会と言われていますが、みなさんは銃規制にすることに反対しますか、賛成しますか?
また完全に規制することなどできるのでしょうか。

意見、理由など自由に書いてもらっていいです。
回答お願いします

Aベストアンサー

以前まったく同じアンケートを日本国内で取ったのですが,
結果は「全く参考にならない」と言えるものでした。

というのも,回答者に対して平行して,
アメリカにおける銃を取り巻く環境についての知識を質問したところ,
あまりにも乏しい知識しか持ち合わせていなかった
(たとえば「アメリカでは誰でも銃が買える」
という認識を持つ人が圧倒的過半数を超えていた。)
ため,回答者はニュースメディアを介して得た情報を頼りに,
銃規制について判断せざるを得なかったからです。

また,そのアンケートでは銃砲に関する知識と理解を持つ人ほど,
非常に建設的な意見を回答してくれましたが,
逆に,過半数を超える,銃砲に関する知識と理解が乏しい回答者は,
非常に感情的でメディアに影響された回答をしていました。

Q少子化大賛成!!育児支援金こそ税金の無駄!!

僕は中学生なので、詳しい事はよくわからないのですが
少子化の最大の問題って年金問題ですよね?
年金なんて払わないで郵便局とか外国の金融機関で積み立てればいいじゃないですか?それでしたら早死にしても国民年金のように損害ないし
社会保険庁に横領される心配もないし。
夏休み暇で2ちゃんねるをよくながめてると公務員の女の批判はすごいですね。
あいつらって妊娠すると仕事もしないのに1年間給料が支払われるし生理休暇とかいうのもあるんですか?
こりゃ公務員の中でも特に酷いですね。
公務員なんて、あれだけ高待遇なんだから代わりはいくらでもいるんだから、妊娠したら一時的にやめてもらうべきではないですか?
僕の感想なのですが、人をふやしたいなら女性は美人、男性は資産家の人達に支援金を送るならいいと思いますけど、納税もたいして出来ない家庭の家に子なんか作ってもらっても納税額なんて大して増えないし、地球温暖化をどんどん悪化させるだけではないんですか?
夏休みにいろいろなサイトを覗いての感想なのですが、
皆さんはどう思っているのでしょうか?

Aベストアンサー

どこで勉強したのか知りませんが、いろいろと考えていらっしゃるようですね。

公務員にみ高待遇な人たちと、低待遇な人たちがいます。
たとえば勤続40年近くになる人たちは、役職に関係なくある程度は昇給していますから、その身分に比べて給与は高いです。しかしその人も同じような仕事ぶりの民間(大手)の人に比べれば給与は安いです。

また同じねんれでも役職についている人たちは、それなりの努力はしていますが、それに応じて給与が高くなっています。その分著しく忙しいかというと比例的に忙しいというわけでもないでしょうが、以上に忙しい役職もあります。(一概には言えない)

さて少子化についてですね。
少子化の問題は年金問題だけではないんです。
少子化により明らかになるのは、労働人口の総人口に対する割合が減ることにあります。
今の日本の経済力を維持するには、ある程度の労働者数が必要です。
たとえばトヨタ自動車関連で10万人とか・・このように積算していくと今の人口くらいは必要になります。
実際は効率的でない企業に倒産していただいたとしても、今よりも数%は少ない程度でしょうね。
じっっさいの人口減少はそれ以上の予測になっていますから、各企業は国内での事業規模を小さくするしかなくなっていきます。

これは日本の経済力が低下することを意味します。

経済力の低下は、海外からの輸入する力(経済力)が失われることを意味し、資源の乏しい日本にとってはそれこそ国家存亡の危機になりますし、国民にとっては節約しかすることとのないような生活になって今います。

あと美人と資産家が子供を作るのはなかなかのアイデアではありますが、美人はいつも妊娠していることになってしまいませんか?
一人の資産家が何人もの美人を独占することになりませんか?
資産家はお金があるのにさらに支援金まであげる必要はないでしょう。

あなたの子供が美人に生まれました。
15歳になったら、お金持ちの○○えもんのところに子種もらいにいくことになりました。
こんな世界はいやですね。

どこで勉強したのか知りませんが、いろいろと考えていらっしゃるようですね。

公務員にみ高待遇な人たちと、低待遇な人たちがいます。
たとえば勤続40年近くになる人たちは、役職に関係なくある程度は昇給していますから、その身分に比べて給与は高いです。しかしその人も同じような仕事ぶりの民間(大手)の人に比べれば給与は安いです。

また同じねんれでも役職についている人たちは、それなりの努力はしていますが、それに応じて給与が高くなっています。その分著しく忙しいかというと比例的に忙しい...続きを読む

Q育児休暇中に解雇されました

育児休業中ですが、そろそろ復帰したい旨を相談したら、リストラと言われました。どの方向性が一番いいですか?

育児休業中にリストラと言われました。現在、会社から退職の条件を提案されています。 正社員で勤務です。

事由としては会社の経営悪化で復帰しても配置できるポジションがないので、退職してほしいといわれました。退職のかわりに退職金を支払うので退職してほしいとのことです。

しかし自分は会社も辞めたくなく、できるならこのまま子供が1歳になるまで育児休暇をとり様子を見、繁忙期にポジションがあれば戻してほしいと伝えましたが、それは補償できないし、またそれであれば退職金の支払いもできないといわれました。

今の厳しい時期に子供を持ち、残業もできなく、年齢的にも厳しい状況で再就職は難しい状態だと思います。
こういった場合、やはり辞めたくなく、このまま続けたいのですが会社の解雇自体、不当だと思うのですが、会社は不当解雇ではないと言っています。本当にそうなのでしょうか?

また多くなってしまうのですがこちらもわかればどなたか教えて下さい。最善策がわからず困惑しています。

(1)育児休業中に上記の理由で解雇されることは不当解雇ではないでしょうか?
(2)仮にどうしても解雇といわれ、退職金をもらい退職する場合、退職金は妥当なんでしょうか?またこの場合、会社都合にしてもらったほうがいいですか?また返事を2日でだしてくれと言われましたが、解雇は30日前のはずです。解雇予告手当も請求できますか?
(3)育児休業を1年とりたいというこちらの主張は法律上正しいのでしょうか?また復帰できた場合に、もらえる職場復帰金などももらえなくなるのですが、これがもらえない場合、会社側に請求できるのでしょうか?

突然でどう対処していいか困ってしまい、長文になりますが、どうか助言どうぞよろしくお願い致します。

育児休業中ですが、そろそろ復帰したい旨を相談したら、リストラと言われました。どの方向性が一番いいですか?

育児休業中にリストラと言われました。現在、会社から退職の条件を提案されています。 正社員で勤務です。

事由としては会社の経営悪化で復帰しても配置できるポジションがないので、退職してほしいといわれました。退職のかわりに退職金を支払うので退職してほしいとのことです。

しかし自分は会社も辞めたくなく、できるならこのまま子供が1歳になるまで育児休暇をとり様子を見、繁忙期に...続きを読む

Aベストアンサー

法律カテゴリのほうが適当なご質問だったと思いますが、たまたまご質問見つけましたのでアドバイスさせていただきます。

> 今の厳しい時期に子供を持ち、残業もできなく、年齢的にも厳しい状況で再就職は難しい状態だと思います。
これは、リストラされる人に共通の悩みですから… だからこそ、お金での解決になるのです。
交渉材料にはしてください。

> 育児休業中に上記の理由で解雇されることは不当解雇ではないでしょうか?
お書きの情報だけでは、判断することはできません。
それに不当解雇かどうかは、解雇される側が主張することであり、裁判所が最終的に判断することです。解雇する側が判断するものではないですから。
ひとついえることは、解雇されるのが質問者様だけであれば、それは「休業をしたことを理由とする解雇」と判断せざるを得ず、不当解雇である可能性が高いということです。
この場合、会社で白い目を向けられても仕事がしたいという強い意欲があれば、闘って会社に残る余地があります。
逆に、多くの人がリストラされる状況であれば、不当とはいえない可能性のほうが高いです。
育休中だからといって、リストラされる状況において、特別扱いされる理由はないのです。
もっとも、どちらの場合でも、支払われる金額に納得して退職するのであれば、もはや会社の行為は「不当」でも「解雇」でもなくなります。

> 仮にどうしても解雇といわれ、退職金をもらい退職する場合、退職金は妥当なんでしょうか?
これも、通常の退職時に出る本来の退職金があるのかないのか、あるとしたらいくらなのかを考慮しないと判断できません。

> またこの場合、会社都合にしてもらったほうがいいですか?
リストラであれば、解雇が勧奨退職(これは労働基準法上の用語ではなく、職安で使うもの)か、いずれにしても会社都合であって、自己都合ではありません。
「自己都合にする」ことまで退職の条件とする交渉というものも存在しますが、そのような必要がある状況ではなさそうに思えます。

> また返事を2日でだしてくれと言われましたが、解雇は30日前のはずです。解雇予告手当も請求できますか?
30日前に解雇を予告されると、休業中である以上給与も出ず、もらえるものはありません。
即時解雇をされれば、解雇予告手当も請求できます(休業前の平均賃金で算定)。
いっぽう、「リストラを承諾して任意に退職する」ケース(前述の職安でいう「勧奨退職」)であれば、解雇予告手当は当然に発生するものではありません。
もっともこの場合でも、解雇に準じそれ相応の額を交渉でもらうのは自由です。
焦って「2日」に応じる必要はないでしょう。仮に2日以内に応じなかったとして、会社にできることは解雇の実行だけです。その場合こそ、不当解雇で争えるのですから。

> 育児休業を1年とりたいというこちらの主張は法律上正しいのでしょうか?
リストラが正当ならば「育休を全うさせるために籍を残す」という義務までは会社にはありません。
雇用保険の育児休業基本給付金は消滅しませんが。

また復帰できた場合に、もらえる職場復帰金などももらえなくなるのですが、これがもらえない場合、会社側に請求できるのでしょうか?
> 育児休業中に他社で就職が決まり、6ヶ月経過すれば職場復帰給付金も出ますが、それがかなわければ権利失効です。
これは雇用保険から給付されるものなのであって直接会社に請求するのは無理筋でしょう。しかし、会社からお金をもらう際の交渉材料には当然なりますし、すべきです。

結論としては、
「何ヶ月分かの『再就職できないことによる逸失給与相当額』」
「不当解雇になりうるケースでの、不当解雇を争わないことに関する約束」
「解雇予告手当相当額」
「育児休業者職場復帰給付金相当額」
などが、上乗せ退職金の交渉材料となります。ご自身で算定してみたうえ、妥協できる額も併せて決めてみることをお勧めします。
職場復帰給付金は、育児休業基本給付金の総額の3分の2です。

法律カテゴリのほうが適当なご質問だったと思いますが、たまたまご質問見つけましたのでアドバイスさせていただきます。

> 今の厳しい時期に子供を持ち、残業もできなく、年齢的にも厳しい状況で再就職は難しい状態だと思います。
これは、リストラされる人に共通の悩みですから… だからこそ、お金での解決になるのです。
交渉材料にはしてください。

> 育児休業中に上記の理由で解雇されることは不当解雇ではないでしょうか?
お書きの情報だけでは、判断することはできません。
それに不当解雇か...続きを読む

Q男性の権利(フェミニズムの反対)

NHKで男性の服を女性に着せるというのがありました。その当時、フェミニズムがあって、女性の社会向上というのがありました。今は女性のアイテムは多いですが、反対に女性の服を男性に着せるとすれば、それはどんな男性の権利を主張されることが想像されますか。また何をきせたいですか。

Aベストアンサー

男性の服は、(普段できる服は)男性の性的な魅力よりも、機能性や日々の手入れに重点が置かれたものが多いと思います。

女性の服は、女性の性的な魅力を増徴させるものがほとんどだと思います。

女性が男性者の服を着る場合は、機能性を求めたものだと思います。
(男性の性的な魅力を求めることは、フェミニズムではないし)
しかし男性が女性ものの服を着たいのは、女性の性的な魅力を求めてのことでしょう。
(あえて手入れの面倒な、機能性のない服を着る理由がない)

というわけで、フェミニズムの名の元に、「男が女の服を着てもいいじゃないか!」ということではないと思います。

まぁ男性が女性の服を着るとなれば、「表現の自由」でしょうけど、当然のことながら周囲からの冷たい目線のリスク(場合よっては不審者として通報されたり、職務質問を受けるリスク)はあるでしょうね。
でも権利にリスクもつき物ですからね。

Q今世の中は少子化で騒がれていますが、皆さんはどのよ

今世の中は少子化で騒がれていますが、皆さんはどのように考えていますか?

そうだと思うかたは、理由と改善策を
そうだと思わない方は、理由をお聞かせください。

Aベストアンサー

そうだと思うに一票。

理由: 第一に、日本人の種としての生殖本能が衰えたこと。第二に、個人主義に傾いて、社会との調和や家族に価値観を置かなくなったこと。第三に、女性の社会進出を煽っていること。

この三つの理由とその結果としての少子化は、日本だけではなく、すべての先進国に当てはまることです。

改善策: 前述の3問題を解決すること。それ以外にありません。いくら少子化担当大臣を作っても、子供手当をばらまいても、待機児童をなくしてもどうにもなりません。まして女性の地位向上や、社会進出を目指すのは、少なくとも少子化対策としては首吊りの足を引っ張るのと同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報