失業保険受給の待機中は、国民年金は旦那の扶養に入れるため、払わなくて良いと後から知ったのですが、今からでもお金は返して頂けるものでしょうか?もし、出来るとすれば、何の書類が必要ですか?詳しい方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この場合、御主人の会社で社会保険の扶養の手続(3号被保険者として)がして有れば、会社からその手続きが済んでいるという証明書を貰って、市役所で還付の手続が出来ます。


市役所に請求書が有りますから、会社の証明書と印鑑を持参して手続をします。

まだ、御主人の会社で社会保険の扶養の手続(3号被保険者)がして無い場合は、遡って手続が出来る場合と、出来ない場合がありますから、会社の担当者にお聞きください。
遡って手続きできない場合は、年金に重複して加入していないことになりますから、還付の手続は出来ません。

また、御主人の会社で社会保険の扶養の手続(3号被保険者)がして有る場合は、失業保険の受給が始まると、ご主人の扶養から外れてご自分で国民年金を支払い、失業保険の受給が済んでから、再び御主人の会社で扶養になる手続をすることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有り難うございました。私の場合、まだ失業保険を貰いきっていないので、今扶養の手続きは、していないです。また、待機期間中も会社の方で、失業保険終わってから手続きして下さい(待機期間中は、入れるとか言ってくれなかった)ので、やっぱり今更だめでしょうか?もし、ご存じでしたら教えて下さい。

お礼日時:2001/11/12 11:15

手続は御主人の会社の担当者にして貰うことになっていますから、お願いしてみてください。



ただ、健康保険には国で行なっている「政府管掌健康保険」と大手の企業が独自に行なっている「組合健康保険」があります。
前者の場合は、国の規定通りに出来ますから遡っての認定も可能ですが、後者の場合は健康保険組合の財政状況によっては、扶養の認定が厳しく、遡っての認定も難しい場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、2回も回答頂きありがとうございました。

お礼日時:2001/11/14 07:05

 社会保険の場合は、遡っての手続きは非常に厳しいので、どの程度遡るのかはわかりませんが、一週間以上経過している場合は難しいと思って下さい。



 逆に、役所の国民年金や国民健康保険は、実態に応じて遡って手続きをしてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。早速、行ってきます。

お礼日時:2001/11/14 07:03

 国民年金の還付請求は、住民票のある市町村役場で手続きをすることになります。

返して貰えますよ。役所の年金担当課に還付請求の用紙がありますので、必要事項を記入して下さい。分からない点があれば、担当に聞くと良いでしょう。還付は、指定の銀行口座に振り込みになりますので、口座番号のメモか通帳を持参して下さい。他に、印鑑が必要です。シャチハタ以外の印鑑であれば、かまいません。
 加入資格は役所で確認が出来ますので、御主人の扶養の加入期間は確認が出来ます。印鑑と口座番号メモか通帳があれば、手続きが出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有り難うございました。ただ、私の場合、待機期間中も扶養に入れないと思いこんでいて、会社に一切手続きしていなかったので、今更そのときだけ扶養扱いになんて無理なのでしょうか?もし、よろしければ教えて下さい。

お礼日時:2001/11/12 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養枠103万円と130万円の違いについて

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収税額は返還されない
・会社の健康保険、年金には加入できる
(会社によるのでしょうか?私の知っている範囲ではOKのようですが。)

そこで私がはっきりと理解できないのが、この103万円と130万円の差で何が違うのかという損得の部分です。
例えば、103万円と130万円の27万円の差で、保険や年金の加入ができなければ、年間数十万円違ってきますので、かえってマイナスになります。
でも、保険や年金は130万円まで加入できるようですので、その他上記に書いた通り、年末調整での控除と税金の還付以外にどのようなデメリットがあるのでしょうか?
例えば
・住民税(130万円まで働くと、翌年いくらかかるのでしょうか?)
・その他の収支の差額

上記の条件で130万円までの枠の方が得なのでしょうか、損なのでしょうか?
おわかりになる方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安くなります。

又、配偶者や親が会社で家族手当を支給されている場合、扶養家族の年収が103万円を超えて、所得税の扶養家族に認定されないと家族手当の支給を停止される場合があります(会社の規定によって違います)

又、配偶者の場合は、年収の額によっては配偶者特別控除(最高38万円)を適用されます。
この制度は今年一杯で、来年から廃止されます。

所得税の場合、高額所得者以外は、勤務先で年末調整を受けるのが原則で、年末調整でも確定申告でも、所得税の額に違いがありません。

つまり、所得税は、毎月の給料から所得税の概算を源泉徴収という制度で控除して、その年の最後の給料や賞与の支払時に、年末調整という手続きをして1年間の所得税の精算を行なうのです。

ただし、年末調整で控除出来ない医療費控除などがある場合に、確定申告をすることになり、年末調整での税金から医療費控除の分が還付されます。

社会保険(健康保険・厚生年金)。
勤務先が社会保険の適用事業所であれば、勤務先で社会保険に加入するのが基本で、この場合、親や配偶者の扶養者にはなりません。
ただし、パートなどで一週間の勤務時間や出勤日数が、正社員の4分の3以下であれば、勤務先で社会保険に加入できません。

勤務先で社会保険に加入出来ない場合は次のようになります。
社会保険の扶養(健康保険の被扶養者と、配偶者の場合の年金の3号被保険者)になれるのは、判定するとき以降の12ケ月間の収入見込額が130万円(月収で約108千円)以下の場合です。
親や配偶者の扶養になっても、親や配偶者の社会保険料が増えることは有りません。

収入見込額が130万円を超えると、ご自分で市の国保に加入し、国民年金に切り替える必要があります。

103万円を超えて130万円以下の場合、社会保険料の負担には変化がありません。
所得税や住民税では、親や配偶者と本人の所得税の負担が増えることになりますが、本人の手取額も増えますからそれ程の影響がありません。

ただし、先に書いたように、親や配偶者の勤務先からの家族手当が停止になると、その金額によっては影響が大きくなります。
家族手当が月額15000円として、それかが無くなると年間18万円になります。
年収が103万円から130万円まで27万円増えても、税金の増える分と家族手当の減少分で、27万円は消えてしまいます。

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安...続きを読む

Q失業給付待機中は国民年金第3号被保険者?

平成20年3月31日で一身上の都合にて退職したものです。今まで厚生年金に加入していたのですが、退職後、失業保険給付も受けたい場合、国民年金第1号被保険者になるのですか?ちなみに、医療保険は会社の任意継続にしています。待機期間中は国民年金第3号被保険者該当申立書で第3号被保険者になれるという話を聞いたことがあります。市役所の年金課ではその申立書はないし、社会保険の喪失証明書があれば夫の会社から社会保険庁で手続きできるとも言われました。しかし、夫の会社の事務の方が社会保険庁に聞いたところ、私の会社の任意継続をしていたら、第1号被保険者になると言われたそうです。どうしたらよいのかわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

なりますよ。
会社は社会保険事務所に確認をしていないと思われます。
社会保険庁に確認をしたということ自体が間違ってますし。

先月同じ状況で社会保険事務所に確認をして手続きをしました。

国民年金法の定義では、第2号被保険者(厚生年金)の被扶養配偶者であって20歳以上60歳未満の者、ということになっており、
健康保険の被扶養者である配偶者という定義はありません。

国民年金第3号被保険者になる場合、健康保険の被扶養者にはなっていないので、
社会保険事務所(会社にもあるはず)に申立ての書類がありますので 
被保険者(配偶者)の会社で申立ての書類の被扶養者の証明をしてもらい、
任意継続被保険者証を社会保険事務所に提示すればよいです。

任意継続被保険者証=退職の証明でもありますのでそんなに面倒くさいことにはならないと思います。

会社や健保組合の一部担当者はこの様な運用を知らない無知な方も多いのですが、
この件について記載のあるどの社労士のHPでも反対の見解は当然ですがありませんね。

直接確認した社会保険事務所の説明では、この3号被保険者の届は健保組合は一切関係ないので、無視してよいと言うことでした。
該当者(質問者さん)→会社(被扶養者の証明)→社会保険事務所のルートで行います。

ご主人の会社担当者が知らない場合もありますので、社会保険事務所の指示通りにせよと伝えればよいです。

不安があるなら、ご自身で直接社会保険事務所に確認してみてはいかがでしょうか。

なりますよ。
会社は社会保険事務所に確認をしていないと思われます。
社会保険庁に確認をしたということ自体が間違ってますし。

先月同じ状況で社会保険事務所に確認をして手続きをしました。

国民年金法の定義では、第2号被保険者(厚生年金)の被扶養配偶者であって20歳以上60歳未満の者、ということになっており、
健康保険の被扶養者である配偶者という定義はありません。

国民年金第3号被保険者になる場合、健康保険の被扶養者にはなっていないので、
社会保険事務所(会社にもあるはず)に申立て...続きを読む

Q扶養103万円~130万円の差額

扶養でいる場合、103万円と130万円と2種類の金額があるかと思います。

130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、

103万円~130万までの金額だと、どのくらいの差額が発生するのでしょうか?

この間だと損はしないのでしょうか?


また、103万まででも何かしらの税金はかかりますか?

98万?かぐらいから住民税がかかるように聞いたのですが…?

所得税?住民税?

子供なしでの意見をお願いします。

Aベストアンサー

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

>130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、
そのとおりです。
通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

>103万まででも何かしらの税金はかかりますか?
住民税がかかります。
住民税は93万円~100万円(市町村によって違います)を超えればかかります。

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3...続きを読む

Q失業保険受給中の国民年金加入

 5/7に会社を自己都合退職しました。
9/12から三ヶ月失業保険をもらいます。
現在は夫の扶養(第三号)になっていますが、失業保険の受給金額が多いので受給中は、自分で国民年金に加入します(第一号)

 国民年金は月の途中から入っても、日割りにはならないですよね?
だったら、私の場合12日を待たないで今すぐにでも国民年金の手続きをしたほうがいいでしょうか?
 現在、歯医者に通っているので、早く保険証が欲しいのですが国民年金の手続きが終わればすぐに、保険証は発行されますか?

 

Aベストアンサー

>国民年金は月の途中から入っても、日割りにはならないですよね?
だったら、私の場合12日を待たないで今すぐにでも国民年金の手続きをしたほうがいいでしょうか?
 現在、歯医者に通っているので、早く保険証が欲しいのですが国民年金の手続きが終わればすぐに、保険証は発行されますか?

保険証というのは健康保険証ですよね。
国民年金と国民健康保険は別物ですよ、国民年金の手続きをしても保険証は手に入りませんよ、あくまでも国民健康保険の手続きをしなければなりません。
夫の会社を通じて9月12日で健保に扶養を外れる手続きをしてください、実際に扶養を外れるの9月12日になりますから、以下の手続きは9月12日以降になります。
まず扶養を外れたという証明が必要になります、これについては各市区町村の役所で若干異なりますので(夫の会社の証明でよいとか健保の証明でなければダメとか)、あらかじめ役所に確認して夫の会社なり健保なりから証明をもらうようにしてください。
それを持って市区町村の役所へ行って、国民健康保険の手続き及び国民年金の第1号被保険者への変更をするようになります。

>国民年金は月の途中から入っても、日割りにはならないですよね?
だったら、私の場合12日を待たないで今すぐにでも国民年金の手続きをしたほうがいいでしょうか?
 現在、歯医者に通っているので、早く保険証が欲しいのですが国民年金の手続きが終わればすぐに、保険証は発行されますか?

保険証というのは健康保険証ですよね。
国民年金と国民健康保険は別物ですよ、国民年金の手続きをしても保険証は手に入りませんよ、あくまでも国民健康保険の手続きをしなければなりません。
夫の会社を通じて9月...続きを読む

Q103万で家族手当。迷ってます。 今年から扶養に入ります。 最初は130万で働こうと思ってましたが

103万で家族手当。迷ってます。

今年から扶養に入ります。
最初は130万で働こうと思ってましたが
103万までなら旦那の家族手当が1万出るみたいで今迷ってます。

手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の税金)
120000円-15000円=102000円(手当の手取り)

130万円の場合(ご主人の所得税の税率5%とした場合)
130000円-1030000円=270000円(貴方の年収の増)
270000円×15%=40500円(貴方にかかる所得税・住民税)
11000円(所得税)+17000円(住民税)=28000円(ご主人が配偶者控除を受けられないことによる所得税・住民税の増税)
270000円-(40500円+28000円)=201500円(貴方の収入増分から税金を引いた額)

復興特別所得税もかかりますが大した額ではないので省きます。

103万円で働くより、130万円ぎりぎりで働くほうが、約10万円世帯の手取り収入は増えます。
これをどう考えるかでしょう。
なお、ご主人の所得が多いと、ご主人の所得税の増税分が変わって(増える)きます。

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の...続きを読む

Q失業保険受給と年金受給

まもなく定年を迎えますが、定年後すぐに失業保険を申請するのと、年金の比例部分の受給申請するのとでは、どちらが一般的でしょうか?
失業保険の受給額が年金(比例部分)よりも月額5万円ほど多くなりますが、
定年後の申請の場合、失業保険の受給までには申請後3ヶ月くらいかかると聞いています。これはほんとうでしょうか?
受給まで2ヶ月の差があるのなら、申請後、1ヶ月後から受給できる年金の方が得のような気がします。
失業保険も1ヶ月後に受給できるのであれば、失業保険を受給し、受給終了後(150日後)に年金を申請するのが、一般的と考えます。

どなたか、ご意見をおねがいします。

Aベストアンサー

厚生年金の受給手続きは、60歳の誕生日の前日から可能です。
一般的に手続きを行うと社会保事務所から2ヵ月後には証書を送ってきます。その後1ヶ月後くらいに年金支払いに関する葉書が送付され年金が口座に振り込まれます。受け取る年金は、誕生日の前日が属する月の翌月分からです。偶数月の15日が原則ですが、最初は奇数月の場合もあります。

つまり3月20日が誕生日の方は、3月19日から手続きが出来、5月か6月に年金証書が送付され、6月(年金4月5月分)か7月(年金4月5月6月分)に振り込まれます。
そこで、
質問者さんの場合は、定年後、ハローワークで失業保険の申請と同時に社会保険事務所で年金の申請をされるのがベストだと思います。
失業保険を受給中は年金はとまりますが、受給終了後、年金をすぐに受け取れます。
暗黙の了解かもしれませんが、雇用保険の基本手当て(失業給付)は「失業したので、次の職を探そうと思っています」ということです。再就職の意思の無い人には支給されませんのでご注意を。

Q扶養についての質問です。 学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万

扶養についての質問です。


学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万1000円程)
親の年収が1100万ほどならどのようなデメリットがありますか?

Aベストアンサー

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

>正確には103万1000円程…

去年 1~12月の給与合計という意味なら、「扶養が外れる」のではなく、【親は去年分所得税および今年分住民税において扶養控除を取れない】です。

>親の年収が1100万ほど…

年収で税金は決まりません。
「課税所得」はいくらほどですか。

>どのようなデメリットがありますか…

メリット、デメリットの話ではありません。
税法の定めにしたがった粛々と納税するだけです。

もし親がサラリーマン等で去年の年末調整で扶養控除を“先取り”していたのなら、取らぬ狸の皮算用が皮算用どおりに狸は捕れなかったということです。
親は狩りの成果に合うよう 3/15 までに確定申告をして扶養控除の返納をしないといけません。

扶養控除の返納による追納額は、あなたが去年の大晦日現在で 19歳以上23歳未満だとして、
・親の課税所得が 695万以下なら 63万 × 20.42% = 128,600円
・親の課税所得が 695万超過なら 63万 × 23.783% = 149,800円
です。
3/15 までに親が確定申告をして扶養控除を取り消す限り、脱税にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

親が自営業等なら確定申告はこれからですので何も問題ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということ...続きを読む

Q失業保険受給後の年金受給

今年12月に主人が六十歳になります。
現在失業していて、雇用保険を来年2月ごろまで受給できます。
なかなか就職先が見つからないようで、もし雇用保険の満了後に
年金を受給するとして、年金の申請は雇用保険が終わってから
申請に行くのでしょうか?雇用保険は日数ですので仮に2月の10日が満了として、年金は2月分もらえるのですか?
日割りになるのですか?それとも3月分からですか
またお知らせが来て、それにそういうことが書いてあるのでしょうか
教えてください

Aベストアンサー

自分が60になったとこのことは うろおぼえですが・・・

>もし雇用保険の満了後に
年金を受給するとして、年金の申請は雇用保険が終わってから
申請に行くのでしょうか?

NO 厚生年金と失業保険の併給が停止になったときでした
どうせ年金の裁定請求出しても 失業保険の給付が終わるまで年金はくれないのだから 半年くらい経ってから社会保険事務所へ裁定請求だしたらね 早くから出す分はぜんぜんかまわないのに といわれました

ですから12月の60歳到達したら出せば良いと思いますよ

失業保険の給付状況は役所間でお互いにツーツーですからね

それと失業保険の給付はその月分を貰うが 厚生年金は遅れて給付です 

8月15日にくれるのは 6、7月分ですから 5月までは失業保険、6月から厚生年金くれる場合だと 8月15日ー3ヶ月目になってだからその間の生活費の心配はいりますよ

>雇用保険は日数ですので仮に2月の10日が満了として、年金は2月分もらえるのですか?

年金は月単位だから 日割りにはならないはず 3月からですね

>またお知らせが来て、それにそういうことが書いてあるのでしょうか

通知来ます

年金の支給開始年齢が繰り下がってからどうなっているかは調べておりません

自分が60になったとこのことは うろおぼえですが・・・

>もし雇用保険の満了後に
年金を受給するとして、年金の申請は雇用保険が終わってから
申請に行くのでしょうか?

NO 厚生年金と失業保険の併給が停止になったときでした
どうせ年金の裁定請求出しても 失業保険の給付が終わるまで年金はくれないのだから 半年くらい経ってから社会保険事務所へ裁定請求だしたらね 早くから出す分はぜんぜんかまわないのに といわれました

ですから12月の60歳到達したら出せば良いと思いますよ

失業...続きを読む

Q今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでし

今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでしょうか?

自分でも調べてみたのですが混乱してきたので、どなたかご回答お願いします。

Aベストアンサー

年金のカテゴリで質問されていますが、年金と扶養が関係あるのは、結婚して配偶者の扶養に入る人だけです。

フリーターになるに当たって、親が会社等で加入している健保から保険証をもらう(=親の社会保険の被扶養者になる)なら、130万円は関係あります。
親が国保の場合や、親が会社で健保に加入していても自分で国保に加入するつもりなら、130万円は関係ありません。

103万円については、あなたの今年の収入がそれ以下の場合に親(=あなたの扶養者)の税金がちょっと安くなるというものなので、必要かどうかは親と相談してください。
昨年まであなたの年収が103万円以上だったのなら、親としては昨年と変わりないだけなので、稼げるなら103万円を無視して稼いでも構わないと思いますが。

Q国民年金と国民年金基金を払うと?

現在35歳です。
以前、家族の介護のために仕事を辞めて介護をしていました。

4年間くらい国民年金を支払っていません。
現在は払っています。

しかし、現在無職で過去の支払いが苦しくて、難しいのです。
将来いくらくらいの額がくるかわかりませんが、
思いついたのが、国民年金基金というのがあると思い出しました。

仮に4年間の支払いをせずに、国民年金基金を毎月に払えばどうなるでしょうか?
4年間未払いを払ったほうが、今後多くお金が支給されるのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

非常にまじめな質問に対して、このような回答は失礼なのは承知で書かせていただきます。

まずわたくし個人の印象では、あなたが未払いの4年分を収めたり、新たに年金基金に加入しても、年金機構の職員の給与や手当にまわるだけで、将来のあなたが受け取るお金の原資にはならないでしょう。
なぜ、そう思うのか。
国民年金の未納が4割近い数値であること。それから、月収が三桁に近いような、いわゆる年収一千万の壁を越えた人ほど、年金など当てにしていないからです。

仮に年金が破綻しなかったとしても、満額支払われるとは考えにくいです。
現在の生活が最優先です。今無理をしてまで支払う価値はないと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報