またまた質問させていただきます。考えたのにわからなかったものばかりをかくのでできれば簡単な解説もつけてk7うださるとうれしいです。できるだけすぐにお返事ください!!!!!スイマセン・・・。

1,一酸化窒素は空気に触れると二酸化窒素に変化する。

2,硝酸銀溶液に塩化カルシウム溶液を加えると塩化銀が沈殿する。

3,アルミニウムに希硫酸を加えると水素を発生して溶ける。

4,水酸化カルシウム溶液に二酸化炭素を通じると炭酸カルシウムの白沈を生じる。
→これの自分なりの回答・・・2Ca(OH)2+2CO2→2H2O+2CaCO3↓  ????


Q、炭素6.0gを完全燃焼させた。次の問に答えよ。ただしC=12,O=16,Ca=40
(1)この変化を反応式で表せ。
→C+O2→CO2??????
(2)反応する酸素のモル数と質量を求めよ。
(3)生成するに酸化炭素の標準状態での体積と質量を求めよ。
(4)生成した二酸化炭素のすべてを石灰水(主成分Ca(OH)2)中に加えると炭酸カルシウムの白沈ができた。
1この変化を反応式でかけ。
2反応した水酸化カルシウムは何gか?
3できた沈殿は何モルか?

この中のいくらかの問題だけ、というのも全然オッけーなのでどうかよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

もう回答されているので蛇足になります。

まあ、雑学程度に知っといてください。
工業用の炭酸カルシウムには重質炭酸カルシウムと軽質炭酸カルシウムというのがあります。重炭は天然の石灰石をそのまま粉砕したものです。
軽炭は採掘してきた石灰石を800~900℃で焼成し、CaO(生石灰)にした後、
水と反応させCa(OH)2(消石灰)にし、さらにCO2と反応させることによってCaCO3(炭酸カルシウム)となります。
不純物が多く含まれている場合はこの方法によって炭カルを製造しますが、化学反応過程が入り、コストがかかるため、一般的には重炭を使用することが多いです。
    • good
    • 0

>2の硝酸銀の回答でどうしてCa(No3)2となるんですか??CaNo3ではダメなんですか?!?カッコのあとの2の意味がわからないんです。



とのことですが、もう答えているかたがいますね。
でも、せっかくなのでもう少し詳しく説明させていただきます。

Caはアルカリ土類金属でイオンになると2価のプラスの電荷を帯びます。
NO3イオンは1価のマイナスの電荷を帯びているイオンです。
もちろんこの場合水溶液中のはなしです。

Ca…原子番号18の希ガスであるAr(アルゴン)より電子が二つ多い電子を
持っています。その希ガスの電子配置というのがとても安定していて
その電子配置になるためにマイナスである電子を放出し、プラス2価の
Caイオンになりやすいのです。

NO3…HNO3(硝酸)という強酸性の物質があります。このHNO3が電離すると
【H+】と【NO3-】のイオンに分かれます。【H+】を放出するために
硝酸は酸性を示します。

硝酸銀【AgNO3】で考えて見ると、【NO3-】のイオンと銀イオン【Ag+】とが
くっついたものが硝酸銀【AgNO3】です。これはともに1価のイオンであるため
【Ag+】:【NO3-】=1:1、つまり化合物の電荷の総和は0になるので
【+1】+【-1】=0となっているのです。

そして問題の硝酸カルシウム【Ca(NO3)2】ですが、【Ca2+】が【+2】であり、
【NO3-】が【-1】であるため、これらを足して0にするには【NO3-】が2つ
必要だということが分かります。ですから括弧のあとの2は【NO3-】が
2つあるという意味の括弧の右下に書く数字のことです。

余談ですが、化学式では【Ca(NO3)2】と書きますが実際には【Ca(NO3)2】は
水やエタノールによく溶ける溶解度の高い化合物なので、イオンのまま存在
しています。

どうだったでしょう?
なんかまとまりのない文章で申し訳ないのですが、分からないところが
ありましたらどんどん補足してくださいね。できる限り答えさせていただきます。
では、頑張ってください。
    • good
    • 0

00_genn_00さんの回答に対する補足の質問



>2の硝酸銀の回答でどうしてCa(No3)2となるんですか??CaNo3ではダメなんですか?!?カッコのあとの2の意味がわからないんです。

の回答です。

簡単に言います。
カルシウムはカルシウムイオンだと右上に[2+]って書きますね?
これはカルシウムイオン一つ当たり、プラスに2、帯電してるって事。
っで、硝酸イオン、これは(NO3)-(←Oの右下に3がついてて、そのNO3がかっこうにくるまって右上にマイナスがついている。)って書くんだけど
これは硝酸イオンは一つ当たりマイナスに1、帯電してるって事。

っで、化学式を書く時は、プラスとマイナスが同じ数になるように、言い換えると、帯電の具合が差し引き0になるように、するんです。
どういうことかというと、
[Ca2+]が一つと[(NO3)-]が二つをあわせます。それで、そうゆうときは
Ca(No3)2
と書くのです。
CaCl2のClの右下の2と同じようなものです。

簡単な説明でした。厳密にはなんか違うような感じもするが、
これでとりあえず分かると思います。(そう思って書きました。)

だれか、これにさらに補足(or訂正)があればお願いします。
    • good
    • 0

前半部分を考えて、いざ書き込もうとしたところ


00_genn_00さんにすでに書き込まれてた、、、。
せっかくだから4の補足をします。

4,水酸化カルシウム溶液に二酸化炭素を通じると炭酸カルシウムの白沈を生じる。
→これの自分なりの回答・・・2Ca(OH)2+2CO2→2H2O+2CaCO3↓  ????
あってます。
分かってるかも知れないけど一応解説しておくと
CO2は水に溶けて弱酸のH2CO3になる。弱酸のH2CO3と強塩基のCa(OH)2が中和反応を起こしています。(^o^)
    • good
    • 0

上の1,2,3,4も、問題なんですよね?


下の問題はもう答えている人がいるので上の4つをお答えします。
この問題が”化学反応式を書け”と言う問題だと仮定して書きます。
分からなかったり、問題が違いましたら、補足ください。
ここで1つ化学反応式とは
”化学反応の内容を表わす式。反応物の化学式を左辺に、生成物の化学式を
右辺に書き、右向きの矢印または等号で結ぶ。反応物の質量の和と生成物の
質量の和とが等しいことを示すために、各項に係数をつけて、同種の原子の
数が両辺で等しくする場合が多い。”
と、なっています。

>1,一酸化窒素は空気に触れると二酸化窒素に変化する。
一酸化窒素…NO、二酸化窒素…NO2。この二つを比べて違うところは1つ。
Oが1つ二酸化窒素のほうが多い。そしてこのOとは、酸素であり、
空気中に含まれているため反応すると考える。
よって  NO+O2→NO2  となりがちだが、矢印の右辺と左辺の数が合わないため
これをそろえる。  よって答えは  2NO+O2→2NO2  となります。

>2,硝酸銀溶液に塩化カルシウム溶液を加えると塩化銀が沈殿する。
それぞれの化学式が分かればそれをそろえるだけです。
硝酸銀溶液…AgNO3、塩化カルシウム溶液…CaCl2、塩化銀…AgCl
これを文章どおりに並べると  AgNO3+CaCl2→Ca(NO3)2+AgCl↓
となります。これを上の1番のように右辺と左辺の数を合わせれば答えになります。

>3,アルミニウムに希硫酸を加えると水素を発生して溶ける。
これも上の1番、2番と同じでそれぞれの化学式を並べてあわせるだけです。
アルミニウム…Al、希硫酸(濃硫酸の反対語で濃度の低い硫酸のこと)…H2SO4、
水素(この問題の場合”発生して”とあるため気体である水素分子を指す)…H2。
これを右辺にアルミニウムと希硫酸、左辺に水素と残りのアルミニウム【Al】と
硫酸イオン【SO4(2-)】でできた硫酸アルミニウム【Al2(SO4)3】を書き、
両辺の数を合わせれば答えになります。

>4,水酸化カルシウム溶液に二酸化炭素を通じると炭酸カルシウムの白沈を生じる。
→これの自分なりの回答・・・2Ca(OH)2+2CO2→2H2O+2CaCO3↓  ????

考え方はほぼ合っていると思います。右辺と左辺の数を同じにしたいのですから
この状態でも同じと言えば同じです。しかしすべてのものに2が掛けてあると
言うことは、その2がなくても両辺は同じ数だということが分かります。
したがって、頭についている2をなくした状態が答えとなります。

余計な説明まで入れさせていただいたためかなり長くなってしまいました。
すみません。頑張ってください。

この回答への補足

>2の硝酸銀の回答でどうしてCa(No3)2となるんですか??CaNo3ではダメなんですか?!?カッコのあとの2の意味がわからないんです。

補足日時:2001/11/12 22:00
    • good
    • 0

muki6137は、苦手なんですね、化学!


それじゃぁ、俺の分かる範囲で答えたいと思います。
間違っていたらごめんね。

>(1)この変化を反応式で表せ。
>C+O2→CO2
この式でいいんじゃないですか?

>(2)反応する酸素のモル数と質量を求めよ。
化学反応式から、炭素と水素は1:1で反応することが分かりますから、
炭素が、6.0gと言うことは、炭素1モルが12.0gとして
6.0g/12.0g=0.5モル
となりますよね。

また、その質量は、酸素1モルが、32gとして、
0.5モル*32g=16g
となりますよ。

ですから、 答え 酸素のモル数   0.5モル
            酸素の質量    16 g

>(3)生成するに酸化炭素の標準状態での体積と質量を求めよ。
この反応で発生したCO2は、0.5モルですから、
標準状態の気体の体積は、1モル=22.4リットルなので、
0.5*22.4リットル=11.2(リットル)
となりますね。

>(4)生成した二酸化炭素のすべてを石灰水(主成分Ca(OH)2)中に加えると炭酸カルシウムの白沈ができた。
>1この変化を反応式でかけ。
Ca(OH)2+CO2→H2O+CaCO3↓
でいいのみたいですね。(2はカットです。)
http://members.aol.com/youchanx/lechatelier.file …  参照)

>2反応した水酸化カルシウムは何gか?
水酸化カルシウムと二酸化炭素は1:1で反応するのですから、
二酸化炭素0.5モルに反応する水酸化カルシウムは、0.5モルですよね。
ということは、1モル114gの水酸化カルシウムは、
0.5モル*114g=57g
となります。

>3できた沈殿は何モルか?
水酸化カルシウム、二酸化炭素、炭酸カルシウムは1:1:1で反応するのですから、炭酸カルシウムの沈殿は、0.5モルです。

俺の説明で分かってもらえないかもしれませんが、こんなもんで許してくださいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初めての旅行 那須ビューホテル・動物王国・菓子の城

友達と初めて自分たちで計画立てて旅行します。那須で、1泊2日、ホテルは那須ビューホテル、那須動物王国とお菓子の城に行くトコまでは、決まったのですがバス時刻などを雑誌やネットを見ながら計画を立てているのですが、なかなか上手くプランが立ちません。なにかアドバイスを!! 良いサイトとか、パックのツアーとかないですかね。

Aベストアンサー

このサイトはお勧めです。
http://www.beads-net.com/
個人的にもよく那須に遊びに良くのですが、
必ず寄るお気に入りは、NASU SHOZO CAFEです。
http://www.shozo.co.jp/
http://www.beads-net.com/menu2.htm
楽しんできてくださいね。

Q【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれている

【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれているのに有機物ではありません」


どういう理屈で一酸化炭素と二酸化炭素は有機物から除外されてるんですか?

数学だと何の法則性もないので数学者ならブチ切れてるレベルでは?

規則性がないのになんで一括りに纏めちゃったの?

纏めた人は馬鹿なの?

Aベストアンサー

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物については、「生命力によってのみ作られ、人工的に合成することのできない特別な物質」と考えられていたのです。

ところがこの頃、COやCO2などの一部の炭素を含む物質、つまり現在で言うところの「有機化合物」が、すでに人工的に合成することが可能になっていたのです。
しかし、上に書いたような当時の基準に基づいて、当時、人工的に合成可能だったCOやCO2は「無機化合物」に分類されてしまったのです。

この概念に変化をもたらしたのが、ドイツの化学者ウェーラーです。ウェーラーは、無機物であるシアン酸アンモニウムNH4OCNを加熱して、有機物である尿素CO(NH2)2の
合成に成功したのです。この成功がもとで、多くの有機化合物が、人工的に合成されていき、現代の「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」とする
基準が完成されました。


従って、現代の基準によれば、COもCO2も「有機化合物」となるはずです。しかし、COやCO2に関しては「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、
現在も「無機化合物」とされているのです。


COやCO2のように、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、炭素を含むにも関わらず、無機化合物とされている物質は結構あります。
CO、CO2を筆頭に、CaCO3のような炭酸塩、シアン化水素HCN(いわゆる青酸です)やシアン化カリウムKCN(青酸カリ)などのシアン化合物がこれにあたります。

なお、昔は四塩化炭素CCl4(テトラクロロメタン)も、この慣例上の理由で無機化合物とされていました。しかし、四塩化炭素に関しては、メタンCH4の誘導体として考えるようになったために、有機化合物とされるようになりました。

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物につい...続きを読む

Q★那須で、きれいで安めのお勧めホテルは??★

今度、家族で那須に旅行に行こうと思っています。

いろいろ周囲の知人に宿泊先のことを聞くと、

「あのペンションは、雑誌で見るより汚くて最悪だった・・・」

など、良い事を聞きません。

子供も小さいし、清潔なところに泊まりたいです。(安めで・・・)

ネットなどで調べると、那須はたくさんあって迷ってしまいます・・・

どなたか那須のホテルに詳しい方

良い宿泊先がありましたら教えてください!

Aベストアンサー

清潔と安さが優先で、
食事や温泉などはその次でもよければ、
我が家がほぼ毎年利用しているのが旅籠屋那須店です。

ホテルやペンションのようなところをご希望ですので、
もしかしたらお答えが逸れてしまうかもしれませんが、
今後のご参考にでもなれば。

お部屋はビジネスホテルを広くしたような感じですが、
ベッドがとても大きくて、二つつなげると幅3メートルくらいになります。
小学生の子供たちと家族4人で寝ても十分な広さです。
お風呂はお部屋のお風呂、または近くの日帰り温泉の利用になります。
食事は付いていません。
我が家は夜は那須のおいしいお店や、節約旅行のときはファミレスに行きます。
朝はサービスで、飲み物とパンが出ます。
このクロワッサンがとてもおいしいです!
パンで満足できる方なら、十分だと思います。

我が家も那須のペンションでガッカリした方なのですが、
旅籠屋さんの存在で懲りずに毎年那須に出掛けています。

参考URL:http://www.hatagoya.co.jp/

Q二酸化炭素を加えると白く濁り、さらに加え続けると透明に戻る液体は石灰水以外に何が。。。?

初めて『教えてgoo』を利用します。

この質問を見てくださってありがとうございます。

今回質問したいことは『二酸化炭素を加えると白く濁り、さらに加え続けると透明に戻る液体は石灰水以外に何かあるか』です。

今チョークの主成分が炭酸カルシウムでできていることをある一連の実験の結果を元に証明する、というレポート課題をやっていて、『チョークを加熱後、精製水に入れた後p.pを加える(液の色が紫色に変化する)。それを透明になるまでろ過した液体にストローで吐息を吹きかけると沈殿物で白く濁り、さらに吹きかけ続けると色も沈殿物も消えて無色透明になった。』という結果を使って、
『二酸化炭素を加えると白くにごり、加え続けると透明に戻る液体は石灰水なので、』という形で証明を進めていこうと思うのですが、『二酸化炭素を加えると・・・・・透明に戻る液体』という条件で、本当に石灰水と断定できるのだろうかと思い調べたのですが見つかりません。

どなたかわかる方いたら教えてください!!
お願いします。

Aベストアンサー

もし#1で書かれているように水酸化バリウムでも起こるのであれば水酸化ストロンチウムでも起こるでしょう。もし水酸化ストロンチウムで起こらないのであれば水酸化バリウムでは起こらないでしょう。

東京化学同人の化学辞典で調べると炭酸ストロンチウムは二酸化炭素を含む水に難溶とあります。炭酸バリウムの項には記述がないのですが上の周期表の位置関係からの推測では二酸化炭素を含む水に溶けないということになります。
炭酸マグネシウムで調べると二酸化炭素水溶液に可溶とあります。
Mg,Ca,Sr,Baの炭酸塩の中ではCaCO3の溶解度が一番大きいようです。これはちょっと不思議です。周期表の位置関係からの推測と合いません。

元に戻ります。
この反応だけで石灰水と断定する事が出来るでしょうか。
炭酸マグネシウムだとすると加熱後生じた酸化マグネシウムの溶解度が小さくてフェノールフタレインは僅かに着色するだけです。酸化カルシウムを水に入れたときのように濃い赤に発色はしません。(水酸化物の溶解度は下に行くほど大きくなります。)

でも同族の元素を区別するときこそ炎色反応が有効ではないでしょうか。
チョークは硫酸カルシウムの場合もありますから炭酸塩の確認をはじめにやっておく必要があると思います。

もし#1で書かれているように水酸化バリウムでも起こるのであれば水酸化ストロンチウムでも起こるでしょう。もし水酸化ストロンチウムで起こらないのであれば水酸化バリウムでは起こらないでしょう。

東京化学同人の化学辞典で調べると炭酸ストロンチウムは二酸化炭素を含む水に難溶とあります。炭酸バリウムの項には記述がないのですが上の周期表の位置関係からの推測では二酸化炭素を含む水に溶けないということになります。
炭酸マグネシウムで調べると二酸化炭素水溶液に可溶とあります。
Mg,Ca,...続きを読む

Q栃木県那須の那須ホテルについて

栃木県の那須にある那須ホテルに朝日の見れる混浴露天風呂があるって話を聞きました。
那須高原って霧が出ますよね?興味があって行きたいと思うのですが、せっかく行っても霧で見れないとショックなので、いつ頃の時期が良いのかなって思ってます。
どなたか何月頃が良いか解る方がいらっしゃったら教えてください。
また、行ったことのある方の評判なども教えて頂けるとありがたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

こちらに口コミ情報や実際に宿泊した方が投稿した感想などが分るサイトが紹介されています。
私はいつも『旅の窓口』の投稿情報を参考にさせていただいていますが、残念ながら『那須ホテル』についての投稿はなさそうです。

いつ頃がいいかは実際に宿に問い合わせてみるのが一番確実です。
直接色々と問合せをすることがありますが、親切に教えてくれる宿が多いですよ。

参考URL:http://allabout.co.jp/travel/yado/subject/msub_score.htm

Q水酸化カルシウム水溶液にCO2を吹き込み…

この質問を御覧下さって有難うございます。
科学の実験でチョークをいじくりまわしていたところ、どうにも理解できない現象がおきたので皆様のお知恵を拝借したく書き込んだ次第です。

実験の流れ(前説のようなものなので読まなくても良いかもしれません):
炭酸カルシウムを加熱し(CaCO3→CaO+CO2↑)、
それを精製水の中に溶かし込み(CaO+H2O→Ca(OH)2)、
ろ過して水酸化カルシウム水溶液:Ca(OH)2aqを作りました。
この後、Ca(OH)2aqにフェノールフタレインを入れ(Ca(OH)2は水溶性で、強塩基性なので反応しました)、
呼気(CO2)を吹き込んだところ、白色沈殿(CaCO3)が見られました。
更にこれに呼気を吹き込み続け、CO2を送り続けたところ、フェノールフタレインの紫色が徐々に薄くなり、最後には無色透明になりました。(CaCO3+CO2+H2O→Ca(HCO3)2)
これで炭酸水素カルシウム水溶液:Ca(HCO3)2aqが完成しました。

本題:
このCa(HCO3)2aqを、ガスバーナーで加熱したところ、沸騰する前後でフェノールフタレインが反応して水溶液が紫色になりました。
また、それを観察した後水道水で水溶液を冷やすと、無色透明に戻りました。
Ca(HCO3)2が、加熱されると分解してCaCO3とCO2とH2Oが出来るのは知っていますが、この中に塩基性を示す溶質はありませんし、CaCO3が冷やすだけでCa(HCO3)2に戻るとは思えません。
なぜこのような反応が起こったのかを分かる方、どうぞご教授ください。

この質問を御覧下さって有難うございます。
科学の実験でチョークをいじくりまわしていたところ、どうにも理解できない現象がおきたので皆様のお知恵を拝借したく書き込んだ次第です。

実験の流れ(前説のようなものなので読まなくても良いかもしれません):
炭酸カルシウムを加熱し(CaCO3→CaO+CO2↑)、
それを精製水の中に溶かし込み(CaO+H2O→Ca(OH)2)、
ろ過して水酸化カルシウム水溶液:Ca(OH)2aqを作りました。
この後、Ca(OH)2aqにフェノールフタレインを入れ(Ca(OH)2は水溶性で、強塩基性なので反応し...続きを読む

Aベストアンサー

CaCO3はフェノールフタレインを発色させる程度の塩基性を示すと思います。
つまり、CaCO3の溶解度は低いですが、強塩基と弱酸の塩ですのでわずかながらも溶けて加水分解され弱いアルカリ性を示すと思います。
高温では、CaCO3の溶解度が高くなるでしょうから上記の変化が起こりやすくなると思います。

温度を下げると、CaCO3の溶解度が低下し、CaCO3の加水分解も起こりにくくなるために、中性に近づくものと思われます。フェノールフタレインの変色域はアルカリ性側によっていますので、中性に近づけば色が消えるはずです。
また、空気中の二酸化炭素を吸収して、中性に近づくということも考えられます。


要するに、主たる要因はCaCO3の溶解度の温度変化であると思います。また、従たる要因として空気中の二酸化炭素が水に溶け込むことが考えられると思います。

Q軽井沢か那須のオススメホテル

今年のGWか8月に軽井沢か那須に泊まりで行こうと考えています。

軽井沢も那須も数回行った事がありますが、宿泊はあまりないので、オススメのホテル・旅館・コテージ・ヴィラなど教えて下さい。
露天風呂などのスパ施設が充実しているのがありがたいです。(水着でのスパ施設はNGでお願いします)

値段はなるべく安い方がいいのと中心地からあまり遠くない方がいいです




それと、紹介してくださるときにドコらへんがオススメなのかというのもお願いします

Aベストアンサー

那須の御用邸手前にある、「リゾート・イン・畦里亜」は
良かったですよ。

スパ施設が充実、というのとは少し違うかもしれませんが
自家温泉の掛け流し貸切露天風呂が2つ。
浴槽の広さは2畳ほどです。
私は5月下旬に行きましたが、風呂から見える新緑がとてもきれいでした。
オーナー手作りの料理も美味しかったし、文句無しでしたね。

ただGWは、那須はやはり(多分軽井沢も)ものすごく混みます。
出来れば少しずらした方が良いかと。

参考URL:http://www2.neweb.ne.jp/wd/azeria/

Qイオン化傾向はK,Ca,NaなのかK,Na,Caですか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、理化学辞典も参考にしなさいとアドバイスを受けていたので、もう一度理化学辞典を調べたところ、私が持っている第3版では、確かに先生がおっしゃったようにK,Na,Ca,Mg・・と記載されていました。

ちなみに化学大辞典を調べたのですが、こちらは高校の教科書通りの順番でした。

化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

私自身は、恩師の教えを今も信じています。
よって、私から見れば、高校の教科書、化学大辞典、その他ホームページの記載も間違いだということになってしまいます。

私が正しければ、イオン化傾向などの基本的な記述が何10年も(今もって)間違って教えられ続けていることになりますし、化学大辞典が正しければ、私が先生にだまされて何10年も間違った思いこみをしてきたということになります。

みなさんはどちらが正解だと思われますか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、...続きを読む

Aベストアンサー

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測定値が時代を追って変化し』,何処かの時点で逆転したのだと思います。

 この辺りの事は「IUPAC (International Union of Pure and Applied Chemistry)」のサイト(↓)に情報があるかと思いますが,残念ながら私には見付けられませんでした。「Site Index」の「Reports」辺りにあるんじゃないかと思いますが・・・。見付けられたら教えて下さい。

 そう言えば,むか~し(?)「かそかな,まあ当てにすなひどすぎる借金」って習った時に,「なんで,そ=ソーダ=Na じゃないんだ?」って疑問に思いましたね。

参考URL:http://iupac.chemsoc.org/dhtml_home.html

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測...続きを読む

Q那須のホテルについて教えてください。

こんにちわ。
今月中に那須に旅行に行くのですが、ホテル(宿泊先)に迷い、いいアドバイスがあれば、宜しくお願い致します。
条件としては、
・夕食がバイキングであること。なのですが、
出来れば、貸切風呂があれば一番いいのですが、
その様なホテルをご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

質問者様の年代や旅行に行く人数、構成などがわからないのでわたしの好みで答えさせていただきます。

わたしは、那須にいくときはいつもペンションを利用することが多いのですが、合歓林(ねむりん)というところは、アジアンリゾートといった雰囲気で、貸切風呂にもできておすすめです。
夕食は、バイキングではないのですが、宿泊プランによっては、ステーキやカニが食べ放題になります。美味しいですよ!

参考URL:http://www.jalan.net/jalan/jweb/yado/YADS_322459.HTML

Q【化学】炭酸飲料の二酸化炭素が簡単に気(二酸化炭素)が抜けない理由を教えてください。 水は酸素16:

【化学】炭酸飲料の二酸化炭素が簡単に気(二酸化炭素)が抜けない理由を教えてください。


水は酸素16:水素2という割合で一定する性質を持つ。

そこに二酸化炭素を注入しても化学反応における化学の理屈ならすぐに二酸化炭素は電離するはずなのに以外にそう簡単には二酸化炭素は無くならない。

これはどういう仕組みなのでしょうか?

その割に水素水ともなると水素はすぐに水から電離するのですぐにタダの水になる。と言う。

そのタダの水ですら酸素と水素の割合は8:1で以外にタダの水でも水素は結構含まれているじゃんって感じですが炭酸飲料の二酸化炭素はなかなか水から抜けないのに水素水の水素は開封した瞬間に水素は8:1の普通の水の割合に戻るという主張は正しいのか知りたいです。

すぐに抜けていない可能性もあるのでは?

すぐに抜けるのすぐとは数秒の話でなく數十分は持つのでは?と思ったり。

水素は軽く。二酸化炭素は重いので本当に一瞬で1:8のオーバー分は抜けるのか教えてください。

Aベストアンサー

水溶液中で二酸化炭素は電離しないです。
CO2+H2O⇔H2CO3
の平衡が成り立って、炭酸H2CO3ができますがこの平衡は左側に偏っているので、ほとんどの二酸化炭素が水溶液中では二酸化炭素分子として存在しています。

水の性質として二酸化炭素をよく溶かし、25℃1000hPa(およそ1気圧)の水溶液中で0.145g/cm^3も溶かします。
放っておけば気が抜けるのは確かなのですが、よく溶けるので抜けにくいので衝撃を与える・熱を加える等をしないと一気に抜けることはないです。

それでも水に溶けた二酸化炭素のうち、ごく一部は炭酸となり電離して弱酸性を示します。
H2CO3 ⇔ 2H+ + CO3-
ですね。

それに対して水素水はよく判りませんね。
↓国民生活センターのレポートです。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20161215_2.pdf

レポートの実験データを見ると分かるのですが、溶けている水素の量が全然少ないですね。


おすすめ情報