電気製品で、関東と関西では、電気のヘルツ?が違うんですけど、それってたとえば、関西で買って関東で使うとか、その逆とか、できないのでしょうか?もし、最近のは大丈夫とか言う場合は、いつ頃から、大丈夫なのか、知っている方、お願いします。オークションなどで、買っても使えるのかどうか、悩んでます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

最近の電化製品は大抵50Hz/60Hz共用になっていますが、中にはそうでないものもあります。


#1の方の回答にもありますが、そうでないものの場合、部品交換や調整が必要になってきます。
この作業を依頼すると、ものによっては数万円程度かかるものもありますので、オークションで入札される場合は出品者とあなたが同じ周波数区域にお住まいかどうかの確認もされた方がいいのでは?と思います。

参考URL:http://www.tepco.co.jp/custom/denkiGuide/2_9-j.h …
    • good
    • 0

関東と関西ヘルツの違いは戦後、東日本はロシア、西日本はアメリカの統治下になる予定でロシア式ヘルツとアメリカ式ヘルツに分かれたと聞きました。



現在、東日本では50ヘルツ、西日本では60ヘルツになってますがほとんどの電化製品はヘルツフリーとなってますのであまり気にしなくてもよいでしょうV(^0^)

購入時に気を付けなければならない製品としては洗濯機・電子レンジが当てはまると思われます、但しヘルツフリーが大半なのでよほど格安商品(一部ヘルツフリーでない物もいまだに有る)を買わない限り大丈夫です(^o^)丿


あと、照明器具でもありますが大抵はヘルツの自動切換えか切り替えスイッチが付いています。

オークションなどで買う場合も型番をちゃんと聞けばよいと思います、50又は60ヘルツ専用の商品は型番の最後(WやHなどの色の後)に5又は6の数字が入ってます(^O^)
    • good
    • 0

関東と関西では周波数が違うので、部品の交換や機器の調整が必要なものもあります。


でも、ここ最近(少なくても7~8年)の電化製品は、ヘルツフリーになっているものが多いようです。

私も去年引越しましたが(神戸→鎌倉)、すべての電化製品はそのまま使えています。

オークションで購入される場合は、相手に
50Hz (50Hz専用)
60Hz (60Hz専用)
50/60Hz (50Hz・60Hz共用)
これらの内どれなのかを説明書で調べてもらい、教えてもらうようにしてはいかがですか?

洗濯機などは、裏側に表示してあると思います。

参考URLにそのまま使えるものなどが載っています。

参考URL:http://www.joshin.co.jp/j_service/qanda/zenpan03 …

この回答への補足

すばやい回答ありがとうございます。参考URLはためになりました。

補足日時:2001/11/11 22:06
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報